いのちの華

この曲の表示回数 21,006
歌手:

丘みどり


作詞:

坂口照幸


作曲:

四方章人


石橋叩いて 渡っていたら
渡る間に 舞台も変わる
まして女の 恋舞台
惚れたときこそ 旬なのよ
ここは一番 ここは一番 見栄を切る

素のまま飾らぬ あなたが好きよ
苦労買います 私もします
楽を望めば あとで泣く
冬の嵐も にっこりと
ほの字刻んで ほの字刻んで ついてゆく

人生遅咲き ご縁は残る
そうよ百年 千年先も
ごらんなさいな 世の中に
人の歩けぬ 道はない
いのち末代 いのち末代 華が咲く
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:いのちの華 歌手:丘みどり

丘みどりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010/11/10
商品番号:TKCA-90405
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP