黄昏のアンニュイ

この曲の表示回数 6,712
歌手:

奥華子


作詞:

阿久悠


作曲:

奥華子


突然に胸が痛んできて
くれなずむ都会を歩いた
何をするあてもないままに
人の波の中を

黄昏(たそがれ)は今日もけだるいまま
むらさきのベールを垂らして
人はみなアンニュイで
知らぬ顔をしてる

愛されて 愛を知り
あれほど強く生きてたのに
いたずらで愛を捨て
くちずさむ歌さえも失った

飾り窓のぞく楽しみさえ
起らない心が切ない
ひとりでは頼りないからと
人に押され歩く

ありふれたドラマであったなら
この辺で奇跡の出逢いが
現実は夢のようでなく
すぐに夜が包む

黄昏のアンニュイは
虹色の吐息もらすよう
愛の日をふたたびと
少しだけ小走りに歩いた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:黄昏のアンニュイ 歌手:奥華子

奥華子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-11-15
商品番号:PCCA-4592
ポニーキャニオン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP