この曲の表示回数 11,772
歌手:

GRAPEVINE


作詞:

田中和将


作曲:

田中和将


薄皮のように斜交い模様に
剥いで繋いで
押し花のように染み込ませる
全ての頁に

夏が来て窓に降りそそぐ

誰にも言えずに触れずに
尖った自意識を
描き出すフレーズにぶれずに
鏡に映して
変わってゆく身を綴る

皮膚の下には微かな流れ
引いて寄せる
もうあとどのくらいこうしていられるかわかってる

飽きが来て戸を開け放つ時

誰にも言えずに触れずに
尖った美意識を
何にも見えずに聞こえずに
闇の音を聴く
掻き出すフレーズに狂えずに
尖った自意識を
描くイメージを掬えずに
鏡に映して僅かな頁をく繰って
この日々にキスを贈る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:鏡 歌手:GRAPEVINE

GRAPEVINEの新着情報

  • 開花 / ♪川がさらら花ははらら
  • 雪解け / ♪独りかい怖がらないでいい
  • ミチバシリ / ♪花も咲かぬ草も生えぬ
  • Asteroids / ♪我を忘れ時間を忘れ
  • 弁天 / ♪囮と知らずに捕えられたのか

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-06-18
商品番号:PCCA-2687
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP