LIVE REPORT

Plastic Tree ライヴレポート ライブレポート

Plastic Tree ライヴレポート

【Plastic Tree ライヴレポート】 『Plastic Treeメジャーデビュー 二十周年“樹念” 2017年末公演 ゆくプラくるプラ~海月リクエストの夕べ・シングルカップリング編~』 2017年12月30日 at TOKYO DOME CITY HALL

2017年12月30日@

取材:舟見佳子

2018.01.10

毎年恒例となっている年末2デイズ公演“ゆくプラくるプラ”が2017年もTOKYO DOME CITY HALLで行なわれた。海月(ファンの呼称)によるリクエストでセットリストが決まる本公演だが、選ばれた曲は1999年の曲から最近の曲まで年代も曲調もバラバラ。しかし、どれもプラらしく感じられるのはなぜか? 二十年も独自の道を歩み続けたバンドならではのアイデンティティーがそこにはあった。

この日は海月によるリクエストで選ばれた楽曲でメニューが決まる“シングルカップリング編”。そして、ステージ中央に設置された銀塩フィルムを模したスクリーンに、パタパタとフラップが回るランキングボードが映し出され、そこに発表される順位と曲名に従って曲が演奏されるという、なんともシンプルなやり方。つまり、ライヴ全体の流れや起伏などの構成を練る余地はなく、選ばれた曲をやるのみ!といった、ある意味ストイックな挑戦である。例えば、フワフワした明るいポップチューン「月の光をたよりに」を楽しく聴いていたらいきなり一転、エッジーなギターが効いたアゲ曲「ブランコから」でアッパーを食らったりして、次に何の曲が来るのかドキドキする、ちょっと特殊な緊張感を伴うライヴなのである。しかも、選曲の縛りはシングルのカップリング曲。ファンにとっても予想の斜め上からのマニアックな曲が登場することもあり、順位と曲名が発表されるたびにオーディエンスからは驚きの歓声が上がる。

しかし、そこは二十周年のベテランバンド、それぞれの曲の持つ世界観を濃密に浮かび上がらせる演奏力はさすがだ。カップリング曲という立ち位置だからこその遊びや実験的な曲も含め、さまざまな音楽性の15曲を散漫になることなく、一本のライヴとして昇華させる彼らの力量には改めて感心した。また、本編とアンコールの間には、メンバーたちも出演するプチ刑事ドラマ『月光にほえろ』も上映され、会場は笑いの渦に。年末イベントらしいゆるさやギャグも満載なのに、演奏ではきっちりロックバンドとしての熱量を放出する。そこにギャップ萌えしてしまった海月さんも多かったのではないだろうか。

取材:舟見佳子

Plastic Tree

プラスティック・トゥリー:1993年結成、97年に「割れた窓」でメジャーデビュー。攻撃的なギターロックからポップなものまで楽曲は多彩。有村の特徴的な歌声と文学的な歌詞や独特の世界観で、アーティスティックな美意識を貫く唯一無二の存在として、確固たる地位を確立している。LM.Cや氣志團、清春、MUCCら12アーティストが参加したトリビュートアルバム『Plastic Tree Tribute〜Transparent Branches〜』を2017年9月6日にリリース予定。また、9月9日には同作リリース“樹念”として親交のあるアーティストが出演するサーキットイベントを開催する。

SET LIST 曲名をクリックすると歌詞が表示されます。試聴はライブ音源ではありません。

  1. 4

    4.Paper Plane

  2. 10

    10.はじめての×××

  3. 16

    <ENCORE1>

  4. 19

    <ENCORE2>

関連ライブレポート

twitter Facebok