太陽と黒いバラ

この曲の表示回数 17,131

来る日も来る日も あなたを想って泣いた
しょうもない男(ひと)なのに
どのみちそのうち かならず私だけが
救えると信じてた

今じゃ別人のように
まともにくらしてるってね
うなされてたってくらいの情熱はなくしたの

砂に煙る太陽 目を閉じても消えない夢
愛しきれず別れた あの激しいあなたはどこよ

昼にも夜にも あなたを待ち続けた
哀しみの広い部屋で
やさしいだけでも うかれて身をまかせた
ゆきずりもあったけれど

ベ・サ・メ・ムーチョもう一度
その胸に抱かれて
ただ本当の涙をひとすじ流すのよ

棘に咲いた黒バラ 傷ついても芳わしい影
忘れきれずさまよう この愚かな私はどこへ

砂に煙る太陽 目を閉じても消えない夢
愛しきれず別れた あの激しいあなたはどこよ

棘に咲いた黒バラ 傷ついても芳わしい影
忘れきれずさまよう この愚かな私はどこへ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:太陽と黒いバラ 歌手:松任谷由実

松任谷由実の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011/04/06
商品番号:TOCT-27000
EMI Records Japan

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP