くらやみ橋から

この曲の表示回数 12,856
歌手:

大月みやこ


作詞:

杉紀彦


作曲:

徳久広司


(台詞)
昭和十年頃の事やったそうです
倉敷の方から出て来た女学生が一人
与謝野晶子みたいになるんや言うて 昼間は学校へ
夜はカフェで働いてましてん
世の中えらい不景気な時代で仕事にあぶれた人がおおて
カフェにのみにくる男達も
みんなどことのう 破れかぶれみたいな人たちばっかりでした
そんな時代やったから
田舎から出て来た女学生が
泥まみれになるのにそう長い時間はかかれしませんでした
「あの娘(こ) 酒でものましたってみいな
誰とでも すぐやで」
そんな噂をたてられながらも
その娘(こ)がつくる短歌とやらは
東京の偉い先生にも認められるものやったそうです
くらやみの この世の橋をのぞいたら
朝もくらやみ 昼もくらやみ
作りためた 柳ごおり いっぱいの短歌
この橋から 投げすててしもた日
まるで雪のように その娘(こ)の命も散ってしもたそうです
それ以来この橋
くらやみ橋と呼ばれてますねん

からころから からころから
二十そこらを 生きて来て
くらやみ橋から何捨てる
生きていたってしょうがない
死んでみたってしょうがない
夢を捨てれば軽くなる
心捨てれば軽くなる
どこへ行(ゆ)きましょ
これから一人……

からころから からころから
星のふる夜に 駈けて来て
くらやみ橋から何捨てる
生きていたってしょうがない
死んでみたってしょうがない
胸にざわざわすきま風
涙かわいてすきま風
どこへ行(ゆ)きましょ
これから一人……

生きていたってしょうがない
死んでみたってしょうがない
昔すててもしょうがない
あしたすててもしょうがない
どこへ行(ゆ)きましょ
これから一人……
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:くらやみ橋から 歌手:大月みやこ

大月みやこの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-06-27
商品番号:KICX-697
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP