惚れ化粧

真木ことみ

惚れ化粧

作詞:石原信一
作曲:水森英夫
発売日:1998/01/21
この曲の表示回数:10,938回

惚れ化粧
男はかもめ すいすい飛んで
女は港 待ってるなんて
どこのどなたが きめたことやら
あぁ 勝手なものね

彩どりどりの 口紅ならべ
風の音にも 戸を開ける
くる こない くる こない
あんたひとりが いい人じゃない
憎まれ口を 鏡に投げて
目もとやきもち 惚れ化粧

男は夜明け 夢漕ぎ出して
女は日暮れ 想い出すがる
演歌みたいな 恋は心底
あぁ つかれるものね

仔猫を抱いて 行ったりきたり
柱時計に やつあたり
くる こない くる こない
私いつまで いい子でいるの
宵待草(よいまちぐさ)を かんざしにして
ひとつため息 惚れ化粧

見上げる空は まんまる月夜
どうか伝えて いじわると
くる こない くる こない
あんたひとりが いい人じゃない
強がるほどに 淋しさつのり
涙仕上げの 惚れ化粧

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

注目度ランキング

  1. 僕らの季節
  2. 邦画
  3. 幽raise me up feat.GUMI
  4. 僕らのラブソング
  5. 一生に一度愛してるよ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照