試聴する

嵯峨野しぐれて

この曲の表示回数 10,651
歌手:

若山かずさ


作詞:

池田充男


作曲:

伊藤雪彦


宿の便箋かりて 書いてます
季節はずれの 京都はみぞれです
くるしみました まよいました
待つか奪うか 身をひくか
逢えば抱かれて しまうから
のがれて静かな 嵯峨野路へ

胸がさむいと書いて 手がとまる
なみだほろほろ 便箋ぬらします
みれんでしょぅか にじむ文字が
いつかあなたに 見えてくる
ばかね我慢が できなくて
あなたを呼んでる 夜ふけごろ

どこのお寺か遠い 鐘のこえ
雪見障子の むこうに聞こえます
一度はきめた さよならが
いまは死んでも 書けません
あなた迎えに きてほしい
ふたりになりたい 竹の宿
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:嵯峨野しぐれて 歌手:若山かずさ

若山かずさの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999/03/03
商品番号:CODA-1694
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP