流星花:時空園

この曲の表示回数 3,610

今は過去 過去は今
例えば絆がまだ取り戻せるなら

日々が去り 意味もなく
流れるだけでいつも全てはゆめ

闇の彼方に咲け 望み秘めた炎
熱くみごとな花 胸に咲け

誰も見たことのない
それは聖なる願い
かたちあるものは常に滅びて
星に何度も祈る
そして自ら落ちる
かたちあるが故に悲しみ燃えた

過去の外 外は過去
流れてしまえいつか愛したゆめ

ひかり頬を照らす 時はすぐ逃げる
まるで小さな鳥 軽い羽

誰も見たことがない
それを信じてみたい
かたちあるものと生きていこうと
星は何度も落ちる
そして静かに祈る
かたちあるが故に優しく咲いて燃えて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:流星花:時空園 歌手:キリ(早見沙織)

キリ(早見沙織)の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-07-13
商品番号:LACM-4827
ランティス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP