AJISAIの歌詞一覧リスト  65曲中 1-65曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
65曲中 1-65曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
アイコトバこれ以上何も失くさないように 君の手をギュッと強く握ったよ そしたらね 君もすぐ握り返してくれた あぁ 僕はもう孤独(ひとり)じゃないんだな  そんなふうにして確かめ合っては 互いの存在意義を探してる 手にしたって 抱きしめたって また失くしちゃうから もう何もいらないと誓ったはずなのに  街を見下ろせる丘に君と座って 世界が何色に染まるのか見てたんだ  (愛されたいなあ…)僕は初めてそう願って泣いたよ もう大丈夫だと君が隣で笑うたび なぜかまた涙零れて  これ以上何も望まないように 深く目を瞑り君を描いたよ 愛したり 愛されたり まだ慣れてないから 時々 無性に不安になってしまう  明日目が覚めてもしも君がいなくて全部夢だったら…だから今飛び出した  (君に逢いたいなあ…)たったそれだけの理由さえあれば どこまでだって僕は走れるんだ この心臓がたとえ悲鳴上げたって  ひとりぼっちで かくれんぼしてた あの日の僕はもうここにいない だって君が見つけてくれたから  こんな僕でも君に届けたい言葉があるんだ それだけ持って今行くよ 他に何もないけれど君を笑顔にしたいんだ  “以心伝心”なんて信じてない だから何万回も言うんだよ あなたが そうあなたが呆れるくらいに 溢れ出すアイのコトバを 今は上手に言えないけど ずっと ずっと届けるよ  これ以上何も失くさないように 君の手をギュッと強く握ったよAJISAI松本俊松本俊AJISAIこれ以上何も失くさないように 君の手をギュッと強く握ったよ そしたらね 君もすぐ握り返してくれた あぁ 僕はもう孤独(ひとり)じゃないんだな  そんなふうにして確かめ合っては 互いの存在意義を探してる 手にしたって 抱きしめたって また失くしちゃうから もう何もいらないと誓ったはずなのに  街を見下ろせる丘に君と座って 世界が何色に染まるのか見てたんだ  (愛されたいなあ…)僕は初めてそう願って泣いたよ もう大丈夫だと君が隣で笑うたび なぜかまた涙零れて  これ以上何も望まないように 深く目を瞑り君を描いたよ 愛したり 愛されたり まだ慣れてないから 時々 無性に不安になってしまう  明日目が覚めてもしも君がいなくて全部夢だったら…だから今飛び出した  (君に逢いたいなあ…)たったそれだけの理由さえあれば どこまでだって僕は走れるんだ この心臓がたとえ悲鳴上げたって  ひとりぼっちで かくれんぼしてた あの日の僕はもうここにいない だって君が見つけてくれたから  こんな僕でも君に届けたい言葉があるんだ それだけ持って今行くよ 他に何もないけれど君を笑顔にしたいんだ  “以心伝心”なんて信じてない だから何万回も言うんだよ あなたが そうあなたが呆れるくらいに 溢れ出すアイのコトバを 今は上手に言えないけど ずっと ずっと届けるよ  これ以上何も失くさないように 君の手をギュッと強く握ったよ
逢えてよかった二両電車の窓から見える懐かしい町並み あなたと過ごした季節がふと甦る 『今も元気でいますか?風邪など引いていませんか?』 届くはずのない想いを胸に仕舞った  こんなに別れが辛いなら出逢わなきゃよかったと 悲しみに暮れた日々も確かにあったけど  あなたに逢えてよかった 今だから思える 同じ空のどこかで違う今を生きてる あなたに逢えてよかった 優しさも温もりも あなたに逢わなければ きっと気付けなかったから  どんな大人になってるの?どんな人が隣にいるの? お互い別々の日々を 恋を巡って 今は僕にも大切な人がいて一緒に暮らしてる 平凡だけど でも幸せな日々なんだ  わがままで意地っ張りで そのくせ泣き虫で そんなあなたが大嫌いで 大好きだったよなぁ…  あなたに逢えてよかった 心から思える 遠く離れていても たまには思い出させて あなたに逢えてよかった こんなにも満たされる あなたに逢わなければ 今の僕はいなかった  二両電車はもうすぐ終着駅に着くよ ドアが開いたなら さあ僕も歩き出そうAJISAI松本俊松本俊二両電車の窓から見える懐かしい町並み あなたと過ごした季節がふと甦る 『今も元気でいますか?風邪など引いていませんか?』 届くはずのない想いを胸に仕舞った  こんなに別れが辛いなら出逢わなきゃよかったと 悲しみに暮れた日々も確かにあったけど  あなたに逢えてよかった 今だから思える 同じ空のどこかで違う今を生きてる あなたに逢えてよかった 優しさも温もりも あなたに逢わなければ きっと気付けなかったから  どんな大人になってるの?どんな人が隣にいるの? お互い別々の日々を 恋を巡って 今は僕にも大切な人がいて一緒に暮らしてる 平凡だけど でも幸せな日々なんだ  わがままで意地っ張りで そのくせ泣き虫で そんなあなたが大嫌いで 大好きだったよなぁ…  あなたに逢えてよかった 心から思える 遠く離れていても たまには思い出させて あなたに逢えてよかった こんなにも満たされる あなたに逢わなければ 今の僕はいなかった  二両電車はもうすぐ終着駅に着くよ ドアが開いたなら さあ僕も歩き出そう
赤い傘雨が降った日はいつも お気に入りの赤い傘さして 駅まで迎えに来てくれてた君 今も覚えてる  毎日雨が降ればいい、だなんて あの頃 本気で思ってた  ただ君に会いたくて ただ君に会いたくて 改札へ続く長い階段 駆け上がる 誰より一番に見つけるよ 赤い傘 それは君と僕を繋いでいた 鮮やかな色  雨が降る朝に君は出て行った 何も言わずに 君が置いてったあの赤い傘は 今じゃ埃まみれ  玄関の隅っこで淋しそうに 君の帰りを待ってる  臆病な僕をいつも君は連れ出した 憂鬱なだけだと思ってた雨の町 キラキラ輝いて どんな景色の中にも 光はあると教えてくれた  ただ君に会いたくて もう君に会えなくて いつもの駅でまた君を探してしまうよ 雨雨、降れ降れと 今日も僕は唄ってる 赤い傘をさした君が迎えに来てくれるような そんな気がしてAJISAI松本俊松本俊AJISAI雨が降った日はいつも お気に入りの赤い傘さして 駅まで迎えに来てくれてた君 今も覚えてる  毎日雨が降ればいい、だなんて あの頃 本気で思ってた  ただ君に会いたくて ただ君に会いたくて 改札へ続く長い階段 駆け上がる 誰より一番に見つけるよ 赤い傘 それは君と僕を繋いでいた 鮮やかな色  雨が降る朝に君は出て行った 何も言わずに 君が置いてったあの赤い傘は 今じゃ埃まみれ  玄関の隅っこで淋しそうに 君の帰りを待ってる  臆病な僕をいつも君は連れ出した 憂鬱なだけだと思ってた雨の町 キラキラ輝いて どんな景色の中にも 光はあると教えてくれた  ただ君に会いたくて もう君に会えなくて いつもの駅でまた君を探してしまうよ 雨雨、降れ降れと 今日も僕は唄ってる 赤い傘をさした君が迎えに来てくれるような そんな気がして
あなたがいない世界何も言わず僕らの今日を奪い去っていった沈んでく太陽 歩調はだんだんスローになって鼓動はどんどんスピード増して 後悔なんてしないよ したくないよ  君の涙見たくなかった だから少し前を歩いた いつだってそうだ 臆病だったんだ 目をそらして耳を塞いだ  いらないもの こんなに溢れているのに 君だけをさらって今日が終わる  あなたいない世界だって 僕の未来は続くんだ それが果てない道に思えて 寂しくなって泣いた 涙で滲んで見えないよ 最後に笑った君の顔 ずっと二人で歩きたかった いつまでも手を繋いで  その声も 小さな手も 爪先も いつか僕は思い出せなくなって 写真の中に閉じ込めた過去の君へ想いを馳せる そんな妄想してしまうんだ  隣に僕がいなくたって 君のストーリーは続くんだ それぞれ違うページ開いて そこに僕はもういない それでも時間は過ぎ去って 傷跡消してくれるけど 僕にとってはこの痛みさえも大事だよ だから消えないでAJISAI松本俊松本俊AJISAI何も言わず僕らの今日を奪い去っていった沈んでく太陽 歩調はだんだんスローになって鼓動はどんどんスピード増して 後悔なんてしないよ したくないよ  君の涙見たくなかった だから少し前を歩いた いつだってそうだ 臆病だったんだ 目をそらして耳を塞いだ  いらないもの こんなに溢れているのに 君だけをさらって今日が終わる  あなたいない世界だって 僕の未来は続くんだ それが果てない道に思えて 寂しくなって泣いた 涙で滲んで見えないよ 最後に笑った君の顔 ずっと二人で歩きたかった いつまでも手を繋いで  その声も 小さな手も 爪先も いつか僕は思い出せなくなって 写真の中に閉じ込めた過去の君へ想いを馳せる そんな妄想してしまうんだ  隣に僕がいなくたって 君のストーリーは続くんだ それぞれ違うページ開いて そこに僕はもういない それでも時間は過ぎ去って 傷跡消してくれるけど 僕にとってはこの痛みさえも大事だよ だから消えないで
アンドロイド君は量産型ロボット 人の形をしたアンドロイド ネットの広告で見つけたんだ 人工知能搭載最新機 僕の言うことなら何でも聞く 掃除に洗濯に性欲処理 名前は無いけど首の後ろに No.10535の刻印  初恋の人の名前を付けた それが今日から君の名前だよ 君を連れて街を歩いたら 同じ顔の“君”が沢山いた 見た目も中身もおんなじなのに それぞれ違う名で呼ばれてる みんな僕と同じように君の中に違う何かを見出だそうとしてる  ※取り扱い注意 決して感情移入しないこと 解ってるけどその温もりが嬉しかった 僕は君に恋をした 機械仕掛けの君に恋をした でも君は年を取ることがない 皺も白髪も増えることがない 電池が切れるまで生き続ける 僕だけがただ一人年老いていく  永遠がこんなに悲しいものだと僕は知らなかったんだ 限りある日々を 命を 憂いながら分け合いながら ただ君と暮らしたいのです  「私にもどうか終わりを下さい。」ある日突然君が言ったんだ こぼれ落ちたその涙でさえも全てプログラミングされてるの? 全国では自殺者が急増 テレビが君の顔を映し出す 「この性悪兵器を破壊せよ!」声高に叫ぶコメンテーター  信じたくないよ 信じたくないよ 君と重ねた月日が 誰かに作られた偽物だとしても それでいい それでもいいから…  神に逆らって 自然の摂理にも抗った その代償が君の存在 人類が背負わされた贖罪 逃げるように僕ら走ってく 辿り着くその場所も解らないまま  永遠がこんなに悲しいものだと僕は知らなかったんだ 限りある日々を 命を 憂いながら分け合いながら ただ君と…  いつか年老いて 声も嗄れて 朽ち果てて消えてゆく それすら美しい 全てが生きてる証 どれもが奇跡 今やっと気付けたんだよ 君がいたから  ついに政府が動き出した 強制回収・強制停止 僕から大事なものがまた一つ奪われ壊され連れ去られてく 街の外れのゴミ集積場 真夜中にこっそり忍び込んだ 山積みになった君の中から 僕は必ず“君”を見つけ出してみせるAJISAI松本俊松本俊君は量産型ロボット 人の形をしたアンドロイド ネットの広告で見つけたんだ 人工知能搭載最新機 僕の言うことなら何でも聞く 掃除に洗濯に性欲処理 名前は無いけど首の後ろに No.10535の刻印  初恋の人の名前を付けた それが今日から君の名前だよ 君を連れて街を歩いたら 同じ顔の“君”が沢山いた 見た目も中身もおんなじなのに それぞれ違う名で呼ばれてる みんな僕と同じように君の中に違う何かを見出だそうとしてる  ※取り扱い注意 決して感情移入しないこと 解ってるけどその温もりが嬉しかった 僕は君に恋をした 機械仕掛けの君に恋をした でも君は年を取ることがない 皺も白髪も増えることがない 電池が切れるまで生き続ける 僕だけがただ一人年老いていく  永遠がこんなに悲しいものだと僕は知らなかったんだ 限りある日々を 命を 憂いながら分け合いながら ただ君と暮らしたいのです  「私にもどうか終わりを下さい。」ある日突然君が言ったんだ こぼれ落ちたその涙でさえも全てプログラミングされてるの? 全国では自殺者が急増 テレビが君の顔を映し出す 「この性悪兵器を破壊せよ!」声高に叫ぶコメンテーター  信じたくないよ 信じたくないよ 君と重ねた月日が 誰かに作られた偽物だとしても それでいい それでもいいから…  神に逆らって 自然の摂理にも抗った その代償が君の存在 人類が背負わされた贖罪 逃げるように僕ら走ってく 辿り着くその場所も解らないまま  永遠がこんなに悲しいものだと僕は知らなかったんだ 限りある日々を 命を 憂いながら分け合いながら ただ君と…  いつか年老いて 声も嗄れて 朽ち果てて消えてゆく それすら美しい 全てが生きてる証 どれもが奇跡 今やっと気付けたんだよ 君がいたから  ついに政府が動き出した 強制回収・強制停止 僕から大事なものがまた一つ奪われ壊され連れ去られてく 街の外れのゴミ集積場 真夜中にこっそり忍び込んだ 山積みになった君の中から 僕は必ず“君”を見つけ出してみせる
アンバランス飾らない 飾れない 君のままでいいんじゃない?無理しなくても 上手に生きてるどんな奴より 真っ直ぐな君が好きだよ だから気にすんなって  迷ったり 間違ったり 繰り返すけどいいんじゃない?それはそれで 最後に笑うため今日は泣くんだ そんな日があってもいいだろ  無邪気な夢を語り明かして それが子供だって言うのかい? だって僕らも藻掻いてるんだよ 裸足のままで走ってく 傷ついたって  飾らない 飾れない 君のままでいいんじゃない?無理しなくても 上手に生きてるどんな奴より 真っ直ぐな君が好きだよ だから気にすんなって  綺麗な言葉で汚し合って それが大人だって言うのかい? だったら僕らきっとなれない がむしゃらにただ走ってく 傷ついたって 蹟いたって  でも時には 迷ったり 間違ったり 繰り返すけどいいんじゃない?それはそれで 最後に笑うため今日は泣くんだ そんな日があってもいいだろ  バランスをちょっと崩して倒れそうになったら 出来る限りの力出して支えるから それを忘れないでAJISAI松本俊松本俊AJISAI飾らない 飾れない 君のままでいいんじゃない?無理しなくても 上手に生きてるどんな奴より 真っ直ぐな君が好きだよ だから気にすんなって  迷ったり 間違ったり 繰り返すけどいいんじゃない?それはそれで 最後に笑うため今日は泣くんだ そんな日があってもいいだろ  無邪気な夢を語り明かして それが子供だって言うのかい? だって僕らも藻掻いてるんだよ 裸足のままで走ってく 傷ついたって  飾らない 飾れない 君のままでいいんじゃない?無理しなくても 上手に生きてるどんな奴より 真っ直ぐな君が好きだよ だから気にすんなって  綺麗な言葉で汚し合って それが大人だって言うのかい? だったら僕らきっとなれない がむしゃらにただ走ってく 傷ついたって 蹟いたって  でも時には 迷ったり 間違ったり 繰り返すけどいいんじゃない?それはそれで 最後に笑うため今日は泣くんだ そんな日があってもいいだろ  バランスをちょっと崩して倒れそうになったら 出来る限りの力出して支えるから それを忘れないで
インストール指先一つで逃げ込める仮想世界 四角い箱の中に広がった理想郷 その中じゃヒーロー 誰もがそう 思うまま 人生何度でもリセット出来てしまうのです  此処は何処だ?俺は誰なんだ? “匿名希望”それが名前です  妄想?現実? それさえ分かんない 精神崩壊 後悔なんてもう無い どんな想いもデジタルに変換され どんな感情も絵文字にすれば問題ない だけどいつしか心は空っぽで 悟られぬように また殻に閉じこもるだけ  友情さえも電子マネーで買って 電波の切れ目が 縁の切れ目  哀しくないか?虚しくないか?その手で直に触れたくないか? 心の声が頭に響く 掻き消すように飲み込む抗鬱剤  此処は何処だ?俺は誰なんだ? “匿名希望”そんな名前じゃねぇ  妄想?現実? それさえ分かんない 精神崩壊 後悔なんてもう無い  やがて本当の俺が消えていく 画面の中へインストールされていくAJISAI松本俊須江篤史指先一つで逃げ込める仮想世界 四角い箱の中に広がった理想郷 その中じゃヒーロー 誰もがそう 思うまま 人生何度でもリセット出来てしまうのです  此処は何処だ?俺は誰なんだ? “匿名希望”それが名前です  妄想?現実? それさえ分かんない 精神崩壊 後悔なんてもう無い どんな想いもデジタルに変換され どんな感情も絵文字にすれば問題ない だけどいつしか心は空っぽで 悟られぬように また殻に閉じこもるだけ  友情さえも電子マネーで買って 電波の切れ目が 縁の切れ目  哀しくないか?虚しくないか?その手で直に触れたくないか? 心の声が頭に響く 掻き消すように飲み込む抗鬱剤  此処は何処だ?俺は誰なんだ? “匿名希望”そんな名前じゃねぇ  妄想?現実? それさえ分かんない 精神崩壊 後悔なんてもう無い  やがて本当の俺が消えていく 画面の中へインストールされていく
とても暗い海の底 泳ぎ疲れてた僕は 君という名の岸辺に辿り着いた 綺麗に着飾ったはずの鱗は剥がれて こんな醜い姿で君に会いに来たよ  どんな顔で君は僕を見るのでしょう だけどこれが僕の本当の姿なんだ  どうか僕を嫌わないでね どうか僕をそばに置いてね 汚いでしょう?醜いでしょう? それでも ただ君といたい  君は少し驚いて そして泣きながら笑う 「本当のあなたを見せてくれて ありがとう」AJISAI松本俊松本俊とても暗い海の底 泳ぎ疲れてた僕は 君という名の岸辺に辿り着いた 綺麗に着飾ったはずの鱗は剥がれて こんな醜い姿で君に会いに来たよ  どんな顔で君は僕を見るのでしょう だけどこれが僕の本当の姿なんだ  どうか僕を嫌わないでね どうか僕をそばに置いてね 汚いでしょう?醜いでしょう? それでも ただ君といたい  君は少し驚いて そして泣きながら笑う 「本当のあなたを見せてくれて ありがとう」
A.M.0:00纏わり憑いた常識を脱ぎ捨ててやった 唾を吐きかけた コメンテーターが言う正論を笑い飛ばしてやった 何が”愛と平和”だ  騒ぎ出す細胞 抑える感情どうなんだ? 導火線点火 どうかなってんだ もうダメだ  掻き鳴らせ 錆びたその声を 掻き鳴らせ 真夜中午前0時  誰かが掴んだ幸福を奪い取ってやりたい 壊してしまいたい だけど飢えた犬みたいに四つん這いになってさ 餌を媚ぴるんだ  (はずかしくねえか?)(生きるためなんだ!)の攻防戦 自分との葛藤 破裂しそうだ もうヤバいんだ  掻き鳴らせ 消えそうな存在を 掻き鳴らせ 真夜中午前0時  耐え切れず取り出す頭痛薬 優しさのところだけ千切って僕に下さい  被害者ぶってる加害者はきっと溢れていて 一体僕はどっちなんだろう 教えてくれ 意識の向こうで空っぽの論争 無機質に並んだ文字の羅列 この痛みが怒りに変わる前に さあ ここで  掻き鳴らせ 錆びたその声を 掻き鳴らせ 真夜中午前0時  掻き鳴らせ 消えそうな存在を 掻き鳴らせ 真夜中午前0時AJISAI松本俊松本俊AJISAI纏わり憑いた常識を脱ぎ捨ててやった 唾を吐きかけた コメンテーターが言う正論を笑い飛ばしてやった 何が”愛と平和”だ  騒ぎ出す細胞 抑える感情どうなんだ? 導火線点火 どうかなってんだ もうダメだ  掻き鳴らせ 錆びたその声を 掻き鳴らせ 真夜中午前0時  誰かが掴んだ幸福を奪い取ってやりたい 壊してしまいたい だけど飢えた犬みたいに四つん這いになってさ 餌を媚ぴるんだ  (はずかしくねえか?)(生きるためなんだ!)の攻防戦 自分との葛藤 破裂しそうだ もうヤバいんだ  掻き鳴らせ 消えそうな存在を 掻き鳴らせ 真夜中午前0時  耐え切れず取り出す頭痛薬 優しさのところだけ千切って僕に下さい  被害者ぶってる加害者はきっと溢れていて 一体僕はどっちなんだろう 教えてくれ 意識の向こうで空っぽの論争 無機質に並んだ文字の羅列 この痛みが怒りに変わる前に さあ ここで  掻き鳴らせ 錆びたその声を 掻き鳴らせ 真夜中午前0時  掻き鳴らせ 消えそうな存在を 掻き鳴らせ 真夜中午前0時
EXIT望んでもないのに僕ら こんな時代に産み落とされ 産声上げたその日から すでに孤独を背負い生きている 友達、家族、恋人… その中に居場所を探すけど それすらも見当たらなくて 僕は何処なんだ?  “何だか寂しいのは 温もりを知ってるから”だなんて そんなら最初から 何ひとつ知らなきゃよかったよ  この世界で一人ぼっち そうだ 誰もが一人ぼっち ここにいるんだって 声を枯らして泣いている あの頃の僕らはきっと 愛されて産まれてきたんだ 思い出させてよ 例え痛くてもいいから 今すぐ  深夜のTV モザイクの向こうで誇らしげに少女が言う 「手首に刻んだ傷こそが 私の存在証明」  “神様助けてちょうだい”って何度も祈ったけれど あなたは歴史上最大の傍観者 未だ行方知れず  この世界で一人ぼっち そうだ 誰もが一人ぼっち ここいるんだって 声を枯らして泣いている 生きるための希望は無くて 死ぬほどの絶望も無くて だから永遠に この地球(ほし)で迷子なんだろう  進化の過程で 僕たち人間は器用になり過ぎて この手で色んなモノを奪い壊してきた これが望んだ世界かい? 夢見た未来かい? 早くここから救い出して  でもね… 二足歩行になった理由(わけ)は 誰かを抱き締めるためだと言って 自分で自分傷つけるのは 本当は悲しい事だと叱って 神様 たとえあなたが僕を全否定しても 僕は信じてみたいんだ 人の心にある温かな場所を  この世界で一人ぼっち そうだ 誰もが一人ぼっち ここにいるんだって 声を枯らして泣いている 誰かに見つけて欲しいんだ 誰かと繋がりたいんだ 出口は無くとも わずかな光を探してる 今でもAJISAI松本俊松本俊AJISAI望んでもないのに僕ら こんな時代に産み落とされ 産声上げたその日から すでに孤独を背負い生きている 友達、家族、恋人… その中に居場所を探すけど それすらも見当たらなくて 僕は何処なんだ?  “何だか寂しいのは 温もりを知ってるから”だなんて そんなら最初から 何ひとつ知らなきゃよかったよ  この世界で一人ぼっち そうだ 誰もが一人ぼっち ここにいるんだって 声を枯らして泣いている あの頃の僕らはきっと 愛されて産まれてきたんだ 思い出させてよ 例え痛くてもいいから 今すぐ  深夜のTV モザイクの向こうで誇らしげに少女が言う 「手首に刻んだ傷こそが 私の存在証明」  “神様助けてちょうだい”って何度も祈ったけれど あなたは歴史上最大の傍観者 未だ行方知れず  この世界で一人ぼっち そうだ 誰もが一人ぼっち ここいるんだって 声を枯らして泣いている 生きるための希望は無くて 死ぬほどの絶望も無くて だから永遠に この地球(ほし)で迷子なんだろう  進化の過程で 僕たち人間は器用になり過ぎて この手で色んなモノを奪い壊してきた これが望んだ世界かい? 夢見た未来かい? 早くここから救い出して  でもね… 二足歩行になった理由(わけ)は 誰かを抱き締めるためだと言って 自分で自分傷つけるのは 本当は悲しい事だと叱って 神様 たとえあなたが僕を全否定しても 僕は信じてみたいんだ 人の心にある温かな場所を  この世界で一人ぼっち そうだ 誰もが一人ぼっち ここにいるんだって 声を枯らして泣いている 誰かに見つけて欲しいんだ 誰かと繋がりたいんだ 出口は無くとも わずかな光を探してる 今でも
鏡の中 映る自分の姿が嫌いだと君はつぶやいて目を背けた 目に見えてる所ばかり君は気にして 隠れてる内側をちっとも見ようとしない 着飾ることに疲れたと君は言う それでもまだ慣れない笑顔で愛想笑い 上手く生きるための術を探しては また一人で塞ぎ込んでる だけど君が 不器用であるほど僕は愛しくて その度また君を好きになるの 誰かと比べるのはもうやめよう 君は君だよ それ以上も以下もない  一人になりたい時もあるだろう だけどいつかきっと  「こんな夜は誰かのそばにいたい」もしも君がそう思う事ができたなら 僕がずっとそばにいてあげるよ 朝が来るまで君と話を続けよう  右と左 逆さにしか映せない鏡なんて最初から全部間違いだらけだ そこに映る君がすべてじゃないから だからもう自分をこれ以上嫌わないで  誰も一人じゃ生きれないだろう それは僕も同じで  「こんな夜は誰かのそばにいたい」もしも君がそう思う事ができたなら どこにいたって駆け付けてあげるよ そんなことしか今はしてあげられないけど  数え切れない夜を越えて 同じ数だけ朝を迎え どんなものにも終わりは来るから もう昨日を探さないで  器用になんてならなくていい 素直に泣いて笑えばいい そのままでいいよ君のままで さぁ顔を上げて  「こんな夜は誰かのそばにいたい」もしも君がそう思う事ができたなら 僕がずっとそばにいてあげるよ 朝が来るまで君と話を続けよう  朝日が君の全てを照らしてく ありのままの君がとても綺麗で 僕はただ眺めてたAJISAI松本俊松本俊鏡の中 映る自分の姿が嫌いだと君はつぶやいて目を背けた 目に見えてる所ばかり君は気にして 隠れてる内側をちっとも見ようとしない 着飾ることに疲れたと君は言う それでもまだ慣れない笑顔で愛想笑い 上手く生きるための術を探しては また一人で塞ぎ込んでる だけど君が 不器用であるほど僕は愛しくて その度また君を好きになるの 誰かと比べるのはもうやめよう 君は君だよ それ以上も以下もない  一人になりたい時もあるだろう だけどいつかきっと  「こんな夜は誰かのそばにいたい」もしも君がそう思う事ができたなら 僕がずっとそばにいてあげるよ 朝が来るまで君と話を続けよう  右と左 逆さにしか映せない鏡なんて最初から全部間違いだらけだ そこに映る君がすべてじゃないから だからもう自分をこれ以上嫌わないで  誰も一人じゃ生きれないだろう それは僕も同じで  「こんな夜は誰かのそばにいたい」もしも君がそう思う事ができたなら どこにいたって駆け付けてあげるよ そんなことしか今はしてあげられないけど  数え切れない夜を越えて 同じ数だけ朝を迎え どんなものにも終わりは来るから もう昨日を探さないで  器用になんてならなくていい 素直に泣いて笑えばいい そのままでいいよ君のままで さぁ顔を上げて  「こんな夜は誰かのそばにいたい」もしも君がそう思う事ができたなら 僕がずっとそばにいてあげるよ 朝が来るまで君と話を続けよう  朝日が君の全てを照らしてく ありのままの君がとても綺麗で 僕はただ眺めてた
かくれんぼ誰かが作った理想の君を 君はずっと演じてたんだね 本当の自分に鍵を掛けて その鍵さえなくしてしまった 明かりの消えた小さな舞台で それでも君は演じ続ける 本当の君が消えてしまう前に なくした鍵は僕が探してみるよ  何億年も前に遡れば 人はみんな同じ動物です だけどお節介な神様が “個性”だとか“自分らしさ”だとか 余計なものを僕らに与えた 有難迷惑な話でしょ? こんなものに苦しむくらいなら 誰かと同じ心と身体でいいの  君は小さくつぶやいた 窓の外はまだ夜の闇が続いてる  隠れていないで出ておいで 怖がらずに 話を聞かせて 本当の君を知りたいんだ  こんな汚れた小さな地球(ほし)でも宇宙(そら)から見下ろせば美しいという 遠くから見ればこんな私も少しは綺麗に見えるのかしら? そう言って君は人を遠ざけた 誰も近づけないようにした 自分で掛けたその鍵のせいで誰も来ない どこにも行けないでいるの  君は寂しいって泣いたんだ ほらいつの間にか夜は終わりを告げて  朝焼けキラキラ その涙照らしました こんなに綺麗なものを僕は知らなかったよ  上手に言葉に出来なくてもあなたに伝えたいことがある 演じる事に疲れ果てたあなたに伝えたいことがある あの日なくした心の鍵は きっともう君には必要ないんだ だって今その目から溢れ出した涙が 本当の君なんだから  隠れていないで出ておいで 実を言うとね さっきからこっちを覗いていたこと知ってるんだよ  僕は手を伸ばしている 今なら届く気がして 扉の向こう震える君の名前を何度も呼んでいるよ いっせーのせーで さあ君も手を伸ばして 掴んだらもう離さないから一緒に行こう 君がまだ知らない広い世界を見せてあげたいAJISAI松本俊松本俊AJISAI誰かが作った理想の君を 君はずっと演じてたんだね 本当の自分に鍵を掛けて その鍵さえなくしてしまった 明かりの消えた小さな舞台で それでも君は演じ続ける 本当の君が消えてしまう前に なくした鍵は僕が探してみるよ  何億年も前に遡れば 人はみんな同じ動物です だけどお節介な神様が “個性”だとか“自分らしさ”だとか 余計なものを僕らに与えた 有難迷惑な話でしょ? こんなものに苦しむくらいなら 誰かと同じ心と身体でいいの  君は小さくつぶやいた 窓の外はまだ夜の闇が続いてる  隠れていないで出ておいで 怖がらずに 話を聞かせて 本当の君を知りたいんだ  こんな汚れた小さな地球(ほし)でも宇宙(そら)から見下ろせば美しいという 遠くから見ればこんな私も少しは綺麗に見えるのかしら? そう言って君は人を遠ざけた 誰も近づけないようにした 自分で掛けたその鍵のせいで誰も来ない どこにも行けないでいるの  君は寂しいって泣いたんだ ほらいつの間にか夜は終わりを告げて  朝焼けキラキラ その涙照らしました こんなに綺麗なものを僕は知らなかったよ  上手に言葉に出来なくてもあなたに伝えたいことがある 演じる事に疲れ果てたあなたに伝えたいことがある あの日なくした心の鍵は きっともう君には必要ないんだ だって今その目から溢れ出した涙が 本当の君なんだから  隠れていないで出ておいで 実を言うとね さっきからこっちを覗いていたこと知ってるんだよ  僕は手を伸ばしている 今なら届く気がして 扉の向こう震える君の名前を何度も呼んでいるよ いっせーのせーで さあ君も手を伸ばして 掴んだらもう離さないから一緒に行こう 君がまだ知らない広い世界を見せてあげたい
片道急行さようならも言わないで 夜のホームヘ駆け込んだ こんな小さな町が嫌いで 何処か遠くへ逃げたくて  手ぶらのままでいいさと 格好つけてはみたけれど あれもこれも詰め込んで 結局捨てられなかった  遠ざかる町の明かりが消えるたび 不安に火が灯る  どこまでも走れ 夜を駆け抜けて 僕だけを乗せた片道急行列車 もっと遠くまで 引き返せないように 歪んだレールを走って行け  今さら淋しくなって 窓の外を眺めても そこには何もなかった こんな遠くへ来たんだな  ヘッドフォンから流れる 名曲と呼ぱれたあのナンバーも なんの役にも立たねえ だけど何度も口ずさむ  流れてく景色の中で あの頃の僕が手を振ってた  怖くなってポケットを探った 帰りのチケットはどこだっけ 探したけど そうだ初めから持ってないこと分かってた  誰かが創った決められた道を もうすぐ降り立って自分で歩くんだ だからそれまでは臆病な僕を運んでくれないか  どこまでも走れ 夜を駆け抜けて 僕だけを乗せた片道急行列車 もっと遠くまで 引き返せないように 歪んだレールを走って行けAJISAI松本俊松本俊AJISAIさようならも言わないで 夜のホームヘ駆け込んだ こんな小さな町が嫌いで 何処か遠くへ逃げたくて  手ぶらのままでいいさと 格好つけてはみたけれど あれもこれも詰め込んで 結局捨てられなかった  遠ざかる町の明かりが消えるたび 不安に火が灯る  どこまでも走れ 夜を駆け抜けて 僕だけを乗せた片道急行列車 もっと遠くまで 引き返せないように 歪んだレールを走って行け  今さら淋しくなって 窓の外を眺めても そこには何もなかった こんな遠くへ来たんだな  ヘッドフォンから流れる 名曲と呼ぱれたあのナンバーも なんの役にも立たねえ だけど何度も口ずさむ  流れてく景色の中で あの頃の僕が手を振ってた  怖くなってポケットを探った 帰りのチケットはどこだっけ 探したけど そうだ初めから持ってないこと分かってた  誰かが創った決められた道を もうすぐ降り立って自分で歩くんだ だからそれまでは臆病な僕を運んでくれないか  どこまでも走れ 夜を駆け抜けて 僕だけを乗せた片道急行列車 もっと遠くまで 引き返せないように 歪んだレールを走って行け
神様のおまけ大声出して泣いて帰った あの夏はもう遠い陽炎 やけに瞼が沁みるのは きっと夕焼けのせいだけじゃないな  いつも誰かのせいにして なんとなく歩いて来れたこの道 何も言わずに微笑んでくれた 母の背中は確かに泣いてた  沢山の人 出会って別れて 本当に大事な人はいたかな? 沢山の人 傷つけ汚して まだ僕に誰かを愛する資格はあるかなあ…  きっと答えは見つからないけど ただ ただ今はあなたを想う  今日も命が生まれて消えて それをもし神様が決めてるんなら 僕は今日もこうして生かされてる  まだ悩み生きろと言っているAJISAI松本俊松本俊AJISAI大声出して泣いて帰った あの夏はもう遠い陽炎 やけに瞼が沁みるのは きっと夕焼けのせいだけじゃないな  いつも誰かのせいにして なんとなく歩いて来れたこの道 何も言わずに微笑んでくれた 母の背中は確かに泣いてた  沢山の人 出会って別れて 本当に大事な人はいたかな? 沢山の人 傷つけ汚して まだ僕に誰かを愛する資格はあるかなあ…  きっと答えは見つからないけど ただ ただ今はあなたを想う  今日も命が生まれて消えて それをもし神様が決めてるんなら 僕は今日もこうして生かされてる  まだ悩み生きろと言っている
君色ノートノートの隅に君を描く だけど滲んだ水彩画のように なぜかボヤけていた 記憶の中の君はもう どんどん遠ざかってること 気付いて僕は怖くなって 誰もいない海まで来た 君が好きだったこの場所は  潮風とさ 夕陽が混ざり合って 君と同じ匂いがして 今すぐ逢いたくなった  もう声は届かない 波の音だけが聞こえた 真っ白なノートには でたらめに描いた君が笑ってる  もう一度僕は君を描く だけど足りない色ばかりで あれとこれを混ぜてみたり 涙で少し薄めてみたり…  突然の風 描きかけのページは ちぎれ飛んで 水平線の彼方へ消えてしまった  ねえ 夢で逢えたなら それだけでよかったのになあ 夢から覚めたあと 今まで以上に寂しくなっていた  月明かりが波に揺れて 風が僕の頬をかすめた 目を閉じれば こんなに近くに君はいたんだね  強く強く 想い描いたら こんなにも君が溢れて 心のパレットに僕しか知らない君の色が増えてゆく  誰もがいつかは忘れてしまうものだとしても 今はまだこのままで 色褪せたノートをそっと閉じたAJISAI松本俊松本俊AJISAIノートの隅に君を描く だけど滲んだ水彩画のように なぜかボヤけていた 記憶の中の君はもう どんどん遠ざかってること 気付いて僕は怖くなって 誰もいない海まで来た 君が好きだったこの場所は  潮風とさ 夕陽が混ざり合って 君と同じ匂いがして 今すぐ逢いたくなった  もう声は届かない 波の音だけが聞こえた 真っ白なノートには でたらめに描いた君が笑ってる  もう一度僕は君を描く だけど足りない色ばかりで あれとこれを混ぜてみたり 涙で少し薄めてみたり…  突然の風 描きかけのページは ちぎれ飛んで 水平線の彼方へ消えてしまった  ねえ 夢で逢えたなら それだけでよかったのになあ 夢から覚めたあと 今まで以上に寂しくなっていた  月明かりが波に揺れて 風が僕の頬をかすめた 目を閉じれば こんなに近くに君はいたんだね  強く強く 想い描いたら こんなにも君が溢れて 心のパレットに僕しか知らない君の色が増えてゆく  誰もがいつかは忘れてしまうものだとしても 今はまだこのままで 色褪せたノートをそっと閉じた
君がくれた光いつかは消えゆく命でも 誰かのための僕でいたい それだけで生きて行ける  冷たい息で指の先を暖めながら 背中合わせ 駅のホーム 静寂がやって来る 過ぎ行く時はいつの間にか 君を大人に変えて 僕を臆病者に変えた 失うのが怖かった  遠くで聞こえる遮断機の音 何も言えないまま 遠くの空を眺めてた  さよなら以外のサヨナラを 強がり以外の優しさを もしも見つけられたなら もしも君に伝えられたなら… いつかは消えゆく命でも 誰かのための僕でいたい 人が人を想うという奇跡 それは君がくれた光  悔やんでは後戻りばかりしていた 情けないこの僕を救ってくれたのは 君だった  繋いだこの手を離さずにいられたら 何かが変わるかな でも二人は別々の道を選び そして歩き出す いつかは消えゆく命でも 一人のために生きていたい 笑い合えたあの日々が 悲しい記憶で終わらないよう せめて僕は 泣きながら笑った  君を乗せて汽車は走る 僕の知らない街へ 誰もいない駅のホーム 静寂がやって来るAJISAI松本俊松本俊AJISAIいつかは消えゆく命でも 誰かのための僕でいたい それだけで生きて行ける  冷たい息で指の先を暖めながら 背中合わせ 駅のホーム 静寂がやって来る 過ぎ行く時はいつの間にか 君を大人に変えて 僕を臆病者に変えた 失うのが怖かった  遠くで聞こえる遮断機の音 何も言えないまま 遠くの空を眺めてた  さよなら以外のサヨナラを 強がり以外の優しさを もしも見つけられたなら もしも君に伝えられたなら… いつかは消えゆく命でも 誰かのための僕でいたい 人が人を想うという奇跡 それは君がくれた光  悔やんでは後戻りばかりしていた 情けないこの僕を救ってくれたのは 君だった  繋いだこの手を離さずにいられたら 何かが変わるかな でも二人は別々の道を選び そして歩き出す いつかは消えゆく命でも 一人のために生きていたい 笑い合えたあの日々が 悲しい記憶で終わらないよう せめて僕は 泣きながら笑った  君を乗せて汽車は走る 僕の知らない街へ 誰もいない駅のホーム 静寂がやって来る
コインとランドリー佇む街並み 急ぐ人の群れ 十人十色だと誰かは言うけど もしもこの世界がモノクロだとしたら 少しはマシなのになあ 小さな頃から「協調性」という名の服を着せられて生きてきたけど 背が伸びるたびにそれも窮屈になって 今じゃ僕を苦しめる  表か裏かで投げられたコイン 縦に立つ可能性に賭けてみたい  明日はきっと何かが違う そんな希望胸に抱いて ああ 誰もが生きるから 何とか今日を越えて行けるんだ 人混みに流されながら それでも僕ら藻掻き続けてる わずかな光を探して 駆けずり回って それが人生です  出会いも別れも 喜びも悲しみも 濁った渦の中 混ざり合っていく まるでこの世界はぐるぐる回るランドリー 絡まったり ほどけたり  自分を愛することも出来ずに 僕はあなたを愛せるだろうか?  こんな時代に誰がしたと 無理にでも敵を作って ああ 誰もが叫んでは 弱い自分を誤魔化してるんだ 本当はみんな分かっている 強くありたいと願っている だから傷つき迷って途方に暮れてく それが人類です  明日はきっと何かが違う そんな希望胸に抱いて ああ 誰もが生きている 間違いながら輝きながら 明日はちょっと笑ってみよう 今日と違う何かを見つけよう いつも見落としてきたモノは足元に転がってるさAJISAI松本俊松本俊佇む街並み 急ぐ人の群れ 十人十色だと誰かは言うけど もしもこの世界がモノクロだとしたら 少しはマシなのになあ 小さな頃から「協調性」という名の服を着せられて生きてきたけど 背が伸びるたびにそれも窮屈になって 今じゃ僕を苦しめる  表か裏かで投げられたコイン 縦に立つ可能性に賭けてみたい  明日はきっと何かが違う そんな希望胸に抱いて ああ 誰もが生きるから 何とか今日を越えて行けるんだ 人混みに流されながら それでも僕ら藻掻き続けてる わずかな光を探して 駆けずり回って それが人生です  出会いも別れも 喜びも悲しみも 濁った渦の中 混ざり合っていく まるでこの世界はぐるぐる回るランドリー 絡まったり ほどけたり  自分を愛することも出来ずに 僕はあなたを愛せるだろうか?  こんな時代に誰がしたと 無理にでも敵を作って ああ 誰もが叫んでは 弱い自分を誤魔化してるんだ 本当はみんな分かっている 強くありたいと願っている だから傷つき迷って途方に暮れてく それが人類です  明日はきっと何かが違う そんな希望胸に抱いて ああ 誰もが生きている 間違いながら輝きながら 明日はちょっと笑ってみよう 今日と違う何かを見つけよう いつも見落としてきたモノは足元に転がってるさ
交差点吐き出す息はやけに白く 冬の夜空に吸い込まれた 僕は一人で眺めている 目の前に広がった巨大な交差点  急ぎ足で通り過ぎて行く人や どこか遠くを見つめて ため息つく人 ここには色んな希望や孤独があって 僕はなんだか淋しくて膝抱えた  (もう終わりにしようかなぁ…) なんて考えていた 果てしないこの道の中で 僕は何を手にし何を捨てた?  この場所に僕が今いること 誰か「間違いじゃない」って言ってほしい  後ろ指を指されても 笑われても 誰かを笑うよりはずっとマシに思えた 人は弱い生き物です だけど僕は あなたを想うその時は強くなれた  もうどれだけの人が現れ消えたんだろう? それぞれ違う場所を探し求め 迷いながら歩いてる  信号が青に変わるたびに 人は流れてく 僕だけ残して  最後の足音が やがて小さくなって ふと顔を上げた時 もう人影は消えて 誰もいなくなってた  いつまでもここには居れないなあ… だから僕は今ゆっくりと立ち上がる  凍えそうな両手を温めて 僕は交差点の向こう側へ そこに何があるかなんて 分からないけどAJISAI松本俊須江篤史AJISAI吐き出す息はやけに白く 冬の夜空に吸い込まれた 僕は一人で眺めている 目の前に広がった巨大な交差点  急ぎ足で通り過ぎて行く人や どこか遠くを見つめて ため息つく人 ここには色んな希望や孤独があって 僕はなんだか淋しくて膝抱えた  (もう終わりにしようかなぁ…) なんて考えていた 果てしないこの道の中で 僕は何を手にし何を捨てた?  この場所に僕が今いること 誰か「間違いじゃない」って言ってほしい  後ろ指を指されても 笑われても 誰かを笑うよりはずっとマシに思えた 人は弱い生き物です だけど僕は あなたを想うその時は強くなれた  もうどれだけの人が現れ消えたんだろう? それぞれ違う場所を探し求め 迷いながら歩いてる  信号が青に変わるたびに 人は流れてく 僕だけ残して  最後の足音が やがて小さくなって ふと顔を上げた時 もう人影は消えて 誰もいなくなってた  いつまでもここには居れないなあ… だから僕は今ゆっくりと立ち上がる  凍えそうな両手を温めて 僕は交差点の向こう側へ そこに何があるかなんて 分からないけど
「何となく生きて、死ねればいい」とあなたは言う それがあまりに哀しくて 僕は涙が出た 長い間あなたは真っ黒な世の中にいたから 暗闇に目が慣れて余計な物まで見てきたんでしょう  もしもこんな僕に出来ることがあれば それはたった一つだけ  この声が聞こえてるかい 何度だってあなたの名を呼んでいるよ この長い夜から今連れ出すから 聞こえたなら返事の代わりに さぁ その手を伸ばして  僕も同じように苦しくて辛くて だけどあなたがいれば…  この手が震えていても ちぎれそうでも僕を信じて 離さないから あなたの存在がただ 僕を照らす光になる だからそばにいて  「何となく生きて、死ねればいい」とあなたは言う 「あまたがいないとね、生きていけない」と僕は言うだろう  この声が聞こえてるかい 何度だってあなたの名を呼んでいるよ この長い夜から今連れ出すから 聞こえたなら返事の代わりに さぁ その手を伸ばして  もう迷わないでAJISAI松本俊松本俊「何となく生きて、死ねればいい」とあなたは言う それがあまりに哀しくて 僕は涙が出た 長い間あなたは真っ黒な世の中にいたから 暗闇に目が慣れて余計な物まで見てきたんでしょう  もしもこんな僕に出来ることがあれば それはたった一つだけ  この声が聞こえてるかい 何度だってあなたの名を呼んでいるよ この長い夜から今連れ出すから 聞こえたなら返事の代わりに さぁ その手を伸ばして  僕も同じように苦しくて辛くて だけどあなたがいれば…  この手が震えていても ちぎれそうでも僕を信じて 離さないから あなたの存在がただ 僕を照らす光になる だからそばにいて  「何となく生きて、死ねればいい」とあなたは言う 「あまたがいないとね、生きていけない」と僕は言うだろう  この声が聞こえてるかい 何度だってあなたの名を呼んでいるよ この長い夜から今連れ出すから 聞こえたなら返事の代わりに さぁ その手を伸ばして  もう迷わないで
告白君を見つけた駅のホーム 偶然を装って挙動不審 なんて僕は臆病だ 君に伝えたい一言が 喉の奥で行ったり来たり “早く出せ”と疼いてる  駆け引きや心理戦なんて出来るほど器用じゃないし 結局最後に搾り出したのは こんなシンプルな答えです  この想いを伝えたいんだ 君のことが大好きなんだ 息切らして 心が走り出す とびきりの美人じゃないよ だけどそんなのどうでもいいんだ 僕にとって 誰より君は輝いてる  もしも君が望むのならば 僕はどんな事でもやるさ 世界中を敵にしたっていい  君が吐いた悲しい嘘や どんな過去の傷跡も 必ず全部受け止めてみせる むしろ飲み込んでやる  この想いを伝えたいんだ 君のことが大好きなんだ 転んだって 何度も立ち上がる あと一歩、その一歩が 永遠よりも果てしないや 無我夢中で 後悔なんてしたくないから  何にもない僕だけど 誰にも負けないものが一つあるとすれば それは君を想う心です  この想いを伝えたいんだ 君のことが大好きなんだ 息切らして 心が走り出す やっと着いた 君と会えた なんて長い道のりなんだ 思い切って ありのままで今伝えよう  勇気出して… 「君のことが大好きなんです!」AJISAI松本俊松本俊君を見つけた駅のホーム 偶然を装って挙動不審 なんて僕は臆病だ 君に伝えたい一言が 喉の奥で行ったり来たり “早く出せ”と疼いてる  駆け引きや心理戦なんて出来るほど器用じゃないし 結局最後に搾り出したのは こんなシンプルな答えです  この想いを伝えたいんだ 君のことが大好きなんだ 息切らして 心が走り出す とびきりの美人じゃないよ だけどそんなのどうでもいいんだ 僕にとって 誰より君は輝いてる  もしも君が望むのならば 僕はどんな事でもやるさ 世界中を敵にしたっていい  君が吐いた悲しい嘘や どんな過去の傷跡も 必ず全部受け止めてみせる むしろ飲み込んでやる  この想いを伝えたいんだ 君のことが大好きなんだ 転んだって 何度も立ち上がる あと一歩、その一歩が 永遠よりも果てしないや 無我夢中で 後悔なんてしたくないから  何にもない僕だけど 誰にも負けないものが一つあるとすれば それは君を想う心です  この想いを伝えたいんだ 君のことが大好きなんだ 息切らして 心が走り出す やっと着いた 君と会えた なんて長い道のりなんだ 思い切って ありのままで今伝えよう  勇気出して… 「君のことが大好きなんです!」
サイハテトレイン眠い目こすって 午前4時 始発電車を 人影まばらなホームで 僕は待ってる 何度も夢に敗れて 裏切られて そしてここへ辿り着いたんだ  疲れた顔のサラリーマン 鳴らないケータイ ひとり寂しく見つめてる華奢な女の子 みんなどこへ行くんだろう どこへ帰るんだろう そこに安らげる居場所はあるのかい?  誰のせいでもないのに 被害者気取っていたのは きっと自分の弱さを 認めたくないから でも「頑張れ」って言葉より 「頑張らなくてもいいよ」って 君が言ってくれた時 涙 零れました  静寂の中 夜明けと共に 電車は今日もやってきて 繰り返すだけ それだけなのに 僕はなぜ待ち続けているんだろう  急ぐ理由はないけれど 僕は何度も 時計の針を気にしては 溜め息をつく 一体どこで間違った どこで諦めた 巻き戻すためのボタンがあればなぁ…  無機質なアナウンスが電車の到着を告げる 気がつけば もう世界は動き始めていた ほら こんな汚れた街にも 綺麗な朝日が昇って 望んでもいない希望を 今さら見せつけた  静寂の中 ドアが開いた 本当はとても怖いんだ これに乗れば そうまた同じ日々 わかってる このままじゃ駄目だって  埃まみれの夢のかけらが ポケットの中から落ちた それは小さく でもまだ僕を信じて こんなに光ってる 忘れていたんだ 本当にごめんよ 慌てて僕は飛び出した 誰もいなくなったホームで一人 朝焼けに染まった街を見てたAJISAI松本俊松本俊AJISAI眠い目こすって 午前4時 始発電車を 人影まばらなホームで 僕は待ってる 何度も夢に敗れて 裏切られて そしてここへ辿り着いたんだ  疲れた顔のサラリーマン 鳴らないケータイ ひとり寂しく見つめてる華奢な女の子 みんなどこへ行くんだろう どこへ帰るんだろう そこに安らげる居場所はあるのかい?  誰のせいでもないのに 被害者気取っていたのは きっと自分の弱さを 認めたくないから でも「頑張れ」って言葉より 「頑張らなくてもいいよ」って 君が言ってくれた時 涙 零れました  静寂の中 夜明けと共に 電車は今日もやってきて 繰り返すだけ それだけなのに 僕はなぜ待ち続けているんだろう  急ぐ理由はないけれど 僕は何度も 時計の針を気にしては 溜め息をつく 一体どこで間違った どこで諦めた 巻き戻すためのボタンがあればなぁ…  無機質なアナウンスが電車の到着を告げる 気がつけば もう世界は動き始めていた ほら こんな汚れた街にも 綺麗な朝日が昇って 望んでもいない希望を 今さら見せつけた  静寂の中 ドアが開いた 本当はとても怖いんだ これに乗れば そうまた同じ日々 わかってる このままじゃ駄目だって  埃まみれの夢のかけらが ポケットの中から落ちた それは小さく でもまだ僕を信じて こんなに光ってる 忘れていたんだ 本当にごめんよ 慌てて僕は飛び出した 誰もいなくなったホームで一人 朝焼けに染まった街を見てた
坂道ペダル春風をかき分け自転車はゆっくりと走り出す 君を後ろに乗せて 倒れないようにバランス取りながら 二人分の重さを確かめるようにペダル漕いだ 桜舞う小道を抜け 商店街を通り過ぎて行く  長い坂道 君を乗せたまま登り切ってみせるなんて 少し無理して てっぺんを目指す 汗ばむシャツ  どんな未来が待っていようとも 僕が必ず守ってみせる だからしっかりと掴まってて 背中に感じる温もりが こんなに優しくて愛しくて 君がいる それだけで強くなれるんだ  坂道の向こうに何があるのか分からないけど 二人なら何処までも行ける気がした だからこれからもずっと…  フラつきながら ペダル踏み込む 「登れるはずない」って 君は不安そうにつぶやくけど 後ろに乗せた君の重さが 僕の心を軽くしてるんだ  どんな未来が待っていようとも 僕が必ず守ってみせる だからしっかりと掴まってて 風を集めながら 自転車は 少しずつスピードを上げてゆく 君がいる それだけで強くなれるんだ  もうすぐ新しい景色が 僕らを待ってるAJISAI松本俊松本俊春風をかき分け自転車はゆっくりと走り出す 君を後ろに乗せて 倒れないようにバランス取りながら 二人分の重さを確かめるようにペダル漕いだ 桜舞う小道を抜け 商店街を通り過ぎて行く  長い坂道 君を乗せたまま登り切ってみせるなんて 少し無理して てっぺんを目指す 汗ばむシャツ  どんな未来が待っていようとも 僕が必ず守ってみせる だからしっかりと掴まってて 背中に感じる温もりが こんなに優しくて愛しくて 君がいる それだけで強くなれるんだ  坂道の向こうに何があるのか分からないけど 二人なら何処までも行ける気がした だからこれからもずっと…  フラつきながら ペダル踏み込む 「登れるはずない」って 君は不安そうにつぶやくけど 後ろに乗せた君の重さが 僕の心を軽くしてるんだ  どんな未来が待っていようとも 僕が必ず守ってみせる だからしっかりと掴まってて 風を集めながら 自転車は 少しずつスピードを上げてゆく 君がいる それだけで強くなれるんだ  もうすぐ新しい景色が 僕らを待ってる
桜並木雨が上がったら 僕も濡れた瞼を拭いて 守れなかった約束のあの場所へ出掛けよう  通い慣れた坂道を自転車で走る 脇で微笑む笠地蔵 君にも見せたかった桜並木 どうかまだ散ってないように 降り続いた雨は今朝上がって 嘘みたいに青い空 君にも見せたかった桜並木 息切らしてペダルを漕ぐ  桜は散ってた 夕べの雨で 胸が痛くて だけど僕らもいつか枯れて そして灰になって 消えてくだけだとしても…  僕に残された時間どれくらいかな? それがもし明日だとしても だからって今日を精一杯生きたところで 大して何も変わらないよね  いつかの僕がそう呟いたら 君は泣いてた「強く生きて」と 君が消えてやっと分かった 生きていたい 不器用でも…  落ちた花びら掬い上げて 僕は空へ投げる ひらひら花びら風に揺れて もう一度春が来たような奇跡を 祈ってた  だけど確かに春は終わった どこかに落ちてないか探した 季節は巡り 人は流れて でも忘れないよ  さようなら 君が好きだった景色 次の春まで逢えなくなるね 瞼閉じれば君の笑顔が 桜舞う中で揺れてた  ほんの少し残っていた春の匂いを忘れないように 僕は深く息を吸ったAJISAI松本俊松本俊AJISAI雨が上がったら 僕も濡れた瞼を拭いて 守れなかった約束のあの場所へ出掛けよう  通い慣れた坂道を自転車で走る 脇で微笑む笠地蔵 君にも見せたかった桜並木 どうかまだ散ってないように 降り続いた雨は今朝上がって 嘘みたいに青い空 君にも見せたかった桜並木 息切らしてペダルを漕ぐ  桜は散ってた 夕べの雨で 胸が痛くて だけど僕らもいつか枯れて そして灰になって 消えてくだけだとしても…  僕に残された時間どれくらいかな? それがもし明日だとしても だからって今日を精一杯生きたところで 大して何も変わらないよね  いつかの僕がそう呟いたら 君は泣いてた「強く生きて」と 君が消えてやっと分かった 生きていたい 不器用でも…  落ちた花びら掬い上げて 僕は空へ投げる ひらひら花びら風に揺れて もう一度春が来たような奇跡を 祈ってた  だけど確かに春は終わった どこかに落ちてないか探した 季節は巡り 人は流れて でも忘れないよ  さようなら 君が好きだった景色 次の春まで逢えなくなるね 瞼閉じれば君の笑顔が 桜舞う中で揺れてた  ほんの少し残っていた春の匂いを忘れないように 僕は深く息を吸った
色彩あなたと出会えて本当に良かったな 暮れていく空をずっと眺めている 触れた指先が温かくて まるで日だまりのような匂い  今日は帰ろう 影は伸びて ポケットの中は握り合った手 明日なんて分からないから 今日のあなたを焼き付けてる  前髪のくせっ毛も 小さな胸も くしゃくしゃに崩れて笑った顔も あなたを彩るそのすべてを 誰よりも知っている僕は幸せです  限られてる時間の中で あとどれくらい泣いて笑って あなたの傍にいられるだろう? そんな事をふと考えてた  少し低い鼻も 短いまつ毛も とても器用な指先も あなたを彩るそのすべてを 誰よりも知っている僕は幸せです  あなたと出会えて本当に良かったな 暮れていく空をずっと眺めている 触れた指先が温かくて まるで日だまりのような匂いAJISAI松本俊松本俊あなたと出会えて本当に良かったな 暮れていく空をずっと眺めている 触れた指先が温かくて まるで日だまりのような匂い  今日は帰ろう 影は伸びて ポケットの中は握り合った手 明日なんて分からないから 今日のあなたを焼き付けてる  前髪のくせっ毛も 小さな胸も くしゃくしゃに崩れて笑った顔も あなたを彩るそのすべてを 誰よりも知っている僕は幸せです  限られてる時間の中で あとどれくらい泣いて笑って あなたの傍にいられるだろう? そんな事をふと考えてた  少し低い鼻も 短いまつ毛も とても器用な指先も あなたを彩るそのすべてを 誰よりも知っている僕は幸せです  あなたと出会えて本当に良かったな 暮れていく空をずっと眺めている 触れた指先が温かくて まるで日だまりのような匂い
失恋レシピ人を好きになんてならなきゃよかった だって出会わなければ別れも来ないから 君の涙なんて知らなきゃよかった そしたら笑顔でさよならできたのに  今でも時々そう思うことがあるよ そしてそんな自分がとても嫌いです 君を悪者にすることで 自分を慰めてた俺が嫌いです  いつか二人で行った夜のドライブ はしゃぎ疲れて眠る君の横顔 初めて守りたいってそう思った あの日言えなかった言葉  「出会ってくれてありがとう 愛してくれてありがとう こんな俺のそばにずっといてくれてありがとう」 今なら言えるのに 素直になれるのに どこを探しても 君はもういない  一人でいるよりも 人ごみのほうが 孤独を感じる不思議なこの都会(まち)で 俺はそれなりに元気でやってるよ でもね たまにふと恋しくもなるよ  いつも君が作ってくれてたオムライス 真似して俺も作ってみたけど 味が無くてまずくって笑えてきたよ レシピでも書いててもらえばよかったなあ…  涙ひとつ零れた 切ない味になった 噛み締めるたびに どんどん溢れ出してくるの 誰もいないこの部屋 布団に包まって 泣き疲れるまで泣いて眠ろう  本当は思い出なんかにしたくないよ 思い出にすれば全部綺麗になっちゃうから だって嘘や涙で汚した日もたくさんあってさ それもきっと二人の足跡だから  「出会ってくれてありがとう 愛してくれてありがとう こんな俺のそばにずっといてくれてありがとう」 忘れられないけど 忘れたくないけど 少しずつ歩き出すよ 終わらなきゃ始まらないから  君を好きになって本当によかった あんなに笑ったり泣いたりしたこと 小さな自慢だよ 俺の誇りだよ それが胸の奥で 今も光ってるAJISAI松本俊松本俊AJISAI人を好きになんてならなきゃよかった だって出会わなければ別れも来ないから 君の涙なんて知らなきゃよかった そしたら笑顔でさよならできたのに  今でも時々そう思うことがあるよ そしてそんな自分がとても嫌いです 君を悪者にすることで 自分を慰めてた俺が嫌いです  いつか二人で行った夜のドライブ はしゃぎ疲れて眠る君の横顔 初めて守りたいってそう思った あの日言えなかった言葉  「出会ってくれてありがとう 愛してくれてありがとう こんな俺のそばにずっといてくれてありがとう」 今なら言えるのに 素直になれるのに どこを探しても 君はもういない  一人でいるよりも 人ごみのほうが 孤独を感じる不思議なこの都会(まち)で 俺はそれなりに元気でやってるよ でもね たまにふと恋しくもなるよ  いつも君が作ってくれてたオムライス 真似して俺も作ってみたけど 味が無くてまずくって笑えてきたよ レシピでも書いててもらえばよかったなあ…  涙ひとつ零れた 切ない味になった 噛み締めるたびに どんどん溢れ出してくるの 誰もいないこの部屋 布団に包まって 泣き疲れるまで泣いて眠ろう  本当は思い出なんかにしたくないよ 思い出にすれば全部綺麗になっちゃうから だって嘘や涙で汚した日もたくさんあってさ それもきっと二人の足跡だから  「出会ってくれてありがとう 愛してくれてありがとう こんな俺のそばにずっといてくれてありがとう」 忘れられないけど 忘れたくないけど 少しずつ歩き出すよ 終わらなきゃ始まらないから  君を好きになって本当によかった あんなに笑ったり泣いたりしたこと 小さな自慢だよ 俺の誇りだよ それが胸の奥で 今も光ってる
少年と僕と、あなたの唄砂埃巻き上げながら少年は走ってた 空高く打ち上げられた真っ白なボールを追って あと少しで届きそう 思い切ってジャンプした だけどバランスを崩して派手に倒れ込む  客もまばらな野球場 座った僕の隣には くたびれたスーツのおじさん 野次を飛ばす  行く当てもないまま僕は この場所に迷い込んだ 晴れ渡る空の下で ゲームは続いてく  フェンス越しに眺めてた さっきのあの少年は 目に涙を溜め込んで それでも立ち上がった  僕も隣のおじさんもいつの間にかその少年に 遠い昔の自分自身をそっと重ねてた  いつからだったろう? 最初から何でも全部決めつけて 届きそうな夢さえも追わなくなったのは  やっと気付いて手を伸ばす  気がつけば隣の野次も声援に変わっていた まるでいつかの自分に送るように  君も僕もそしてあなたも それぞれに戦っている 決して終わることのないゲームは続いてく ずっと続いてく  少年はひとつ呼吸して また走り出す ボールを追いかけてAJISAI松本俊松本俊砂埃巻き上げながら少年は走ってた 空高く打ち上げられた真っ白なボールを追って あと少しで届きそう 思い切ってジャンプした だけどバランスを崩して派手に倒れ込む  客もまばらな野球場 座った僕の隣には くたびれたスーツのおじさん 野次を飛ばす  行く当てもないまま僕は この場所に迷い込んだ 晴れ渡る空の下で ゲームは続いてく  フェンス越しに眺めてた さっきのあの少年は 目に涙を溜め込んで それでも立ち上がった  僕も隣のおじさんもいつの間にかその少年に 遠い昔の自分自身をそっと重ねてた  いつからだったろう? 最初から何でも全部決めつけて 届きそうな夢さえも追わなくなったのは  やっと気付いて手を伸ばす  気がつけば隣の野次も声援に変わっていた まるでいつかの自分に送るように  君も僕もそしてあなたも それぞれに戦っている 決して終わることのないゲームは続いてく ずっと続いてく  少年はひとつ呼吸して また走り出す ボールを追いかけて
シルバーワゴン迫る闇を切り裂いて アクセル踏み込んだ夜のハイウェイ ライトが照らした先にいくつもの別れ道  眠い目を擦りながら街から街へ飛び回る ゴールなどあるはずもない 旅は続く  道なき道をどこまでも行こう 例えそれがこの世の果てでも 誰が望む訳じゃないけど これは僕が望んだ険しい道だ 突き進もう  黒い煙吐き出して 悲鳴上げるように走るハイウェイ メーター振り切る程に心細くなって  すれ違うテールランプ 行きの道か帰りの道か とりあえず僕らはまだ旅の途中  道なき道をどこまでも行こう 例えそこで命が尽きても 誰が待つ訳じゃないけど どこかでまだ知らない人に会えるさ 信じよう  道なき道をどこまでも行こう 例えそれがこの世の果てでも 誰が望む訳じゃないけど これは僕が望んだ確かな道だ 突き進もう  さあ始めようAJISAI松本俊須江篤史迫る闇を切り裂いて アクセル踏み込んだ夜のハイウェイ ライトが照らした先にいくつもの別れ道  眠い目を擦りながら街から街へ飛び回る ゴールなどあるはずもない 旅は続く  道なき道をどこまでも行こう 例えそれがこの世の果てでも 誰が望む訳じゃないけど これは僕が望んだ険しい道だ 突き進もう  黒い煙吐き出して 悲鳴上げるように走るハイウェイ メーター振り切る程に心細くなって  すれ違うテールランプ 行きの道か帰りの道か とりあえず僕らはまだ旅の途中  道なき道をどこまでも行こう 例えそこで命が尽きても 誰が待つ訳じゃないけど どこかでまだ知らない人に会えるさ 信じよう  道なき道をどこまでも行こう 例えそれがこの世の果てでも 誰が望む訳じゃないけど これは僕が望んだ確かな道だ 突き進もう  さあ始めよう
心呼吸あの日パパと見上げてた綺麗な夜空も 今じゃ遠くでミサイルが流れ星のように飛ぶのです ただ願ったよ あのミサイルが堕ちるのは何処かの街じゃなく 腐りきったこの僕の心でありますように  こんな世界の片隅で 今日も僕らは息をする 途切れぬように 途切れぬように まだ生きていてもいいんですか? 誰かがそっとつぶやいた 人は汚れた生き物と 認めぬように 逆らうように 柔らかな君の体温に触れてみた  何かの命を奪ってまで食い繋ぎ生きてる そうまでして生きる価値がこんな僕にあるというのかい? もうわかったよ ほら黙ってよ 身体中が悲鳴をあげるのに この肺がこの心臓が止まることを許さない  こんな世界の片隅で それでも僕らは種を蒔く 枯れないように 枯れないように 希望の芽を絶やさぬように 誰かがそっと吐き捨てた すぐ干からびてしまうよと 認めぬように 逆らうように 涙の粒でアスファルトを濡らしてみた  誰かが叶えたその夢は 叶えられなかった誰かの夢 僕がぼんやり過ごす今日は 昨日消えてった命の明日 僕らはきっとどこかで繋がってるんだな わかち合うことはできるかい?痛みも悲しみも  こんな世界の片隅で 今日も僕らは息をする  こんな世界の片隅で 今日も僕らは息をする 途切れぬように 途切れぬように まだ生きていてもいいんですか? 誰かがそっとつぶやいた 人は汚れた生き物と 認めぬように 逆らうように 柔らかな君の体温に触れてみた  息を吸って吐くだけの単純作業でいいんだよ つまりそれは生きる意志 無意識に背負った運命AJISAI松本俊松本俊あの日パパと見上げてた綺麗な夜空も 今じゃ遠くでミサイルが流れ星のように飛ぶのです ただ願ったよ あのミサイルが堕ちるのは何処かの街じゃなく 腐りきったこの僕の心でありますように  こんな世界の片隅で 今日も僕らは息をする 途切れぬように 途切れぬように まだ生きていてもいいんですか? 誰かがそっとつぶやいた 人は汚れた生き物と 認めぬように 逆らうように 柔らかな君の体温に触れてみた  何かの命を奪ってまで食い繋ぎ生きてる そうまでして生きる価値がこんな僕にあるというのかい? もうわかったよ ほら黙ってよ 身体中が悲鳴をあげるのに この肺がこの心臓が止まることを許さない  こんな世界の片隅で それでも僕らは種を蒔く 枯れないように 枯れないように 希望の芽を絶やさぬように 誰かがそっと吐き捨てた すぐ干からびてしまうよと 認めぬように 逆らうように 涙の粒でアスファルトを濡らしてみた  誰かが叶えたその夢は 叶えられなかった誰かの夢 僕がぼんやり過ごす今日は 昨日消えてった命の明日 僕らはきっとどこかで繋がってるんだな わかち合うことはできるかい?痛みも悲しみも  こんな世界の片隅で 今日も僕らは息をする  こんな世界の片隅で 今日も僕らは息をする 途切れぬように 途切れぬように まだ生きていてもいいんですか? 誰かがそっとつぶやいた 人は汚れた生き物と 認めぬように 逆らうように 柔らかな君の体温に触れてみた  息を吸って吐くだけの単純作業でいいんだよ つまりそれは生きる意志 無意識に背負った運命
シンプルライフこんなにも世知辛い世の中だ 無表情な人混み掻き分けて そこら中に散らばった地雷を避けるように歩くだけの毎日です  ねぇ踊ってるの? それとも踊らされてるの? まぁどっちでもいいけど とりあえず僕はお腹が減ったよ  単純明快 シンプルな頭でいきましょう 明日のことなんて明日わかるさ 何十回悔やんでも変わりゃしないのなら 何百回と抗って暴れてやるさ  お偉いさん方の言うことにゃ この国じゃ生まれ落ちた瞬間に 僕らすでに借金があるらしい それを返済するための人生です  ねぇ努力次第? でも神様はお金次第 まぁ構いやしないけど とりあえず僕はもう眠るよ  単純明快 いつだって気楽にいきましょう 明日のことなんて明日悩めば? 何十回つまづいても平気な顔して 何百回と立ち上がり笑い飛ばしてやれ  どんな苦しい時でも どんな壁にぶち当たっても いつも心には花を いつも唇には唄を  単純明快 シンプルな頭でいきましょう 明日のことなんて明日わかるさ 何十回悔やんでも変わりゃしないのなら 何百回と抗って暴れてやるさ  難しくしてるのはいつでも僕らで もっとこの世界はシンプルに今日も回ってるAJISAI松本俊須江篤史こんなにも世知辛い世の中だ 無表情な人混み掻き分けて そこら中に散らばった地雷を避けるように歩くだけの毎日です  ねぇ踊ってるの? それとも踊らされてるの? まぁどっちでもいいけど とりあえず僕はお腹が減ったよ  単純明快 シンプルな頭でいきましょう 明日のことなんて明日わかるさ 何十回悔やんでも変わりゃしないのなら 何百回と抗って暴れてやるさ  お偉いさん方の言うことにゃ この国じゃ生まれ落ちた瞬間に 僕らすでに借金があるらしい それを返済するための人生です  ねぇ努力次第? でも神様はお金次第 まぁ構いやしないけど とりあえず僕はもう眠るよ  単純明快 いつだって気楽にいきましょう 明日のことなんて明日悩めば? 何十回つまづいても平気な顔して 何百回と立ち上がり笑い飛ばしてやれ  どんな苦しい時でも どんな壁にぶち当たっても いつも心には花を いつも唇には唄を  単純明快 シンプルな頭でいきましょう 明日のことなんて明日わかるさ 何十回悔やんでも変わりゃしないのなら 何百回と抗って暴れてやるさ  難しくしてるのはいつでも僕らで もっとこの世界はシンプルに今日も回ってる
世界の果て今日もまた誰かがくれた 見え透いた優しさを 適当に喰い散らかした この部屋で埋もれている  何となく笑っていれば 傷付くこともなくて それとなく頷いていれば 当たり障りない日常だ  心の奥で何か足りない 耳鳴りのように鳴り響く どんなに声を枯らして 叫び続けても 満たされないまま きっと  閉ざした その目に 虚しさが募る 全て壊して  高速で変わり続ける 時代の波に飲まれ 秒速で変わってしまう 人の心が怖いんだ  行く当てもなく歩く街並み ビルの隙間に陽が落ちて 灯りはじめる赤色燈が 胸の鼓動と重なった  どんなに夜に紛れて 息を潜めても 必ず朝が襲って 汚れた僕らの足跡を照らすよ ゼロになれるかな  ゆらゆらと舞って ひらひらと落ちて 夜行性の蝶は 羽すら失くした  どんなに声を枯らして 叫び続けても 満たされないけど きっと  閉ざしたその目に 最後の灯火 世界を照らして 壊せ 壊せAJISAI松本俊松本俊AJISAI今日もまた誰かがくれた 見え透いた優しさを 適当に喰い散らかした この部屋で埋もれている  何となく笑っていれば 傷付くこともなくて それとなく頷いていれば 当たり障りない日常だ  心の奥で何か足りない 耳鳴りのように鳴り響く どんなに声を枯らして 叫び続けても 満たされないまま きっと  閉ざした その目に 虚しさが募る 全て壊して  高速で変わり続ける 時代の波に飲まれ 秒速で変わってしまう 人の心が怖いんだ  行く当てもなく歩く街並み ビルの隙間に陽が落ちて 灯りはじめる赤色燈が 胸の鼓動と重なった  どんなに夜に紛れて 息を潜めても 必ず朝が襲って 汚れた僕らの足跡を照らすよ ゼロになれるかな  ゆらゆらと舞って ひらひらと落ちて 夜行性の蝶は 羽すら失くした  どんなに声を枯らして 叫び続けても 満たされないけど きっと  閉ざしたその目に 最後の灯火 世界を照らして 壊せ 壊せ
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
世界を殴れ愛想笑いと嘘泣きばっか上手くなって その演技 まるで表彰もんだ!って苦笑い 感動を忘れちまった心は もう化石一歩手前 いつか朽ち果ててしまう前に掘り起こせ  誰かが言ってた 「困ってる人がいたら、すぐに助けてあげましょう。 そこに請求書も添えて。」  何かがおかしいんだ みんな気付いてんだろう? 僕らの未来は何処へ向かうんだ? 文明が何だってんだ 猿の時代からやり直せ  右も左も分かんないような子供だって 上と下の縦社会構造はよくご存知です 手を繋いで徒競走 みんな主役のシンデレラ 大人たちの理想ごっこに付き合うのも楽じゃないです  平和取り戻すために争いは続く そんな矛盾繰り返して 行き着く先は滅亡か  何かがおかしいんだ みんな気付いてんだろう? 僕らの未来は何処へ向かうんだ? 文明が何だってんだ 一度と言わず何度でも猿の時代からやり直せ  この世界を殴れ この世界を殴れ いつか目が覚めるまでAJISAI松本俊須江篤史愛想笑いと嘘泣きばっか上手くなって その演技 まるで表彰もんだ!って苦笑い 感動を忘れちまった心は もう化石一歩手前 いつか朽ち果ててしまう前に掘り起こせ  誰かが言ってた 「困ってる人がいたら、すぐに助けてあげましょう。 そこに請求書も添えて。」  何かがおかしいんだ みんな気付いてんだろう? 僕らの未来は何処へ向かうんだ? 文明が何だってんだ 猿の時代からやり直せ  右も左も分かんないような子供だって 上と下の縦社会構造はよくご存知です 手を繋いで徒競走 みんな主役のシンデレラ 大人たちの理想ごっこに付き合うのも楽じゃないです  平和取り戻すために争いは続く そんな矛盾繰り返して 行き着く先は滅亡か  何かがおかしいんだ みんな気付いてんだろう? 僕らの未来は何処へ向かうんだ? 文明が何だってんだ 一度と言わず何度でも猿の時代からやり直せ  この世界を殴れ この世界を殴れ いつか目が覚めるまで
線香花火季節外れの線香花火をした 君と二人 真夜中の公園で 「綺麗だね」って笑う君はなぜか 少しだけ悲しい目をしていたんだ  儚く揺れる炎を僕らはただ眺めてた その中に永遠を夢見ながら  “あなたを愛している”それ以上の言葉を今 伝えたいのにどこにも無くて ただ強く抱きしめた 消えないで小さな光 君と同じ弱い光 心の中でそっと願ったけど 静かに燃え尽きてく  今は君がいないこの公園で 僕は一人 線香花火に火を灯した  懐かしい匂いがして 君に逢えるような気がして 何度も何度も火を点けるよ  “あなたを愛している”ただそれさえ言えないまま そこから見える僕は どれくらい輝いてるだろうか? 消えないで小さな光 君と同じ優しい光 あと少しだけ このままでいたいよ 叶わぬ願いだとしても  「終わりがあるからこそ こんなに“今”が愛おしく思える」 いつか君の言った言葉が 花火の光と重なったんだ  さよなら、愛してるよ、 忘れたくない 忘れないよ 呆れるくらいほら残ってる その匂いも 温もりも さよなら、小さな光 僕も同じ弱い光 今はまだ少し頼りないけれど いつかは僕もきっと 輝けるように 君に届くように 今を生きて行くからAJISAI松本俊松本俊季節外れの線香花火をした 君と二人 真夜中の公園で 「綺麗だね」って笑う君はなぜか 少しだけ悲しい目をしていたんだ  儚く揺れる炎を僕らはただ眺めてた その中に永遠を夢見ながら  “あなたを愛している”それ以上の言葉を今 伝えたいのにどこにも無くて ただ強く抱きしめた 消えないで小さな光 君と同じ弱い光 心の中でそっと願ったけど 静かに燃え尽きてく  今は君がいないこの公園で 僕は一人 線香花火に火を灯した  懐かしい匂いがして 君に逢えるような気がして 何度も何度も火を点けるよ  “あなたを愛している”ただそれさえ言えないまま そこから見える僕は どれくらい輝いてるだろうか? 消えないで小さな光 君と同じ優しい光 あと少しだけ このままでいたいよ 叶わぬ願いだとしても  「終わりがあるからこそ こんなに“今”が愛おしく思える」 いつか君の言った言葉が 花火の光と重なったんだ  さよなら、愛してるよ、 忘れたくない 忘れないよ 呆れるくらいほら残ってる その匂いも 温もりも さよなら、小さな光 僕も同じ弱い光 今はまだ少し頼りないけれど いつかは僕もきっと 輝けるように 君に届くように 今を生きて行くから
0生きる意味探してた そんなの無い事も解ってたのに 押し寄せる人混みの中 自分まで見失いそう  僕は誰だ?“名前”じゃなく証明が欲しい いつも探してた いつも望んでた 痛みだけが確かなもの だけど傷を刻むくらいなら  0になりたかった 何もかも全部捨て去って だけど0になれなかった 違う明日を僕は願ってる  誰もが喜びや幸せ掴もうと手を伸ばすけど もしも本当に触れることができたら それはただの紛い物  右と左の境目を探すくらいに すごく曖昧で とても困難で 理屈ばかり並べてみたところで何も解りはしない  0になりたかった このままどこか消え去って だけど0になれなかった 心の奥 生きろと叫んでる  全て捨てても0にはなれない 人の心にあるわずかな光  0になりたかった だけど消せないその光 例え明日が暗闇でも 僕の存在をただ照らしてるAJISAI松本俊須江篤史生きる意味探してた そんなの無い事も解ってたのに 押し寄せる人混みの中 自分まで見失いそう  僕は誰だ?“名前”じゃなく証明が欲しい いつも探してた いつも望んでた 痛みだけが確かなもの だけど傷を刻むくらいなら  0になりたかった 何もかも全部捨て去って だけど0になれなかった 違う明日を僕は願ってる  誰もが喜びや幸せ掴もうと手を伸ばすけど もしも本当に触れることができたら それはただの紛い物  右と左の境目を探すくらいに すごく曖昧で とても困難で 理屈ばかり並べてみたところで何も解りはしない  0になりたかった このままどこか消え去って だけど0になれなかった 心の奥 生きろと叫んでる  全て捨てても0にはなれない 人の心にあるわずかな光  0になりたかった だけど消せないその光 例え明日が暗闇でも 僕の存在をただ照らしてる
送信エラー眠れない夜は 小さな部屋の明かりを消し去って 小さな宇宙に変えて 毛布に包まり空を飛ぶ  いつの時代でも僕らは真ん丸い地球の上で 玉乗りしてるみたいだ だからこんなにふらつくの?  隣で君は呆れた顔した だけどちょっと待って こんなこと言いたいわけじゃない  伝えたい言葉はなんだっけ?わからなくなった 伝えたい言葉はなんだっけ?失くしてしまった だいたい君はそうなんだ 思考回路を狂わせる あともう少しだけ眠ってたいのに  冷めきった夜は 小さなバスタプー杯水を張り 小さな海原に変えて 息を止め潜水 漂う  ゆらゆら流れに身を任せてたら 君が投げ込んだ釣り針が目の前で揺れる  伝えたい言葉はなんだっけ?わからなくなった 伝えたい言葉はなんだっけ?失くしてしまった 君は僕を引き上げた 深い海から岸辺まで あともう少しだけ沈んでたいのに  (君が思うより僕はずるくて汚い人なんです それを全部知った上で まだ愛してくれますか?)  伝えたい言葉はいつだって一つだけだった 伝えたい言葉はいつだってこれしかなかった 積み木みたいに積み上げた偽善者の僕が崩れてく 誤魔化しつづけてた僕のすべて 今ここで伝えたい それでもまだ...僕はまだ...伝えなきゃAJISAI松本俊松本俊AJISAI眠れない夜は 小さな部屋の明かりを消し去って 小さな宇宙に変えて 毛布に包まり空を飛ぶ  いつの時代でも僕らは真ん丸い地球の上で 玉乗りしてるみたいだ だからこんなにふらつくの?  隣で君は呆れた顔した だけどちょっと待って こんなこと言いたいわけじゃない  伝えたい言葉はなんだっけ?わからなくなった 伝えたい言葉はなんだっけ?失くしてしまった だいたい君はそうなんだ 思考回路を狂わせる あともう少しだけ眠ってたいのに  冷めきった夜は 小さなバスタプー杯水を張り 小さな海原に変えて 息を止め潜水 漂う  ゆらゆら流れに身を任せてたら 君が投げ込んだ釣り針が目の前で揺れる  伝えたい言葉はなんだっけ?わからなくなった 伝えたい言葉はなんだっけ?失くしてしまった 君は僕を引き上げた 深い海から岸辺まで あともう少しだけ沈んでたいのに  (君が思うより僕はずるくて汚い人なんです それを全部知った上で まだ愛してくれますか?)  伝えたい言葉はいつだって一つだけだった 伝えたい言葉はいつだってこれしかなかった 積み木みたいに積み上げた偽善者の僕が崩れてく 誤魔化しつづけてた僕のすべて 今ここで伝えたい それでもまだ...僕はまだ...伝えなきゃ
遭難信号こんな平和で 穏やかな国に生まれ育ち 食べる物も 眠る場所も 僕にはある  これ以上望むのは罪だと言うけれど 誰も僕の事なんて解っちゃいない  声にならない叫び声 SOS 誰か助けてくれないか? もがいてる 繰り返すだけの日常 逃げ出したい 何処にいたって満たされる事なんて無いだろう  世界のどこかで また今日も争いは続いて 哀しい現実を 寝転んでテレビで観てる  『誰が見ても君のほうが幸せだ』 そんな物差しはいらないから  体中から溢れ出す SOS 明日が来るのが怖いんだ 怯えてる この得体の知れない病 侵されて 何をしたって救われる事なんて無いだろう  声にならない叫び声 SOS 誰か助けてくれとないか? もがいてる 繰り返すだけの日常 逃げ出したい 何処にいたって満たされる事なんて無いだろう  戦火の中での希望と 生ぬるい日々の中で感じる絶望 どっちも選びたくはない この豊かすぎる国から 僕が放つ SOSAJISAI松本俊須江篤史こんな平和で 穏やかな国に生まれ育ち 食べる物も 眠る場所も 僕にはある  これ以上望むのは罪だと言うけれど 誰も僕の事なんて解っちゃいない  声にならない叫び声 SOS 誰か助けてくれないか? もがいてる 繰り返すだけの日常 逃げ出したい 何処にいたって満たされる事なんて無いだろう  世界のどこかで また今日も争いは続いて 哀しい現実を 寝転んでテレビで観てる  『誰が見ても君のほうが幸せだ』 そんな物差しはいらないから  体中から溢れ出す SOS 明日が来るのが怖いんだ 怯えてる この得体の知れない病 侵されて 何をしたって救われる事なんて無いだろう  声にならない叫び声 SOS 誰か助けてくれとないか? もがいてる 繰り返すだけの日常 逃げ出したい 何処にいたって満たされる事なんて無いだろう  戦火の中での希望と 生ぬるい日々の中で感じる絶望 どっちも選びたくはない この豊かすぎる国から 僕が放つ SOS
ソング嘘ター感情は無い ただ与えられたノルマこなすだけ 才能も無い 流行りの言葉 集めて並べただけ  五線譜の上に  こんなんじゃ響かないや こんなんじゃ売れやしないや 満たされた毎日の中 不平不満を探した  誰だってそう 不幸話が好物 そんなの解ってます 心配無用 この物語は全てフィクションです  所詮負けの螺旋に  こんなんじゃ届かないや 困難で潰れそうだ 変人気取った凡人の 化けの皮が剥がれた  無能なのは左脳  こんなんじゃ響かないや こんなんじゃ売れやしないや 商業主義の現代に ただ乗っかって  こんなんじゃ嘘っぱちだ もう嫌われたっていいや 何かが今弾けて 音を立てて崩れたAJISAI松本俊須江篤史感情は無い ただ与えられたノルマこなすだけ 才能も無い 流行りの言葉 集めて並べただけ  五線譜の上に  こんなんじゃ響かないや こんなんじゃ売れやしないや 満たされた毎日の中 不平不満を探した  誰だってそう 不幸話が好物 そんなの解ってます 心配無用 この物語は全てフィクションです  所詮負けの螺旋に  こんなんじゃ届かないや 困難で潰れそうだ 変人気取った凡人の 化けの皮が剥がれた  無能なのは左脳  こんなんじゃ響かないや こんなんじゃ売れやしないや 商業主義の現代に ただ乗っかって  こんなんじゃ嘘っぱちだ もう嫌われたっていいや 何かが今弾けて 音を立てて崩れた
ただ一人の歌声がかすれても僕は歌い続けるよ あなたを想って  部屋の片隅には 埃まみれのギター すべて失ったあの日から 歌う言葉さえも 妙に嘘っぽくてさ 大事なことが解らなくなっていた  世界中に響くよりも ただあなたに届けたい そんな当たり前のことを いつから僕は忘れてたんだろう  あなたを失った世界で それでも僕は歌ってるよ 何度も自分に問い掛ける 答えは無いと解ってても だけどだけど見つけたい 僕にしか歌えない あなただけの歌  膝の上抱えた 埃まみれのギター 思い切り掻き鳴らしたけれど 使わなきゃこんなに錆びてしまうもんだな 心と同じ 歪んだ音を立てる  あなたがくれた形の無い 優しさや温もりが 今の僕を作ってくれた やっと解ったよ  あなたを失った世界で 僕は何を歌えばいいんだ 涙は絶えず溢れるのに 言葉一つも出て来ない だけどだけど見つけたい あなたにしか聴こえない 僕だけの歌  ずっとずっと考えてた こんな僕に出来ること ずっとずっと あなたのこと笑顔にしたい そんな気持ちで 生きたい  あなたを失った世界で それでも僕は歌ってるよ 喜びも悲しみも全部 あなたがくれた物だから どれもこれも愛しくて そんな想い掻き集め ギター鳴らして  馬鹿にされても笑われても 溢れ出すまま言葉にしよう きっと今なら伝えられる ただ一人の為だけに 声が声がかすれても僕は歌い続けるよ あなたを想ってAJISAI松本俊松本俊声がかすれても僕は歌い続けるよ あなたを想って  部屋の片隅には 埃まみれのギター すべて失ったあの日から 歌う言葉さえも 妙に嘘っぽくてさ 大事なことが解らなくなっていた  世界中に響くよりも ただあなたに届けたい そんな当たり前のことを いつから僕は忘れてたんだろう  あなたを失った世界で それでも僕は歌ってるよ 何度も自分に問い掛ける 答えは無いと解ってても だけどだけど見つけたい 僕にしか歌えない あなただけの歌  膝の上抱えた 埃まみれのギター 思い切り掻き鳴らしたけれど 使わなきゃこんなに錆びてしまうもんだな 心と同じ 歪んだ音を立てる  あなたがくれた形の無い 優しさや温もりが 今の僕を作ってくれた やっと解ったよ  あなたを失った世界で 僕は何を歌えばいいんだ 涙は絶えず溢れるのに 言葉一つも出て来ない だけどだけど見つけたい あなたにしか聴こえない 僕だけの歌  ずっとずっと考えてた こんな僕に出来ること ずっとずっと あなたのこと笑顔にしたい そんな気持ちで 生きたい  あなたを失った世界で それでも僕は歌ってるよ 喜びも悲しみも全部 あなたがくれた物だから どれもこれも愛しくて そんな想い掻き集め ギター鳴らして  馬鹿にされても笑われても 溢れ出すまま言葉にしよう きっと今なら伝えられる ただ一人の為だけに 声が声がかすれても僕は歌い続けるよ あなたを想って
つぼみ錆びた自転車を走らせて君を迎えに来たよ 春の昼下がり 突然驚かしてごめんな だけど誰より早く見せたいモノがある  君は少しだけ戸惑ってすぐに笑った それが嬉しくて つられて僕も笑うんだ  長い坂 君だけ乗せて 軋むペダル思い切り踏みこむ 坂を上ったら広がる景色 どこまでも続く桜の道  だけどみせたかった桜は まだツボミのままで風に揺れていた 本当は君を元気にしたかったんだけど 肩落とした僕を君がなぐさめた  約束しよう この場所が色を付けて 一面染まる頃 もう一度二人で来るんだ  誰かの為に泣いて悩んで 子供みたいに笑っていられた それは僕らが永遠じゃなく 限られた時間を生きてるから  君が冷たい窓から いつも見てた景色を 少しでも温めたいんだ 不器用でも手作りにしたいんだ そんな場所をいつも探してる  長い坂道 君と帰ろう 僕らまだ知らない世界夢見て 桜が咲いたらここに戻ろう 錆びた自転車に君を乗せてさ どこまでもほら飛べる気がしたんだAJISAIShun MatsumotoShun MatsumotoAJISAI錆びた自転車を走らせて君を迎えに来たよ 春の昼下がり 突然驚かしてごめんな だけど誰より早く見せたいモノがある  君は少しだけ戸惑ってすぐに笑った それが嬉しくて つられて僕も笑うんだ  長い坂 君だけ乗せて 軋むペダル思い切り踏みこむ 坂を上ったら広がる景色 どこまでも続く桜の道  だけどみせたかった桜は まだツボミのままで風に揺れていた 本当は君を元気にしたかったんだけど 肩落とした僕を君がなぐさめた  約束しよう この場所が色を付けて 一面染まる頃 もう一度二人で来るんだ  誰かの為に泣いて悩んで 子供みたいに笑っていられた それは僕らが永遠じゃなく 限られた時間を生きてるから  君が冷たい窓から いつも見てた景色を 少しでも温めたいんだ 不器用でも手作りにしたいんだ そんな場所をいつも探してる  長い坂道 君と帰ろう 僕らまだ知らない世界夢見て 桜が咲いたらここに戻ろう 錆びた自転車に君を乗せてさ どこまでもほら飛べる気がしたんだ
強い人強い人だと思ってた どんな時でも笑ってて 負けず嫌いで頑固者 人前じゃ涙流さない みんながそう決めつけるから 君もそれを演じていたんだ だけどたまに見せるその弱さに きっと僕も気付いていた  どうしようもなく寂しい夜は 出来るだけそばにいてあげたいんだ 頼ってよ 困らせてよ ずっと付き合うから  君が泣いた 子供のように 突然泣いた 崩れるように 誰も知らないその顔を 僕に見せてくれたことが 嬉しくって つられるように 僕まで泣いた 君の横で 悲しみを分け合うよりも 二倍あればいいと思うんだ  “強い人だと思ってた 強い人でありたかった” だけど強さと優しさは違うようでとても似ている 誰だって心の奥に色んな不安を抱えているんだ 特別なんかじゃない 僕らはきっと似た者同士  濁った水で溢れそうだった 涙のダムは今川になって 清らかにただ流れてく もう止めないでいて  壊れそうな心があった 逃げてしまいたい場面もあった どんな過去の傷痕さえ今の僕らを創ってる 凍えそうな冬を凌いで 春に芽吹いた新芽のように 季節がまた巡るたびに何度でも生まれ変われるさ  君が泣いた 子供のように 突然泣いた 崩れるように 誰も知らないその顔を 僕に見せてくれたことが 嬉しくって つられるように 僕まで泣いた 君の横で 悲しみを分け合うよりも 二倍あればいいと思うんだ  クシャクシャになったお互いの顔を見て 僕らは二倍笑ったAJISAI松本俊松本俊強い人だと思ってた どんな時でも笑ってて 負けず嫌いで頑固者 人前じゃ涙流さない みんながそう決めつけるから 君もそれを演じていたんだ だけどたまに見せるその弱さに きっと僕も気付いていた  どうしようもなく寂しい夜は 出来るだけそばにいてあげたいんだ 頼ってよ 困らせてよ ずっと付き合うから  君が泣いた 子供のように 突然泣いた 崩れるように 誰も知らないその顔を 僕に見せてくれたことが 嬉しくって つられるように 僕まで泣いた 君の横で 悲しみを分け合うよりも 二倍あればいいと思うんだ  “強い人だと思ってた 強い人でありたかった” だけど強さと優しさは違うようでとても似ている 誰だって心の奥に色んな不安を抱えているんだ 特別なんかじゃない 僕らはきっと似た者同士  濁った水で溢れそうだった 涙のダムは今川になって 清らかにただ流れてく もう止めないでいて  壊れそうな心があった 逃げてしまいたい場面もあった どんな過去の傷痕さえ今の僕らを創ってる 凍えそうな冬を凌いで 春に芽吹いた新芽のように 季節がまた巡るたびに何度でも生まれ変われるさ  君が泣いた 子供のように 突然泣いた 崩れるように 誰も知らないその顔を 僕に見せてくれたことが 嬉しくって つられるように 僕まで泣いた 君の横で 悲しみを分け合うよりも 二倍あればいいと思うんだ  クシャクシャになったお互いの顔を見て 僕らは二倍笑った
手紙“突然の手紙 ゴメンね。 あれから4、5年ぶりになるのかなあ…。 元気でいますか?変わりはないですか? 「手紙なんてキザっぽいところがあなたらしい」と 君のことだからどうせ笑ってるでしょ?ほら、あたったでしょ(笑) 風の噂で聞いたんだけど もうすぐママになるみたいだね!? ちょっぴり変な感じ……だけど俺も嬉しいよ。”  そこで急にペンが止まった 本当はちょっと切ないんです そんな自分が嫌いで また書き直してる  頼りなく揺れてる世界で 変わらないものはないよって 誰かが言ったって それくらい百も承知なんだけど 周りは大人になっていて 俺だけいつでも置き去りで 癪に障って だけど本音は書かないほうがいいな…  “ところで俺はと言えば 都会の暮らしにもやっと慣れてきて 毎日それなりに忙しくも満たされてるよ!”  そこでまたペンが止まった 本当は平凡な日々です 強がる自分が嫌いで 丸めて投げ捨てた  汗水垂らして頑張って それでもまだまだ足りなくて もしも神様がいたら文句のひとつでも言おうか 理想と現実を泳いで 油まみれの皿洗って 今日も日が暮れて いつかこのまま年老いてゆくのかなあ…  手紙の中の嘘っぱちの俺と 今ここにいる情けない俺 たぶん君なら見抜いちゃうかな この手紙読んだだけで  子供の頃から同じで 俺は主役にはなれなくて いてもいなくても何も変わらない 通りすがりのエキストラ  君に手紙は出せなくても とりあえず最後まで書いてみよう ありのままで今の自分を綴ってみよう そしたら心のモヤモヤが少しは晴れるような気がした この手紙は今はどこかに仕舞っておくよ いつか笑って読み返せたらいいなあ…AJISAI松本俊松本俊AJISAI“突然の手紙 ゴメンね。 あれから4、5年ぶりになるのかなあ…。 元気でいますか?変わりはないですか? 「手紙なんてキザっぽいところがあなたらしい」と 君のことだからどうせ笑ってるでしょ?ほら、あたったでしょ(笑) 風の噂で聞いたんだけど もうすぐママになるみたいだね!? ちょっぴり変な感じ……だけど俺も嬉しいよ。”  そこで急にペンが止まった 本当はちょっと切ないんです そんな自分が嫌いで また書き直してる  頼りなく揺れてる世界で 変わらないものはないよって 誰かが言ったって それくらい百も承知なんだけど 周りは大人になっていて 俺だけいつでも置き去りで 癪に障って だけど本音は書かないほうがいいな…  “ところで俺はと言えば 都会の暮らしにもやっと慣れてきて 毎日それなりに忙しくも満たされてるよ!”  そこでまたペンが止まった 本当は平凡な日々です 強がる自分が嫌いで 丸めて投げ捨てた  汗水垂らして頑張って それでもまだまだ足りなくて もしも神様がいたら文句のひとつでも言おうか 理想と現実を泳いで 油まみれの皿洗って 今日も日が暮れて いつかこのまま年老いてゆくのかなあ…  手紙の中の嘘っぱちの俺と 今ここにいる情けない俺 たぶん君なら見抜いちゃうかな この手紙読んだだけで  子供の頃から同じで 俺は主役にはなれなくて いてもいなくても何も変わらない 通りすがりのエキストラ  君に手紙は出せなくても とりあえず最後まで書いてみよう ありのままで今の自分を綴ってみよう そしたら心のモヤモヤが少しは晴れるような気がした この手紙は今はどこかに仕舞っておくよ いつか笑って読み返せたらいいなあ…
東京人ごみに揉まれてふと見上げた夜空 都会のネオンで星一つ見当たらない 何かを変えたくてこの街に来たけど 変わっていくのは回りの景色ばかり  コンビニの窓ガラス 映した情けない顔 あんなに憧れた場所なのに 逃げてしまいたい  心が擦り減ってく 心が渇いてく みんな他人のフリして通り過ぎてく 「負けねーぞ!」って叫ぶ 暗い路地裏から 陽の当たる場所へ抜け出してやる  ため息で膨れた電車に押し込まれ いつものホームで吐き出され 今日が終わる  勝ち負けも 諦めも 何処へ向かうのかも すべてを決めるのは僕だから まだ走ってたい 押し潰されそうだ 消えてしまいそうだ 自分離さぬように 強く握った吊り革 「いつか見てろ!」なんて その“いつか”っていつだ!? 自問自答しながら転がっていく  華やぐ東京に導かれ集まった僕ら まるで飛んで火に入る夏の虫  羽がちぎれて飛べなくなった人 羽はあるのに飛ぼうとしない人 眺めてたら…  心が擦り減ってく 心が渇いてく みんな他人のフリして通り過ぎてく  それでもこの街で生きて行こうと決めた 僕が受け入れなきゃ 受け入れられるはずもない 「負けねーぞ!」って叫ぶ 暗い路地裏から 陽の当たる場所へ抜け出してやる いつかきっとAJISAI松本俊松本俊人ごみに揉まれてふと見上げた夜空 都会のネオンで星一つ見当たらない 何かを変えたくてこの街に来たけど 変わっていくのは回りの景色ばかり  コンビニの窓ガラス 映した情けない顔 あんなに憧れた場所なのに 逃げてしまいたい  心が擦り減ってく 心が渇いてく みんな他人のフリして通り過ぎてく 「負けねーぞ!」って叫ぶ 暗い路地裏から 陽の当たる場所へ抜け出してやる  ため息で膨れた電車に押し込まれ いつものホームで吐き出され 今日が終わる  勝ち負けも 諦めも 何処へ向かうのかも すべてを決めるのは僕だから まだ走ってたい 押し潰されそうだ 消えてしまいそうだ 自分離さぬように 強く握った吊り革 「いつか見てろ!」なんて その“いつか”っていつだ!? 自問自答しながら転がっていく  華やぐ東京に導かれ集まった僕ら まるで飛んで火に入る夏の虫  羽がちぎれて飛べなくなった人 羽はあるのに飛ぼうとしない人 眺めてたら…  心が擦り減ってく 心が渇いてく みんな他人のフリして通り過ぎてく  それでもこの街で生きて行こうと決めた 僕が受け入れなきゃ 受け入れられるはずもない 「負けねーぞ!」って叫ぶ 暗い路地裏から 陽の当たる場所へ抜け出してやる いつかきっと
とびらひとつだけ ひとつだけ願いが叶うなら 古惚けたアルバムのように思い出が どうか色樋せないでと 強く願った  友に会い 共に歩き 過ごしたこの町 明日の朝私はここから旅立つ 始まりはいつだって一人でした  幼い頃はいつも道草ばかりしてたのに あの頃に比べて私は臆病になってた  夕暮れが町を赤く染めて 影踏み帰る私たちは 今日の終わりを知るのでした それは綺麗で哀しい色  泣きたくて 逃げたくて そんな過去でさえ いつの日か大切な思い出に変わる 今はただそう信じて目を閉じた  出会いの数だけ別れがあるからこそきっと 人は人を想い 優しくなれるのでしょう  どこまでも続く坂道を 上りきったらどんな景色が そこにあるのか分からないけど 確かめながら私は歩く  茜色の空へ続く 渡り鳥の群れ 意味もなく散らぱって 何処へ行くの?何を探して  夕暮れが町を赤く染めて 影踏み帰る私たちは 今日の終わりを知るのでした 夕日がそっと背中を押すから  また会うための約束をしよう それを「さようなら」と人は呼ぶのでしょう だからもう私は振り向かずに 明日へ続く扉を叩くAJISAI松本俊松本俊AJISAIひとつだけ ひとつだけ願いが叶うなら 古惚けたアルバムのように思い出が どうか色樋せないでと 強く願った  友に会い 共に歩き 過ごしたこの町 明日の朝私はここから旅立つ 始まりはいつだって一人でした  幼い頃はいつも道草ばかりしてたのに あの頃に比べて私は臆病になってた  夕暮れが町を赤く染めて 影踏み帰る私たちは 今日の終わりを知るのでした それは綺麗で哀しい色  泣きたくて 逃げたくて そんな過去でさえ いつの日か大切な思い出に変わる 今はただそう信じて目を閉じた  出会いの数だけ別れがあるからこそきっと 人は人を想い 優しくなれるのでしょう  どこまでも続く坂道を 上りきったらどんな景色が そこにあるのか分からないけど 確かめながら私は歩く  茜色の空へ続く 渡り鳥の群れ 意味もなく散らぱって 何処へ行くの?何を探して  夕暮れが町を赤く染めて 影踏み帰る私たちは 今日の終わりを知るのでした 夕日がそっと背中を押すから  また会うための約束をしよう それを「さようなら」と人は呼ぶのでしょう だからもう私は振り向かずに 明日へ続く扉を叩く
流れ星静けさが響く そんな夜に君と 星空の下で待ち合わせた  大人になること まるで拒むように これが僕らの小さな抵抗だ  真夜中の校舎に忍び込み 屋上で君と寝転んでいた 体は空へと吸い込まれてく  流れ星ひとつだけ夜空に輝いて消えた 一瞬だけの命なら なんて儚いんだろう 綺麗なままじゃ人は生きていけないけど 僕らどうかずっと変わらないで そう願った 流れ星に  ずっと子供でいたい 君はそうつぶやいて 少し悲しい顔をしてた  なぜだろう 心の真ん中が苦しくて 何も言えなかった 僕も同じような気持ちだったから  流れ星またひとつ 夜空に輝いて消えた 手を伸ばせば掴めそうで だけどすり抜けてくから 君だけは離さないように強く手を握るよ 今の僕に出来ることは ただそれだけ それだけでも…  誰かが決めつけた星座の形みたい 僕ら何かに縛られてる たった一つの答を探して  数え切れないほどの 星と星を線でつなぐ ほら自由に描けるだろう 答えなんて無限にあるんだ  流れ星ひとつだけ夜空に輝いて消えた 一瞬だけの命でも なんて美しいんだろう 綺麗なままじゃ人は生きていけないけど 僕らどうかずっと変わらないで そう願った 流れ星にAJISAI松本俊松本俊AJISAI静けさが響く そんな夜に君と 星空の下で待ち合わせた  大人になること まるで拒むように これが僕らの小さな抵抗だ  真夜中の校舎に忍び込み 屋上で君と寝転んでいた 体は空へと吸い込まれてく  流れ星ひとつだけ夜空に輝いて消えた 一瞬だけの命なら なんて儚いんだろう 綺麗なままじゃ人は生きていけないけど 僕らどうかずっと変わらないで そう願った 流れ星に  ずっと子供でいたい 君はそうつぶやいて 少し悲しい顔をしてた  なぜだろう 心の真ん中が苦しくて 何も言えなかった 僕も同じような気持ちだったから  流れ星またひとつ 夜空に輝いて消えた 手を伸ばせば掴めそうで だけどすり抜けてくから 君だけは離さないように強く手を握るよ 今の僕に出来ることは ただそれだけ それだけでも…  誰かが決めつけた星座の形みたい 僕ら何かに縛られてる たった一つの答を探して  数え切れないほどの 星と星を線でつなぐ ほら自由に描けるだろう 答えなんて無限にあるんだ  流れ星ひとつだけ夜空に輝いて消えた 一瞬だけの命でも なんて美しいんだろう 綺麗なままじゃ人は生きていけないけど 僕らどうかずっと変わらないで そう願った 流れ星に
七色カメレオンYESでもNOでもない僕は 今日も真ん中で宙ぶらりん 万事丸く収まれば それで願ったり叶ったり  あれじゃない これとも違う 七変化 今日も同化して 本当の気持ち隠して ずっと自分誤魔化してたんだ  カメレオンみたいに僕は誰かの色に合わせ生きる 顔色伺って 声音読み取って 全身の神経尖らせて カラフルでほら綺麗でしょ?って 変幻自在のつもりでいたけど 予想違い 鏡に映った僕は灰色  呆れるくらいに真っ直ぐで だからぶつかって傷付いて 泣いてる君を見ていたら 僕がちっぽけに思えた  変わりたい でも変われない 頭ん中がどうかして ちょっと待って 僕の色って一体どんなんだっけ!?  カメレオンみたいに僕は誰かの色に合わせ生きる 景色に溶けて 空気になって 面倒なもんをスルーして いてもいなくても同じでしょ?って心が叫ぶんだ いつだって もうやばい その目に映った僕は何色?  嫌われたくないし 敵は少ない方がいい そんな事ばっか考えていたら 誰もいなくなってしまう ねえ そうだろう?  カメレオンみたいに僕は誰かの色に合わせ生きる そんなの嫌だ 僕は僕なんだ こんな人生は真っ平だ カラフルじゃなくてもいいじゃん?って笑う君はすごく輝いていたんだ 七色のカラー纏った殻を破って 鏡に映った僕にサヨナラAJISAI松本俊松本俊YESでもNOでもない僕は 今日も真ん中で宙ぶらりん 万事丸く収まれば それで願ったり叶ったり  あれじゃない これとも違う 七変化 今日も同化して 本当の気持ち隠して ずっと自分誤魔化してたんだ  カメレオンみたいに僕は誰かの色に合わせ生きる 顔色伺って 声音読み取って 全身の神経尖らせて カラフルでほら綺麗でしょ?って 変幻自在のつもりでいたけど 予想違い 鏡に映った僕は灰色  呆れるくらいに真っ直ぐで だからぶつかって傷付いて 泣いてる君を見ていたら 僕がちっぽけに思えた  変わりたい でも変われない 頭ん中がどうかして ちょっと待って 僕の色って一体どんなんだっけ!?  カメレオンみたいに僕は誰かの色に合わせ生きる 景色に溶けて 空気になって 面倒なもんをスルーして いてもいなくても同じでしょ?って心が叫ぶんだ いつだって もうやばい その目に映った僕は何色?  嫌われたくないし 敵は少ない方がいい そんな事ばっか考えていたら 誰もいなくなってしまう ねえ そうだろう?  カメレオンみたいに僕は誰かの色に合わせ生きる そんなの嫌だ 僕は僕なんだ こんな人生は真っ平だ カラフルじゃなくてもいいじゃん?って笑う君はすごく輝いていたんだ 七色のカラー纏った殻を破って 鏡に映った僕にサヨナラ
涙が乾いたら悩んで迷ってまた転んで 新しい傷ばかりが増えて 不器用なくらい真っ直ぐな君は それでも無理して笑っている 泣きたい時に泣ける強さを 弱さだとずっと思っていた だけどもう大丈夫 ありのままで思い切り泣いて笑えばいい  歩んできた道その全てが 正しいかなんて分からないけど ここが君の選んだ道なら 間違いも正解も無いんだよ つまづくことを怖れて だけどつまづく事で初めて 倒れ込んだ拍子に見上げた空 その青さに気付けるから  君が誰にもなれないように 誰も君になれない だからその顔を見せて  涙枯れるまで泣こう 今日は疲れ果てるまで泣こう 泣いて泣いて 心に雨を降らせてあげよう 涙が乾く頃にはきっと小さな花が咲くから 君は君の信じた道をただ進めばいいんだよ  奇跡と呼ぶからややこしくて 偶然と呼ぶから安っぽくて そんな出会いと別れの中で それぞれが孤独の旅に出て 時に夢破れ引き返して いつかその夢は埃かぶって 忘れ去られた引き出しの隅 本当はまだくすぶってんだろう?  まだ間に合うさ いつだって思い立てばほら そこがスタート地点になるんだから  涙枯れるまで泣こう 今日は疲れ果てるまで泣こう 泣いて泣いて 心に雨を降らせてあげよう 近道を選ぶほどにゴールは遠くなっていくもんさ 歌いながら迂回しながら ゆっくりと歩いて行こう  たまには焦らず少し息抜いてさ 騒がしい世界を僕ら生き抜いてこう たくさん失くして また拾って  涙枯れるまで泣こう 今日は疲れ果てるまで泣こう 泣いて泣いて 心に雨を降らせてあげよう 涙が乾く頃にはきっと小さな花が咲くから 君は君の信じた道をただ進めばいいんだ  君の眉間じゃなく目尻に沢山シワが増えますように 間違った分だけまた答えが 必ず見つかりますように 新しい傷が増えるたびに君は強くなる そして誰より優しくなれるんだ さぁ またここから歩いて行こうAJISAI松本俊松本俊悩んで迷ってまた転んで 新しい傷ばかりが増えて 不器用なくらい真っ直ぐな君は それでも無理して笑っている 泣きたい時に泣ける強さを 弱さだとずっと思っていた だけどもう大丈夫 ありのままで思い切り泣いて笑えばいい  歩んできた道その全てが 正しいかなんて分からないけど ここが君の選んだ道なら 間違いも正解も無いんだよ つまづくことを怖れて だけどつまづく事で初めて 倒れ込んだ拍子に見上げた空 その青さに気付けるから  君が誰にもなれないように 誰も君になれない だからその顔を見せて  涙枯れるまで泣こう 今日は疲れ果てるまで泣こう 泣いて泣いて 心に雨を降らせてあげよう 涙が乾く頃にはきっと小さな花が咲くから 君は君の信じた道をただ進めばいいんだよ  奇跡と呼ぶからややこしくて 偶然と呼ぶから安っぽくて そんな出会いと別れの中で それぞれが孤独の旅に出て 時に夢破れ引き返して いつかその夢は埃かぶって 忘れ去られた引き出しの隅 本当はまだくすぶってんだろう?  まだ間に合うさ いつだって思い立てばほら そこがスタート地点になるんだから  涙枯れるまで泣こう 今日は疲れ果てるまで泣こう 泣いて泣いて 心に雨を降らせてあげよう 近道を選ぶほどにゴールは遠くなっていくもんさ 歌いながら迂回しながら ゆっくりと歩いて行こう  たまには焦らず少し息抜いてさ 騒がしい世界を僕ら生き抜いてこう たくさん失くして また拾って  涙枯れるまで泣こう 今日は疲れ果てるまで泣こう 泣いて泣いて 心に雨を降らせてあげよう 涙が乾く頃にはきっと小さな花が咲くから 君は君の信じた道をただ進めばいいんだ  君の眉間じゃなく目尻に沢山シワが増えますように 間違った分だけまた答えが 必ず見つかりますように 新しい傷が増えるたびに君は強くなる そして誰より優しくなれるんだ さぁ またここから歩いて行こう
僕が生きる意味を 探した時、迷った時 浮かぶ顔はいつも ただ一人だ 雨上がりの空を 見上げてたら隅っこにほら とても綺麗な 虹を見つけたよ この虹が消えてしまう前に 君にも見せてあげたい そんな馬鹿みたいな 理由だけど  今「ありがとう」って気持ち 伝えたくて 水溜まり飛び越えて 君のもとへ 風のように鳥のように あとほんの少しだけ まだ虹よ消えないで  もしもこれが映画の ラストシーンなら きっと最後は予想通りに終わるんだろうなあ だけど僕らが生きる世界は 気まぐれで残酷で そしてもっと 素敵なはずだから  今「ありがとう」って気持ち 伝えたくて 暗闇照らしてくれたのは君で だから次は僕が 君のその泣き顔を 笑顔に変えたいから  君も生きる意味を 探した時、迷った時 僕のこと 思い出してほしいんだ  今「ありがとう」って気持ち 伝えたくて 僕は空の彼方を 見上げたけど どこを探してみても もうそこにあるはずの 虹は消えてた そんな僕を見て 君が笑うから 釣られて僕まで 笑ってしまった 君と僕の心を 繋ぐようにほら 小さな虹が今架かったよAJISAI松本俊松本俊AJISAI僕が生きる意味を 探した時、迷った時 浮かぶ顔はいつも ただ一人だ 雨上がりの空を 見上げてたら隅っこにほら とても綺麗な 虹を見つけたよ この虹が消えてしまう前に 君にも見せてあげたい そんな馬鹿みたいな 理由だけど  今「ありがとう」って気持ち 伝えたくて 水溜まり飛び越えて 君のもとへ 風のように鳥のように あとほんの少しだけ まだ虹よ消えないで  もしもこれが映画の ラストシーンなら きっと最後は予想通りに終わるんだろうなあ だけど僕らが生きる世界は 気まぐれで残酷で そしてもっと 素敵なはずだから  今「ありがとう」って気持ち 伝えたくて 暗闇照らしてくれたのは君で だから次は僕が 君のその泣き顔を 笑顔に変えたいから  君も生きる意味を 探した時、迷った時 僕のこと 思い出してほしいんだ  今「ありがとう」って気持ち 伝えたくて 僕は空の彼方を 見上げたけど どこを探してみても もうそこにあるはずの 虹は消えてた そんな僕を見て 君が笑うから 釣られて僕まで 笑ってしまった 君と僕の心を 繋ぐようにほら 小さな虹が今架かったよ
眠らない魚明かりを消した薄暗い部屋で 君の背中にもたれながら このアパートの小さな窓から見える夕日が好きでした  笑い合ったり傷つけあったり ただ季節が過ぎることも 僕はあたりまえに思ってたんだよ あたりまえのことなんて何ひとつ無いのに  君が好きだったあの歌を知らずに□ずさんでいた  明日もし世界が終わるとして きっと僕が最後に願うことは どんな地位や名誉や金でもなく ただ君に逢いたい そう願うだろう  愛って形がないくせに壊れてしまうものなんだな やっと気付いて僕はそのかけらを パズルみたいに組み立ててる  守りたいもの 大事なもの あまりに多すぎて でも本当はただひとつだけ  この街はまるで深い海の底みたいだ そこからまた僕は君を見つけられるのかな  明日もし世界が終わるとして きっと僕が最後に願うことは どんな地位や名誉や金でもなく ただ君に逢いたい 君に触れたい  だけど明日もきっと世界は続くだろう 今日と何も変わらず流れるだろう 限られた時間の中を泳ぐ僕は 眠らない魚になって君を探すAJISAI松本俊松本俊AJISAI明かりを消した薄暗い部屋で 君の背中にもたれながら このアパートの小さな窓から見える夕日が好きでした  笑い合ったり傷つけあったり ただ季節が過ぎることも 僕はあたりまえに思ってたんだよ あたりまえのことなんて何ひとつ無いのに  君が好きだったあの歌を知らずに□ずさんでいた  明日もし世界が終わるとして きっと僕が最後に願うことは どんな地位や名誉や金でもなく ただ君に逢いたい そう願うだろう  愛って形がないくせに壊れてしまうものなんだな やっと気付いて僕はそのかけらを パズルみたいに組み立ててる  守りたいもの 大事なもの あまりに多すぎて でも本当はただひとつだけ  この街はまるで深い海の底みたいだ そこからまた僕は君を見つけられるのかな  明日もし世界が終わるとして きっと僕が最後に願うことは どんな地位や名誉や金でもなく ただ君に逢いたい 君に触れたい  だけど明日もきっと世界は続くだろう 今日と何も変わらず流れるだろう 限られた時間の中を泳ぐ僕は 眠らない魚になって君を探す
ノーネームあなたと描く小さな日々は 決して特別じゃなくて だけど僕にとっては どれも宝物です 誰もいない寂れた公園のベンチ 寄り添いながら 近くて遠いあなたに 今は触れていたいんです  だから だから 今日はもう 幻みたいに 消えないように  繋いだ手と手 指先から伝わるあなたの寂しさが 僕のまぶたの裏を叩く あなたが好きです  いつか僕もあなたも歳をとって シワも増えてく そのシワのひとつひとつが あなたに刻まれた日を 全部知っていたいんです  それでも人は忘れてゆく生き物だから 指切りしよう  僕の嫌いな僕自身を あなたが好きだと言うたび ほんの少しだけ好きになれた ほんとにありがとう  暮れかかる空に 迷子の一番星 僕ら逸れないように 今日は一緒に帰ろう  繋いだ手と手 指先から伝わるあなたの優しさが 僕のまぶたの裏を叩く あなたが好きです  あなたと描く小さな日々は 決して特別じゃなくて だから名前を付けよう それを愛と呼ぶんだろうAJISAIShun MatsumotoShun MatsumotoAJISAIあなたと描く小さな日々は 決して特別じゃなくて だけど僕にとっては どれも宝物です 誰もいない寂れた公園のベンチ 寄り添いながら 近くて遠いあなたに 今は触れていたいんです  だから だから 今日はもう 幻みたいに 消えないように  繋いだ手と手 指先から伝わるあなたの寂しさが 僕のまぶたの裏を叩く あなたが好きです  いつか僕もあなたも歳をとって シワも増えてく そのシワのひとつひとつが あなたに刻まれた日を 全部知っていたいんです  それでも人は忘れてゆく生き物だから 指切りしよう  僕の嫌いな僕自身を あなたが好きだと言うたび ほんの少しだけ好きになれた ほんとにありがとう  暮れかかる空に 迷子の一番星 僕ら逸れないように 今日は一緒に帰ろう  繋いだ手と手 指先から伝わるあなたの優しさが 僕のまぶたの裏を叩く あなたが好きです  あなたと描く小さな日々は 決して特別じゃなくて だから名前を付けよう それを愛と呼ぶんだろう
はづき空は快晴 雲をちぎってく海辺の風 君を乗せてペダル漕いでスピード上げた 遠ざかる町 歪んだ世界を夢中で駆け抜けた きっと自由だった  夕暮れ赤く染めた街路樹に寄り添う影 いっそこのまま時を止めて 永遠さえもあると信じてた だけど今は嘘で着飾った言葉並べて いつか僕ら大人になってゆく 戻れはしないよ  君と見てたあの夏はまるで蜃気楼のように きっと霞んでゆくから瞼に焼きつけた 君を…  遠くで微睡む葉月の雨 乾いた心に触れて すぐに通り過ぎて行く  君が流した涙は夜空に咲く花火のように 輝いてすぐ消えた かすれる声  さよなら 手を振る君に 僕は振り返らずに行くよ 季節が巡るたびにまた思い出すのさ 君を…AJISAI松本俊松本俊AJISAI空は快晴 雲をちぎってく海辺の風 君を乗せてペダル漕いでスピード上げた 遠ざかる町 歪んだ世界を夢中で駆け抜けた きっと自由だった  夕暮れ赤く染めた街路樹に寄り添う影 いっそこのまま時を止めて 永遠さえもあると信じてた だけど今は嘘で着飾った言葉並べて いつか僕ら大人になってゆく 戻れはしないよ  君と見てたあの夏はまるで蜃気楼のように きっと霞んでゆくから瞼に焼きつけた 君を…  遠くで微睡む葉月の雨 乾いた心に触れて すぐに通り過ぎて行く  君が流した涙は夜空に咲く花火のように 輝いてすぐ消えた かすれる声  さよなら 手を振る君に 僕は振り返らずに行くよ 季節が巡るたびにまた思い出すのさ 君を…
花唄線路沿いに咲いていた小さな花 君にも名前はあるの?教えてよ 今にも踏まれてしまいそうで だけど気付かないフリをした  排気ガスの煙で目がにじんだ 本当にそうなのかな? もうわからないや 誰かに気付いて欲しいんだろう この街の中で  みんな同じ悩みや孤独を抱えてる それでも君のように強くなれるかなあ  ただ風に吹かれて揺れる花 枯れないように 折れないように しなやかにその身を任せ咲いている 誰のためでもなく ただ自分のため  埃が舞い上がって光っている 何だかすごく綺麗だな だけどきっと 一人じゃ輝けないんだろうな そこには必ず  陽射しがあった じゃあ僕だって誰かを照らせるかな? 一人じゃない もう一人じゃないよ ねえそうだろう?  ただ雨に打たれて濡れる花 雲が切れるのを待って でもこの雨さえ命を創るから どんな世界でも僕は生きてゆける  ただ風に吹かれて揺れる花 枯れないように 折れないように しなやかにその身を任せ咲いている 誰のためでもなく ただ自分のため  いつかまた君に逢いに来るよ その時は笑っていれるようにAJISAI松本俊松本俊AJISAI線路沿いに咲いていた小さな花 君にも名前はあるの?教えてよ 今にも踏まれてしまいそうで だけど気付かないフリをした  排気ガスの煙で目がにじんだ 本当にそうなのかな? もうわからないや 誰かに気付いて欲しいんだろう この街の中で  みんな同じ悩みや孤独を抱えてる それでも君のように強くなれるかなあ  ただ風に吹かれて揺れる花 枯れないように 折れないように しなやかにその身を任せ咲いている 誰のためでもなく ただ自分のため  埃が舞い上がって光っている 何だかすごく綺麗だな だけどきっと 一人じゃ輝けないんだろうな そこには必ず  陽射しがあった じゃあ僕だって誰かを照らせるかな? 一人じゃない もう一人じゃないよ ねえそうだろう?  ただ雨に打たれて濡れる花 雲が切れるのを待って でもこの雨さえ命を創るから どんな世界でも僕は生きてゆける  ただ風に吹かれて揺れる花 枯れないように 折れないように しなやかにその身を任せ咲いている 誰のためでもなく ただ自分のため  いつかまた君に逢いに来るよ その時は笑っていれるように
春の呼吸旅立つ君とそれを見送る僕 足音だけが二つ空に響く 春と呼ぶには少しまだ早いな 吐き出す息は白く濁って消えた  同じ歩幅で歩いた通い慣れた道 綺麗な言葉 何一つ見つからないけど  たぶん一生忘れないでしょう 強がって笑ってた君の その目に溢れ出す泪を たぶん一生忘れないでしょう 何も出来ない僕が ここにいたこと  君の荷物はとても とても軽くて なんだかまたすぐ会える気がして 調子狂うなぁ、って 僕だけ不意に笑った だけどそれは叶わぬ願いだと 知っていたから 余計悲しくなった  きっと春風が吹けば街も色付いて 僕ら歩き出すための きっかけを運んでくれるよね  たぶん一生忘れないでしょう 君が見えなくなって でもいつまでも手を降り続けたこと たぶん一生忘れないでしょう 一人の帰り道がこんなにも…  僕に残されたのは 果たせぬ約束ばかりで 数えてみたけれど 両手のすきまからこぼれていく  たぶん一生忘れないでしょう 強がって笑ってた君の その目に溢れ出す泪を たぶん一生忘れないでしょう 何も出来ない僕が ここにいたこと  誰もが孤独を 誰もが痛みを心の隅に抱えて生きてるから さあ行こう ここから歩こう いつかきっとどこかで僕らまた会えるように 会えるようにAJISAI松本俊松本俊AJISAI旅立つ君とそれを見送る僕 足音だけが二つ空に響く 春と呼ぶには少しまだ早いな 吐き出す息は白く濁って消えた  同じ歩幅で歩いた通い慣れた道 綺麗な言葉 何一つ見つからないけど  たぶん一生忘れないでしょう 強がって笑ってた君の その目に溢れ出す泪を たぶん一生忘れないでしょう 何も出来ない僕が ここにいたこと  君の荷物はとても とても軽くて なんだかまたすぐ会える気がして 調子狂うなぁ、って 僕だけ不意に笑った だけどそれは叶わぬ願いだと 知っていたから 余計悲しくなった  きっと春風が吹けば街も色付いて 僕ら歩き出すための きっかけを運んでくれるよね  たぶん一生忘れないでしょう 君が見えなくなって でもいつまでも手を降り続けたこと たぶん一生忘れないでしょう 一人の帰り道がこんなにも…  僕に残されたのは 果たせぬ約束ばかりで 数えてみたけれど 両手のすきまからこぼれていく  たぶん一生忘れないでしょう 強がって笑ってた君の その目に溢れ出す泪を たぶん一生忘れないでしょう 何も出来ない僕が ここにいたこと  誰もが孤独を 誰もが痛みを心の隅に抱えて生きてるから さあ行こう ここから歩こう いつかきっとどこかで僕らまた会えるように 会えるように
ハルフワリ君と二人で歩いていた やわらかな午後 まだ少しだけ冷たい風 街に吹いてる  大きく背伸びして 思わずあくびした僕を見て  君が笑う それだけで 春が来たよ この街にも 花びらが風に舞う フワリ フワリ どこまでも飛んで行こう 春風に乗って 僕ら自由きままに  君と繋いだ手の温もり 木漏れ日みたいだ どうでもいいような口笛がほら 今歌になった  近道探すより たまには回り道 焦らずに  君に届け この想い 言葉だけじゃ頼りないから また強く手を握る 頬を赤く染めたのは 春のせいとごまかしながら もう一度  君が笑う それだけで 春が来たよこの僕にも 心の雪が溶ける フワリ フワリ どこまでも飛んで行こう 春風に乗って 僕ら自由きままに  聞こえる春の歌がAJISAI松本俊須江篤史AJISAI君と二人で歩いていた やわらかな午後 まだ少しだけ冷たい風 街に吹いてる  大きく背伸びして 思わずあくびした僕を見て  君が笑う それだけで 春が来たよ この街にも 花びらが風に舞う フワリ フワリ どこまでも飛んで行こう 春風に乗って 僕ら自由きままに  君と繋いだ手の温もり 木漏れ日みたいだ どうでもいいような口笛がほら 今歌になった  近道探すより たまには回り道 焦らずに  君に届け この想い 言葉だけじゃ頼りないから また強く手を握る 頬を赤く染めたのは 春のせいとごまかしながら もう一度  君が笑う それだけで 春が来たよこの僕にも 心の雪が溶ける フワリ フワリ どこまでも飛んで行こう 春風に乗って 僕ら自由きままに  聞こえる春の歌が
ハローGOLD LYLICハロー ハロー この声が君に届きますか? 君が閉ざした心のドア 叩いてる  「何も感じなくなれば 傷つく事もない」 だから君はこの真っ暗な部屋へ逃げ込んだ 君はいつまで独りでいるつもりなの? 生まれてから僕ら ずっと一緒だったのに  悲しんだり 笑ったり 誰かを愛したり憎んだり 二人で一つだったこと まだ覚えてる?  ハロー ハロー この声が君に届きますか? 君が閉ざした心のドア 叩いてる ハロー ハロー もう一度思い出して 僕のこと 君がドアを開けるまで ここで待ってる  僕が居なくなった後の その心はどうだい? 生きてるのか死んでるのか それすら解らない そうだろう?  君のことなら全部 僕は知ってるよ 初めて自転車に乗れた日や 初めて味わった失恋も あの時感じた喜びを 言葉に出来ない哀しみを また君に渡したくってほら 会いに来たんだよ  ハロー ハロー この声が君に届きますか? 君が閉ざした心のドア 叩いてる ハロー ハロー 鍵穴から覗いているんだろ? 大丈夫 僕以外に誰もいないから  ドアノブはもう錆び付いてて 僕一人の力じゃ回せない だから君もそっち側で お願い いち、にの、さん、で一緒に回そう さぁ 今こそ僕ら一つになろう 握った拳に力を込めよう まるで産声上げるように ほら 軋んだドアがそっと開いてく  「ハロー…」GOLD LYLICAJISAI松本俊松本俊ハロー ハロー この声が君に届きますか? 君が閉ざした心のドア 叩いてる  「何も感じなくなれば 傷つく事もない」 だから君はこの真っ暗な部屋へ逃げ込んだ 君はいつまで独りでいるつもりなの? 生まれてから僕ら ずっと一緒だったのに  悲しんだり 笑ったり 誰かを愛したり憎んだり 二人で一つだったこと まだ覚えてる?  ハロー ハロー この声が君に届きますか? 君が閉ざした心のドア 叩いてる ハロー ハロー もう一度思い出して 僕のこと 君がドアを開けるまで ここで待ってる  僕が居なくなった後の その心はどうだい? 生きてるのか死んでるのか それすら解らない そうだろう?  君のことなら全部 僕は知ってるよ 初めて自転車に乗れた日や 初めて味わった失恋も あの時感じた喜びを 言葉に出来ない哀しみを また君に渡したくってほら 会いに来たんだよ  ハロー ハロー この声が君に届きますか? 君が閉ざした心のドア 叩いてる ハロー ハロー 鍵穴から覗いているんだろ? 大丈夫 僕以外に誰もいないから  ドアノブはもう錆び付いてて 僕一人の力じゃ回せない だから君もそっち側で お願い いち、にの、さん、で一緒に回そう さぁ 今こそ僕ら一つになろう 握った拳に力を込めよう まるで産声上げるように ほら 軋んだドアがそっと開いてく  「ハロー…」
不感症候群「誰の真似もしたくないの」と ブランドで着飾った女が言う 大丈夫 そんなあんたはもう すでに誰かの偽もんでしかないよ  プライドだけは一人前 だけど裸にしちゃえば皆同じ 僕はと言えばもう不感症 機械みたいに上下繰り返す  あぁ 今日もこの街を彷徨って何かを探してる もういいや 生きている理由もない お決まりの台詞  なんだかんだ言ったって 偽りと知ったって 独りじゃ寂しくて 身体を貪って 愛だ恋だ言ったって お金でも買えちゃって 虚しさを発射して 悲鳴にも似た喘ぎ声  「今こそ世界に愛の手を」街角でうるさく叫ぶ男 思いやりで飯は食えません どこもかしこも綺麗事ばっかです  不幸なニュースが大好物 今晩のオカズにいかがですか? 殺人・売春・クスリ… その他諸々 何でも揃っています  真っ黒な虫たちが 頭の中を食い散らす  すったもんだやったって まずは保身第一で 垂れ下がった蜘蛛の糸 蹴落とし登っていく 昨日笑顔の隣人が 襲ってくる時代です もう誰も信じれない マシンガンをちょうだい  こんなはずじゃなかっただろう? 僕もあんたも本当は ただ温もりが欲しいだけ それだけだったのに…  なんだかんだ言ったって 偽りと知ったって 独りじゃ寂しくて 身体を貪って 愛だ恋だ言ったって お金でも買えちゃって もう何も感じなくて 空っぽのゴムで「さよなら」AJISAI松本俊須江篤史「誰の真似もしたくないの」と ブランドで着飾った女が言う 大丈夫 そんなあんたはもう すでに誰かの偽もんでしかないよ  プライドだけは一人前 だけど裸にしちゃえば皆同じ 僕はと言えばもう不感症 機械みたいに上下繰り返す  あぁ 今日もこの街を彷徨って何かを探してる もういいや 生きている理由もない お決まりの台詞  なんだかんだ言ったって 偽りと知ったって 独りじゃ寂しくて 身体を貪って 愛だ恋だ言ったって お金でも買えちゃって 虚しさを発射して 悲鳴にも似た喘ぎ声  「今こそ世界に愛の手を」街角でうるさく叫ぶ男 思いやりで飯は食えません どこもかしこも綺麗事ばっかです  不幸なニュースが大好物 今晩のオカズにいかがですか? 殺人・売春・クスリ… その他諸々 何でも揃っています  真っ黒な虫たちが 頭の中を食い散らす  すったもんだやったって まずは保身第一で 垂れ下がった蜘蛛の糸 蹴落とし登っていく 昨日笑顔の隣人が 襲ってくる時代です もう誰も信じれない マシンガンをちょうだい  こんなはずじゃなかっただろう? 僕もあんたも本当は ただ温もりが欲しいだけ それだけだったのに…  なんだかんだ言ったって 偽りと知ったって 独りじゃ寂しくて 身体を貪って 愛だ恋だ言ったって お金でも買えちゃって もう何も感じなくて 空っぽのゴムで「さよなら」
ふたり同じ歩幅で上ってゆく長い坂道 二人だからきっと越えて行ける  窓辺に置いてた小さな蕾は 育つことなく萎れてしまった 枯れないようにと水をあげ過ぎて 大事にすることはとても難しいな  あなたを守れるような そんな強さは無いかもしれない それでも僕は…  もしもあなたが辛い時は誰よりそばに居たいから その痛みを少しだけ分けてくれないか 同じ歩幅で上ってゆく長い坂道 その向こうに ほら 明日が待ってる  街は目まぐるしく変わってゆくのに 人は変わらないものを探してる  やっと見つけたんだ 決して変わらないもの それはあなたを想う心  ありふれた暮らしの中で「当たり前」が増えていって いつの間にか忘れてた大切な想い 幸せってやつは近づくほど見えなくなるけど あなたとなら見つけられそうだよ  まるで魔法みたいだ あなたが笑えば僕まで笑顔になってしまうから  間違ったっていいよ そのたびに大事なことに気付くから きっと答えは一つだけじゃないよね  もしもあなたが辛い時は誰よりそばに居たいから その痛みを少しだけ分けてくれないか 同じ歩幅で上ってゆく長い坂道 二人だからきっと越えて行けるAJISAI松本俊松本俊AJISAI同じ歩幅で上ってゆく長い坂道 二人だからきっと越えて行ける  窓辺に置いてた小さな蕾は 育つことなく萎れてしまった 枯れないようにと水をあげ過ぎて 大事にすることはとても難しいな  あなたを守れるような そんな強さは無いかもしれない それでも僕は…  もしもあなたが辛い時は誰よりそばに居たいから その痛みを少しだけ分けてくれないか 同じ歩幅で上ってゆく長い坂道 その向こうに ほら 明日が待ってる  街は目まぐるしく変わってゆくのに 人は変わらないものを探してる  やっと見つけたんだ 決して変わらないもの それはあなたを想う心  ありふれた暮らしの中で「当たり前」が増えていって いつの間にか忘れてた大切な想い 幸せってやつは近づくほど見えなくなるけど あなたとなら見つけられそうだよ  まるで魔法みたいだ あなたが笑えば僕まで笑顔になってしまうから  間違ったっていいよ そのたびに大事なことに気付くから きっと答えは一つだけじゃないよね  もしもあなたが辛い時は誰よりそばに居たいから その痛みを少しだけ分けてくれないか 同じ歩幅で上ってゆく長い坂道 二人だからきっと越えて行ける
星降る夜にさあ行こう 重い荷物は捨ててしまえばいいよ これからたくさん手に入るんだ さあ行こう 当てはないけれど何処へだって行けるさ 後から探そう 理由なんて  町は深い眠りの中 線路沿いを並んで歩く 夜の闇に飲まれそうでも進むんだ  星降る夜に僕らはそっとこの町を飛び出した どんな未来がこの先待っているんだろう? あの日僕らは憧れだった大人へと近付いた 怖れるものなどなくて無邪気に笑ってた 星降る夜に…  さあ行こう そんな言葉も今じゃ言えなくなって 後先ばかり考えてる さあ帰ろう 独りつぶやいた 都会の夜空はどうしてこんなに赤く燃えているの?  高層ビルとネオンの明かり 人は星の光さえ殺した それでもきっと 変わらずそこで輝いてるはずなんだ  いつか僕らが越えられなかった高い壁の向こうの 夢見た未来に こうして立っているんだよ 上手くいかない事ばかりさ 絶望も増えてった それでも小さな希望を誰もが抱えてる 確信はなくても…  暗闇があるからこそ見える光がある 苦しみの中にだけ存在している幸せがある  星降る夜に僕らはきっと空だって飛べたんだ 長い冒険の続きはまだ終わってない 大人になってもあの日のようにこの胸は高鳴った 素晴らしいはずの未来を信じて進もう 星降る夜に…AJISAI松本俊松本俊さあ行こう 重い荷物は捨ててしまえばいいよ これからたくさん手に入るんだ さあ行こう 当てはないけれど何処へだって行けるさ 後から探そう 理由なんて  町は深い眠りの中 線路沿いを並んで歩く 夜の闇に飲まれそうでも進むんだ  星降る夜に僕らはそっとこの町を飛び出した どんな未来がこの先待っているんだろう? あの日僕らは憧れだった大人へと近付いた 怖れるものなどなくて無邪気に笑ってた 星降る夜に…  さあ行こう そんな言葉も今じゃ言えなくなって 後先ばかり考えてる さあ帰ろう 独りつぶやいた 都会の夜空はどうしてこんなに赤く燃えているの?  高層ビルとネオンの明かり 人は星の光さえ殺した それでもきっと 変わらずそこで輝いてるはずなんだ  いつか僕らが越えられなかった高い壁の向こうの 夢見た未来に こうして立っているんだよ 上手くいかない事ばかりさ 絶望も増えてった それでも小さな希望を誰もが抱えてる 確信はなくても…  暗闇があるからこそ見える光がある 苦しみの中にだけ存在している幸せがある  星降る夜に僕らはきっと空だって飛べたんだ 長い冒険の続きはまだ終わってない 大人になってもあの日のようにこの胸は高鳴った 素晴らしいはずの未来を信じて進もう 星降る夜に…
真夜中の遊園地真夜中に君を連れ出した 少し寂れた遊園地 営業中かも分からない 人影一つ見当たらない  観覧車から見下ろせば 街も人もミニチュアみたい その中で生きる僕たちの悩みは あまりに小さくて  走り出したら止まることのないジェットコースター そんな毎日です  この地球(ほし)という名のメリーゴーランド 僕らを乗せて回ってる さぁ 振り落とされぬように いつまでも二人手を握っていよう どんなに今日が辛くても 明日は必ず来るから もう悲しい顔しないで いつでも僕がそばに居るよ  ここは夢か幻か この際もうどうだっていい 君が笑ってくれるなら 僕は道化師(ピエロ)にだってなる  人気者のマスコットはいないけど 君と僕がいつだって主役さ  叶う夢より 叶わない夢のほうが多いけれど でも 走り続けてくんだ 諦めることのほうがもっと辛い  真夜中の遊園地 迷い込んだ僕らのストーリー これからもずっと 筋書きの無い世界が続くだろう  この地球(ほし)という名のメリーゴーランド 僕らを乗せて回ってる さぁ 振り落とされぬように いつまでも二人手を握っていよう どんなに今日が辛くても 明日は必ず来るから もう悲しい顔しないで いつでも僕がそばに居るよ 君が笑う 僕も笑う ただそれだけでいいAJISAI松本俊須江篤史真夜中に君を連れ出した 少し寂れた遊園地 営業中かも分からない 人影一つ見当たらない  観覧車から見下ろせば 街も人もミニチュアみたい その中で生きる僕たちの悩みは あまりに小さくて  走り出したら止まることのないジェットコースター そんな毎日です  この地球(ほし)という名のメリーゴーランド 僕らを乗せて回ってる さぁ 振り落とされぬように いつまでも二人手を握っていよう どんなに今日が辛くても 明日は必ず来るから もう悲しい顔しないで いつでも僕がそばに居るよ  ここは夢か幻か この際もうどうだっていい 君が笑ってくれるなら 僕は道化師(ピエロ)にだってなる  人気者のマスコットはいないけど 君と僕がいつだって主役さ  叶う夢より 叶わない夢のほうが多いけれど でも 走り続けてくんだ 諦めることのほうがもっと辛い  真夜中の遊園地 迷い込んだ僕らのストーリー これからもずっと 筋書きの無い世界が続くだろう  この地球(ほし)という名のメリーゴーランド 僕らを乗せて回ってる さぁ 振り落とされぬように いつまでも二人手を握っていよう どんなに今日が辛くても 明日は必ず来るから もう悲しい顔しないで いつでも僕がそばに居るよ 君が笑う 僕も笑う ただそれだけでいい
未来何を急いで 競い合って 張り切ったって空ぶかしの毎日 排気ガスを撒き散らして 君の今日は黒く滲むのさ  そっと隠してんだろう? 吐き出せずに溜まる感情 もう詰め込む余地はないよ だからその目 開いて  未来へ行こうよ 君の震える手 繋いであげよう だから強く握り返してよ  行き詰まって 悩んだって 答えなんて単純明解なんだろ 晴天だって西高東低 雨が降ってそこに花は咲く  ずっと手放せないで抱え込んだ重い鞄は もう何の意味すらないよ だからすべて捨て去って  未来へ行こうよ 君の小さな手 繋いでいたいよ たとえ遠くても  夜を切り裂くようにアクセル踏み込むのさ 昨日までの僕を置き去りにして  未来へ行こうよ 君の震える手 繋いであげよう だから強くもっと もっと  僕だって不安で 誰だって臆病で そうやって生てく 終わりはないさ ここがスタートだよ  未来へ…AJISAI松本俊松本俊AJISAI何を急いで 競い合って 張り切ったって空ぶかしの毎日 排気ガスを撒き散らして 君の今日は黒く滲むのさ  そっと隠してんだろう? 吐き出せずに溜まる感情 もう詰め込む余地はないよ だからその目 開いて  未来へ行こうよ 君の震える手 繋いであげよう だから強く握り返してよ  行き詰まって 悩んだって 答えなんて単純明解なんだろ 晴天だって西高東低 雨が降ってそこに花は咲く  ずっと手放せないで抱え込んだ重い鞄は もう何の意味すらないよ だからすべて捨て去って  未来へ行こうよ 君の小さな手 繋いでいたいよ たとえ遠くても  夜を切り裂くようにアクセル踏み込むのさ 昨日までの僕を置き去りにして  未来へ行こうよ 君の震える手 繋いであげよう だから強くもっと もっと  僕だって不安で 誰だって臆病で そうやって生てく 終わりはないさ ここがスタートだよ  未来へ…
ラストレターあなたがこの手紙読む頃には、もう外は春でしょう。 私は今こうして、最後の言葉を書き綴っています。  隣で眠ったあなたの横顔、眺めてたら笑みが零れます。  あなたを悲しませるのは、きっとこれで最後になるでしょう。 できる事ならば、もっと二人で悩んだり、笑い合っていたかった。 だけど心は穏やかです。ただあなたの寝息を聞くだけで、 生きてるってことは奇跡だと、今になって思うのです。  哀しみに暮れるあなたもいつかきっと、 心から愛したいと思える人と、巡り会うことがあるでしょう。  その時はどうか、ためらうことなくあなたの愛をあげて下さい。  あなたは真っ直ぐな人だから、その不器用さが心配です。 私の抜け殻に埋もれないで。あなたはあなたの幸せを。 だけど一年に一度の、私の誕生日くらいはそっと思い出してほしい。 それだけが、ささやかな願いです。  ここに書き切れなかったこと、まだまだありますが 結局、私が一番あなたに伝えたい言葉はきっと 「ありがとう。」  あなたに遺せるものなど、この手紙くらいかもしれません。 それでも私のすべてを込めて、あなたに届けたいと思います。 あなたと出会い恋をして、その暖かな愛に包まれて 生きてるってことはそれだけで奇跡だと、私は今だから思うのです。AJISAI松本俊松本俊あなたがこの手紙読む頃には、もう外は春でしょう。 私は今こうして、最後の言葉を書き綴っています。  隣で眠ったあなたの横顔、眺めてたら笑みが零れます。  あなたを悲しませるのは、きっとこれで最後になるでしょう。 できる事ならば、もっと二人で悩んだり、笑い合っていたかった。 だけど心は穏やかです。ただあなたの寝息を聞くだけで、 生きてるってことは奇跡だと、今になって思うのです。  哀しみに暮れるあなたもいつかきっと、 心から愛したいと思える人と、巡り会うことがあるでしょう。  その時はどうか、ためらうことなくあなたの愛をあげて下さい。  あなたは真っ直ぐな人だから、その不器用さが心配です。 私の抜け殻に埋もれないで。あなたはあなたの幸せを。 だけど一年に一度の、私の誕生日くらいはそっと思い出してほしい。 それだけが、ささやかな願いです。  ここに書き切れなかったこと、まだまだありますが 結局、私が一番あなたに伝えたい言葉はきっと 「ありがとう。」  あなたに遺せるものなど、この手紙くらいかもしれません。 それでも私のすべてを込めて、あなたに届けたいと思います。 あなたと出会い恋をして、その暖かな愛に包まれて 生きてるってことはそれだけで奇跡だと、私は今だから思うのです。
Love lala LoveLove lala Love 巡り会えて良かったな これからは一人じゃない いつでも側で 君を 君だけを守るから 50年後も変わらず伝えるよ 君へ「I love you」  今思えばどれくらい君を泣かせた? 「ありがとう」より「ごめんね」のほうが多くて だけどぶつかり合わなけりゃ 分からない事もあるでしょう 迷いながら手探りで 答えを探したね  街を行けば擦れ違う人達ばかり その中でほら 二人 出会えた奇跡 沢山泣いて笑って喧嘩して それでも一緒に歩いて行こうよ  Love lala Love 巡り会えて良かったな これからは一人じゃない いつでも側で 君を 君だけを守るから 50年後も変わらず伝えるよ 君へ「I love you」  照れ隠しではぐらかし いつも俺の話 だけど今日は最後までちゃんと聞いてほしい ほらまたすぐにそうやって 茶化して笑ってみせるけど そんな君が愛しくて もう一度抱き寄せた  上がれば下がったりもするさ それが人間だろう 人生だろう でも そんな凸凹な道を 道草しながら 口笛吹きながら ゆっくりと一緒に歩いて行こうよ  Love lala Love 君がここにいて良かったな きっと愛は誰かに渡さなきゃ意味がない どんな孤独な夜だって 何一つ無駄なんかじゃないよ 信じてほしいんだ  いつか皺クチャになっても 周りが恥ずかしくなるくらい いつまでも手を繋ぎ歩こう たまにはキスだって交わそう そして沢山の子供や孫や曾孫たちに囲まれて 笑顔で最期を迎えよう お金なんて無くてもいい それが最高の幸せ  Love lala Love 巡り会えて良かったな これからは一人じゃない いつでも側で 君を 君だけを守るから 50年後も100年後も 来世までも「I love you」 Love lala Love 君がここにいて良かったな きっと愛は誰かに渡さなきゃ意味がない どんな孤独な夜だって 何一つ無駄なんかじゃないよ 信じてほしいんだ 君へ「I love you」AJISAI松本俊松本俊・須江篤史AJISAILove lala Love 巡り会えて良かったな これからは一人じゃない いつでも側で 君を 君だけを守るから 50年後も変わらず伝えるよ 君へ「I love you」  今思えばどれくらい君を泣かせた? 「ありがとう」より「ごめんね」のほうが多くて だけどぶつかり合わなけりゃ 分からない事もあるでしょう 迷いながら手探りで 答えを探したね  街を行けば擦れ違う人達ばかり その中でほら 二人 出会えた奇跡 沢山泣いて笑って喧嘩して それでも一緒に歩いて行こうよ  Love lala Love 巡り会えて良かったな これからは一人じゃない いつでも側で 君を 君だけを守るから 50年後も変わらず伝えるよ 君へ「I love you」  照れ隠しではぐらかし いつも俺の話 だけど今日は最後までちゃんと聞いてほしい ほらまたすぐにそうやって 茶化して笑ってみせるけど そんな君が愛しくて もう一度抱き寄せた  上がれば下がったりもするさ それが人間だろう 人生だろう でも そんな凸凹な道を 道草しながら 口笛吹きながら ゆっくりと一緒に歩いて行こうよ  Love lala Love 君がここにいて良かったな きっと愛は誰かに渡さなきゃ意味がない どんな孤独な夜だって 何一つ無駄なんかじゃないよ 信じてほしいんだ  いつか皺クチャになっても 周りが恥ずかしくなるくらい いつまでも手を繋ぎ歩こう たまにはキスだって交わそう そして沢山の子供や孫や曾孫たちに囲まれて 笑顔で最期を迎えよう お金なんて無くてもいい それが最高の幸せ  Love lala Love 巡り会えて良かったな これからは一人じゃない いつでも側で 君を 君だけを守るから 50年後も100年後も 来世までも「I love you」 Love lala Love 君がここにいて良かったな きっと愛は誰かに渡さなきゃ意味がない どんな孤独な夜だって 何一つ無駄なんかじゃないよ 信じてほしいんだ 君へ「I love you」
Runner沢山の人が僕を追い越して行ったよ 望んでもいないのにゼッケン背負って 冴えない毎日 上手くいかないこと 誰かのせいにでもしなきゃやっていけないでしょ  「どこでも行けるさ」 そんな無責任な言葉が 僕らをどこにも行けなくしている あきらめ甘ったれ染み付いた でも今なら間に合うのかな  そうだ迷いながら走るんだ きっとどんな大逆転だって待ってるんだ 僕らが消えるその一秒前まで ずっとここにいたってしょうがないや どうせスタート告げるピストルなんて鳴らないし 駆け抜けてゆくそれぞれのスピードで  あいつが持ってる僕に無いものが欲しくて 奪ってはみたけどどれも似合わないな 誰かのものなら意味がない それはただのガラクタだろう壊せ  いつだって僕たちはSOSを出している 強がったって僕たちはSOSを出している 誰も気付いてくれないよ 立ち止まってもくれないよ だから足跡刻むんだ  そうだ迷いながら走るんだ きっとどんな大逆転だって 待ってるんだ 僕らが消えるその一秒前まで ずっとここにいたってしょうがないや どうせスタート告げるピストルなんて鳴らないし 駆け抜けてゆく僕だけのスピードでAJISAI松本俊松本俊AJISAI沢山の人が僕を追い越して行ったよ 望んでもいないのにゼッケン背負って 冴えない毎日 上手くいかないこと 誰かのせいにでもしなきゃやっていけないでしょ  「どこでも行けるさ」 そんな無責任な言葉が 僕らをどこにも行けなくしている あきらめ甘ったれ染み付いた でも今なら間に合うのかな  そうだ迷いながら走るんだ きっとどんな大逆転だって待ってるんだ 僕らが消えるその一秒前まで ずっとここにいたってしょうがないや どうせスタート告げるピストルなんて鳴らないし 駆け抜けてゆくそれぞれのスピードで  あいつが持ってる僕に無いものが欲しくて 奪ってはみたけどどれも似合わないな 誰かのものなら意味がない それはただのガラクタだろう壊せ  いつだって僕たちはSOSを出している 強がったって僕たちはSOSを出している 誰も気付いてくれないよ 立ち止まってもくれないよ だから足跡刻むんだ  そうだ迷いながら走るんだ きっとどんな大逆転だって 待ってるんだ 僕らが消えるその一秒前まで ずっとここにいたってしょうがないや どうせスタート告げるピストルなんて鳴らないし 駆け抜けてゆく僕だけのスピードで
リフレイン夕暮れ間近の濁った空 見上げてた なぜだろう?本当は笑いたいのに涙が出た  一人ぼっちの帰り道 みんな消えて無くなれと呟く  どうして明日はやって来るの? どうせ今日と何も変わらない そうだろう? 塗り潰しただけの未来が もう夜の向こうで待ってる  誰かを傷つけるために 今僕が放った言葉 誰より一番傷ついたのは僕自身だった  神様も僕もあの人も 同じ産声上げて生まれたよ  どうして生きる意味を探すの? だって息をしてる それだけでいいだろう? でも僕らはそんなものじゃ もう自分の価値がわからない  手にしたい 奪いたい物はいつだって 目に見えない物ばかりだから 掴んだつもりで 高らかに揚げた 僕の手の中は空っぽだった  どうして明日はやってくるの? どうせ今日と何も変わらない そうだろう? 僕は歩き続けてゆく 未だ深い闇の中をAJISAI松本俊須江篤史AJISAI夕暮れ間近の濁った空 見上げてた なぜだろう?本当は笑いたいのに涙が出た  一人ぼっちの帰り道 みんな消えて無くなれと呟く  どうして明日はやって来るの? どうせ今日と何も変わらない そうだろう? 塗り潰しただけの未来が もう夜の向こうで待ってる  誰かを傷つけるために 今僕が放った言葉 誰より一番傷ついたのは僕自身だった  神様も僕もあの人も 同じ産声上げて生まれたよ  どうして生きる意味を探すの? だって息をしてる それだけでいいだろう? でも僕らはそんなものじゃ もう自分の価値がわからない  手にしたい 奪いたい物はいつだって 目に見えない物ばかりだから 掴んだつもりで 高らかに揚げた 僕の手の中は空っぽだった  どうして明日はやってくるの? どうせ今日と何も変わらない そうだろう? 僕は歩き続けてゆく 未だ深い闇の中を
リメンバー夏の終わりが近付いて ヒグラシが鳴く畦道を 裸足のままで駆けてゆく あの頃の僕がいました みんなと「じゃあね」した後で 俯き歩く帰り道 本当は全部わかってた だけど「ただいま…」って呟いた キッチンにはママがいて ガレージの奥にパパがいて そんなありふれた幸せ ずっと夢見ていたの  だけど僕は一人ぼっちだったんだ 呼んでみても返事はなかったんだ  そして大人になった僕は 君に 全てを求めてしまうの 母の温もり 父の優しさ 君は君でしかないのに それでも君はただ黙って 抱きしめてくれるから なんだかね 満たされるんだ いつかまた巡り巡る夏 リメンバー  今は繋いだ君の手を 離さないように歩いてこう 夏草揺れる帰り道 平凡過ぎる世界が  どうか明日も途切れないように それが僕のささやかな祈り  だけど子供のままでいたい僕は あの日と同じ空の下 瞳を閉じてみた 耳を澄ませた 風や木々の囁きが あの頃確かに聞こえたんだ でもどんなに願っても 今はもう何も聞こえない 「それでいい」と 君は隣で笑う  萎(しお)れた向日葵 止まない蝉時雨 誰かが忘れた麦わら帽子 さよなら夏の日 手を振るあの子は 置き去りのままの幼い僕だ  そして大人になった僕は 君に 全てを求めてしまうの 母の温もり 父の優しさ 君は君でしかないのに その腕の中で包まれ眠る時 なぜだろう? 懐かしくて また蘇る遠い夏 リメンバー  君がいれば…  夏は終わってしまうけど 僕らの明日は続いてくAJISAI松本俊松本俊AJISAI夏の終わりが近付いて ヒグラシが鳴く畦道を 裸足のままで駆けてゆく あの頃の僕がいました みんなと「じゃあね」した後で 俯き歩く帰り道 本当は全部わかってた だけど「ただいま…」って呟いた キッチンにはママがいて ガレージの奥にパパがいて そんなありふれた幸せ ずっと夢見ていたの  だけど僕は一人ぼっちだったんだ 呼んでみても返事はなかったんだ  そして大人になった僕は 君に 全てを求めてしまうの 母の温もり 父の優しさ 君は君でしかないのに それでも君はただ黙って 抱きしめてくれるから なんだかね 満たされるんだ いつかまた巡り巡る夏 リメンバー  今は繋いだ君の手を 離さないように歩いてこう 夏草揺れる帰り道 平凡過ぎる世界が  どうか明日も途切れないように それが僕のささやかな祈り  だけど子供のままでいたい僕は あの日と同じ空の下 瞳を閉じてみた 耳を澄ませた 風や木々の囁きが あの頃確かに聞こえたんだ でもどんなに願っても 今はもう何も聞こえない 「それでいい」と 君は隣で笑う  萎(しお)れた向日葵 止まない蝉時雨 誰かが忘れた麦わら帽子 さよなら夏の日 手を振るあの子は 置き去りのままの幼い僕だ  そして大人になった僕は 君に 全てを求めてしまうの 母の温もり 父の優しさ 君は君でしかないのに その腕の中で包まれ眠る時 なぜだろう? 懐かしくて また蘇る遠い夏 リメンバー  君がいれば…  夏は終わってしまうけど 僕らの明日は続いてく
rain man目が覚めたら外は雨で せっかくの休日 台無しだ あなたを連れてどこか遠くへ行こうなんて そんな約束してたっけ  出掛けるのはやめて僕の家へ遊びにおいでよ こんな休日も悪くないでしょ?  土砂降り日曜日 ギター鳴らして あなたのためだけに歌うよ ラララ  そんなふくれた顔しないでよ これでも僕なりに頑張ってんだ 空が晴れたら街まで行こう だから今だけは下手クソな歌 聴いてくれ  雨音弾けるリズムに合わせ 刻む8ビート ほらね あなたも笑ってくれた  土砂降り日曜日 こんな日だって あなたの笑顔で胸は躍る  将来の不安とか なんか色々あるけどさあ そんなものは とりあえずどっか置いといて  土砂降り日曜日 ギター鳴らして あなたのためだけに歌うよ ラララ  ラララ…AJISAI松本俊松本俊AJISAI目が覚めたら外は雨で せっかくの休日 台無しだ あなたを連れてどこか遠くへ行こうなんて そんな約束してたっけ  出掛けるのはやめて僕の家へ遊びにおいでよ こんな休日も悪くないでしょ?  土砂降り日曜日 ギター鳴らして あなたのためだけに歌うよ ラララ  そんなふくれた顔しないでよ これでも僕なりに頑張ってんだ 空が晴れたら街まで行こう だから今だけは下手クソな歌 聴いてくれ  雨音弾けるリズムに合わせ 刻む8ビート ほらね あなたも笑ってくれた  土砂降り日曜日 こんな日だって あなたの笑顔で胸は躍る  将来の不安とか なんか色々あるけどさあ そんなものは とりあえずどっか置いといて  土砂降り日曜日 ギター鳴らして あなたのためだけに歌うよ ラララ  ラララ…
ONEあなたにとって一番に大切な物は何ですか?  子供の頃いつも描いてた肖像 だけど全く違う今のこの現状 くたびれたスーツに身を包み今日も 靴底減らすだけの人生に嫌悪 こんなはずじゃないと自分を責めて 全てが嫌いになって それでもせめて 笑顔だけは常に絶やさぬように それが愛想笑いと気付かれぬように  夢とか希望とか語るのも恥ずかしくて 曇った電車の窓 映った自分に何度も問い掛ける  あなたにとって一番に大切な物は何ですか? プライドとか世間体とか そんなちっぽけなもんじゃないでしょう? あなたにとって一番に大切な物があるならば まだ決して遅くはないから もう一度思い出してほしい  最近じゃちっとも会話がなくて あるとすれば決まって愚痴や弱音で 愛されたいとただ願うばかりで 誰も愛そうとしない自分に気付く いつからかそんな言葉も無くして 帰る場所 待ってる人がいること それが当たり前だと思っていたこと  古びたアルバムを開けば無邪気な笑顔 全てが輝いてた あの頃の僕が何度も問いかける  あなたにとって一番に守りたい人は誰ですか? 近すぎて見えなくなるけど いつでもそばにいるんでしょう? あなたにとって一番に守りたい人がいるならば 理由なんて必要ないから ただギュッと抱き締めてほしい  いくつも抱えられるほど人は器用じゃないから 手にしたいなら捨てなくちゃ 始めたいなら終わらなきゃ 誰のせいでもないよ 自分で選んできたんでしょう? 今僕のいるこの場所がたとえ間違いだとしても  あなたにとって一番に大切な物は何ですか?  あなたにとって一番に大切な物は何ですか? 笑われても馬鹿にされても譲れない物があったでしょう? もう一度探してみようかな もう一度賭けてみようかな 何十年後かの僕が 今より輝けるように  あなたにとっての一番を…AJISAI松本俊松本俊あなたにとって一番に大切な物は何ですか?  子供の頃いつも描いてた肖像 だけど全く違う今のこの現状 くたびれたスーツに身を包み今日も 靴底減らすだけの人生に嫌悪 こんなはずじゃないと自分を責めて 全てが嫌いになって それでもせめて 笑顔だけは常に絶やさぬように それが愛想笑いと気付かれぬように  夢とか希望とか語るのも恥ずかしくて 曇った電車の窓 映った自分に何度も問い掛ける  あなたにとって一番に大切な物は何ですか? プライドとか世間体とか そんなちっぽけなもんじゃないでしょう? あなたにとって一番に大切な物があるならば まだ決して遅くはないから もう一度思い出してほしい  最近じゃちっとも会話がなくて あるとすれば決まって愚痴や弱音で 愛されたいとただ願うばかりで 誰も愛そうとしない自分に気付く いつからかそんな言葉も無くして 帰る場所 待ってる人がいること それが当たり前だと思っていたこと  古びたアルバムを開けば無邪気な笑顔 全てが輝いてた あの頃の僕が何度も問いかける  あなたにとって一番に守りたい人は誰ですか? 近すぎて見えなくなるけど いつでもそばにいるんでしょう? あなたにとって一番に守りたい人がいるならば 理由なんて必要ないから ただギュッと抱き締めてほしい  いくつも抱えられるほど人は器用じゃないから 手にしたいなら捨てなくちゃ 始めたいなら終わらなきゃ 誰のせいでもないよ 自分で選んできたんでしょう? 今僕のいるこの場所がたとえ間違いだとしても  あなたにとって一番に大切な物は何ですか?  あなたにとって一番に大切な物は何ですか? 笑われても馬鹿にされても譲れない物があったでしょう? もう一度探してみようかな もう一度賭けてみようかな 何十年後かの僕が 今より輝けるように  あなたにとっての一番を…
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. アルジャーノン
  3. アイラブユー
  4. 可愛くてごめん feat. ちゅーたん(早見沙織)
  5. 星月夜

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. Romance
  3. リンジュー・ラヴ
  4. この空がトリガー
  5. NO GRAVITY

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照