存在理由

この曲の表示回数 11,122
歌手:

Plastic Tree


作詞:

Ryutaro


作曲:

Ryutaro


こうしてうすいカーテンのうしろに立って居るんです
それが僕の顔がぼんやり見えてる理由です

歪んだ僕の顔に君はキスをしてくれるかな?

外が揺らいでみえる窓は水族館の窓のようです
部屋を出ない僕は点滅する照明のひとつです

歪んだ僕の顔に君はキスをしてくれるかな?
それがこわくて僕は薬をかんでフラフラ フラフラ

パパが死んで ママが死んで 君もいつか居なくなるから
僕はずっと ここでずっと座ったまんま壊れてく

それでもちゃんと僕はいろんな事が見えているんです

歪んだ僕の顔にはキスをしてくれるかな?
それがこわくて僕は薬を噛んでフラフラ フラフラ
フラフラァ フラフラァァァ ア―。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:存在理由 歌手:Plastic Tree

Plastic Treeの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-09-05
商品番号:UPCH-9339
UNIVERSAL J(P)(M)

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP