LIVE REPORT

coldrain ライヴレポート

coldrain ライヴレポート

【coldrain ライヴレポート】 『"THE SIDE EFFECTS" ONEMAN TOUR 2019』 2019年10月4日 at Zepp DiverCity Tokyo

2019年10月04日@

撮影:ヤマダマサヒロ/取材:荒金良介

2019.10.10

ニューアルバム『THE SIDE EFFECTS』に伴うワンマンツアー『"THE SIDE EFFECTS" ONEMAN TOUR 2019』。序盤にあたるZepp DiverCity Tokyo公演は、最新作の楽曲を主軸に据えた内容となったが、炎やスモーク効果、また曲間のつなぎにSEを効果的に用いたりと、ショー全体のグレードアップを図った素晴らしい内容となった。何をやっても“coldrain=ラウドロック”になるという自信に満ちあふれた、ツアー4本目で魅せた最新型のサウンドをレポート!

coldrainは新たなフェーズに突入した。最新アルバムでの取材の際、“自分たちがやればラウドロックになる”と自信満々に語っていたMasato(Vo)。事実、最新作は過去作を凌ぐバラエティーに富む曲調を揃え、新たなアレンジを盛り込んだ意欲作中の意欲作だった。そのレコ発ツアーを観てきたが、ライヴにおける新曲の響き方、ショー全体の流れを意識した構成力など、あらゆる意味で以前とは一線を画したパフォーマンスを魅せてくれた。曲間にMasatoはユーモアに富むMCを挟む一方、肝心のライヴ自体はバンドの世界観を縦横に広げ、シアトリカルとも言うべき世界観を掘り下げていた。とりわけ「INSOMNIA」はバンドの新たな表情をうかがわせるドラマチックな曲調で、その豊かな表現力の高さに惹き付けられた。この曲に限らず、最新作の楽曲は力業でねじ伏せるのではなく、観る者の感情を多方面から揺さぶるアプローチが随所に張り巡らされている。それにより、新旧織り交ぜた楽曲群がお互いに良い化学反応を起こし、ライヴ全体のダイナミズムも圧倒的に高まっていた。これは間違いなく国内外のツアーで得た経験値が活きているに違いない。

揺るぎない芯を持ちつつ、どこでも通用する“しなやかな強さ”を身に付けたcoldrain。「MAYDAY」ではCrystal LakeのRyo(Vo)とMasatoが熱い掛け合いを披露し、またバラード曲「JANUARY 1ST」もライヴで一段と映え渡っていた。まだツアー序盤戦ゆえ、ここからどう磨き抜かれていくのか、最終公演が本当に楽しみだ。

撮影:ヤマダマサヒロ/取材:荒金良介

coldrain

コールドレイン: 5人組メロディアス・ラウドロックバンド。2007年、名古屋を中心に本格的なライヴ活動を開始。日米両国籍を持ち、極上のメロディーと多彩なスキルを操るMasatoの英詞の歌、静と動を操る重厚なリズム隊、 絡み合うテクニカルでエモーショナルなツインギター、それぞれのバンド活動を経て生み出されたハイクオリティーなサウンドと圧倒的ライヴパフォーマンスは日進月歩の進化を続けている。

SET LIST 曲名をクリックすると歌詞が表示されます。試聴はライブ音源ではありません。

  1. 1

    現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。

関連ライブレポート

注目度ランキングRANKING

  1. 白熊

    ビッケブランカ

  2. But Believe Forever

    Saki

  3. アシンメトリー

    安田レイ

  4. #302

    平井堅

  5. Fake & True

    TWICE

MORE

歌ネットのアクセス数を元に作成