最終バス

この曲の表示回数 18,811
歌手:

WEAVER


作詞:

河邉徹


作曲:

杉本雄治


君を連れてく最終バスまで
まだ少し時間があるみたいだ
ターミナルの冷たいベンチ
切符を握る君の横
僕は時計を気にしてた

1日はしゃいで疲れてたみたい
同時にあくびをして笑った
これからきっと会える時間も
少なくなってしまうのに
いつもと変わらない夜の空気

話したいこと話せないままだ
最終バスがもうちょっとでやってくるのに
柔らかい風 見上げた東京の星空が
どこまでもずっと続けばいいな

君を連れてく最終バスが来て
さよならを言わなきゃいけなくなって
いつものように泣かないなんて
その意味もわかっていたよ
何も変わらない僕らでいよう

離れていても離れないように
“ぬくもり交換”
手と手を繋いで笑った
今度会ったらちゃんと返してよと手を振った
君は最後まで泣かなかったんだ

1人になったベンチの前で
涙の大洪水
君は精一杯笑っていた
僕もうまく笑えてたかな

話したいこと残しておこう
ぬくもり握りしめた ずっと消えないように
続く夜空 今度の休みは僕が行こう
最終バスで君の街まで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:最終バス 歌手:WEAVER

WEAVERの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-09-29
商品番号:AZCS-1010
A-Sketch

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP