ひとり泣き

この曲の表示回数 23,408
歌手:

水森かおり


作詞:

麻こよみ


作曲:

弦哲也


恋いにやつれた 襟元に
夜の寒さが しのび込む
今度こそはと すがっても
女の幸せ なぜすれ違う
飲めないお酒に 酔いしれて
泣いてまた泣く 胸の傷

遊びじゃないよと ささやかれ
夢をみたのよ 人並に
そっと両手で あたためた
女の幸せ なぜ背を向ける
未練は捨てた はずなのに
追ってまた追う うしろ影

惚れた男の 世話をやき
そばで暮らせりゃ それでいい
指の先より ささやかな
女の幸せ なぜすれ違う
悔む気持は ないけれど
泣いてまた泣く 胸の傷
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ひとり泣き 歌手:水森かおり

水森かおりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999/01/21
商品番号:TKDA-71538
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP