試聴する

灰色のトランジェント

この曲の表示回数 9,820
歌手:

少女病


作詞:

少女病


作曲:

RD-Sounds


「国が管理する孤児院で生活する少女。
年上の孤児たちは一人、また一人と順番に貰われていく。
笑顔で新しい家族に迎え入れられる彼らに、羨望の眼差しを向けて……」

「きっと、生まれ変わるみたいに何もかもが変わるんだ」

「次は、彼女の番――――」

誕生日には 枢機卿【Cardinal】様の
娘として引き取られることになった
でも喜べない 彼の舐るような視線に不安が募る

悩みを月に吐露した
その夜に意図せず立ち聞きしてしまう
「あの方々の趣味も困ったものだわ……」

「記憶も瞳も 手足でさえも
全て別の子供のものを組み合わせることで、理想の娘を造る。
養子でも、まだ幼い恋人でもある愛玩人形。
人を人として見ない、偽りの博愛主義者……!」

「猊下は、あの子の美しい瞳が欲しいそうなの」

「その瞳からは、綺麗な粒の涙が静かに流れて――――」

この瞳だけ欲しいというなら
いっそ自分で潰してしまいたい
けれどそんな怒りも どこか空虚なまま諦観に沈んでゆく

先に引き取られていった
この孤児院の義姉達は生きているの?
幸せになっていると思ってたのに――――

長い夢をみた 蒼白の夢
永遠と紛うような深くて優しい夢を
揺すられて目を覚ましたら
孤児院の教師達は残らず死体になっていた

「あのね、魔女がみんな壊していっちゃった……。
こわかったよぅ……」

「枢機卿【Cardinal】も殺されたらしい、と義妹が泣く」

「どうして……?まさか、私達のため……?」

用は済んだ、と この孤児院から立ち去ろうとしている魔女を追って跪く
「何かしら。あなたも死にたい?」
その問いに無言のまま ただ首を強く振った
楽しげに興味深げに
微笑んだ 蒼白の魔女は試すように囁く

「そう。なら、ついてきなさい。戻らぬ覚悟があるなら……」

「少女は過去を想い返しながら、返り血に濡れた髪をみる」

「確かに、あの日一度生まれ変わったのかもしれない」

「感傷を捨てて、魔女の傍らに跪く。
それだけが小女の――――シルエラの、存在理由だと言うように」
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:灰色のトランジェント 歌手:少女病

少女病の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-05-25
商品番号:LACM-4805
ランティス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP