天城悲歌(エレジー)

この曲の表示回数 9,345
歌手:

曽根史郎


作詞:

佐伯孝夫


作曲:

吉田正


伊豆の温泉(いでゆ)の 宿帳に
妻とはじめて 君の名を
書いた一夜の 明けやすく
思い残して ああ
たどる天城の 紅椿。

見れば椿の 花さえも
二つ寄り添い 離れじと
燃えて葉陰に 咲くものを
山は晴れても ああ
どこが二人の 住みどころ。

こころせまりて しみじみと
君と抱けば ニッコリと
可愛い睫毛に 宿す露
さらば椿よ ああ
湯の香さみしく 春は逝(ゆ)く。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:天城悲歌(エレジー) 歌手:曽根史郎

曽根史郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011-04-27
商品番号:VICL-63732
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP