記憶の果て

この曲の表示回数 8,837

回り続けてく 時の流れに
今この目はただ何を見る
誰かの為など 偽善を吐いて
今生きる者は何を語る

たった1度の運命でもいい
どんな理由があったとしても

繰り返す 記憶の果てに
変わらないきみを捜そう
傷ついた 心に触れる
その時はきみは僕のもの

震えた体を包み込む霧
出口などどこに在るという
誰もが本当の気持ち隠して
どうせこの世はもう幻で

たった1度の人生だとしても
何も言えない それでもいいと?

舞落ちてゆく 命を見ていた
きっとどこかでまた出逢うだろう

繰り返す 記憶の果てに
変わらないきみを捜そう
傷ついた 心に触れる
その時はきみは僕のもの
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:記憶の果て 歌手:六道骸(飯田利信)

六道骸(飯田利信)の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-12-16
商品番号:PCCG-70062
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP