×

fripSideの歌詞一覧リスト  156曲中 1-156曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
156曲中 1-156曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
I believe in my heartI believe in my heart 駆け抜けてく 過ぎ行く季節にさよならして 新しい景色 この胸に刻んでる 痛む胸を抱えている 戸惑うこの街の片隅みで いつか手に入れたい 色褪せることない輝きを  他人事だと見つめていた 切なく過ぎる日常 見失った目的は 閉ざす闇に埋もれてく 叶わないと諦めてた いつか君と分け合った 言葉さえも 行く先を失くし 迷い彷徨った  決して消えないあの日が 私の心を縛って 動かないままの記憶抱いたまま 気持ち揺れる 私がいた  I believe in my heart 動き出そう 次なる扉を開けてみよう いつしか過去さえ強さに変えてみせる 痛みのない変化なんて なんの意味も持たない筈だと 強く刻んでいる この決意誰にも壊せない  自由のない日々にいつも 強要される行動 誰かが描くバランス その上にあるルールを  壊すことを恐れては 誰かを傷つけていたね 動けないままの過去を抱いたまま 君はやがて大人になる  You believe in my heart 駆け抜けてく 過ぎ行く季節にさよならして 新しい景色 この胸に刻んでく 痛む胸を抱えたまま 誰も避けられないその壁を 君と壊すための 確かな勇気だけ 確かめた  I believe in my heart 動き出そう 次なる扉を開けてみよう いつしか過去さえ強さに変えてみせる 痛みのない変化なんて なんの意味も持たない筈だと 強く刻んでいる この決意誰にも壊せない  You believe in my heart 駆け抜けてく 過ぎ行く季節にさよならして 新しい景色 この胸に刻んでく 痛む胸を抱えたまま 誰も避けられないその壁を 君と壊すための 確かな勇気だけ 確かめたfripSide八木沼悟志八木沼悟志Kai Kawasaki・Satoshi YaginumaI believe in my heart 駆け抜けてく 過ぎ行く季節にさよならして 新しい景色 この胸に刻んでる 痛む胸を抱えている 戸惑うこの街の片隅みで いつか手に入れたい 色褪せることない輝きを  他人事だと見つめていた 切なく過ぎる日常 見失った目的は 閉ざす闇に埋もれてく 叶わないと諦めてた いつか君と分け合った 言葉さえも 行く先を失くし 迷い彷徨った  決して消えないあの日が 私の心を縛って 動かないままの記憶抱いたまま 気持ち揺れる 私がいた  I believe in my heart 動き出そう 次なる扉を開けてみよう いつしか過去さえ強さに変えてみせる 痛みのない変化なんて なんの意味も持たない筈だと 強く刻んでいる この決意誰にも壊せない  自由のない日々にいつも 強要される行動 誰かが描くバランス その上にあるルールを  壊すことを恐れては 誰かを傷つけていたね 動けないままの過去を抱いたまま 君はやがて大人になる  You believe in my heart 駆け抜けてく 過ぎ行く季節にさよならして 新しい景色 この胸に刻んでく 痛む胸を抱えたまま 誰も避けられないその壁を 君と壊すための 確かな勇気だけ 確かめた  I believe in my heart 動き出そう 次なる扉を開けてみよう いつしか過去さえ強さに変えてみせる 痛みのない変化なんて なんの意味も持たない筈だと 強く刻んでいる この決意誰にも壊せない  You believe in my heart 駆け抜けてく 過ぎ行く季節にさよならして 新しい景色 この胸に刻んでく 痛む胸を抱えたまま 誰も避けられないその壁を 君と壊すための 確かな勇気だけ 確かめた
I'm believing you気付いていたの 君の瞳に 違う何かが 映ること だけど私は止められなくて time goes away I'm believing you I'll be alone...  薄く色付く桜並木を 歩幅あわせて歩いてく様に 君が隣にいてくれる事 望んだ そんな「当たり前」を  繰り返す日々が日常になり ひとつかけ違えたままの 君とのパズルは知らないうちに 別々のもの描いてた  すれ違いに 気付く事さえも忘れて 繋いだ手の温かさも いつから思い出せないのだろう  あの時ふたり そばにいる事 強く願って 近づいた 交わした誓い 嘘はないのに 離れる心が痛いよ  同じ未来を見てたはずなの どうしてふたり 変わったの? 流れる時に逆らえなくて time goes away I'm believing you I'll be alone...  たとえ知らない街や土地でも 君と出会えた自信があった どんなにひしめく人の中でも 必ず君を見つけられた  不安で隣に居て欲しい時 何度名前を呼んでみても いつしか声は届かなくなって その「当たり前」に気付いてた?  こんな小さな街の中で君の背中 目を凝らして追いかけても 今はすぐに見失ってしまう  長い命で 考えるなら ふたりの時間 一瞬の マバタキ程のものだとしても あの時 私は信じてた  広い世界で 君と出会って ふたりの記憶 分け合った こんな時間が続いていくと time goes away I'm believing you I'll be alone…  人の波に消えていく 遠く離れてく背中 呼び止める事も出来ず 隠すように指でなぞった  過ごした日々を 焼き付けるように 暮らした街を 歩いてく 変わり続ける 景色の中で 消えない欠片を探して  気付いていたの 君の瞳に 違う何かが 映ること だけど私は止められなくて time goes away I'm believing you I'll be alone...  広い世界で 君と出会って ふたりの記憶 分け合った こんな時間が続いていくと time goes away I'm believing you But I'm alone…  広い世界で 君と出会って 同じ未来を見てたはずなのfripSideYoshino NanjoSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma気付いていたの 君の瞳に 違う何かが 映ること だけど私は止められなくて time goes away I'm believing you I'll be alone...  薄く色付く桜並木を 歩幅あわせて歩いてく様に 君が隣にいてくれる事 望んだ そんな「当たり前」を  繰り返す日々が日常になり ひとつかけ違えたままの 君とのパズルは知らないうちに 別々のもの描いてた  すれ違いに 気付く事さえも忘れて 繋いだ手の温かさも いつから思い出せないのだろう  あの時ふたり そばにいる事 強く願って 近づいた 交わした誓い 嘘はないのに 離れる心が痛いよ  同じ未来を見てたはずなの どうしてふたり 変わったの? 流れる時に逆らえなくて time goes away I'm believing you I'll be alone...  たとえ知らない街や土地でも 君と出会えた自信があった どんなにひしめく人の中でも 必ず君を見つけられた  不安で隣に居て欲しい時 何度名前を呼んでみても いつしか声は届かなくなって その「当たり前」に気付いてた?  こんな小さな街の中で君の背中 目を凝らして追いかけても 今はすぐに見失ってしまう  長い命で 考えるなら ふたりの時間 一瞬の マバタキ程のものだとしても あの時 私は信じてた  広い世界で 君と出会って ふたりの記憶 分け合った こんな時間が続いていくと time goes away I'm believing you I'll be alone…  人の波に消えていく 遠く離れてく背中 呼び止める事も出来ず 隠すように指でなぞった  過ごした日々を 焼き付けるように 暮らした街を 歩いてく 変わり続ける 景色の中で 消えない欠片を探して  気付いていたの 君の瞳に 違う何かが 映ること だけど私は止められなくて time goes away I'm believing you I'll be alone...  広い世界で 君と出会って ふたりの記憶 分け合った こんな時間が続いていくと time goes away I'm believing you But I'm alone…  広い世界で 君と出会って 同じ未来を見てたはずなの
a gleam of prologueこの大空で羽ばたく 翼たち追い越してく 光探しにゆくよ 迷う君のために…  僕は大丈夫…と画面で嘘をつく 小さな箱の中 装う文字 埋め尽くす 求めたその場所も 形なきステイタス いつかシステムごと時に消えてた  情けなくて 下を向くほど 居場所は狭く見えた 大地の広さ知ってたはずなのに 涙気付かないほど ひび割れた心へと 恵みの雨 降らす嵐へ 裸足で駆け出そう  今 大空へ飛び立つ 鳥たちの目が見る夢 起こるはず無い不幸など 想像もしないはずさ 雲の向こう 何がある? 突き抜けた先の未来 君と探しにゆこう 続く時間(とき)のために  魔法操るようにたくさんの嘘をつく 吐いた言葉の中 自分まで騙してく いつか強がりさえ感じなくなってた 笑顔貼り付けて キャラ演じてる  だけどふっと上を向く度 果てない空が見えた 幼い日は飛べると思ったはずなのに 体を引きずるような鎧など脱ぎ捨てて 火照った肌 風に晒して 無重力へ飛び出そう  今 宇宙へと飛び立つ 鳥たちは星座となり 遠い場所で見上げてる 誰かにも届くはずさ 君がくれた文字列は ずっと胸に残ってる 何も失わないさ この世界が消えても  今 大空へ飛び立つ 鳥たちの目が見る夢 起こるはず無い不幸など 想像もしないはずさ 雲の向こう 何がある? 突き抜けた先の未来 君と探しにゆこう 続く時間(とき)のために  この大空で羽ばたく 翼たち追い越してく 願い乗せた歌声は 誰かにも届くはずさ 立ちはだかる雷雲も 次の章へのプロローグ 光探しにゆくよ 迷う君と共に!fripSideKOTOKO八木沼悟志この大空で羽ばたく 翼たち追い越してく 光探しにゆくよ 迷う君のために…  僕は大丈夫…と画面で嘘をつく 小さな箱の中 装う文字 埋め尽くす 求めたその場所も 形なきステイタス いつかシステムごと時に消えてた  情けなくて 下を向くほど 居場所は狭く見えた 大地の広さ知ってたはずなのに 涙気付かないほど ひび割れた心へと 恵みの雨 降らす嵐へ 裸足で駆け出そう  今 大空へ飛び立つ 鳥たちの目が見る夢 起こるはず無い不幸など 想像もしないはずさ 雲の向こう 何がある? 突き抜けた先の未来 君と探しにゆこう 続く時間(とき)のために  魔法操るようにたくさんの嘘をつく 吐いた言葉の中 自分まで騙してく いつか強がりさえ感じなくなってた 笑顔貼り付けて キャラ演じてる  だけどふっと上を向く度 果てない空が見えた 幼い日は飛べると思ったはずなのに 体を引きずるような鎧など脱ぎ捨てて 火照った肌 風に晒して 無重力へ飛び出そう  今 宇宙へと飛び立つ 鳥たちは星座となり 遠い場所で見上げてる 誰かにも届くはずさ 君がくれた文字列は ずっと胸に残ってる 何も失わないさ この世界が消えても  今 大空へ飛び立つ 鳥たちの目が見る夢 起こるはず無い不幸など 想像もしないはずさ 雲の向こう 何がある? 突き抜けた先の未来 君と探しにゆこう 続く時間(とき)のために  この大空で羽ばたく 翼たち追い越してく 願い乗せた歌声は 誰かにも届くはずさ 立ちはだかる雷雲も 次の章へのプロローグ 光探しにゆくよ 迷う君と共に!
a silent voiceIt's fairytale, however truth And never ever more a little kiss, in winter song (I) love you forever more  It's fairytale, however truth And never ever more The memory never fades away Sing by silent voice  眠れない街 ビルの電飾 今夜もきっと星は見えない わかってたフリしてただけなの 強くもなれないくせに  永遠なんて探せないまま ぎこちなく触れただけの接吻(キス)した 綺麗になれた そんな気がしたよ 肩越しにかすかな星座を見つけた  もっと近く もっと甘く あなたに伝えたかった言葉は 真白なまま 透明なまま 愛になる途中 溜息になる 涙じゃなく 後悔じゃなく 特別を見つけた あの季節は ずっと消えない 何度目の冬が過ぎても  果てないmelody 口ずさむから 何処かでやさしい眠りに墜ちて 傷つけたこと 傷ついたこと 不器用な 夢の欠片  硝子の靴が見つからなくて 裸足のままで 走ってみたけど あなたの姿だけ探せなくて 雑踏の隙間を 彷徨い続けた  いま逢いたい もう逢えない 伝えきれない想いが溢れて 歌いながら 透明なまま あの日の少女は 大人になった 昨日じゃなく 明日じゃなく 今だけを信じていた あの頃 忘れないよ 世界が終わったとしても  もっと近く もっと甘く あなたに伝えたかった言葉は 真白なまま 透明なまま 愛になる途中 溜息になる 涙じゃなく 後悔じゃなく 特別を見つけた あの季節は ずっと消えない 何度目の冬が過ぎてもfripSideKiyomi KumanoSatoshi YaginumaIt's fairytale, however truth And never ever more a little kiss, in winter song (I) love you forever more  It's fairytale, however truth And never ever more The memory never fades away Sing by silent voice  眠れない街 ビルの電飾 今夜もきっと星は見えない わかってたフリしてただけなの 強くもなれないくせに  永遠なんて探せないまま ぎこちなく触れただけの接吻(キス)した 綺麗になれた そんな気がしたよ 肩越しにかすかな星座を見つけた  もっと近く もっと甘く あなたに伝えたかった言葉は 真白なまま 透明なまま 愛になる途中 溜息になる 涙じゃなく 後悔じゃなく 特別を見つけた あの季節は ずっと消えない 何度目の冬が過ぎても  果てないmelody 口ずさむから 何処かでやさしい眠りに墜ちて 傷つけたこと 傷ついたこと 不器用な 夢の欠片  硝子の靴が見つからなくて 裸足のままで 走ってみたけど あなたの姿だけ探せなくて 雑踏の隙間を 彷徨い続けた  いま逢いたい もう逢えない 伝えきれない想いが溢れて 歌いながら 透明なまま あの日の少女は 大人になった 昨日じゃなく 明日じゃなく 今だけを信じていた あの頃 忘れないよ 世界が終わったとしても  もっと近く もっと甘く あなたに伝えたかった言葉は 真白なまま 透明なまま 愛になる途中 溜息になる 涙じゃなく 後悔じゃなく 特別を見つけた あの季節は ずっと消えない 何度目の冬が過ぎても
as before光が舞う季節に 過ぎ行く日々を抱きしめた 傷は嘘をつかない 君と強く歩いている  懐かしく優しく 思い出すあの頃 幼かったあの日々 見上げた冷たい夜空 街も人も夢も 少しずつ変わって 止まることのない時を刻み時代を描いた  自分らしく生きる 強さを求めていた あの日の僕と君が見ていた 夢の形は今も変わらない ah  凍えるこの季節に 溢れた涙忘れない 弱さを認めたなら 強く前に進むから そう 僕たちの居場所は 変わらずにここにあるから この瞳逸らさずに 君と強く歩いていく  あれから何年も 季節を超えてきた この目に映る景色 やがて強さを纏った 本当の自分を見失わないように 信じる心の色 ずっと守り続けていた  いつも感じている この心の弱さと 向き合う勇気求め続けた あの日誓った想い抱きしめて ah  白く輝く季節 とても温かく優しく この心を照らして 今も勇気くれるから 傷つけ傷ついてた 日々がとても懐かしくて 変わらないこの先も 君と強く駆け抜けたい  光が舞う季節に 過ぎ行く日々を抱きしめた 傷は嘘をつかない 君と強く歩いてる そう 僕たちの居場所は 変わらずにここにあるから この瞳逸らさずに 君と強く歩いていくfripSideSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma・Kai KawasakiKai Kawasaki・Satoshi Yaginuma光が舞う季節に 過ぎ行く日々を抱きしめた 傷は嘘をつかない 君と強く歩いている  懐かしく優しく 思い出すあの頃 幼かったあの日々 見上げた冷たい夜空 街も人も夢も 少しずつ変わって 止まることのない時を刻み時代を描いた  自分らしく生きる 強さを求めていた あの日の僕と君が見ていた 夢の形は今も変わらない ah  凍えるこの季節に 溢れた涙忘れない 弱さを認めたなら 強く前に進むから そう 僕たちの居場所は 変わらずにここにあるから この瞳逸らさずに 君と強く歩いていく  あれから何年も 季節を超えてきた この目に映る景色 やがて強さを纏った 本当の自分を見失わないように 信じる心の色 ずっと守り続けていた  いつも感じている この心の弱さと 向き合う勇気求め続けた あの日誓った想い抱きしめて ah  白く輝く季節 とても温かく優しく この心を照らして 今も勇気くれるから 傷つけ傷ついてた 日々がとても懐かしくて 変わらないこの先も 君と強く駆け抜けたい  光が舞う季節に 過ぎ行く日々を抱きしめた 傷は嘘をつかない 君と強く歩いてる そう 僕たちの居場所は 変わらずにここにあるから この瞳逸らさずに 君と強く歩いていく
adverse wind輝きの光抱いて この景色を染め上げてく 刻はただ色褪せずに その能力は運命を照らした 夢にまだ届かないと 切なく揺れるこの心には いつだって 誇れる仲間と気持ち交わしたあの日刻んでる  懐かしく響く言葉に 振り返るいつかの日々に 迷い込み戸惑う気持ち 揺れ動いた深い追憶 あの頃に見ていた夢が 紡いでる今があるから 立ち止まることなく今日も 心だけ正しさ捜してる  その頬を伝う涙 痛む記憶 溶かせるなら 君と今日もこの心繋いで ともに明日を夢見るから  この惑星を 巡り巡る その想いを集束して 時間さえ超越した 能力だけが運命を導く 燃え上がる闘いから 紡ぐ夢をいま形にして 光の速さで辿り着く 未来を手繰り寄せ 現在を撃ち抜く  華やいだ季節過ぎ行く この街に今日も色付く 生あるもののその息吹 導いてく とある日常 穏やかな風を感じて 切なさを忘れた頃に ふと気づく 守り抜いたかけがえのない心の場所  温かく優しいその笑顔がそう 煌めくから 君と今日もこの心繋いで 2人夢を語れるから  輝きの光抱いて この景色を染め上げてく 刻はただ色褪せずに この能力を見守り続けてる 立ち向かう向かい風も 心地良いと君が笑うから 重ねよう 大切な絆 壊れない勇気を貫いてく  この惑星を 巡り巡る その想いを集束して 時間さえ超越した 能力だけが運命を導く 夢にまだ届かないと 切なく揺れるこの心には いつだって 誇れる仲間と気持ち交わしたあの日刻んでる 輝きの光抱いて この景色を染め上げてく 刻はただ色褪せずに この能力を見守り続けてる 立ち向かう向かい風も 心地良いと君が笑うから 重ねよう 大切な絆 壊れない勇気を貫いてくfripSide八木沼悟志八木沼悟志Satoshi Yaginuma輝きの光抱いて この景色を染め上げてく 刻はただ色褪せずに その能力は運命を照らした 夢にまだ届かないと 切なく揺れるこの心には いつだって 誇れる仲間と気持ち交わしたあの日刻んでる  懐かしく響く言葉に 振り返るいつかの日々に 迷い込み戸惑う気持ち 揺れ動いた深い追憶 あの頃に見ていた夢が 紡いでる今があるから 立ち止まることなく今日も 心だけ正しさ捜してる  その頬を伝う涙 痛む記憶 溶かせるなら 君と今日もこの心繋いで ともに明日を夢見るから  この惑星を 巡り巡る その想いを集束して 時間さえ超越した 能力だけが運命を導く 燃え上がる闘いから 紡ぐ夢をいま形にして 光の速さで辿り着く 未来を手繰り寄せ 現在を撃ち抜く  華やいだ季節過ぎ行く この街に今日も色付く 生あるもののその息吹 導いてく とある日常 穏やかな風を感じて 切なさを忘れた頃に ふと気づく 守り抜いたかけがえのない心の場所  温かく優しいその笑顔がそう 煌めくから 君と今日もこの心繋いで 2人夢を語れるから  輝きの光抱いて この景色を染め上げてく 刻はただ色褪せずに この能力を見守り続けてる 立ち向かう向かい風も 心地良いと君が笑うから 重ねよう 大切な絆 壊れない勇気を貫いてく  この惑星を 巡り巡る その想いを集束して 時間さえ超越した 能力だけが運命を導く 夢にまだ届かないと 切なく揺れるこの心には いつだって 誇れる仲間と気持ち交わしたあの日刻んでる 輝きの光抱いて この景色を染め上げてく 刻はただ色褪せずに この能力を見守り続けてる 立ち向かう向かい風も 心地良いと君が笑うから 重ねよう 大切な絆 壊れない勇気を貫いてく
a new day will come流れる日々が見せた景色 どんな言葉よりも尊い こんなにも揺るぎのない気持ちが 溢れる日々送った Ah…  冷たい風と君と 雨宿りしたあの日 この頃少し思い出す あの時感じていた明日(あす) 寂しい気持ちだけは 消すことが出来ないと 心は理解(わか)っているから 覚悟を刻んで過ごした  真っ直ぐに走り続けてる この道の行き先を知ってる その偶然も必然も 受け止められる強さ知るために重ね合った  こんなにもたくさんの想い 溢れる光が眩しくて あと少しだけ君と見つめたい 温もり溢れる明日  かけがえの無い時間(とき)は 足早に過ぎて行く 言葉にならない感情が 今日もこの胸に響く  変わらない夢の形が 君の背中をそっと押すなら きっとこの先も僕達は 胸に強さ抱(いだ)いて歩けると信じられる  失くせない思い出を胸に 新しい明日(あした) この先は 君といつでも笑い合える そんな風に思っている  真っ直ぐに走り続けてる この道の行き先を知ってる その偶然も必然も 受け止められる強さ知るために重ね合った  流れる日々が見せた景色 新しい明日(あした) この先は 君といつでも笑い合える そんな風に思っている  これほどにたくさんの想い 溢れる光が眩しくて あと少しだけ君と見つめたい 温もり溢れる明日 Ah…  失くせない思い出を胸に 新しい明日(あした) この先はfripSide八木沼悟志八木沼悟志流れる日々が見せた景色 どんな言葉よりも尊い こんなにも揺るぎのない気持ちが 溢れる日々送った Ah…  冷たい風と君と 雨宿りしたあの日 この頃少し思い出す あの時感じていた明日(あす) 寂しい気持ちだけは 消すことが出来ないと 心は理解(わか)っているから 覚悟を刻んで過ごした  真っ直ぐに走り続けてる この道の行き先を知ってる その偶然も必然も 受け止められる強さ知るために重ね合った  こんなにもたくさんの想い 溢れる光が眩しくて あと少しだけ君と見つめたい 温もり溢れる明日  かけがえの無い時間(とき)は 足早に過ぎて行く 言葉にならない感情が 今日もこの胸に響く  変わらない夢の形が 君の背中をそっと押すなら きっとこの先も僕達は 胸に強さ抱(いだ)いて歩けると信じられる  失くせない思い出を胸に 新しい明日(あした) この先は 君といつでも笑い合える そんな風に思っている  真っ直ぐに走り続けてる この道の行き先を知ってる その偶然も必然も 受け止められる強さ知るために重ね合った  流れる日々が見せた景色 新しい明日(あした) この先は 君といつでも笑い合える そんな風に思っている  これほどにたくさんの想い 溢れる光が眩しくて あと少しだけ君と見つめたい 温もり溢れる明日 Ah…  失くせない思い出を胸に 新しい明日(あした) この先は
an evening calm少し冷たい風が舞う 久しぶりに歩くこの街を あれから何年も歳を重ねて私はここまで来た あの日のこと引きずったまま 記憶だけが色褪せていくね 夕闇みの中に隠れてる真実にはたどり着けない  戸惑いはいつの日も 私を追い続けていた きみを失った日も こんな綺麗な秋の空だったね  私の心に今 映りゆく景色と涙 あかねいろ 夕日に照らされた秋風舞うこの坂 君を探した  枯れ葉 ひらり 舞い落ちる 思い出と変わらないこの場所 あの日交わしてた言葉がいくつも 浮かんでは消えていく  気持ちの片すみに 君の声 響き続ける あの頃の私には 全て受けとめる勇気 足りなかった  もう1度だけでいい 懐かしい君の笑顔に会いたい たとえ君が私に気がつかなくても それでも構わない  私の心に今 映りゆく景色と涙 あかねいろ 夕闇に暮れてゆく風止んだこの坂 君を捜した  風が止んだその時 私の気持ちも止まってしまうかな ひとり強く歩くこと=切なくて痛いこと 理解ってる  私の心に今 映りゆく景色と涙 あかねいろ 夕日に照らされた秋風舞うこの坂 君を探した  私の心に今 映りゆく景色と涙 あかねいろ 夕闇に暮れてゆく風止んだこの坂 君を捜した  La lala…  少し冷たい風が舞う 久しぶりに歩くこの街に あの日交わしてた言葉がいくつも 浮かんでは消えていくfripSide八木沼悟志八木沼悟志少し冷たい風が舞う 久しぶりに歩くこの街を あれから何年も歳を重ねて私はここまで来た あの日のこと引きずったまま 記憶だけが色褪せていくね 夕闇みの中に隠れてる真実にはたどり着けない  戸惑いはいつの日も 私を追い続けていた きみを失った日も こんな綺麗な秋の空だったね  私の心に今 映りゆく景色と涙 あかねいろ 夕日に照らされた秋風舞うこの坂 君を探した  枯れ葉 ひらり 舞い落ちる 思い出と変わらないこの場所 あの日交わしてた言葉がいくつも 浮かんでは消えていく  気持ちの片すみに 君の声 響き続ける あの頃の私には 全て受けとめる勇気 足りなかった  もう1度だけでいい 懐かしい君の笑顔に会いたい たとえ君が私に気がつかなくても それでも構わない  私の心に今 映りゆく景色と涙 あかねいろ 夕闇に暮れてゆく風止んだこの坂 君を捜した  風が止んだその時 私の気持ちも止まってしまうかな ひとり強く歩くこと=切なくて痛いこと 理解ってる  私の心に今 映りゆく景色と涙 あかねいろ 夕日に照らされた秋風舞うこの坂 君を探した  私の心に今 映りゆく景色と涙 あかねいろ 夕闇に暮れてゆく風止んだこの坂 君を捜した  La lala…  少し冷たい風が舞う 久しぶりに歩くこの街に あの日交わしてた言葉がいくつも 浮かんでは消えていく
an Effect of Fate待ち侘びたこの夜が目覚めてく 遠く光る街の灯が切なさを照らす 夜空だけ あの日とそう、変わらず この心に咲いた夢を 見透かしてる  君と出会い動き出したあの日 Maybe it's an effect of fate この胸に感じる 鮮やかな希望抱いて 叶わない想いはないと信じている この今は せめてその夢に賭けて  その手を伸ばし掴む明日 眩しく光るように いくつものその想いの重さを忘れないでいて 振り返るとき そこに何も後悔がないように 大切な その笑顔 絶対に無くさないでいて  いつからか感じていた予感と この瞳に映る日々は憂いを纏い 景色だけ いつもとそう、変わらず この心に空いた隙間埋めたかった  信じ合えるその喜びだけが Difference between now and the past この体に受ける 温かな風感じて 叶えたい願いを信じ続けている これからは 痛みも分かち合えるよ  この羽広げ飛び立ついま 果てしない大空に 気持ちを感じあったこの場所がいつでもあるから 振り返るとき 君がもっと前に進めるように 失くせない この想い いつでも忘れないでいるよ  その手を伸ばし掴む明日 眩しく光るように いくつものその想いの重さを忘れないでいて 振り返るとき そこに何も後悔がないように 大切な その笑顔 絶対に無くさないでいて  この羽広げ飛び立ついま 果てしない大空に 気持ちを感じあったこの場所がいつでもあるから 振り返るとき 君がもっと前に進めるように 失くせない この想い いつでも忘れないでいるよfripSide八木沼悟志八木沼悟志八木沼悟志・斎藤真也待ち侘びたこの夜が目覚めてく 遠く光る街の灯が切なさを照らす 夜空だけ あの日とそう、変わらず この心に咲いた夢を 見透かしてる  君と出会い動き出したあの日 Maybe it's an effect of fate この胸に感じる 鮮やかな希望抱いて 叶わない想いはないと信じている この今は せめてその夢に賭けて  その手を伸ばし掴む明日 眩しく光るように いくつものその想いの重さを忘れないでいて 振り返るとき そこに何も後悔がないように 大切な その笑顔 絶対に無くさないでいて  いつからか感じていた予感と この瞳に映る日々は憂いを纏い 景色だけ いつもとそう、変わらず この心に空いた隙間埋めたかった  信じ合えるその喜びだけが Difference between now and the past この体に受ける 温かな風感じて 叶えたい願いを信じ続けている これからは 痛みも分かち合えるよ  この羽広げ飛び立ついま 果てしない大空に 気持ちを感じあったこの場所がいつでもあるから 振り返るとき 君がもっと前に進めるように 失くせない この想い いつでも忘れないでいるよ  その手を伸ばし掴む明日 眩しく光るように いくつものその想いの重さを忘れないでいて 振り返るとき そこに何も後悔がないように 大切な その笑顔 絶対に無くさないでいて  この羽広げ飛び立ついま 果てしない大空に 気持ちを感じあったこの場所がいつでもあるから 振り返るとき 君がもっと前に進めるように 失くせない この想い いつでも忘れないでいるよ
Answerはらはら 舞い散る 夜 朝 こぼれる ながれた 雫は 涙か それとも 開いた 手のひら 何が見える…?  運命に試されたのか 果てのない無力さを知る 背けないこの現実に 初めから正解など無意味で  幸せは誰のものなの 痛みなら受け入れるから それでもなお果たせそうにない約束に せめて今を捧げたくて  答えのない正しさ 風化されない想い 密やかに持つ決意  繰り返す日常は なにひとつ  変わらない 時間の早さも 変わらない 過ぎて行く人も 変わらない 街の喧騒も 悔やんでも 痛んでも ああ 変わらない明日へと  悲しみも自分が蒔いた蕾だと抱きしめている 拭えない後悔ばかり だから“今”逃げる事は出来ない  苦しみも受け止めようと覚悟した そんな時でも 感じられる 人のぬくもり さりげないその優しさをありがとう  繰り返す日常は なにひとつ  変わらない 時間の早さも 変わらない 過ぎて行く人も 変わらない 街の喧騒も それでいい 痛んでも ああ 変わらない明日へと  はらはら 舞い散る 夜 朝 こぼれる ながれた 雫は 涙か それとも 開いた 手のひら 何が見える…?fripSide南條愛乃八木沼悟志Satoshi Yaginumaはらはら 舞い散る 夜 朝 こぼれる ながれた 雫は 涙か それとも 開いた 手のひら 何が見える…?  運命に試されたのか 果てのない無力さを知る 背けないこの現実に 初めから正解など無意味で  幸せは誰のものなの 痛みなら受け入れるから それでもなお果たせそうにない約束に せめて今を捧げたくて  答えのない正しさ 風化されない想い 密やかに持つ決意  繰り返す日常は なにひとつ  変わらない 時間の早さも 変わらない 過ぎて行く人も 変わらない 街の喧騒も 悔やんでも 痛んでも ああ 変わらない明日へと  悲しみも自分が蒔いた蕾だと抱きしめている 拭えない後悔ばかり だから“今”逃げる事は出来ない  苦しみも受け止めようと覚悟した そんな時でも 感じられる 人のぬくもり さりげないその優しさをありがとう  繰り返す日常は なにひとつ  変わらない 時間の早さも 変わらない 過ぎて行く人も 変わらない 街の喧騒も それでいい 痛んでも ああ 変わらない明日へと  はらはら 舞い散る 夜 朝 こぼれる ながれた 雫は 涙か それとも 開いた 手のひら 何が見える…?
under a starlit sky夜空を照らす 星の光は 遥かな 時を旅して 今僕らの瞳へ 静寂だけが 教えてくれた 僕らのこの世界の 限りある明日  今日も 誰かが何処かで 裏切りと苦しみに耐えて生きてる 人の愚かさを 僕らは等しく抱えて 今この時代を作り上げてる  目を逸らさずに真実を 受け止めて君と生きてく 悲劇と痛みを共有して 抱きしめた君の体の その熱を感じたなら 明日は少し 優しい風が吹くのだろう  決して僕らは孤独じゃないと 信じた 時は再び 混沌を投げつける 繰り返される 過ちがまだ 僕らのこの世界を 一つにさせない  ずっと 心のどこかで 嘘と真実が戦い続ける 本当の気持ちは心の奥深く眠り 誰かの救いを待ち続けてる  言葉はいつも力無く その空虚に木霊する だからせめて今日は素直に 「またね」と笑った君から 1mmも離れたくない 冷たい月が 作り出した 心の影  いくつもの 忘れられない 君との記憶がいつでも この場所照らしてる  目を逸らさずに真実を 受け止めて君と生きてく 悲劇と痛みを共有して 抱きしめた君の体の その熱を感じたなら 明日は少し 優しい風が吹くのだろう 君と手を 繋いだままfripSide八木沼悟志齋藤真也Shinya Saito夜空を照らす 星の光は 遥かな 時を旅して 今僕らの瞳へ 静寂だけが 教えてくれた 僕らのこの世界の 限りある明日  今日も 誰かが何処かで 裏切りと苦しみに耐えて生きてる 人の愚かさを 僕らは等しく抱えて 今この時代を作り上げてる  目を逸らさずに真実を 受け止めて君と生きてく 悲劇と痛みを共有して 抱きしめた君の体の その熱を感じたなら 明日は少し 優しい風が吹くのだろう  決して僕らは孤独じゃないと 信じた 時は再び 混沌を投げつける 繰り返される 過ちがまだ 僕らのこの世界を 一つにさせない  ずっと 心のどこかで 嘘と真実が戦い続ける 本当の気持ちは心の奥深く眠り 誰かの救いを待ち続けてる  言葉はいつも力無く その空虚に木霊する だからせめて今日は素直に 「またね」と笑った君から 1mmも離れたくない 冷たい月が 作り出した 心の影  いくつもの 忘れられない 君との記憶がいつでも この場所照らしてる  目を逸らさずに真実を 受け止めて君と生きてく 悲劇と痛みを共有して 抱きしめた君の体の その熱を感じたなら 明日は少し 優しい風が吹くのだろう 君と手を 繋いだまま
unlimited destiny遠く離れた 長い道程(みちのり) いつかの夢をそっと運んで 探し求める 次なる未知を 夢を追い彷徨う この広い宇宙(せかい)を  過ぎ行く無機質な景色 静寂が繰り返す日々 この軌道が導き出す 目的地は儚く遠くて 始まりの日は色褪せて この瞬間を今生きる ただそれだけが現実だと理解った  震えるその手を握りしめ 立ち上がれずにいた日々 空を見上げては傷つくことに怯えた 遠い過去 向かい合う勇気を 希望がいま繋いでく 1人じゃない… だから私は闘いを貫く  君と出会った必然が 無限の宇宙(そら)に解き放たれて輝く その絆だけが unlimited destiny 君との熱いこの記憶 心に何時(いつ)も響いているから 果てないこの旅は続いてく  変わらないあの想い出と 変わり行くこの毎日が 絡み合って構築した 強さを君といま確かめた いくつものその拍動が 共鳴して光を纏う この深淵に真実を突きつけた  「力強く歩いて行く」と 踏み出したその一歩は 終わりの見えない闘いを選択した その旅立ち 向かい合う勇気を 希望がいま繋いでる 1人じゃない… だから今も自分を信じられる  君と出会った偶然に 無限の夢さえ導かれて煌めく その絆だけは unlimited destiny 君との熱いこの記憶 心に何時(いつ)も響いているから 果てないこの旅は続いてく  君と出会った必然が 無限の宇宙(そら)に解き放たれて輝く その絆だけが unlimited destiny 君との熱いこの記憶 心に何時(いつ)も響いているから 果てないこの旅は続いてく  君と出会った偶然に 無限の夢さえ導かれて煌めく その絆だけは unlimited destiny 君との熱いこの記憶 心に何時(いつ)も響いているから 果てないこの夢を貫くfripSideSatoshi YaginumaSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma遠く離れた 長い道程(みちのり) いつかの夢をそっと運んで 探し求める 次なる未知を 夢を追い彷徨う この広い宇宙(せかい)を  過ぎ行く無機質な景色 静寂が繰り返す日々 この軌道が導き出す 目的地は儚く遠くて 始まりの日は色褪せて この瞬間を今生きる ただそれだけが現実だと理解った  震えるその手を握りしめ 立ち上がれずにいた日々 空を見上げては傷つくことに怯えた 遠い過去 向かい合う勇気を 希望がいま繋いでく 1人じゃない… だから私は闘いを貫く  君と出会った必然が 無限の宇宙(そら)に解き放たれて輝く その絆だけが unlimited destiny 君との熱いこの記憶 心に何時(いつ)も響いているから 果てないこの旅は続いてく  変わらないあの想い出と 変わり行くこの毎日が 絡み合って構築した 強さを君といま確かめた いくつものその拍動が 共鳴して光を纏う この深淵に真実を突きつけた  「力強く歩いて行く」と 踏み出したその一歩は 終わりの見えない闘いを選択した その旅立ち 向かい合う勇気を 希望がいま繋いでる 1人じゃない… だから今も自分を信じられる  君と出会った偶然に 無限の夢さえ導かれて煌めく その絆だけは unlimited destiny 君との熱いこの記憶 心に何時(いつ)も響いているから 果てないこの旅は続いてく  君と出会った必然が 無限の宇宙(そら)に解き放たれて輝く その絆だけが unlimited destiny 君との熱いこの記憶 心に何時(いつ)も響いているから 果てないこの旅は続いてく  君と出会った偶然に 無限の夢さえ導かれて煌めく その絆だけは unlimited destiny 君との熱いこの記憶 心に何時(いつ)も響いているから 果てないこの夢を貫く
1983-schwarzesmarken-壊れかけたこの世界でまだ明日を夢見るから 信じる心だけこの胸に秘めて今日も全てを賭け闘う  ずっと夢を見てた 僅かな煌きは 灰色のこの空だけ 繋がってる壁の向こう側 哀しみも痛みも 生きている証と そう思って人は今も 何かを守っているなら  不条理なルールに縛られた時代に その闇を切り裂いて行くだけ  壊れかけたこの世界でまだ明日を夢見るから 信じる心だけ今は胸に秘めて 光捜す It's just the truth in my heart 消せない傷 その痛みも希望にして 巡り巡る闘いの物語はやがてその運命を拓く…!  霞む空を見上げ 過ぎた日々を想う 逃げ場のないその現実 見えない壁が阻む自由を 刻んでる記憶の迷路に立ち尽くす それでもまた歩き出すと 誓ったあの日があるから  正しさの定義なんて意味はないけど 目の前の絆を守りたい  崩れそうなこの街にもまだ明日を繋げたくて 曲げない意志だけをこの両手に込めて 君を守る But just the truth in my heart まだ見ぬ夢 捜し出すことが出来たら この先どんな絶望が待ち受けていても超えられると思えた…  君との約束が 絆を強く結び いくつもの未来に響いていく結末  壊れかけたこの世界でまだ明日を夢見るから 信じる心だけ今は胸に秘めて 光捜す It's just the truth in my heart 消せない傷 その痛みも希望にして 巡り巡る闘いの物語がその時を刻む 崩れそうなこの世界さえまだ光を求めるなら 曲げない意志だけをこの両手に込めて 全て守る But just the truth in my heart まだ見ぬ夢 捜し出すことが出来たら この先どんな絶望が待ち受けていても超えられると思えた…fripSide八木沼悟志八木沼悟志八木沼悟志壊れかけたこの世界でまだ明日を夢見るから 信じる心だけこの胸に秘めて今日も全てを賭け闘う  ずっと夢を見てた 僅かな煌きは 灰色のこの空だけ 繋がってる壁の向こう側 哀しみも痛みも 生きている証と そう思って人は今も 何かを守っているなら  不条理なルールに縛られた時代に その闇を切り裂いて行くだけ  壊れかけたこの世界でまだ明日を夢見るから 信じる心だけ今は胸に秘めて 光捜す It's just the truth in my heart 消せない傷 その痛みも希望にして 巡り巡る闘いの物語はやがてその運命を拓く…!  霞む空を見上げ 過ぎた日々を想う 逃げ場のないその現実 見えない壁が阻む自由を 刻んでる記憶の迷路に立ち尽くす それでもまた歩き出すと 誓ったあの日があるから  正しさの定義なんて意味はないけど 目の前の絆を守りたい  崩れそうなこの街にもまだ明日を繋げたくて 曲げない意志だけをこの両手に込めて 君を守る But just the truth in my heart まだ見ぬ夢 捜し出すことが出来たら この先どんな絶望が待ち受けていても超えられると思えた…  君との約束が 絆を強く結び いくつもの未来に響いていく結末  壊れかけたこの世界でまだ明日を夢見るから 信じる心だけ今は胸に秘めて 光捜す It's just the truth in my heart 消せない傷 その痛みも希望にして 巡り巡る闘いの物語がその時を刻む 崩れそうなこの世界さえまだ光を求めるなら 曲げない意志だけをこの両手に込めて 全て守る But just the truth in my heart まだ見ぬ夢 捜し出すことが出来たら この先どんな絶望が待ち受けていても超えられると思えた…
1983-schwarzesmarken-(IS3 version)壊れかけたこの世界でまだ明日を夢見るから 信じる心だけこの胸に秘めて今日も全てを賭け闘う  ずっと夢を見てた 僅かな煌きは 灰色のこの空だけ 繋がってる壁の向こう側 哀しみも痛みも 生きている証と そう思って人は今も 何かを守っているなら  不条理なルールに縛られた時代に その闇を切り裂いて行くだけ  壊れかけたこの世界でまだ明日を夢見るから 信じる心だけ今は胸に秘めて 光捜す It's just the truth in my heart 消せない傷 その痛みも希望にして 巡り巡る闘いの物語はやがてその運命を拓く…!  霞む空を見上げ 過ぎた日々を想う 逃げ場のないその現実 見えない壁が阻む自由を 刻んでる記憶の迷路に立ち尽くす それでもまた歩き出すと 誓ったあの日があるから  正しさの定義なんて意味はないけど 目の前の絆を守りたい  崩れそうなこの街にもまだ明日を繋げたくて 曲げない意志だけをこの両手に込めて 君を守る But just the truth in my heart まだ見ぬ夢 捜し出すことが出来たら この先どんな絶望が待ち受けていても超えられると思えた…  君との約束が 絆を強く結び いくつもの未来に響いていく結末  壊れかけのこの心は今も君を求めるから 初めて君と出逢えた瞬間いつも 忘れないよ  It's just the truth in my heart 消せない傷 その痛みも希望にして 巡り巡る闘いの物語がその時を刻む 崩れそうなこの世界さえまだ光を求めるなら 曲げない意志だけをこの両手に込めて 全て守る But just the truth in my heart まだ見ぬ夢 捜し出すことが出来たら この先どんな絶望が待ち受けていても超えられると思えた…fripSide八木沼悟志八木沼悟志Satoshi Yaginuma壊れかけたこの世界でまだ明日を夢見るから 信じる心だけこの胸に秘めて今日も全てを賭け闘う  ずっと夢を見てた 僅かな煌きは 灰色のこの空だけ 繋がってる壁の向こう側 哀しみも痛みも 生きている証と そう思って人は今も 何かを守っているなら  不条理なルールに縛られた時代に その闇を切り裂いて行くだけ  壊れかけたこの世界でまだ明日を夢見るから 信じる心だけ今は胸に秘めて 光捜す It's just the truth in my heart 消せない傷 その痛みも希望にして 巡り巡る闘いの物語はやがてその運命を拓く…!  霞む空を見上げ 過ぎた日々を想う 逃げ場のないその現実 見えない壁が阻む自由を 刻んでる記憶の迷路に立ち尽くす それでもまた歩き出すと 誓ったあの日があるから  正しさの定義なんて意味はないけど 目の前の絆を守りたい  崩れそうなこの街にもまだ明日を繋げたくて 曲げない意志だけをこの両手に込めて 君を守る But just the truth in my heart まだ見ぬ夢 捜し出すことが出来たら この先どんな絶望が待ち受けていても超えられると思えた…  君との約束が 絆を強く結び いくつもの未来に響いていく結末  壊れかけのこの心は今も君を求めるから 初めて君と出逢えた瞬間いつも 忘れないよ  It's just the truth in my heart 消せない傷 その痛みも希望にして 巡り巡る闘いの物語がその時を刻む 崩れそうなこの世界さえまだ光を求めるなら 曲げない意志だけをこの両手に込めて 全て守る But just the truth in my heart まだ見ぬ夢 捜し出すことが出来たら この先どんな絶望が待ち受けていても超えられると思えた…
Insoluble Snow冷たい粉雪 音もなく舞い落ちる 白く染まる街に今日も 君を捜している 見つめる景色は 色を失くしたままで 曇るこころ 想い出さえ 置き去りにしたあの夜に  温かさに触れた 一瞬があったから 忘れることなんて出来ない すごく 会いたいよ もう1度 笑顔を見せて  側にいられたその季節に もう少しの言葉届けたなら この雪は涙で滲んで だけど想いだけ溶けないでいる  懐かしさだけが このこころを捉えて 君の声とその言葉が ずっと響いている 冷え切った風が 愛しさを凍らせて 今はいない 遠い君を この胸に留め続ける  優しさ知るたびに 近づいてたこころが 温かく灯った季節は 今も 忘れない もう1度 君に会いたい  降りしきる雪に包まれて 消せない痛みはあの日のままで この雪がいつか溶ける頃 私の気持ちは変わらないまま  側にいられたその季節に もう少しの言葉届けたなら この雪は涙で滲んで だけど想いだけ溶けないでいる  降りしきる雪に包まれて 消せない痛みはあの日のままで この雪がいつか溶ける頃 私の気持ちは変わらないまま  側にいられたその季節に… 降りしきる雪に包まれて…fripSide八木沼悟志八木沼悟志八木沼悟志・斎藤真也冷たい粉雪 音もなく舞い落ちる 白く染まる街に今日も 君を捜している 見つめる景色は 色を失くしたままで 曇るこころ 想い出さえ 置き去りにしたあの夜に  温かさに触れた 一瞬があったから 忘れることなんて出来ない すごく 会いたいよ もう1度 笑顔を見せて  側にいられたその季節に もう少しの言葉届けたなら この雪は涙で滲んで だけど想いだけ溶けないでいる  懐かしさだけが このこころを捉えて 君の声とその言葉が ずっと響いている 冷え切った風が 愛しさを凍らせて 今はいない 遠い君を この胸に留め続ける  優しさ知るたびに 近づいてたこころが 温かく灯った季節は 今も 忘れない もう1度 君に会いたい  降りしきる雪に包まれて 消せない痛みはあの日のままで この雪がいつか溶ける頃 私の気持ちは変わらないまま  側にいられたその季節に もう少しの言葉届けたなら この雪は涙で滲んで だけど想いだけ溶けないでいる  降りしきる雪に包まれて 消せない痛みはあの日のままで この雪がいつか溶ける頃 私の気持ちは変わらないまま  側にいられたその季節に… 降りしきる雪に包まれて…
Invisible Wings君と出逢えた季節を思い出して 冷えたこの風に心をまかせれば 今も 鮮やかに蘇るよ 君の声 その熱い想い 駆け抜けた日々 新しい私を 明日に導いていく  眠れない夜に 感じ続けてた とりとめない不安を見つめて戦った 朝が来る前に 君に会う前に 取り戻そう 前を向く勇気 高らかに  今はそう 信じる道だけ ただ真っ直ぐに 痛みなど感じてる暇なんてないから もっと追い求めて  君といま 輝く光を感じるまま生きる たとえ世界を敵に回しても関係ない 理想を追い求める勇気 君がくれた希望 この手から零れ堕ちないように ただ強く 今を抱きしめた  言葉にする程 崩れる真実 虚像だけが ひとり歩き出す そんな日は 君を待ち侘びて 心はいつしか 研ぎ澄まされ 本当の自分 見つめてる  夢描いてたあの日から 何も変わらずに 等身大の私だけが引き寄せる可能性を信じて  遠く離れても感じあう君とのその絆 惹かれ合う気持ちが繋いでる心と心 どんなに痛んでも構わない 君と歩けるよ 迷わずに羽ばたく決意が 君と私を見守ってるから  いつか見ていた儚い夢の記憶 冷えたこの風にあの日を思い出す 今は 鮮やかなその色 無くさないまま 君と見つめてる 駆け抜ける日々 変わらない決意を 明日に導いていく  君といま 輝く光を感じるまま生きる たとえ世界を敵に回しても関係ない どんなに痛んでも構わない 君と歩けるよ 迷わずに羽ばたく決意が 君と私を見守ってるからfripSideSatoshi YaginumaSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma・Shinya Saito君と出逢えた季節を思い出して 冷えたこの風に心をまかせれば 今も 鮮やかに蘇るよ 君の声 その熱い想い 駆け抜けた日々 新しい私を 明日に導いていく  眠れない夜に 感じ続けてた とりとめない不安を見つめて戦った 朝が来る前に 君に会う前に 取り戻そう 前を向く勇気 高らかに  今はそう 信じる道だけ ただ真っ直ぐに 痛みなど感じてる暇なんてないから もっと追い求めて  君といま 輝く光を感じるまま生きる たとえ世界を敵に回しても関係ない 理想を追い求める勇気 君がくれた希望 この手から零れ堕ちないように ただ強く 今を抱きしめた  言葉にする程 崩れる真実 虚像だけが ひとり歩き出す そんな日は 君を待ち侘びて 心はいつしか 研ぎ澄まされ 本当の自分 見つめてる  夢描いてたあの日から 何も変わらずに 等身大の私だけが引き寄せる可能性を信じて  遠く離れても感じあう君とのその絆 惹かれ合う気持ちが繋いでる心と心 どんなに痛んでも構わない 君と歩けるよ 迷わずに羽ばたく決意が 君と私を見守ってるから  いつか見ていた儚い夢の記憶 冷えたこの風にあの日を思い出す 今は 鮮やかなその色 無くさないまま 君と見つめてる 駆け抜ける日々 変わらない決意を 明日に導いていく  君といま 輝く光を感じるまま生きる たとえ世界を敵に回しても関係ない どんなに痛んでも構わない 君と歩けるよ 迷わずに羽ばたく決意が 君と私を見守ってるから
infinite orbit時代の果て 眠る世界 可能性に 魅せられてく 手を伸ばして 触れる温度 忘れたくない 信じてたい…  君の瞳に光る 悲しみの雫 守るべきものに 降り注いだ 流星  「強くありたいのなら…」 君は言いかけたけど その条件を きっと 僕らは 探し求める  無限さえも 恐れないと 輝き出す 翼広げ 戦う意味 定義しては 迷い振り切り 突き進むよ  夢を掴む 代償なら 傷ついても 逃げはしない 想い刻む 君の鼓動 誰より近く 感じるから…  君と見上げてた 永遠の軌道 巡り逢う瞬間 二人は 未来になる  「弱さ認める勇気」 君が教えてくれた この運命も きっと 今なら 受け止められる  叫び声は 増幅して 不可能さえ 呑み込んでく 解き放った この感情 明日を確かに 引き寄せるよ  夢を超えた 現実へと 僕らはもう 近づいてる 戻れないと 気付いていた それでも君と 飛び続ける…  時代変える 未知の世界 交錯した 願いの数 夜空駆ける 煌めきへと 全て託すよ 負けたくない  無限さえも 恐れないと 輝き出す 翼広げ 戦う意味 定義しては 迷い振り切り 突き進むよ  夢を掴む 代償なら 傷ついても 逃げはしない 想い刻む 君の鼓動 誰より近く 感じるから…  夢を超えた 現実へと 僕らはもう 辿り着いた 戻る場所が 無いとしても 誓うよ 君を離さないと…fripSideyuki-kaSatoshi Yaginuma時代の果て 眠る世界 可能性に 魅せられてく 手を伸ばして 触れる温度 忘れたくない 信じてたい…  君の瞳に光る 悲しみの雫 守るべきものに 降り注いだ 流星  「強くありたいのなら…」 君は言いかけたけど その条件を きっと 僕らは 探し求める  無限さえも 恐れないと 輝き出す 翼広げ 戦う意味 定義しては 迷い振り切り 突き進むよ  夢を掴む 代償なら 傷ついても 逃げはしない 想い刻む 君の鼓動 誰より近く 感じるから…  君と見上げてた 永遠の軌道 巡り逢う瞬間 二人は 未来になる  「弱さ認める勇気」 君が教えてくれた この運命も きっと 今なら 受け止められる  叫び声は 増幅して 不可能さえ 呑み込んでく 解き放った この感情 明日を確かに 引き寄せるよ  夢を超えた 現実へと 僕らはもう 近づいてる 戻れないと 気付いていた それでも君と 飛び続ける…  時代変える 未知の世界 交錯した 願いの数 夜空駆ける 煌めきへと 全て託すよ 負けたくない  無限さえも 恐れないと 輝き出す 翼広げ 戦う意味 定義しては 迷い振り切り 突き進むよ  夢を掴む 代償なら 傷ついても 逃げはしない 想い刻む 君の鼓動 誰より近く 感じるから…  夢を超えた 現実へと 僕らはもう 辿り着いた 戻る場所が 無いとしても 誓うよ 君を離さないと…
infinite synthesisゆっくりと暮れていく 街並みに佇んだ 僕は今 あの頃を思い出す 遠く響く 喧噪に 君の声 聴いた気がして 振り返る 幻を追いかけていた  どれだけの時間を 過ごしただろう? 君といつか 出会った日から こんなにも 深く長い夢を 一緒に見てきた  駆け抜けたいその場所まで 繋がってるこの強さで 届かないと諦めてた 弱い自分を壊して  I believe this trajectory “infinite synthesis”  変わりゆく季節 移ろいゆく日々 見上げる夜空の 星座だけがあの日のまま ずっと信じてきた たった1つの輝き 夢はまだ褪せずに 今日も君と僕を繋ぐ  心が折れそうで 迷い戸惑う時 立ち向かう強さを 僕にくれていたのは いつでも君だった  駆け抜けたいその場所まで 繋がってるこの強さで 届かないと諦めてた 弱い自分を壊して infinite synthesis この誓いを 胸に抱いて 今日も歌う やがて君と描く軌跡 輝く過去になるまで  I believe this trajectory “infinite synthesis”  “答え”を捜して 挑み続けてる 過ぎ行く時間だけ そのプロセスを見ていた 求められる事に 順応する毎日 心の片隅 1つだけ曲げたくなかった  君との約束を 果たすこと出来たら 全ての思い出が 大きなチカラに変わる だからもう迷わない  突き抜けてくこの夜明けを 覚めない夢見続けてく やがて届くその場所まで 傷ついたこの翼で infinite synthesis 旋律は 心のまま 今日も刻む やがて君と描く軌跡 輝く未来を辿る  駆け抜けたいその場所まで 繋がってるこの強さで 届かないと諦めてた 弱い自分を壊して infinite synthesis この誓いを 胸に抱いて 今日も歌う やがて君と描く軌跡 輝く過去になるまで  突き抜けてくこの夜明けを 覚めない夢見続けてく やがて届くその場所まで 傷ついたこの翼で infinite synthesis 旋律は 心のまま 今日も刻む やがて君と描く軌跡 輝く未来を辿るfripSideSatoshi YaginumaSatoshi YaginumaSatoshi Yaginumaゆっくりと暮れていく 街並みに佇んだ 僕は今 あの頃を思い出す 遠く響く 喧噪に 君の声 聴いた気がして 振り返る 幻を追いかけていた  どれだけの時間を 過ごしただろう? 君といつか 出会った日から こんなにも 深く長い夢を 一緒に見てきた  駆け抜けたいその場所まで 繋がってるこの強さで 届かないと諦めてた 弱い自分を壊して  I believe this trajectory “infinite synthesis”  変わりゆく季節 移ろいゆく日々 見上げる夜空の 星座だけがあの日のまま ずっと信じてきた たった1つの輝き 夢はまだ褪せずに 今日も君と僕を繋ぐ  心が折れそうで 迷い戸惑う時 立ち向かう強さを 僕にくれていたのは いつでも君だった  駆け抜けたいその場所まで 繋がってるこの強さで 届かないと諦めてた 弱い自分を壊して infinite synthesis この誓いを 胸に抱いて 今日も歌う やがて君と描く軌跡 輝く過去になるまで  I believe this trajectory “infinite synthesis”  “答え”を捜して 挑み続けてる 過ぎ行く時間だけ そのプロセスを見ていた 求められる事に 順応する毎日 心の片隅 1つだけ曲げたくなかった  君との約束を 果たすこと出来たら 全ての思い出が 大きなチカラに変わる だからもう迷わない  突き抜けてくこの夜明けを 覚めない夢見続けてく やがて届くその場所まで 傷ついたこの翼で infinite synthesis 旋律は 心のまま 今日も刻む やがて君と描く軌跡 輝く未来を辿る  駆け抜けたいその場所まで 繋がってるこの強さで 届かないと諦めてた 弱い自分を壊して infinite synthesis この誓いを 胸に抱いて 今日も歌う やがて君と描く軌跡 輝く過去になるまで  突き抜けてくこの夜明けを 覚めない夢見続けてく やがて届くその場所まで 傷ついたこの翼で infinite synthesis 旋律は 心のまま 今日も刻む やがて君と描く軌跡 輝く未来を辿る
infinite Resonanceそっと伸ばしたこの手 触れ合う瞬間に 高鳴る胸の音 その鼓動合わせて  待ち侘びた 季節を重ねた あの日心に決めた始まりの夢は 揺れ動く 想い感じてた 明日へ進む勇気と少しの切なさ抱いて  躊躇いの記憶と届かなかったあの日々は やがて その色を纏って 光を放つまで 共鳴していく  僕らだけが 感じあえる 分かりあえる この心の形で いま 寄り添い合い 響いていく 可能性を感じて そう 走り出した1歩は 君へ繋がると信じて この想いだけを 刻んでいく 覚悟を胸に決めて  限りある時に試された 幾重にも分岐する偶然のなかで 繋がって 時を共にする 昨日までの自分から少しずつ変わっていく  手探りで捜した 自分らしく生きる意味を いつも 心に描いてた その光求める鼓動を感じて  君と僕が 感じている 求めている 一つに重なり合う その形がいま 作り出した 明日へ続く希望 廻り続けるこの星に いま僕らが生きる意味を この声の限り 届けたいと 2人で誓ったから  僕らだけが 感じあえる 分かりあえる この心の形で いま 寄り添い合い 響いていく 可能性を感じて ただ感じている 求めている 一つに重なり合う その形がいま 作り出した 明日へ続く希望 そう 走り出した1歩は 君へ繋がると信じて この想いだけを 刻んでいく 覚悟を胸に決めてfripSide八木沼悟志八木沼悟志八木沼悟志・斎藤真也そっと伸ばしたこの手 触れ合う瞬間に 高鳴る胸の音 その鼓動合わせて  待ち侘びた 季節を重ねた あの日心に決めた始まりの夢は 揺れ動く 想い感じてた 明日へ進む勇気と少しの切なさ抱いて  躊躇いの記憶と届かなかったあの日々は やがて その色を纏って 光を放つまで 共鳴していく  僕らだけが 感じあえる 分かりあえる この心の形で いま 寄り添い合い 響いていく 可能性を感じて そう 走り出した1歩は 君へ繋がると信じて この想いだけを 刻んでいく 覚悟を胸に決めて  限りある時に試された 幾重にも分岐する偶然のなかで 繋がって 時を共にする 昨日までの自分から少しずつ変わっていく  手探りで捜した 自分らしく生きる意味を いつも 心に描いてた その光求める鼓動を感じて  君と僕が 感じている 求めている 一つに重なり合う その形がいま 作り出した 明日へ続く希望 廻り続けるこの星に いま僕らが生きる意味を この声の限り 届けたいと 2人で誓ったから  僕らだけが 感じあえる 分かりあえる この心の形で いま 寄り添い合い 響いていく 可能性を感じて ただ感じている 求めている 一つに重なり合う その形がいま 作り出した 明日へ続く希望 そう 走り出した1歩は 君へ繋がると信じて この想いだけを 刻んでいく 覚悟を胸に決めて
with a smile「新しい毎日が始まる季節に 私を照らしている 優しい光を抱いて  躓いて転んで泣いた時 どんな風にしてたらいいの? ありのままの自分でいていい? 悩んだ幼いあの日  見失った場所を探してた 辿り着けないもどかしさと いつの日も戦えていたのは 君がチカラくれたから  ずっとね、そばにいてね あたたかく見守って  ここから動き出す 新たな stage 怖がることなんてない きっと笑顔になれる  これから続いてく 新たな story 背中を押してくれる 君がいつでもいるから  初めてだらけで不安だった 臆病な気持ちが怖くて だけど後悔はしたくなくて まっすぐに声を出した  嫌われないよう素を隠して 私らしさを失くしていた そんな頃も今は懐かしい 強い気持ちに変わって  確かに、そばにあるよ あたたかい気持ちが  いつでも忘れない あの日の stage 怖がることなんてない ずっと輝いている  ここから続いてく 果てしない story 諦めない強さで いつでも君といるから  ここから動き出す 新たな stage 怖がることなんてない きっと笑顔になれる  これから続いてく 新たな story 背中を押してくれる 君がいつでもいるから  いつでも忘れない あの日の stage 怖がることなんてない ずっと輝いている  ここから続いてく 果てしない story 諦めない強さで いつでも君といるからfripSide阿部寿世・八木沼悟志八木沼悟志八木沼悟志・斎藤真也「新しい毎日が始まる季節に 私を照らしている 優しい光を抱いて  躓いて転んで泣いた時 どんな風にしてたらいいの? ありのままの自分でいていい? 悩んだ幼いあの日  見失った場所を探してた 辿り着けないもどかしさと いつの日も戦えていたのは 君がチカラくれたから  ずっとね、そばにいてね あたたかく見守って  ここから動き出す 新たな stage 怖がることなんてない きっと笑顔になれる  これから続いてく 新たな story 背中を押してくれる 君がいつでもいるから  初めてだらけで不安だった 臆病な気持ちが怖くて だけど後悔はしたくなくて まっすぐに声を出した  嫌われないよう素を隠して 私らしさを失くしていた そんな頃も今は懐かしい 強い気持ちに変わって  確かに、そばにあるよ あたたかい気持ちが  いつでも忘れない あの日の stage 怖がることなんてない ずっと輝いている  ここから続いてく 果てしない story 諦めない強さで いつでも君といるから  ここから動き出す 新たな stage 怖がることなんてない きっと笑顔になれる  これから続いてく 新たな story 背中を押してくれる 君がいつでもいるから  いつでも忘れない あの日の stage 怖がることなんてない ずっと輝いている  ここから続いてく 果てしない story 諦めない強さで いつでも君といるから
With falling snow舞い落ちる雪の中思った 二人で過ごしたあの季節  追いかける事しないと決めてた 心に残る苦さを抱いて 鏡に映る愚かな瞳は 閉じた扉見つめてた  幼さはもう言い訳に出来ず 過ごしていく時だけが全てで 僕ら二人分かち合う時間を うまく分け合えなかった  いくつもの思い出の雨 胸の中降り続く 後悔の言葉じゃなくて もっと君に言いたい言葉があったはず  舞い落ちる雪の中思った 二人で過ごしたあの季節を 笑い合う事にだけ夢中で 大事な事見えてなかった 「いつでも」なんて魔法はなくて 一瞬ごとに未来は消えてく もしもあの時わかっていたら… 今はもう届かない想い  明日なんて無限だと思ってた 当たり前に続いていくのだと 浅はかだった自分の思いは 何度君を傷つけたろう  僕を濡らす大粒の霙は あの時見せた涙思い出す どうしてそれでも向き合いもせず 明日信じていられたんだろう  君がくれた優しさたち 胸の中残ってる 償いの言葉より先に もっと君に伝える言葉があったのに  舞い落ちる雪の中思った 二度と戻らないあの季節を どれほど今を悔やんでみても 傷つけた心 帰らない  舞い落ちる雪の中思った 二人で過ごしたあの季節を 笑い合う事にだけ夢中で 大事な事見えてなかった 「いつでも」なんて魔法はなくて 一瞬ごとに未来は消えてく もしもあの時わかっていたら… 今はもう届かない想い  「いつかは」なんて望んでなくて 一瞬ごとに過去へと過ぎてく もしもあの時気付いていたら… 君の笑顔守れたかなfripSideYoshino NanjoSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma舞い落ちる雪の中思った 二人で過ごしたあの季節  追いかける事しないと決めてた 心に残る苦さを抱いて 鏡に映る愚かな瞳は 閉じた扉見つめてた  幼さはもう言い訳に出来ず 過ごしていく時だけが全てで 僕ら二人分かち合う時間を うまく分け合えなかった  いくつもの思い出の雨 胸の中降り続く 後悔の言葉じゃなくて もっと君に言いたい言葉があったはず  舞い落ちる雪の中思った 二人で過ごしたあの季節を 笑い合う事にだけ夢中で 大事な事見えてなかった 「いつでも」なんて魔法はなくて 一瞬ごとに未来は消えてく もしもあの時わかっていたら… 今はもう届かない想い  明日なんて無限だと思ってた 当たり前に続いていくのだと 浅はかだった自分の思いは 何度君を傷つけたろう  僕を濡らす大粒の霙は あの時見せた涙思い出す どうしてそれでも向き合いもせず 明日信じていられたんだろう  君がくれた優しさたち 胸の中残ってる 償いの言葉より先に もっと君に伝える言葉があったのに  舞い落ちる雪の中思った 二度と戻らないあの季節を どれほど今を悔やんでみても 傷つけた心 帰らない  舞い落ちる雪の中思った 二人で過ごしたあの季節を 笑い合う事にだけ夢中で 大事な事見えてなかった 「いつでも」なんて魔法はなくて 一瞬ごとに未来は消えてく もしもあの時わかっていたら… 今はもう届かない想い  「いつかは」なんて望んでなくて 一瞬ごとに過去へと過ぎてく もしもあの時気付いていたら… 君の笑顔守れたかな
We RiseYou and I rise from the deep 水平線に霞んだあの日に誓ったその言葉  重ねてきた時間と 重なり合う気持ちは今も胸に 大切に輝いている 闘うこと恐れず 立ち向かう勇気信じたなら もう何も振り返らずに進みたい  あの時の涙は この波に変わって 新しい景色を 求めて走り出す 遙かなるその未知を  強い向かい風を 全身で感じて 運命超えてくこの時に全て賭ける When you're sinking down into the deep Take my hand, we'll rise ここから 続いていくその航路は 光溢れる未来へ向かって  蒼い空と海だけ 果てなく繋がり合う この世界に僕らは何を恐れてる? ホントは気づいていた 誰かの為じゃなく自分を誤魔化さずに 今を生きてることの意味  君との約束が この能力導く 失くせない想いを 守ると決めたから 突き進むこの先も  I won't let you sink into the deep Take my hand, we'll rise 全てを 感じるままに たとえ傷ついたとしても 痛みは怖くない 心が負けるなら その後悔は要らない この瞬間に輝いていたい  あの時の涙は この波に変わって 新しい景色を 求めて走り出す 遥かなるその未知を  強い向かい風を 全身で感じて 運命超えてくこの時に全て賭ける When you're sinking down into the deep Take my hand, we'll rise ここから 続いていくその航路は 光溢れる未来へ向かって  I won't let you sink into the deep Take my hand, we'll rise 全てを 感じるままに たとえ傷ついたとしても 痛みは怖くない 心が負けるなら その後悔は要らない この瞬間に輝いていたいfripSideSatoshi YaginumaSatoshi YaginumaSatoshi YaginumaYou and I rise from the deep 水平線に霞んだあの日に誓ったその言葉  重ねてきた時間と 重なり合う気持ちは今も胸に 大切に輝いている 闘うこと恐れず 立ち向かう勇気信じたなら もう何も振り返らずに進みたい  あの時の涙は この波に変わって 新しい景色を 求めて走り出す 遙かなるその未知を  強い向かい風を 全身で感じて 運命超えてくこの時に全て賭ける When you're sinking down into the deep Take my hand, we'll rise ここから 続いていくその航路は 光溢れる未来へ向かって  蒼い空と海だけ 果てなく繋がり合う この世界に僕らは何を恐れてる? ホントは気づいていた 誰かの為じゃなく自分を誤魔化さずに 今を生きてることの意味  君との約束が この能力導く 失くせない想いを 守ると決めたから 突き進むこの先も  I won't let you sink into the deep Take my hand, we'll rise 全てを 感じるままに たとえ傷ついたとしても 痛みは怖くない 心が負けるなら その後悔は要らない この瞬間に輝いていたい  あの時の涙は この波に変わって 新しい景色を 求めて走り出す 遥かなるその未知を  強い向かい風を 全身で感じて 運命超えてくこの時に全て賭ける When you're sinking down into the deep Take my hand, we'll rise ここから 続いていくその航路は 光溢れる未来へ向かって  I won't let you sink into the deep Take my hand, we'll rise 全てを 感じるままに たとえ傷ついたとしても 痛みは怖くない 心が負けるなら その後悔は要らない この瞬間に輝いていたい
waiting for the moment熱く触れた 指に絡む 熱に触れて 歯車が狂いだす その瞬間を  I'm walking alone in deep darkness. and caught by the fearful shadow. looking for the light which shines. but, it's destiny and reality  積み上げた 孤高の闇 誰ひとり近づけない ありふれたウワベなんて 要らない  純粋な目で生きるアナタ 私とは違う世界 これ以上そばにはもう 来ないで  気付いているでしょ? いつだって 人はひとりきり 真っ直ぐに向けた その笑顔 否定したくなるわ  嘘だって良いの 重ねれば 強さになるなら 作り上げてきた この私 壊せる勇気があるの?  I'm walking alone in deep darkness. and caught by the fearful shadow. looking for the light which shines. but, it's destiny and reality  届かない 夢なら今 諦めて ラクになれと 囁いた 悪魔の声 堕ちてく  引き寄せた 運命の罠 歪みだす 嘘の世界 一瞬の 隙が生んだ 違和感  真夏の夜見る 夢のよう 熱にうかされて 信じて良いのか 分からない 現実味がないの  どうして私に見させたの? 目の奥に揺れる 青い炎と強い意志 寂しそうな顔をして…  熱く触れた 指に絡む 熱に触れて 歯車が狂いだす この瞬間を  触れた指先が 震えてた 瞳に映った 戸惑う私が らしくない 少し賭けてみたい  心のどこかで 探してた 逃げ出せる時を 囚われたままの 暗い闇 どうか光で照らして  I'm walking alone in deep darkness. and caught by the fearful shadow. looking for the light which shines. but, it's destiny and realityfripSideYoshino NanjoSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma熱く触れた 指に絡む 熱に触れて 歯車が狂いだす その瞬間を  I'm walking alone in deep darkness. and caught by the fearful shadow. looking for the light which shines. but, it's destiny and reality  積み上げた 孤高の闇 誰ひとり近づけない ありふれたウワベなんて 要らない  純粋な目で生きるアナタ 私とは違う世界 これ以上そばにはもう 来ないで  気付いているでしょ? いつだって 人はひとりきり 真っ直ぐに向けた その笑顔 否定したくなるわ  嘘だって良いの 重ねれば 強さになるなら 作り上げてきた この私 壊せる勇気があるの?  I'm walking alone in deep darkness. and caught by the fearful shadow. looking for the light which shines. but, it's destiny and reality  届かない 夢なら今 諦めて ラクになれと 囁いた 悪魔の声 堕ちてく  引き寄せた 運命の罠 歪みだす 嘘の世界 一瞬の 隙が生んだ 違和感  真夏の夜見る 夢のよう 熱にうかされて 信じて良いのか 分からない 現実味がないの  どうして私に見させたの? 目の奥に揺れる 青い炎と強い意志 寂しそうな顔をして…  熱く触れた 指に絡む 熱に触れて 歯車が狂いだす この瞬間を  触れた指先が 震えてた 瞳に映った 戸惑う私が らしくない 少し賭けてみたい  心のどこかで 探してた 逃げ出せる時を 囚われたままの 暗い闇 どうか光で照らして  I'm walking alone in deep darkness. and caught by the fearful shadow. looking for the light which shines. but, it's destiny and reality
way to answerI can't look back anymore! “Time out”or“Endless maze”? Get and hold your solid faith! Shoot now! Shout now! Ready go!  Run forever to find our truly fortune. Eyes on real world, I trust my power and your words. Try forever to save our precious feelings. Break the fake world, I trust one light in my heart.  何を信じて生きる? 傷つくこと 予想は出来ていたつもりでも 誰も疑えなくて 涙に染まる景色 自分を見失ってた  日常を行き交う 不安な囁き 吹き飛ばして 取り戻すの…真実を!  目覚めてく! 感情に もう嘘はつけない 守りたいなら 立ち向かうだけ 独りじゃない 分かるでしょう? あの笑顔が今も 強さをくれるから  Run forever to find our truly fortune. Eyes on real world, I trust my power and your words.  遠く離れたようで 霞んだ未来 (廻(めぐ)り逢う)予感は消えず まだ胸の奥(響いて) 過去を振り返るなら 可能性に溢れる明日(あす)へ 君と向かおう  高鳴った鼓動が 刻んだ誓いは 私たちを 繋ぐ絆 もう迷わない!  駆け抜ける! 諦めず 迷いなど忘れて  ただひたすらに 追いかけていた 間違いも正しさも 自分の出す“答え” 誇れるものだから  I can't look back anymore! “Time out”or“Endless maze”? Get and hold your solid faith! Shoot now! Shout now! Ready go!  譲れない 夢がある この手で叶えたい どんな痛みも 乗り越えられる 独りだと 想ってた あの日の自分へと サヨナラ告げるから  目覚めてく! 感情に もう嘘はつけない 守りたいなら 立ち向かうだけ 独りじゃない 分かるでしょう? あの笑顔が今も 強さをくれるから  Run forever to find our truly fortune. Eyes on real world, I trust my power and your words. Try forever to save our precious feelings. Break the fake world, I trust one light in my heart...“WAY TO ANSWER”!fripSideyuki-ka・Satoshi YaginumaSatoshi Yaginuma八木沼悟志I can't look back anymore! “Time out”or“Endless maze”? Get and hold your solid faith! Shoot now! Shout now! Ready go!  Run forever to find our truly fortune. Eyes on real world, I trust my power and your words. Try forever to save our precious feelings. Break the fake world, I trust one light in my heart.  何を信じて生きる? 傷つくこと 予想は出来ていたつもりでも 誰も疑えなくて 涙に染まる景色 自分を見失ってた  日常を行き交う 不安な囁き 吹き飛ばして 取り戻すの…真実を!  目覚めてく! 感情に もう嘘はつけない 守りたいなら 立ち向かうだけ 独りじゃない 分かるでしょう? あの笑顔が今も 強さをくれるから  Run forever to find our truly fortune. Eyes on real world, I trust my power and your words.  遠く離れたようで 霞んだ未来 (廻(めぐ)り逢う)予感は消えず まだ胸の奥(響いて) 過去を振り返るなら 可能性に溢れる明日(あす)へ 君と向かおう  高鳴った鼓動が 刻んだ誓いは 私たちを 繋ぐ絆 もう迷わない!  駆け抜ける! 諦めず 迷いなど忘れて  ただひたすらに 追いかけていた 間違いも正しさも 自分の出す“答え” 誇れるものだから  I can't look back anymore! “Time out”or“Endless maze”? Get and hold your solid faith! Shoot now! Shout now! Ready go!  譲れない 夢がある この手で叶えたい どんな痛みも 乗り越えられる 独りだと 想ってた あの日の自分へと サヨナラ告げるから  目覚めてく! 感情に もう嘘はつけない 守りたいなら 立ち向かうだけ 独りじゃない 分かるでしょう? あの笑顔が今も 強さをくれるから  Run forever to find our truly fortune. Eyes on real world, I trust my power and your words. Try forever to save our precious feelings. Break the fake world, I trust one light in my heart...“WAY TO ANSWER”!
when chance strikes夜明けゆく街で そっと目を閉じる 静寂のなか 君を想う いつも感じてた 暖かな光 還るべき場所 理解(わか)っていた  忘れないよ いつの日にも 君と僕が描いている 未来はこの手の中で明日を待つ  いま輝いた その瞳に映そう 今日僕たちが生きている証を 2度とないこの瞬間が 僕たちをいま一つにするから  抱きしめ続けた 記憶はいつでも この心を動かしてる 迷いなく進む日々は残酷に 終着点を目指している  忘れないで どんな時も 失うのは怖くないと 心に刻み続けた昨日がある  目を背けずに全てを受け止めよう いま僕たちが感じてる想い 1度だけ かけがえのない この今を共に過ごした奇跡  心重ねて 強く深く刻んだ 今日僕たちが此処に居る意味を 2度とないこの瞬間に 僕たちをいま一つにするから 失くせない共に過ごした軌跡fripSideSatoshi YaginumaSatoshi YaginumaShinya Saito・Satoshi Yaginuma夜明けゆく街で そっと目を閉じる 静寂のなか 君を想う いつも感じてた 暖かな光 還るべき場所 理解(わか)っていた  忘れないよ いつの日にも 君と僕が描いている 未来はこの手の中で明日を待つ  いま輝いた その瞳に映そう 今日僕たちが生きている証を 2度とないこの瞬間が 僕たちをいま一つにするから  抱きしめ続けた 記憶はいつでも この心を動かしてる 迷いなく進む日々は残酷に 終着点を目指している  忘れないで どんな時も 失うのは怖くないと 心に刻み続けた昨日がある  目を背けずに全てを受け止めよう いま僕たちが感じてる想い 1度だけ かけがえのない この今を共に過ごした奇跡  心重ねて 強く深く刻んだ 今日僕たちが此処に居る意味を 2度とないこの瞬間に 僕たちをいま一つにするから 失くせない共に過ごした軌跡
escapeCan't escape from my life 逃げ出せずに 輝く光を探して 迷いながら 戸惑いながら 変わらない朝を壊して  真夜中のrhythm 止められない鼓動 溺れるまま朝まで踊るよ 何もかも捨てて 消えていく想いは 偽りの顔を覗かせて  怯えてた昨日 踊り続ける今も 見えない何かを求めてる 苛立ち隠せず 不機嫌な顔を 一体誰に見せるの? 教えて  不条理なモラルに縛られたまま もがき続けても 意味の無い時間だけ ただ過ぎて行く 何も変わらずに  いつも描いてた 憧れは遠いだけ リセットしたい過去も捨てきれず 求めてる理想 襲いかかる現実 苦悩の夜はまだ続く  夜の光が照らしていく全てを嘲笑うように 手のひらで転がされてるだけ 誰も気付かずに  いつか見た夢の中で 羽ばたきはじめた翼は 暗闇をさまよいながら どこかの逃げ道探して  I can't stop love'n you 押さえきれない 溢れ出すこの想いを 重ねても叶わぬ夢 変わらない朝がまた来る  遅すぎた出会い 早すぎた別れを 誰かのせいにしたくなる もしも願いが ただ一つ叶うなら お願いあの時に戻らせて  月の光に導かれるように 夜に堕ちて行く 果てしなく続く No Goal Endless Game きっと逃げられない  あの日見た夢の中で 羽ばたきはじめた翼は いつかきっとたどり着ける 自分だけの場所探して  Can't escape from my life 逃げ出せずに 輝く光を探して 迷いながら 戸惑いながら 変わらない朝を壊して  あの日見た夢の中で 羽ばたきはじめた翼は いつかきっとたどり着ける 自分だけの場所探して  Don't escape from my life 逃げ出せずに 輝く光を求めて 迷いながら 戸惑いながら 新しい朝を迎える  Can't escape from my life 逃げ出せずに  Don't escape from my life 逃げ出さずに  Can't escape from my life 逃げ出せずにfripSideTatsuo Kimura・satsukiTatsuo KimuraCan't escape from my life 逃げ出せずに 輝く光を探して 迷いながら 戸惑いながら 変わらない朝を壊して  真夜中のrhythm 止められない鼓動 溺れるまま朝まで踊るよ 何もかも捨てて 消えていく想いは 偽りの顔を覗かせて  怯えてた昨日 踊り続ける今も 見えない何かを求めてる 苛立ち隠せず 不機嫌な顔を 一体誰に見せるの? 教えて  不条理なモラルに縛られたまま もがき続けても 意味の無い時間だけ ただ過ぎて行く 何も変わらずに  いつも描いてた 憧れは遠いだけ リセットしたい過去も捨てきれず 求めてる理想 襲いかかる現実 苦悩の夜はまだ続く  夜の光が照らしていく全てを嘲笑うように 手のひらで転がされてるだけ 誰も気付かずに  いつか見た夢の中で 羽ばたきはじめた翼は 暗闇をさまよいながら どこかの逃げ道探して  I can't stop love'n you 押さえきれない 溢れ出すこの想いを 重ねても叶わぬ夢 変わらない朝がまた来る  遅すぎた出会い 早すぎた別れを 誰かのせいにしたくなる もしも願いが ただ一つ叶うなら お願いあの時に戻らせて  月の光に導かれるように 夜に堕ちて行く 果てしなく続く No Goal Endless Game きっと逃げられない  あの日見た夢の中で 羽ばたきはじめた翼は いつかきっとたどり着ける 自分だけの場所探して  Can't escape from my life 逃げ出せずに 輝く光を探して 迷いながら 戸惑いながら 変わらない朝を壊して  あの日見た夢の中で 羽ばたきはじめた翼は いつかきっとたどり着ける 自分だけの場所探して  Don't escape from my life 逃げ出せずに 輝く光を求めて 迷いながら 戸惑いながら 新しい朝を迎える  Can't escape from my life 逃げ出せずに  Don't escape from my life 逃げ出さずに  Can't escape from my life 逃げ出せずに
eternal painそっと 心の奥にしまってた筈の 愛しいあなたの笑顔が甦る 想いを閉じ込め かけるつもりの鍵を 無くした心は今も痛み続ける  そう…なにげなく過ぎていた毎日は こんなにかけがえが無く でも戻りはしないとは知らず  大切な時間をなぜ精一杯に 愛さなかったのだろう? 不安に惑わされて 目の前のあなたの 愛を信じられずに ぶつかる事恐れ 迷い込んだ暗い闇 何も見ようとせずに  外は冷たい雨が降り始めていた 2人のあいだの熱を奪っていった  そう…出口さえ見つからず あの場所に留まる 勇気もなく向き合う事もせず 瞳逸らし  大切な言葉 なぜ躊躇ったのだろう? もしあの日その手を 離さずにいたのなら… 通いなれた道に 落ちてく涙の雨 あなたへと続いていた 日々が見えなくなってく 遠い記憶の中へ…  ずっと鍵を失くしたままの心の箱を 何度も開けてみては 痛みに襲われてる 窓を伝う雨は やがて真っ白な雪に 時が過ぎた事を 私に伝えている  あんなに愛していた 何度も呼びかけてた あなたのその名前 今も響き続ける  今ならわかるのに 愛することの意味を 忘れるくらいなら 心は痛み続けて…  鍵は見つからないで… 痛み続けて…woo…fripSideKotoe KimuraSatoshi Yaginumaそっと 心の奥にしまってた筈の 愛しいあなたの笑顔が甦る 想いを閉じ込め かけるつもりの鍵を 無くした心は今も痛み続ける  そう…なにげなく過ぎていた毎日は こんなにかけがえが無く でも戻りはしないとは知らず  大切な時間をなぜ精一杯に 愛さなかったのだろう? 不安に惑わされて 目の前のあなたの 愛を信じられずに ぶつかる事恐れ 迷い込んだ暗い闇 何も見ようとせずに  外は冷たい雨が降り始めていた 2人のあいだの熱を奪っていった  そう…出口さえ見つからず あの場所に留まる 勇気もなく向き合う事もせず 瞳逸らし  大切な言葉 なぜ躊躇ったのだろう? もしあの日その手を 離さずにいたのなら… 通いなれた道に 落ちてく涙の雨 あなたへと続いていた 日々が見えなくなってく 遠い記憶の中へ…  ずっと鍵を失くしたままの心の箱を 何度も開けてみては 痛みに襲われてる 窓を伝う雨は やがて真っ白な雪に 時が過ぎた事を 私に伝えている  あんなに愛していた 何度も呼びかけてた あなたのその名前 今も響き続ける  今ならわかるのに 愛することの意味を 忘れるくらいなら 心は痛み続けて…  鍵は見つからないで… 痛み続けて…woo…
eternal reality輝く希望が この街を駆け抜けるから いつだって 信じ合える仲間と 手を繋ぎながら 心のまま 信じる明日を捜し続けてる  立ち尽くす 雑踏のなか 遠ざかる君を見つめてた “分かち合う” その大切さ 今は理解っているから  いくつもの笑顔が 今日を彩って みんなを包み込む そんな当たり前を守りたい  動き出す夢を この空に響かせたら 揺るぎない能力(チカラ) 現実を捉えていく 弱さ打ち明ける そんな強さを持てたから いつの日も 忘れないよ この絆だけ抱きしめて 胸を張って 誇れる未来を撃ち貫いてく  一人きり 心閉ざして いくつかの闇を超えてきた いつからか 気づかされてた 一人じゃないその強さを  思い出す 初めて君と逢った日を あれから たくさんの お互いの気持ちを交わして  手にした煌めき この世界照らしていく 重なる想いが 私を導いている 大好きな君の その夢を守りたいから いつだって 信じ合える仲間と 心繋いでる 私らしく 真っ直ぐな願いを貫いていく  foo…We can accept reality I'll link the personal wall for me and you  君の優しさを (The feeling dive into my heart) いつも感じてる (So, I continue eternal reality)  動き出す夢を この空に響かせたら 揺るぎない能力(チカラ) 現実を捉えていく 輝く希望が この街を駆け抜けるから いつだって 信じ合える仲間と 手を繋ぎながら 心のまま 信じる明日を捜し続けてるfripSideSatoshi YaginumaTetsuya Komuro・Satoshi Yaginuma八木沼悟志輝く希望が この街を駆け抜けるから いつだって 信じ合える仲間と 手を繋ぎながら 心のまま 信じる明日を捜し続けてる  立ち尽くす 雑踏のなか 遠ざかる君を見つめてた “分かち合う” その大切さ 今は理解っているから  いくつもの笑顔が 今日を彩って みんなを包み込む そんな当たり前を守りたい  動き出す夢を この空に響かせたら 揺るぎない能力(チカラ) 現実を捉えていく 弱さ打ち明ける そんな強さを持てたから いつの日も 忘れないよ この絆だけ抱きしめて 胸を張って 誇れる未来を撃ち貫いてく  一人きり 心閉ざして いくつかの闇を超えてきた いつからか 気づかされてた 一人じゃないその強さを  思い出す 初めて君と逢った日を あれから たくさんの お互いの気持ちを交わして  手にした煌めき この世界照らしていく 重なる想いが 私を導いている 大好きな君の その夢を守りたいから いつだって 信じ合える仲間と 心繋いでる 私らしく 真っ直ぐな願いを貫いていく  foo…We can accept reality I'll link the personal wall for me and you  君の優しさを (The feeling dive into my heart) いつも感じてる (So, I continue eternal reality)  動き出す夢を この空に響かせたら 揺るぎない能力(チカラ) 現実を捉えていく 輝く希望が この街を駆け抜けるから いつだって 信じ合える仲間と 手を繋ぎながら 心のまま 信じる明日を捜し続けてる
Edge of the Universe遥かな時を超え辿り着く 永遠 感じる程に遠く 過ぎ去る日々の中で見つけた 儚い夢の欠片 ずっとこの手に  優しい風 あの日と同じ感覚 景色だけが その色を変えた 君と2人 笑いあったその時間と同じだけ 立ち向かう勇気を持てた気がした  震える心で見上げた空 強く感じた鼓動 この胸に突き抜けるその決意を離さずに  ずっと忘れないよ 君と誓った記憶 虚空の彼方を彷徨う 果てないその夢 変わらない想いを この音に乗せて届け続けると 遥かな距離を超えて この宇宙 響いてく  人はずっと 生きてる意味を捜して 痛む心 どこかに隠して 失うこと 恐れずに生きてる振りをしていると 気付いた時に世界が動き出す  同じ時代に生まれ生きてる 僕達が描いてく 涙を振り切ったこの先にある 真実を  この瞳に映る 鮮やかな希望抱いて 新たな景色を一緒に 求め続けたい 変わらない決意は この音と共に生き続けるから 遥かな旅は終わることなく続いてく  ずっと忘れないで 一瞬の煌きは 虚空の彼方に残した 君と僕の夢 変わらない想いを この音に乗せて届け続けると 遥かな距離を超えて この宇宙 響いてく  この瞳に映る 鮮やかな希望抱いて 新たな景色を一緒に 求め続けたい 変わらない決意は この音と共に生き続けるから 遥かな旅は終わることなく続いてくfripSide八木沼悟志八木沼悟志Satoshi Yaginuma遥かな時を超え辿り着く 永遠 感じる程に遠く 過ぎ去る日々の中で見つけた 儚い夢の欠片 ずっとこの手に  優しい風 あの日と同じ感覚 景色だけが その色を変えた 君と2人 笑いあったその時間と同じだけ 立ち向かう勇気を持てた気がした  震える心で見上げた空 強く感じた鼓動 この胸に突き抜けるその決意を離さずに  ずっと忘れないよ 君と誓った記憶 虚空の彼方を彷徨う 果てないその夢 変わらない想いを この音に乗せて届け続けると 遥かな距離を超えて この宇宙 響いてく  人はずっと 生きてる意味を捜して 痛む心 どこかに隠して 失うこと 恐れずに生きてる振りをしていると 気付いた時に世界が動き出す  同じ時代に生まれ生きてる 僕達が描いてく 涙を振り切ったこの先にある 真実を  この瞳に映る 鮮やかな希望抱いて 新たな景色を一緒に 求め続けたい 変わらない決意は この音と共に生き続けるから 遥かな旅は終わることなく続いてく  ずっと忘れないで 一瞬の煌きは 虚空の彼方に残した 君と僕の夢 変わらない想いを この音に乗せて届け続けると 遥かな距離を超えて この宇宙 響いてく  この瞳に映る 鮮やかな希望抱いて 新たな景色を一緒に 求め続けたい 変わらない決意は この音と共に生き続けるから 遥かな旅は終わることなく続いてく
everlasting夜明けの風が 光を紡ぎ 地平線が 輝いていく この瞬間も 君の笑顔も 永遠に抱きしめたい…  出逢った頃は まだ 未来なんて見えてなくて 笑顔 涙 すべて 必死に集めたけど  きみが歩むのなら その肩に寄り添いたい そんな風に想う あたたかさ 舞い降りたあの日 忘れないから  たとえば時が 今止まっても 何度 夢を繰り返しても 守りたいもの ただひとつだけ 2つの鼓動重ねて… 永遠は続いていく…  瞳に映る夢 君が君でいられること 強さ 弱さなんて 誰にも決められない  壁が阻むのなら この想い 翼にして 広い空の果てに 羽ばたこう 舞い降りた夢も 力に変えて  どんな夜でも 傍にいるから 星を数え 永久(とわ)を願おう 運命よりも 確かな現実(いま)が いつでもここにあるから… 永遠が続いていく…  伝えきれないこの愛しさは いつだって言葉には出来ない だから感じ合える 心を照らす「絆」  忘れないから…  君と出逢って 君を理解(わか)って 君の優しさに触れたから 光あふれる 眩(まばゆ)い日々を 僕は ずっと忘れない…  たとえば時が 今止まっても 何度 夢を繰り返しても 守りたいもの ただひとつだけ 2つの鼓動重ねて…  どんな夜でも 傍にいるから 星を数え 永久(とわ)を願おう 運命よりも 確かな現実(いま)が いつでもここにあるから…  信じられるよ どんな時でも…  守りたいもの ただひとつだけ…  永遠は続いていく…fripSideSatoshi Yaginuma・yuki-kaSatoshi Yaginuma夜明けの風が 光を紡ぎ 地平線が 輝いていく この瞬間も 君の笑顔も 永遠に抱きしめたい…  出逢った頃は まだ 未来なんて見えてなくて 笑顔 涙 すべて 必死に集めたけど  きみが歩むのなら その肩に寄り添いたい そんな風に想う あたたかさ 舞い降りたあの日 忘れないから  たとえば時が 今止まっても 何度 夢を繰り返しても 守りたいもの ただひとつだけ 2つの鼓動重ねて… 永遠は続いていく…  瞳に映る夢 君が君でいられること 強さ 弱さなんて 誰にも決められない  壁が阻むのなら この想い 翼にして 広い空の果てに 羽ばたこう 舞い降りた夢も 力に変えて  どんな夜でも 傍にいるから 星を数え 永久(とわ)を願おう 運命よりも 確かな現実(いま)が いつでもここにあるから… 永遠が続いていく…  伝えきれないこの愛しさは いつだって言葉には出来ない だから感じ合える 心を照らす「絆」  忘れないから…  君と出逢って 君を理解(わか)って 君の優しさに触れたから 光あふれる 眩(まばゆ)い日々を 僕は ずっと忘れない…  たとえば時が 今止まっても 何度 夢を繰り返しても 守りたいもの ただひとつだけ 2つの鼓動重ねて…  どんな夜でも 傍にいるから 星を数え 永久(とわ)を願おう 運命よりも 確かな現実(いま)が いつでもここにあるから…  信じられるよ どんな時でも…  守りたいもの ただひとつだけ…  永遠は続いていく…
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
endless voyage光溢れている 君と辿りついた場所 果てなく煌めいた それぞれの記憶を抱いて 夢中で羽ばたいた 強く描いた軌跡を この心に刻み続ける この音とこの歌で  全てが始まった日は優しく(優しく) 消せない 高鳴る鼓動 その音感じていた  手探りで進んだ その一歩迷いながら たった一つ信じた 失くせない想いは  どんな時も君と 繋がりあうそのチカラ 重ね合う気持ちが 紡いでいくその希望を ずっと願っている 僕らが描いた夢を 君のもとへ届けたい 今この歌声にのせて  夜空に浮かんだ月を見上げて(儚く) 覚めない夢を見てた あの日々を思い出した  紡いだその意思が この心を突き動かす そう 今でも忘れない 溢れる想いを  この胸に輝く 君と成し遂げた奇跡 果てなく煌めいて その涙を虹に変えた 夢中で羽ばたいた 強く描いた軌跡を この心に刻み続ける この音とこの歌で  光溢れている 君と辿りついた場所 果てなく煌めいた それぞれの記憶を抱いて 夢中で羽ばたいた 強く描いた軌跡を この心に刻み続ける この音とこの歌で  どんな時も君と 繋がりあうそのチカラ 重ね合う気持ちが 紡いでいくその希望を ずっと願っている 僕らが描いた夢を 君のもとへ届けたい 今この歌声にのせてfripSideSatoshi YaginumaSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma光溢れている 君と辿りついた場所 果てなく煌めいた それぞれの記憶を抱いて 夢中で羽ばたいた 強く描いた軌跡を この心に刻み続ける この音とこの歌で  全てが始まった日は優しく(優しく) 消せない 高鳴る鼓動 その音感じていた  手探りで進んだ その一歩迷いながら たった一つ信じた 失くせない想いは  どんな時も君と 繋がりあうそのチカラ 重ね合う気持ちが 紡いでいくその希望を ずっと願っている 僕らが描いた夢を 君のもとへ届けたい 今この歌声にのせて  夜空に浮かんだ月を見上げて(儚く) 覚めない夢を見てた あの日々を思い出した  紡いだその意思が この心を突き動かす そう 今でも忘れない 溢れる想いを  この胸に輝く 君と成し遂げた奇跡 果てなく煌めいて その涙を虹に変えた 夢中で羽ばたいた 強く描いた軌跡を この心に刻み続ける この音とこの歌で  光溢れている 君と辿りついた場所 果てなく煌めいた それぞれの記憶を抱いて 夢中で羽ばたいた 強く描いた軌跡を この心に刻み続ける この音とこの歌で  どんな時も君と 繋がりあうそのチカラ 重ね合う気持ちが 紡いでいくその希望を ずっと願っている 僕らが描いた夢を 君のもとへ届けたい 今この歌声にのせて
endless memory ~refrain as Da Capo~幾千の時を重ね 君の面影を探した 遠い記憶に隠された この想いはずっと繰り返す…  朝の陽射しに照らされたこの街 君が隣にいるだけなのにいつもと違う こんな毎日がずっと続くように… 心の奥にそっと景色焼き付けた  会えない時間が 増えてく程に 交わした言葉が切なく ふいに胸の中つかむの  君と今探したのは 未来へ送るメッセージ 煌めいた二人の記憶 時の彼方しまうように 弱い私を知るのが こんなに辛い事知った 素顔も笑顔も涙も 君にだけは全て見せたいよ  舞い散る桜 次に咲く時には 今と変わらずこうして笑顔交わしていたい 遠い未来に二人が離れても きっと心に思い出が生き続ける  会えない時間が 増えてく程に 交わした言葉の温もり そっと胸の中ひろがる  君の頬に触れたのは 記憶に刻むメッセージ また二人出会えるように 時がそう導くように 離れて過ごす時間も 繋がれる事を知ったの この胸に溢れ続ける 熱い想いを抱きしめながら  ひとつずつ ひとつずつ 落ちてゆく 抑えきれない気持ち こぼれてく 臆病な私が歩けたのは 君と過ごした過去があるから  またいつか出会えるように 枯れない桜に誓った 願い込めた花弁たち 霞む空に舞い上がれ  君と今探したのは 未来へ送るメッセージ 煌めいた二人の記憶 時の彼方しまうように 離れて過ごす時間も 繋がれる事を知ったの その全てが愛しいから この想いはずっと繰り返すfripSideYoshino NanjoSatoshi Yaginuma幾千の時を重ね 君の面影を探した 遠い記憶に隠された この想いはずっと繰り返す…  朝の陽射しに照らされたこの街 君が隣にいるだけなのにいつもと違う こんな毎日がずっと続くように… 心の奥にそっと景色焼き付けた  会えない時間が 増えてく程に 交わした言葉が切なく ふいに胸の中つかむの  君と今探したのは 未来へ送るメッセージ 煌めいた二人の記憶 時の彼方しまうように 弱い私を知るのが こんなに辛い事知った 素顔も笑顔も涙も 君にだけは全て見せたいよ  舞い散る桜 次に咲く時には 今と変わらずこうして笑顔交わしていたい 遠い未来に二人が離れても きっと心に思い出が生き続ける  会えない時間が 増えてく程に 交わした言葉の温もり そっと胸の中ひろがる  君の頬に触れたのは 記憶に刻むメッセージ また二人出会えるように 時がそう導くように 離れて過ごす時間も 繋がれる事を知ったの この胸に溢れ続ける 熱い想いを抱きしめながら  ひとつずつ ひとつずつ 落ちてゆく 抑えきれない気持ち こぼれてく 臆病な私が歩けたのは 君と過ごした過去があるから  またいつか出会えるように 枯れない桜に誓った 願い込めた花弁たち 霞む空に舞い上がれ  君と今探したのは 未来へ送るメッセージ 煌めいた二人の記憶 時の彼方しまうように 離れて過ごす時間も 繋がれる事を知ったの その全てが愛しいから この想いはずっと繰り返す
endless entropy果てなく続く暗闇 光求める旅 遠き日 旅は始まり 孤独だけを愛した 無機質な時間抱えて 見つめ続けたのは リアルな自分の姿 等身大の答え  形のあるものが 崩れ壊れ果てゆく 混沌へと向かう定め 誰にも止められないから  そう 壊れることが僕らの定めでも その1秒追い続けてる 偶然が必然だから 変わり続ける度 何かを失って それでも止まることのない明日を迎える 終わり無きdisteny  どこまでも深い夜空 彷徨い続けてる あの日大地蹴り上げた そのスピードのままで 有機的な構造で 互いを支配して 裏切る背中見つめた あの日の影が笑う  不確実な明日に 今は惑わされずに この心を照らす熱が続く限り争うから  そう 壊れることが僕らの定めでも 1度きりの現在を選んで 自由な線を描いて 変わらない勇気が 何かを変えるなら いつでも挑むことできる 夢見た未来に輝くinfinity  そう 壊れることが僕らの定めでも その1秒追い続けてる 偶然が必然だから 変わり続ける度 何かを失って それでも止まることのない明日を迎える 終わり無きdistenyfripSideSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma・Kai KawasakiKai Kawasaki果てなく続く暗闇 光求める旅 遠き日 旅は始まり 孤独だけを愛した 無機質な時間抱えて 見つめ続けたのは リアルな自分の姿 等身大の答え  形のあるものが 崩れ壊れ果てゆく 混沌へと向かう定め 誰にも止められないから  そう 壊れることが僕らの定めでも その1秒追い続けてる 偶然が必然だから 変わり続ける度 何かを失って それでも止まることのない明日を迎える 終わり無きdisteny  どこまでも深い夜空 彷徨い続けてる あの日大地蹴り上げた そのスピードのままで 有機的な構造で 互いを支配して 裏切る背中見つめた あの日の影が笑う  不確実な明日に 今は惑わされずに この心を照らす熱が続く限り争うから  そう 壊れることが僕らの定めでも 1度きりの現在を選んで 自由な線を描いて 変わらない勇気が 何かを変えるなら いつでも挑むことできる 夢見た未来に輝くinfinity  そう 壊れることが僕らの定めでも その1秒追い続けてる 偶然が必然だから 変わり続ける度 何かを失って それでも止まることのない明日を迎える 終わり無きdisteny
on this nightI'll run through this night. Seeking the light untill dawn. I'll run through this night. through this night. through this night.  I'll run through this night. Seeking the light untill dawn. I'll run through this night. 夜が明けるまで  あの日この場所に初めて立った瞬間 胸に疼いた痛みと期待 この心をくすぐった 目に見える君は虚像の様に真実隠して 近くて遠い不思議な場所で 僕を待ち続けていた  煌びやかな街灯り 湿った風は心地よく この夜もきっと何処かに 求める刺激が待っている  I'll run through this night. Seeking the light untill dawn. I'll run through this night. through this night. through this night.  I'll run through this night. Seeking the light untill dawn. I'll run through this night. 夜が明けるまで 見つめてる 真実を  暗闇のなか 手探りで進む迷宮 そんな日々を乗り越えながらも 進む意思は壊れずに 誰もが願う幸せだけが正義なんかじゃない まだ遠い夢 見えない壁を壊すチャンス窺った  夢と失望が混じる 湿った風はこの街で いつの日もそう変わらずに 僕らを未来へと導く  I'll run through this night. Seeking the light untill dawn. I'll run through this night. through this night. through this night.  I'll run through this night. Seeking the light untill dawn. I'll run through this night. 夜が明けるまで 探してる その影をfripSideSatoshi YaginumaShinya SaitoShinya SaitoI'll run through this night. Seeking the light untill dawn. I'll run through this night. through this night. through this night.  I'll run through this night. Seeking the light untill dawn. I'll run through this night. 夜が明けるまで  あの日この場所に初めて立った瞬間 胸に疼いた痛みと期待 この心をくすぐった 目に見える君は虚像の様に真実隠して 近くて遠い不思議な場所で 僕を待ち続けていた  煌びやかな街灯り 湿った風は心地よく この夜もきっと何処かに 求める刺激が待っている  I'll run through this night. Seeking the light untill dawn. I'll run through this night. through this night. through this night.  I'll run through this night. Seeking the light untill dawn. I'll run through this night. 夜が明けるまで 見つめてる 真実を  暗闇のなか 手探りで進む迷宮 そんな日々を乗り越えながらも 進む意思は壊れずに 誰もが願う幸せだけが正義なんかじゃない まだ遠い夢 見えない壁を壊すチャンス窺った  夢と失望が混じる 湿った風はこの街で いつの日もそう変わらずに 僕らを未来へと導く  I'll run through this night. Seeking the light untill dawn. I'll run through this night. through this night. through this night.  I'll run through this night. Seeking the light untill dawn. I'll run through this night. 夜が明けるまで 探してる その影を
only my railgunPLATINA LYLIC放て!心に刻んだ夢を 未来さえ置き去りにして 限界など知らない 意味無い! この能力(チカラ)が光散らす その先に遥かな想いを  歩いてきた この道を 振り返ることしか 出来ないなら…今ここで全てを壊せる  暗闇に堕ちる街並み 人はどこまで立ち向かえるの? 加速するその痛みから 誰かをきっと守れるよ  Looking! The blitz loop this planet to search way. Only my RAILGUN can shoot it. 今すぐ 身体中を 光の速さで 駆け巡った 確かな予感  掴め!望むものなら残さず 輝ける自分らしさで 信じてるよ あの日の誓いを この瞳に光る涙 それさえも強さになるから  立ち止まると 少しだけ 感じる切なさに 戸惑う事 無いなんて嘘はつかないよ  宇宙(そら)に舞うコインが描く 放物線が決める運命 打ち出した答えが今日も 私の胸を駆け巡る  Sparkling! The shiny lights awake true desire. Only my RAILGUN can shoot it.必ず 貫いてく 途惑うことなく 傷ついても 走り続ける  狙え!凛と煌く視線は 狂い無く闇を切り裂く 迷いなんて 吹き飛ばせばいい この心が叫ぶ限り 誰ひとり邪魔などさせない  儚く舞う 無数の願いは この両手に 積もってゆく 切り裂く闇に 見えてくるのは 重く深く 切ない記憶  色褪せてく 現実に揺れる 絶望には 負けたくない 私が今 私であること 胸を張って 全て誇れる!  Looking! The blitz loop this planet to search way. Only my RAILGUN can shoot it. 今すぐ 身体中を 光の速さで 駆け巡った 確かな予感  放て!心に刻んだ夢を 未来さえ置き去りにして 限界など知らない 意味無い! この能力(チカラ)が光散らす その先に遥かな想いをPLATINA LYLICfripSide八木沼悟志・yuki-ka八木沼悟志八木沼悟志放て!心に刻んだ夢を 未来さえ置き去りにして 限界など知らない 意味無い! この能力(チカラ)が光散らす その先に遥かな想いを  歩いてきた この道を 振り返ることしか 出来ないなら…今ここで全てを壊せる  暗闇に堕ちる街並み 人はどこまで立ち向かえるの? 加速するその痛みから 誰かをきっと守れるよ  Looking! The blitz loop this planet to search way. Only my RAILGUN can shoot it. 今すぐ 身体中を 光の速さで 駆け巡った 確かな予感  掴め!望むものなら残さず 輝ける自分らしさで 信じてるよ あの日の誓いを この瞳に光る涙 それさえも強さになるから  立ち止まると 少しだけ 感じる切なさに 戸惑う事 無いなんて嘘はつかないよ  宇宙(そら)に舞うコインが描く 放物線が決める運命 打ち出した答えが今日も 私の胸を駆け巡る  Sparkling! The shiny lights awake true desire. Only my RAILGUN can shoot it.必ず 貫いてく 途惑うことなく 傷ついても 走り続ける  狙え!凛と煌く視線は 狂い無く闇を切り裂く 迷いなんて 吹き飛ばせばいい この心が叫ぶ限り 誰ひとり邪魔などさせない  儚く舞う 無数の願いは この両手に 積もってゆく 切り裂く闇に 見えてくるのは 重く深く 切ない記憶  色褪せてく 現実に揺れる 絶望には 負けたくない 私が今 私であること 胸を張って 全て誇れる!  Looking! The blitz loop this planet to search way. Only my RAILGUN can shoot it. 今すぐ 身体中を 光の速さで 駆け巡った 確かな予感  放て!心に刻んだ夢を 未来さえ置き去りにして 限界など知らない 意味無い! この能力(チカラ)が光散らす その先に遥かな想いを
only me and the moon今日もあの日と同じような 蒼い月が私を照らす 今日とあの日違う事は 今は一人ここにいる事  いつかはしゃいだこの場所も 知らない声が楽しく笑う せめて残したい記憶の中 残像さえかき消されそう  そうね時は過ぎていくものと そんな事はわかっているけど 決して消えはしない思い出を まだ大切にしていたくて… いつか戻ると言った言葉も 忘れられないあの温もりも 時の流れに飲み込まれてく たった一人私を残して  夜明けにくれた贈り物 今でもずっと覚えているの あなたが渡してくれたのは 思いやりの心そのもの  忘れられるはずない 初めてくれた気持ちばかり 切り捨てようともがくほどに 痛いくらいあふれかえる  どんな強く願い続けても 二度と叶わない事もあると 知った もう戻らないあの時 私達の残像が笑う そして忘れらてくこの場所に 今日も蒼い月が光り出す あの日交わした約束だけが 私と共に居場所を失くした  輝く月と 溢れるほどの星 その中で響く 笑い声たち 出会えただけで そう奇跡だったね あとはさよならの覚悟を  いつか戻ると言った言葉も 忘れられないあの温もりも 時の流れに飲み込まれてく たった一人私を残して  どんな強く願い続けても 二度と叶わない事もあると 知った もう戻らないあの時 私達の残像が笑う そして忘れられてくこの場所に 今日も蒼い月が光りだす あの日交わした約束だけが 私と共に居場所を失くした  蒼い月の下でfripSide南條愛乃齋藤真也Shinya Saito今日もあの日と同じような 蒼い月が私を照らす 今日とあの日違う事は 今は一人ここにいる事  いつかはしゃいだこの場所も 知らない声が楽しく笑う せめて残したい記憶の中 残像さえかき消されそう  そうね時は過ぎていくものと そんな事はわかっているけど 決して消えはしない思い出を まだ大切にしていたくて… いつか戻ると言った言葉も 忘れられないあの温もりも 時の流れに飲み込まれてく たった一人私を残して  夜明けにくれた贈り物 今でもずっと覚えているの あなたが渡してくれたのは 思いやりの心そのもの  忘れられるはずない 初めてくれた気持ちばかり 切り捨てようともがくほどに 痛いくらいあふれかえる  どんな強く願い続けても 二度と叶わない事もあると 知った もう戻らないあの時 私達の残像が笑う そして忘れらてくこの場所に 今日も蒼い月が光り出す あの日交わした約束だけが 私と共に居場所を失くした  輝く月と 溢れるほどの星 その中で響く 笑い声たち 出会えただけで そう奇跡だったね あとはさよならの覚悟を  いつか戻ると言った言葉も 忘れられないあの温もりも 時の流れに飲み込まれてく たった一人私を残して  どんな強く願い続けても 二度と叶わない事もあると 知った もう戻らないあの時 私達の残像が笑う そして忘れられてくこの場所に 今日も蒼い月が光りだす あの日交わした約束だけが 私と共に居場所を失くした  蒼い月の下で
always be with you「駆け抜けたい」出来るよ いつでも君を見守り続けてる 自分の殻を破って諦めないで 生きる力を信じて走って  そうあれは必然 目が合った瞬間わかっていた 君の事を支える日が来ること 繰り返す日々に 自分を失くしかけて 嘆く時も落ち込む日も 全て否定はしないよ  それでもいつだって 胸の中燃えていた 迷った時間ごと 追い越してしまおう  always be with you 君なら出来るはずだと 信じ続けているよ 胸の中の想いを 絶やす事なくぶつけ続ければいい 明日へ走る姿が大好きなんだ 誰よりも眩しい 自分の強さ認めて 何より速く思い描いた場所へと向かって  疲れた時には 立ち止まる勇気も必要だね 休む事で見つかる道もあるよ 走り出す時は いつでも呼んで欲しい 真夏の日も寒い夜も 一緒に過ごしたいから  たとえばボロボロで お別れの日が来ても 叶える瞬間を ずっと祈っているよ  走り抜けて 出会った時から君を 支えると決めたんだ このカラダと想いの全てが君の力に変われば良い 「駆け抜けたい」出来るよ いつでも君を見守り続けてる 自分の殻を破って諦めないで 生きる力を信じて走って  always be with you 君なら出来るはずだと 信じ続けているよ 胸の中の想いを 絶やす事なくぶつけ続ければいい 明日へ走る姿が大好きなんだ 誰よりも眩しい 自分の強さ認めて 何より速く思い描いた場所へと向かってfripSideYoshino NanjoSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma「駆け抜けたい」出来るよ いつでも君を見守り続けてる 自分の殻を破って諦めないで 生きる力を信じて走って  そうあれは必然 目が合った瞬間わかっていた 君の事を支える日が来ること 繰り返す日々に 自分を失くしかけて 嘆く時も落ち込む日も 全て否定はしないよ  それでもいつだって 胸の中燃えていた 迷った時間ごと 追い越してしまおう  always be with you 君なら出来るはずだと 信じ続けているよ 胸の中の想いを 絶やす事なくぶつけ続ければいい 明日へ走る姿が大好きなんだ 誰よりも眩しい 自分の強さ認めて 何より速く思い描いた場所へと向かって  疲れた時には 立ち止まる勇気も必要だね 休む事で見つかる道もあるよ 走り出す時は いつでも呼んで欲しい 真夏の日も寒い夜も 一緒に過ごしたいから  たとえばボロボロで お別れの日が来ても 叶える瞬間を ずっと祈っているよ  走り抜けて 出会った時から君を 支えると決めたんだ このカラダと想いの全てが君の力に変われば良い 「駆け抜けたい」出来るよ いつでも君を見守り続けてる 自分の殻を破って諦めないで 生きる力を信じて走って  always be with you 君なら出来るはずだと 信じ続けているよ 胸の中の想いを 絶やす事なくぶつけ続ければいい 明日へ走る姿が大好きなんだ 誰よりも眩しい 自分の強さ認めて 何より速く思い描いた場所へと向かって
悲しい星座運命 というものが この世にあるならば ふたり 出会ったこと これこそが 運命と呼べるだろう  出会った頃 あなたは わたしに こう言った 君を見つけたとき 誰よりも輝いてみえた と  いくつもの夢を描いて 手をとり 励まし合った日々 離れ離れになることは この先ないと思ってた  この世に生きる歓びに あなたと出会ってわたしは 肌で 心で 気づいたの 過ごした時の中で  愛を分かつものはないと 疑いもせずに 生きてた 寄り添うふたり まるで遠く 光る星座のように  別れは突然に ふたりを引き裂いた 伸ばす 手 もう二度と 触れ合えることないと 知ってた  連れ立つ心を失くした わたしはまた ひとりになった 届くはずのない手紙を 何度も書き綴っている  やるせない幾つもの夜 涙こらえ 見送った 会いたい… つぶやいた言葉は 夜空に漂ってる  ひとりの日々に向き合った 寂しさは数え切れず いつか いつの日か会えると 信じ今日も生きてる  あなたとの日々を想って わたしは暮らしてきたけれど これが最後の手紙だと 心に決め ペンをとった  ふたりの日々に分け合った 痛み 歓び 大事に この両手いっぱいに抱いて わたしは 今 旅立つ  命が繰り返すのなら どんな小さな証も わたしが見つけてみせるの 運命を信じてる  はぐれたふたつの命は 今日も再会を願って この広い空に 瞬き 煌(きらめ)く 星座となるfripSideIKUSatoshi Yaginuma運命 というものが この世にあるならば ふたり 出会ったこと これこそが 運命と呼べるだろう  出会った頃 あなたは わたしに こう言った 君を見つけたとき 誰よりも輝いてみえた と  いくつもの夢を描いて 手をとり 励まし合った日々 離れ離れになることは この先ないと思ってた  この世に生きる歓びに あなたと出会ってわたしは 肌で 心で 気づいたの 過ごした時の中で  愛を分かつものはないと 疑いもせずに 生きてた 寄り添うふたり まるで遠く 光る星座のように  別れは突然に ふたりを引き裂いた 伸ばす 手 もう二度と 触れ合えることないと 知ってた  連れ立つ心を失くした わたしはまた ひとりになった 届くはずのない手紙を 何度も書き綴っている  やるせない幾つもの夜 涙こらえ 見送った 会いたい… つぶやいた言葉は 夜空に漂ってる  ひとりの日々に向き合った 寂しさは数え切れず いつか いつの日か会えると 信じ今日も生きてる  あなたとの日々を想って わたしは暮らしてきたけれど これが最後の手紙だと 心に決め ペンをとった  ふたりの日々に分け合った 痛み 歓び 大事に この両手いっぱいに抱いて わたしは 今 旅立つ  命が繰り返すのなら どんな小さな証も わたしが見つけてみせるの 運命を信じてる  はぐれたふたつの命は 今日も再会を願って この広い空に 瞬き 煌(きらめ)く 星座となる
come to mind(version3)今 この胸に 抱きしめている 夢と未来と恋心と 忘れかけてた 大切な物 取り戻せた気がするから…  今鮮やかに 彩られてく 無くした時間が甦る!  上手くいかない日常に 背を向けていたあの頃 手を差し伸べてくれてた 君にだって嘘をついた…  消せない傷跡は 痛み続けてるけど このココロはいつまでも かがやき続けてるから…  今 鮮やかに 彩られてく! 君とあたしと秋の空と… 忘れかけてた 大切な事 取り戻せた気がするから! 静かに今も 息づいている ココロに秘めたこの想い もう1度だけ 見つめてみよう 無くした時間が甦る…  木の葉を揺らす秋の風 あたしのココロの隙間 寒たく過ぎていったよ そう君の後を追うように  消せない約束を 信じ続けてるから、 このココロをいつまでも 温め続けてるから…  今 この胸に 抱きしめている 夢と未来と恋心と 忘れかけてた 大切な物 取り戻せた気がするから 今は強く! 君を感じる ココロに届くこの想い ずっと君だけ 見つめていよう 無くした時間が甦る…  消せない傷跡は 痛み続けてるけど このココロはいつまでも かがやき続けてるから…  今 鮮やかに 彩られてく! 君とあたしと秋の空と… 忘れかけてた 大切な事 取り戻せた気がするから! 静かに今も 息づいている ココロに秘めたこの想い もう1度だけ 見つめてみよう 無くした時間が甦る…  woo… (Your feeling, come to mind…)fripSideSatoshi Yaginuma・naoSatoshi Yaginuma今 この胸に 抱きしめている 夢と未来と恋心と 忘れかけてた 大切な物 取り戻せた気がするから…  今鮮やかに 彩られてく 無くした時間が甦る!  上手くいかない日常に 背を向けていたあの頃 手を差し伸べてくれてた 君にだって嘘をついた…  消せない傷跡は 痛み続けてるけど このココロはいつまでも かがやき続けてるから…  今 鮮やかに 彩られてく! 君とあたしと秋の空と… 忘れかけてた 大切な事 取り戻せた気がするから! 静かに今も 息づいている ココロに秘めたこの想い もう1度だけ 見つめてみよう 無くした時間が甦る…  木の葉を揺らす秋の風 あたしのココロの隙間 寒たく過ぎていったよ そう君の後を追うように  消せない約束を 信じ続けてるから、 このココロをいつまでも 温め続けてるから…  今 この胸に 抱きしめている 夢と未来と恋心と 忘れかけてた 大切な物 取り戻せた気がするから 今は強く! 君を感じる ココロに届くこの想い ずっと君だけ 見つめていよう 無くした時間が甦る…  消せない傷跡は 痛み続けてるけど このココロはいつまでも かがやき続けてるから…  今 鮮やかに 彩られてく! 君とあたしと秋の空と… 忘れかけてた 大切な事 取り戻せた気がするから! 静かに今も 息づいている ココロに秘めたこの想い もう1度だけ 見つめてみよう 無くした時間が甦る…  woo… (Your feeling, come to mind…)
colorless fate -version 2018-広いこの世界を 白く染めあげてく あなたと見つけた冬のカケラを輝かせたい  あたたかな居場所を探し、あなたと出逢えた 手をつないで歩く 街は切なく優しかった あの頃の写真も 思い出もきれいなままで 誰にも知られずに 大切に抱き続けてた  絡んでく あなたとのこの赤い糸 遠くても切れてても想い消えない 会いたくて 言えなくて 時間があなたへの道を消していく…  粉雪が囁く この恋の行方を この心の中を 白く白く染めてくれたなら... ずっと願っている あなたとの未来が きっと凍りついたままの私を溶かしてゆく…  あたたかく優しい 想いだけを抱きしめた 冷たい風が吹く 街は迷いを隠していた 新しい明日は 強い私になりたい 生まれ変われるなら もう一度あなたのもとへ  あの時に見上げてたイルミネーション 包まれた鐘の音と懐かしい歌 なのに今、色褪せて 音もなく静かに消えていくの?  あなたの足跡に 降り積もるこの雪 この心の痛み 深く白く染めてくれたなら... ずっと願っている あなたとの未来が きっと凍りついたままの私を溶かしてゆく…  絡んでく あなたとのこの赤い糸 遠くても切れてても想い消えない 会いたくて 言えなくて 時間があなたへの道を消していく…  粉雪が囁く この恋の行方を この心の中を 白く白く染めてくれたなら... ずっと願っている あなたとの未来が きっと凍りついたままの私を溶かしてゆく...  あなたの足跡に 降り積もるこの雪 この心の痛み 深く白く染めてくれたなら... ずっと願っている あなたとの未来が きっと凍りついたままの私を溶かしてゆく… ずっとずっと今も...freeze...am waiting for you... 透明に光った...freeze...am waiting for me...fripSidenao・八木沼悟志八木沼悟志Satoshi Yaginuma広いこの世界を 白く染めあげてく あなたと見つけた冬のカケラを輝かせたい  あたたかな居場所を探し、あなたと出逢えた 手をつないで歩く 街は切なく優しかった あの頃の写真も 思い出もきれいなままで 誰にも知られずに 大切に抱き続けてた  絡んでく あなたとのこの赤い糸 遠くても切れてても想い消えない 会いたくて 言えなくて 時間があなたへの道を消していく…  粉雪が囁く この恋の行方を この心の中を 白く白く染めてくれたなら... ずっと願っている あなたとの未来が きっと凍りついたままの私を溶かしてゆく…  あたたかく優しい 想いだけを抱きしめた 冷たい風が吹く 街は迷いを隠していた 新しい明日は 強い私になりたい 生まれ変われるなら もう一度あなたのもとへ  あの時に見上げてたイルミネーション 包まれた鐘の音と懐かしい歌 なのに今、色褪せて 音もなく静かに消えていくの?  あなたの足跡に 降り積もるこの雪 この心の痛み 深く白く染めてくれたなら... ずっと願っている あなたとの未来が きっと凍りついたままの私を溶かしてゆく…  絡んでく あなたとのこの赤い糸 遠くても切れてても想い消えない 会いたくて 言えなくて 時間があなたへの道を消していく…  粉雪が囁く この恋の行方を この心の中を 白く白く染めてくれたなら... ずっと願っている あなたとの未来が きっと凍りついたままの私を溶かしてゆく...  あなたの足跡に 降り積もるこの雪 この心の痛み 深く白く染めてくれたなら... ずっと願っている あなたとの未来が きっと凍りついたままの私を溶かしてゆく… ずっとずっと今も...freeze...am waiting for you... 透明に光った...freeze...am waiting for me...
killing biteskilling bites! 混ざり合う叫びは 静寂を切り裂く 研ぎ澄ませる野生で 勝者だけが繋ぐ明日(あした) 鋭く磨いた牙 噛み付くその狂気 立ち向かう闘いに 理由(わけ)など要らない 強さ求めるだけ  心の奥底で 君は今感じる 日常の裏側 闇を彷徨う鋭い眼光  螺旋に繋がれた 生命の約束 止まらない進化が 呼び覚ましてく 命の鼓動  狂おしく餓えて 乾いた心だけ 溢れる闘気を纏って いま立ち上がる  shout and roar!解き放つ咆哮 その闇を震わす 恐れなく踏み出した その一歩が痛みを呼ぶ 鋭く刺さる罪は この世界に潜む 真実はその嘘を呑み込んだままで 全てを見つめてる  込み上げる本能 揺れ動く衝動 吐き出した欲望 全ての刺激 感じるままに  狂い無く狙う 瞬刻の間合いが 刹那を超えるスピードで 引き裂いていく  求めるチカラを超えてく 覚醒する夜に 相生(そうせい)と相克(そうこく)が織りなしてく その運命 鋭く光る爪が 巡り合った宿命 その血を滾(たぎ)る熱を 燃やし続けては明日を引き寄せてく  shout and roar!解き放つ咆哮 その闇を震わす 恐れなく踏み出した その一歩が痛みを呼ぶ 鋭く刺さる罪は この世界に潜む 真実はその嘘を呑み込んだままで見つめてる  killing bites!混ざり合う叫びは 静寂を切り裂く 研ぎ澄ませる野生で 勝者だけが繋ぐ明日 鋭く磨いた牙 噛み付くその狂気 立ち向かう闘いに 理由(わけ)など要らない 強さ求めるだけfripSide八木沼悟志八木沼悟志Satoshi Yaginumakilling bites! 混ざり合う叫びは 静寂を切り裂く 研ぎ澄ませる野生で 勝者だけが繋ぐ明日(あした) 鋭く磨いた牙 噛み付くその狂気 立ち向かう闘いに 理由(わけ)など要らない 強さ求めるだけ  心の奥底で 君は今感じる 日常の裏側 闇を彷徨う鋭い眼光  螺旋に繋がれた 生命の約束 止まらない進化が 呼び覚ましてく 命の鼓動  狂おしく餓えて 乾いた心だけ 溢れる闘気を纏って いま立ち上がる  shout and roar!解き放つ咆哮 その闇を震わす 恐れなく踏み出した その一歩が痛みを呼ぶ 鋭く刺さる罪は この世界に潜む 真実はその嘘を呑み込んだままで 全てを見つめてる  込み上げる本能 揺れ動く衝動 吐き出した欲望 全ての刺激 感じるままに  狂い無く狙う 瞬刻の間合いが 刹那を超えるスピードで 引き裂いていく  求めるチカラを超えてく 覚醒する夜に 相生(そうせい)と相克(そうこく)が織りなしてく その運命 鋭く光る爪が 巡り合った宿命 その血を滾(たぎ)る熱を 燃やし続けては明日を引き寄せてく  shout and roar!解き放つ咆哮 その闇を震わす 恐れなく踏み出した その一歩が痛みを呼ぶ 鋭く刺さる罪は この世界に潜む 真実はその嘘を呑み込んだままで見つめてる  killing bites!混ざり合う叫びは 静寂を切り裂く 研ぎ澄ませる野生で 勝者だけが繋ぐ明日 鋭く磨いた牙 噛み付くその狂気 立ち向かう闘いに 理由(わけ)など要らない 強さ求めるだけ
crescendo -version2016-誰にも負けない君の心の 強さのひとかけら 私にも教えて 今は見失った君の姿 いつかまた必ず出会う そのために 風の彼方にさらわれていった 暖かい景色を取り戻したいから 涙と孤独と冷たい現実を 壊してく勇気を追い求めた  どんなに季節が巡っても 消えはしない切なさが 傷つくことに怯えながら 叶わぬ願いを求めた  君がいないこの街は 時間が止まったみたいに 愛も夢も優しさも 流れる涙に気付かずに  誰にも負けない君の心の 強さのひとかけら 私にも教えて 今は見失った君の姿 いつかまた必ず出会う そのために 風の彼方にさらわれていった 暖かい景色を取り戻したいから 涙と孤独と冷たい現実を 壊してく勇気を追い求めた  どんなに遠くに離れても 君の面影を探す ふれあう想いを見つけたら 弱さも少し霞んでく  まだ終わらない約束 孤独の中で重ねて 戻らない日々に咲いた 大切な笑顔 守るから  どれだけ迷っても惑わされない 君への憧れが心に降り積もる ただ息を繰り返してただけの 私の生き方を変えてゆくほどに 淋しさがこの空を綺麗だと 素直に感じれる気持ちをくれるから 背中にきっと折れることのない 君という名の羽 輝かせて  誰にも負けない君の心の 強さのひとかけら 私にも教えて 今は見失った君の姿 いつかまた必ず出会う そのために 風の彼方にさらわれていった 暖かい景色を取り戻したいから 涙と孤独と冷たい現実を 壊してく勇気を追い求めたfripSide山下慎一狼八木沼悟志Shinya Saito・Satoshi Yaginuma誰にも負けない君の心の 強さのひとかけら 私にも教えて 今は見失った君の姿 いつかまた必ず出会う そのために 風の彼方にさらわれていった 暖かい景色を取り戻したいから 涙と孤独と冷たい現実を 壊してく勇気を追い求めた  どんなに季節が巡っても 消えはしない切なさが 傷つくことに怯えながら 叶わぬ願いを求めた  君がいないこの街は 時間が止まったみたいに 愛も夢も優しさも 流れる涙に気付かずに  誰にも負けない君の心の 強さのひとかけら 私にも教えて 今は見失った君の姿 いつかまた必ず出会う そのために 風の彼方にさらわれていった 暖かい景色を取り戻したいから 涙と孤独と冷たい現実を 壊してく勇気を追い求めた  どんなに遠くに離れても 君の面影を探す ふれあう想いを見つけたら 弱さも少し霞んでく  まだ終わらない約束 孤独の中で重ねて 戻らない日々に咲いた 大切な笑顔 守るから  どれだけ迷っても惑わされない 君への憧れが心に降り積もる ただ息を繰り返してただけの 私の生き方を変えてゆくほどに 淋しさがこの空を綺麗だと 素直に感じれる気持ちをくれるから 背中にきっと折れることのない 君という名の羽 輝かせて  誰にも負けない君の心の 強さのひとかけら 私にも教えて 今は見失った君の姿 いつかまた必ず出会う そのために 風の彼方にさらわれていった 暖かい景色を取り戻したいから 涙と孤独と冷たい現実を 壊してく勇気を追い求めた
crossroads夜明けの光が僕を包む 乾いた風はあの日のままで 過ぎ去った日々に 集めた記憶の欠片抱いて 出逢いと別れが続く限り 偶然の積み重ねが描く ここまで歩いた僕らの夢  僕はいつから 捜していた? 鼓動を繋ぐこの場所 君と出逢い 響き合った旋律  いつしか語り合った あの約束は今も この心を動かす 強さになってるから  夜明けの光が空を照らす 輝く想いあの日のままで 少しだけでいい 歩くことを止めずに進んだ(No stopping now!) Our destiny isn't hard to see 'Cause our two paths have crossed. 偶然が僕らを導いて 交わり合った軌跡が 僕らを今日も強く繋ぐ  今もどこかで 見つめている それぞれの季節の色 いつかやがて 辿り着く道の果て  いつの日も忘れない 大切なその誓い それぞれが胸に秘め 交差して煌めいた  僕らが生き抜くこの世界は 決して優しいだけじゃないと そう言って笑った あの日の僕らは気づいていた(No turning back!) I'll stand by you. Yes, through and through At the crossroads of fate. 必然は時に哀しいけど 交わりあったこの場所 深く刻み明日を迎える  (No stopping now!)  夜明けの光が僕を包む 乾いた風はあの日のままで 過ぎ去った日々に 集めた記憶の欠片抱いて(No turning back!) I'll stand by you. Yes, through and through At the crossroads of fate. 必然は時に哀しいけど 交わりあったこの場所 深く刻むこの胸に  夜明けの光が空を照らす 輝く想いあの日のままで 少しだけでいい 歩くことを止めずに進んだ(No stopping now!) Our destiny isn't hard to see 'Cause our two paths have crossed. 偶然が僕らを導いて 交わり合った軌跡が 僕らを今日も強く繋ぐfripSide八木沼悟志・英作詞:Shin Kurokawa八木沼悟志・齋藤真也Shinya Saito・Satoshi Yaginuma夜明けの光が僕を包む 乾いた風はあの日のままで 過ぎ去った日々に 集めた記憶の欠片抱いて 出逢いと別れが続く限り 偶然の積み重ねが描く ここまで歩いた僕らの夢  僕はいつから 捜していた? 鼓動を繋ぐこの場所 君と出逢い 響き合った旋律  いつしか語り合った あの約束は今も この心を動かす 強さになってるから  夜明けの光が空を照らす 輝く想いあの日のままで 少しだけでいい 歩くことを止めずに進んだ(No stopping now!) Our destiny isn't hard to see 'Cause our two paths have crossed. 偶然が僕らを導いて 交わり合った軌跡が 僕らを今日も強く繋ぐ  今もどこかで 見つめている それぞれの季節の色 いつかやがて 辿り着く道の果て  いつの日も忘れない 大切なその誓い それぞれが胸に秘め 交差して煌めいた  僕らが生き抜くこの世界は 決して優しいだけじゃないと そう言って笑った あの日の僕らは気づいていた(No turning back!) I'll stand by you. Yes, through and through At the crossroads of fate. 必然は時に哀しいけど 交わりあったこの場所 深く刻み明日を迎える  (No stopping now!)  夜明けの光が僕を包む 乾いた風はあの日のままで 過ぎ去った日々に 集めた記憶の欠片抱いて(No turning back!) I'll stand by you. Yes, through and through At the crossroads of fate. 必然は時に哀しいけど 交わりあったこの場所 深く刻むこの胸に  夜明けの光が空を照らす 輝く想いあの日のままで 少しだけでいい 歩くことを止めずに進んだ(No stopping now!) Our destiny isn't hard to see 'Cause our two paths have crossed. 偶然が僕らを導いて 交わり合った軌跡が 僕らを今日も強く繋ぐ
clockwork planetこの惑星(ほし)の鼓動が 切なく響いてる 微かに届く その音(こえ)は 僕らを明日(あした)へ導く 心が廻り出す 君とのclockwork planet's days  いくつも夜を越え 巡る時間(とき)刻んでた 世界はやがていつか 壊れてしまう気がした 一つの想いだけが 僕を動かしていた そして君と 繋がりあう 大切さを知った  醒めない夢抱(いだ)いて 歩いてる僕達に 突きつけられた現実(リアル) 耳を澄ませば聴こえる 闇に潜む 哀しみと嘘  You rock my heart その瞬間 この惑星(ほし)が輝く いまも君を突き動かす 心に隠したその願いが この惑星(ほし)に生まれた 僕らを待っている 巡りゆく運命の歯車(ギア)を 2人の絆が照らした ここから始まるよ 君とのclockwork planet's way  見上げたこの空に あの時を思い出す 偶然と必然 同じ事だと感じた この目に映る景色 何気ないその色を ずっとずっと 守りたいと 何故か強く思った  心の片隅に 蘇るあの記憶 作られたこの世界 いつの日か この両手で真実だけ 掴み取るため  clockwork planet 走り出す 止まらない覚悟で 感じるままの衝動を 貫くこと 約束したから この惑星(ほし)に感じた その愛 受け止めて 微かに届く その音(こえ)は 未来(あした)に希望を繋げる 想いが連鎖する 君と心繋いで  この惑星(ほし)の鼓動が 切なく響いてる 微かに届く その音(こえ)は 僕らを明日(あした)へ導くから You rock my heart その瞬間この惑星(ほし)が輝く いまも君を突き動かす 心に隠した願いが clockwork planet 走り出す 止まらない覚悟で 感じるままの衝動を 貫くこと 約束したから この惑星(ほし)に生まれた 僕らを待っている 巡りゆく運命の歯車(ギア)を 2人の絆が照らした 想いが連鎖する ここから始まる 心が廻り出す 君とのclockwork planet's daysfripSide八木沼悟志八木沼悟志Satoshi Yaginumaこの惑星(ほし)の鼓動が 切なく響いてる 微かに届く その音(こえ)は 僕らを明日(あした)へ導く 心が廻り出す 君とのclockwork planet's days  いくつも夜を越え 巡る時間(とき)刻んでた 世界はやがていつか 壊れてしまう気がした 一つの想いだけが 僕を動かしていた そして君と 繋がりあう 大切さを知った  醒めない夢抱(いだ)いて 歩いてる僕達に 突きつけられた現実(リアル) 耳を澄ませば聴こえる 闇に潜む 哀しみと嘘  You rock my heart その瞬間 この惑星(ほし)が輝く いまも君を突き動かす 心に隠したその願いが この惑星(ほし)に生まれた 僕らを待っている 巡りゆく運命の歯車(ギア)を 2人の絆が照らした ここから始まるよ 君とのclockwork planet's way  見上げたこの空に あの時を思い出す 偶然と必然 同じ事だと感じた この目に映る景色 何気ないその色を ずっとずっと 守りたいと 何故か強く思った  心の片隅に 蘇るあの記憶 作られたこの世界 いつの日か この両手で真実だけ 掴み取るため  clockwork planet 走り出す 止まらない覚悟で 感じるままの衝動を 貫くこと 約束したから この惑星(ほし)に感じた その愛 受け止めて 微かに届く その音(こえ)は 未来(あした)に希望を繋げる 想いが連鎖する 君と心繋いで  この惑星(ほし)の鼓動が 切なく響いてる 微かに届く その音(こえ)は 僕らを明日(あした)へ導くから You rock my heart その瞬間この惑星(ほし)が輝く いまも君を突き動かす 心に隠した願いが clockwork planet 走り出す 止まらない覚悟で 感じるままの衝動を 貫くこと 約束したから この惑星(ほし)に生まれた 僕らを待っている 巡りゆく運命の歯車(ギア)を 2人の絆が照らした 想いが連鎖する ここから始まる 心が廻り出す 君とのclockwork planet's days
crossing overこの街では 記憶など 捨て去るほど 意味もなく 夢の中で 迷っては 胸の鼓動 探している  君とあの日 恋に落ちて あたたかな手 触れた瞬間(とき)に 言葉失くし 目に映る景色 輝き出した  道の果てに 広がる空 未来への想いを 明日への架け橋 君にだけ届くように…  始まる場所 砕け散った 泡のようにふわり 静かに眠りつく 過去との決別の日々  行き交う場所 響き渡る 波紋のような恋 歩き出す事さえ 出来ない  凍えきった この夜に 見上げた宇宙(そら) 瞬きが 夢を照らし 導くよ 胸の鼓動 高鳴ってく  瞳の奥 恋に落ちて 震える手で 握り返す 壊れそうな夢のカケラさえ 動き出してく  道の果てに 広がる空 未来への想いを 明日への架け橋 君にだけ届くように…  たどり着いた 君の心 きらめいた雫(しずく)が 弾けるその時に 世界が動きだしてく  廻りだした 時計の針 もう止まる事無く 走り出す 2人の約束  始まる場所 砕け散った 泡のようにふわり 静かに眠りつく 過去との決別の日々  行き交う場所 響き渡る 波紋のような恋 歩き出す事さえ 出来ないfripSideSatoshi Yaginuma・Kai KawasakiSatoshi Yaginuma・Kai Kawasakiこの街では 記憶など 捨て去るほど 意味もなく 夢の中で 迷っては 胸の鼓動 探している  君とあの日 恋に落ちて あたたかな手 触れた瞬間(とき)に 言葉失くし 目に映る景色 輝き出した  道の果てに 広がる空 未来への想いを 明日への架け橋 君にだけ届くように…  始まる場所 砕け散った 泡のようにふわり 静かに眠りつく 過去との決別の日々  行き交う場所 響き渡る 波紋のような恋 歩き出す事さえ 出来ない  凍えきった この夜に 見上げた宇宙(そら) 瞬きが 夢を照らし 導くよ 胸の鼓動 高鳴ってく  瞳の奥 恋に落ちて 震える手で 握り返す 壊れそうな夢のカケラさえ 動き出してく  道の果てに 広がる空 未来への想いを 明日への架け橋 君にだけ届くように…  たどり着いた 君の心 きらめいた雫(しずく)が 弾けるその時に 世界が動きだしてく  廻りだした 時計の針 もう止まる事無く 走り出す 2人の約束  始まる場所 砕け散った 泡のようにふわり 静かに眠りつく 過去との決別の日々  行き交う場所 響き渡る 波紋のような恋 歩き出す事さえ 出来ない
close to you人並みを避けるように 逃げ込んだこの路地裏 疲れ切ったこの午後に また君の事を思い出す 時として僕らみんな この街に馴染めなくて その気持ちを隠してる ため息さえつかない振りして  言葉を遮ってる何か 壊したい 真っ直ぐな気持ちで ぶつかる 勇気を持てたなら この想い 君に届くかな?  重ね合う視線だけ 信じて 明日を占えば 確かなその想いは いつかこの壁を壊すだろう 届かないと知っても あと少しこの手伸ばせるなら その距離は近づくと 君は僕に笑って言った  時の歯車はいつも 僕達を翻弄する あとどれくらい僕には 時間が残っているんだろう 時も場所も迷わずに 君と僕が出会ったのは 意味を隠しているかもね 偶然が必然を誘って  気持ちを交わし合う勇気が 恐れた 戸惑いを隠した それでも この心のどこか 響いてる 君との約束  信じ合う想いから 明日も 何かが生まれて 忘れてた記憶から 大切な色が蘇る 叶わない想いでも 笑顔を忘れることなければ その距離は近づくと 痛む心に刻んでいる  重ね合う視線だけ 信じて 明日を占えば 確かなその想いは いつかこの壁を壊すだろう 届かないと知っても あと少しこの手伸ばせるなら その距離は近づくと 君は僕に笑って言った  信じ合う想いから 明日も 何かが生まれて 忘れてた記憶から 大切な色が蘇る 叶わない想いでも 笑顔を忘れることなければ その距離は近づくと 今日も心に刻んでいるfripSide八木沼悟志八木沼悟志Satoshi Yaginuma人並みを避けるように 逃げ込んだこの路地裏 疲れ切ったこの午後に また君の事を思い出す 時として僕らみんな この街に馴染めなくて その気持ちを隠してる ため息さえつかない振りして  言葉を遮ってる何か 壊したい 真っ直ぐな気持ちで ぶつかる 勇気を持てたなら この想い 君に届くかな?  重ね合う視線だけ 信じて 明日を占えば 確かなその想いは いつかこの壁を壊すだろう 届かないと知っても あと少しこの手伸ばせるなら その距離は近づくと 君は僕に笑って言った  時の歯車はいつも 僕達を翻弄する あとどれくらい僕には 時間が残っているんだろう 時も場所も迷わずに 君と僕が出会ったのは 意味を隠しているかもね 偶然が必然を誘って  気持ちを交わし合う勇気が 恐れた 戸惑いを隠した それでも この心のどこか 響いてる 君との約束  信じ合う想いから 明日も 何かが生まれて 忘れてた記憶から 大切な色が蘇る 叶わない想いでも 笑顔を忘れることなければ その距離は近づくと 痛む心に刻んでいる  重ね合う視線だけ 信じて 明日を占えば 確かなその想いは いつかこの壁を壊すだろう 届かないと知っても あと少しこの手伸ばせるなら その距離は近づくと 君は僕に笑って言った  信じ合う想いから 明日も 何かが生まれて 忘れてた記憶から 大切な色が蘇る 叶わない想いでも 笑顔を忘れることなければ その距離は近づくと 今日も心に刻んでいる
closest love一秒ごとに強くなる 行き場探す 恋心 瞳の奥 見透かせない気がしてた  いつも誰より近くて 全て分かち合えるのに これ以上の何かが欲しくなってく  私の鼓動が刻む物は 愛情?それともモラル? いつからだろう?止まらない想い 私を動かした  君のその笑顔が 大好きだよ 優しい 腕の中も 私が 居るべき場所だってこと 痛いほど 感じる… 迷わずに真っ直ぐ 見つめてたら 答え わかるのかな? 世界が 崩れて無くなったって 離れずに いたいよ…  満たされたい感情が 夢にまで君を呼ぶよ 受け入れたら迷いを忘れられるの?  青い空のその果てに 浮かび出す二人の日々 涼しい風が静かに頬を撫でてく  抱きしめられるとこの幸せ 永遠にしたくなる いつからだろう?止まらない想い 2人で感じてた…  傷つくのが嫌で ごまかしてた 笑顔の その裏も 包んで言い聞かせてくれてたのに わからない どうして… あたたかい安らぎ 私だけの 秘密の隠れ場所 “愛してる”その意味も君がそう 教えてくれたから  君のその笑顔が 大好きだよ 優しい 腕の中も 私が 居るべき場所だってこと 痛いほど 感じる… 迷わずに真っ直ぐ 見つめてたら 答え わかるのかな? 世界が 崩れて無くなったって 離れずに いたいよ…  君との未来なら 大丈夫だよ 心はひとつだけ 自分の想いに嘘はつけない ずっと そばにいるよfripSideSatoshi Yaginuma・yuki-kaSatoshi Yaginuma一秒ごとに強くなる 行き場探す 恋心 瞳の奥 見透かせない気がしてた  いつも誰より近くて 全て分かち合えるのに これ以上の何かが欲しくなってく  私の鼓動が刻む物は 愛情?それともモラル? いつからだろう?止まらない想い 私を動かした  君のその笑顔が 大好きだよ 優しい 腕の中も 私が 居るべき場所だってこと 痛いほど 感じる… 迷わずに真っ直ぐ 見つめてたら 答え わかるのかな? 世界が 崩れて無くなったって 離れずに いたいよ…  満たされたい感情が 夢にまで君を呼ぶよ 受け入れたら迷いを忘れられるの?  青い空のその果てに 浮かび出す二人の日々 涼しい風が静かに頬を撫でてく  抱きしめられるとこの幸せ 永遠にしたくなる いつからだろう?止まらない想い 2人で感じてた…  傷つくのが嫌で ごまかしてた 笑顔の その裏も 包んで言い聞かせてくれてたのに わからない どうして… あたたかい安らぎ 私だけの 秘密の隠れ場所 “愛してる”その意味も君がそう 教えてくれたから  君のその笑顔が 大好きだよ 優しい 腕の中も 私が 居るべき場所だってこと 痛いほど 感じる… 迷わずに真っ直ぐ 見つめてたら 答え わかるのかな? 世界が 崩れて無くなったって 離れずに いたいよ…  君との未来なら 大丈夫だよ 心はひとつだけ 自分の想いに嘘はつけない ずっと そばにいるよ
grievous distanceそう 叶わない夢と知りながら近づいてく 運命を超えて出会う瞬間に きっと初めての私に変われる  流星の様に そう突然 現れては 心を掴んだ そらせない 強い瞳 私の全てを見透かして 初めて知る 刺激的な 君が造る世界に触れたい 今までの 私を捨てても良いから  交差する いくつもの道で 出会えた奇跡 信じたい 君が心に決めた 違う人がもし居ても…  ねえ 見つめていたいよ もし願いが叶うなら 運命を超えて出会う瞬間に 全て捧げたい想いが ある日突然君が 舞い降りた衝撃から とらわれたままで 動けない私 今は君色に染まっていたいよ  大胆だけど 怖いほどに 君の想い とても繊細で できるなら…閉じ込めたい 私だけのものにしたいよ あきれる程 増長する 君へ募る気持ちが苦しい はじめから 出会わなければ良かったの?  叶わない 願いを捨てたい 積もる記憶を消したい 知れば知るほど何故か 君が遠くなっていく…  ねえ 魅せられた夢は 君が見させた幻 甘くて切ない募る感情に 思うままに溺れさせて 幾千もの過去から まるで求めていたような たとえ真実と違ったとしても 気付かないでいる 君の嘘ならば  そう 叶わない夢と知りながら近づいてく 運命を超えて出会う瞬間に 全て捧げたい想いが ある日突然君が 舞い降りた衝撃から とらわれたままで 動けない私 ずっと君色に染まっていたいよ  ねえ 魅せられた夢は 君が見させた幻 甘くて切ない募る感情に 思うままに溺れさせて 幾千もの過去から まるで求めていたような たとえ真実と違ったとしても 気付かないでいる 君の嘘ならばfripSideYoshino NanjoSatoshi Yaginumaそう 叶わない夢と知りながら近づいてく 運命を超えて出会う瞬間に きっと初めての私に変われる  流星の様に そう突然 現れては 心を掴んだ そらせない 強い瞳 私の全てを見透かして 初めて知る 刺激的な 君が造る世界に触れたい 今までの 私を捨てても良いから  交差する いくつもの道で 出会えた奇跡 信じたい 君が心に決めた 違う人がもし居ても…  ねえ 見つめていたいよ もし願いが叶うなら 運命を超えて出会う瞬間に 全て捧げたい想いが ある日突然君が 舞い降りた衝撃から とらわれたままで 動けない私 今は君色に染まっていたいよ  大胆だけど 怖いほどに 君の想い とても繊細で できるなら…閉じ込めたい 私だけのものにしたいよ あきれる程 増長する 君へ募る気持ちが苦しい はじめから 出会わなければ良かったの?  叶わない 願いを捨てたい 積もる記憶を消したい 知れば知るほど何故か 君が遠くなっていく…  ねえ 魅せられた夢は 君が見させた幻 甘くて切ない募る感情に 思うままに溺れさせて 幾千もの過去から まるで求めていたような たとえ真実と違ったとしても 気付かないでいる 君の嘘ならば  そう 叶わない夢と知りながら近づいてく 運命を超えて出会う瞬間に 全て捧げたい想いが ある日突然君が 舞い降りた衝撃から とらわれたままで 動けない私 ずっと君色に染まっていたいよ  ねえ 魅せられた夢は 君が見させた幻 甘くて切ない募る感情に 思うままに溺れさせて 幾千もの過去から まるで求めていたような たとえ真実と違ったとしても 気付かないでいる 君の嘘ならば
glorious wind夕日に染まってく街並み 見渡すこの坂道で いつかの2人が笑い合う 声が聞こえた気がした まだ少し冷たい潮風 あの頃を思い出した まだ見えない明日を手探りで捜していた  違う未来を描いてた 互いの想いの形 囁き合うその言葉は 儚い時間の中 この風の音に消えた  今私は歩いていく その答えを今も探してる 進むことに迷った日々に惑わされない様に 限りのある時間のなか 描けるだけ描いた夢は いつかきっと君のもとへ 届くと信じている  心の片隅に潜んだ 弱さと向き合っている 暮れゆく街が落とす影に あの日の記憶が揺れる まだ少し冷たい潮風 君の笑顔が浮かんで かけがえのないあの日が今でも懐かしい  止まることのない季節が それぞれの時刻んで 誓い合ったその言葉は 切なく輝いて この風の音に消えた  私たちはいつの日にも 温かな幸せを求めて 少しずつ思い出を無くしてしまっているから 今あなたが見える景色 私にはわからないけれど それはきっとあの日のまま 今も輝いている  今私は歩いていく その答えを今も探してる 進むことに迷った日々に惑わされない様に 限りのある時間のなか 描けるだけ描いた夢が いつかきっと君のもとへ 届くと信じている  私たちはいつの日にも 温かな幸せを求めて 少しずつ思い出を無くしてしまっているから 今あなたが見える景色 私にはわからないけれど それはきっとあの日のまま 今も輝いているfripSideSatoshi YaginumaSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma夕日に染まってく街並み 見渡すこの坂道で いつかの2人が笑い合う 声が聞こえた気がした まだ少し冷たい潮風 あの頃を思い出した まだ見えない明日を手探りで捜していた  違う未来を描いてた 互いの想いの形 囁き合うその言葉は 儚い時間の中 この風の音に消えた  今私は歩いていく その答えを今も探してる 進むことに迷った日々に惑わされない様に 限りのある時間のなか 描けるだけ描いた夢は いつかきっと君のもとへ 届くと信じている  心の片隅に潜んだ 弱さと向き合っている 暮れゆく街が落とす影に あの日の記憶が揺れる まだ少し冷たい潮風 君の笑顔が浮かんで かけがえのないあの日が今でも懐かしい  止まることのない季節が それぞれの時刻んで 誓い合ったその言葉は 切なく輝いて この風の音に消えた  私たちはいつの日にも 温かな幸せを求めて 少しずつ思い出を無くしてしまっているから 今あなたが見える景色 私にはわからないけれど それはきっとあの日のまま 今も輝いている  今私は歩いていく その答えを今も探してる 進むことに迷った日々に惑わされない様に 限りのある時間のなか 描けるだけ描いた夢が いつかきっと君のもとへ 届くと信じている  私たちはいつの日にも 温かな幸せを求めて 少しずつ思い出を無くしてしまっているから 今あなたが見える景色 私にはわからないけれど それはきっとあの日のまま 今も輝いている
Side by Side忘れることのない記憶 この胸に刻んでいた 君と交わしたその日々が 私を少し変えたなら 新しい奇跡探して この日々を超えていける 響き合う夢 輝く世界へ 限りない想いを抱いて  2人過ごした季節 支え合って歩いた 優しさは照れくさく 言葉に出来ずにいた 時々不安になる 感情隠せなくて そんな時 君はいつも この場所を守ってくれた  どれだけの時間を 一緒に過ごして来たんだろう? 目を閉じて振り返れば 蘇る 君と紡いだこのメロディー  夢を信じて走り出す 毎日がいつもスタート 信じ合えるこの強さで 次のドア叩いたなら いつか掴める まだ遠い光 限りない想いを抱いて  突然の夕立に あの頃を思い出す 幼さはほろ苦く 色褪せない思い出 この夏を振り返る 乗り越えた毎日が 少しずつ 次の一歩 近づいていく気がしてた  一人闘うこと その弱さも知っているから 切なさもこの痛みも 分かち合う かけがえなく信じ合える  忘れることのない記憶 この胸に刻んでいこう この一瞬を捉えてく 2度とない瞬間を 響き合う夢 輝く世界へ 限りない想いを抱いて  君と交わしたその日々が 私を少し変えたなら 新しい奇跡探して この日々を超えていける  夢を信じて走り出す 毎日がいつもスタート 信じ合えるこの強さで 次のドア叩いたなら いつか掴める まだ遠い光 限りない想いを抱いてfripSide八木沼悟志八木沼悟志Satoshi Yaginuma忘れることのない記憶 この胸に刻んでいた 君と交わしたその日々が 私を少し変えたなら 新しい奇跡探して この日々を超えていける 響き合う夢 輝く世界へ 限りない想いを抱いて  2人過ごした季節 支え合って歩いた 優しさは照れくさく 言葉に出来ずにいた 時々不安になる 感情隠せなくて そんな時 君はいつも この場所を守ってくれた  どれだけの時間を 一緒に過ごして来たんだろう? 目を閉じて振り返れば 蘇る 君と紡いだこのメロディー  夢を信じて走り出す 毎日がいつもスタート 信じ合えるこの強さで 次のドア叩いたなら いつか掴める まだ遠い光 限りない想いを抱いて  突然の夕立に あの頃を思い出す 幼さはほろ苦く 色褪せない思い出 この夏を振り返る 乗り越えた毎日が 少しずつ 次の一歩 近づいていく気がしてた  一人闘うこと その弱さも知っているから 切なさもこの痛みも 分かち合う かけがえなく信じ合える  忘れることのない記憶 この胸に刻んでいこう この一瞬を捉えてく 2度とない瞬間を 響き合う夢 輝く世界へ 限りない想いを抱いて  君と交わしたその日々が 私を少し変えたなら 新しい奇跡探して この日々を超えていける  夢を信じて走り出す 毎日がいつもスタート 信じ合えるこの強さで 次のドア叩いたなら いつか掴める まだ遠い光 限りない想いを抱いて
The wind in your heartゆっくりと変わってく 遠い空から徐々に 明るくなる日差しが その風も運んでくる  ゆっくりと変わってく 遠い過去から徐々に 明るくなる未来が 世界ごと照らしていく  Where did you come from? Where are you going? 風に乗ってどこまでも 子供のように走って What are you lost in? Why are you lost? 風になってどこまでも そう心のまま  ゆっくりと変わってく 細胞ごと全てが まだ知らない明日が 呼んでいる すぐ近くで  Where did you come from? Where are you going? 何も知らず 産声を上げたあの瞬間から What are you lost in? Why are you lost? 歩いていく その日へと この命のまま  信じていたあの世界に 縛られた昨日までの 心ごと解き放って 手を伸ばした 自由が望む場所へ  Where did you come from? Where are you going? 風に乗ってどこまでも 子供のように走って What are you lost in? Why are you lost? 風になってどこまでも そう心のまま  What are you lost in? Why are you lost? 涙なんて似合わない さあ笑顔見せてfripSideYoshino NanjoSatoshi Yaginumaゆっくりと変わってく 遠い空から徐々に 明るくなる日差しが その風も運んでくる  ゆっくりと変わってく 遠い過去から徐々に 明るくなる未来が 世界ごと照らしていく  Where did you come from? Where are you going? 風に乗ってどこまでも 子供のように走って What are you lost in? Why are you lost? 風になってどこまでも そう心のまま  ゆっくりと変わってく 細胞ごと全てが まだ知らない明日が 呼んでいる すぐ近くで  Where did you come from? Where are you going? 何も知らず 産声を上げたあの瞬間から What are you lost in? Why are you lost? 歩いていく その日へと この命のまま  信じていたあの世界に 縛られた昨日までの 心ごと解き放って 手を伸ばした 自由が望む場所へ  Where did you come from? Where are you going? 風に乗ってどこまでも 子供のように走って What are you lost in? Why are you lost? 風になってどこまでも そう心のまま  What are you lost in? Why are you lost? 涙なんて似合わない さあ笑顔見せて
the chaostic world遠く霞むビジョンに 苛立ち重なる日々が 繰り返す過ちを 今も感じさせている  震えるだけの腕で 温かさ求めても リアルから抜け出せない 終わらない争いは 真実を捻じ曲げて 心さえ壊していく…  Ah… どこかで聞こえた 僕を呼ぶ優しさは やがて見えない力で 理不尽に掻き消された 歪んだ支配者達に縛られた世界で 命と引き換えに見た未来は閉ざされていた…  見せかけの正義を背に 傷つけあう人々は 氷のように冷たい その刃を振りかざす  大切にしてたモノ 守り続けてたコト それさえも奪われてく 不確かな時代(とき)の中 小さなその光は 輝きを許されずに…  誰かが創った 偽りの予定調和に 『正しさ』の定義なんて ないかもしれないけれど 流して枯れ果てた 涙に捕らわれてたら 失くしたくない記憶も 空白に溶けていくから…  Ah… どこかで聞こえた 僕を呼ぶ優しさは やがて見えない力で 理不尽に掻き消された  夢がただ理想を 描くだけと知っても 今は生まれる願いを ひとつずつ信じてたい 闇に染まる風が 傷を深く責めても 強さの盾でかばった 奇跡はいつか立ち上がる 流して枯れ果てた 涙に捕らわれてたら 失くしたくない記憶も 空白に溶けていくから…fripSide八木沼悟志・nao・山下慎一狼八木沼悟志遠く霞むビジョンに 苛立ち重なる日々が 繰り返す過ちを 今も感じさせている  震えるだけの腕で 温かさ求めても リアルから抜け出せない 終わらない争いは 真実を捻じ曲げて 心さえ壊していく…  Ah… どこかで聞こえた 僕を呼ぶ優しさは やがて見えない力で 理不尽に掻き消された 歪んだ支配者達に縛られた世界で 命と引き換えに見た未来は閉ざされていた…  見せかけの正義を背に 傷つけあう人々は 氷のように冷たい その刃を振りかざす  大切にしてたモノ 守り続けてたコト それさえも奪われてく 不確かな時代(とき)の中 小さなその光は 輝きを許されずに…  誰かが創った 偽りの予定調和に 『正しさ』の定義なんて ないかもしれないけれど 流して枯れ果てた 涙に捕らわれてたら 失くしたくない記憶も 空白に溶けていくから…  Ah… どこかで聞こえた 僕を呼ぶ優しさは やがて見えない力で 理不尽に掻き消された  夢がただ理想を 描くだけと知っても 今は生まれる願いを ひとつずつ信じてたい 闇に染まる風が 傷を深く責めても 強さの盾でかばった 奇跡はいつか立ち上がる 流して枯れ果てた 涙に捕らわれてたら 失くしたくない記憶も 空白に溶けていくから…
The Light of Darkness絶え間なく溢れる幾千の 悠久の時を超えたその願いの行方 あの日から感じ続けている この心と身体が目指すべき道を  導きが示す未来の その向こう側まで 重ね合う想いと絆が紡ぐ 新たな夢を  果てしなく眩い 光 闇に纏って 新たな神話をいま君と創っていく 星々の護りと想い チカラに変えて いつか辿り着くその真実まで この世界で 鼓動合わせて  揺るぎない視線感じている 隣にいる君から伝わる絆強く あの日から信じ続けている 繋ぎ合う心でいま描く明日を  この胸の痛みと記憶 絡みつく過去から 逃げ出さずに乗り越える日は そっと近づいている  深淵の闇から 声の限り叫んだ 儚く散ったあの記憶 忘れられずに 壊れそうな夢とその想いを抱えて いつか辿り着くその真実まで その光を 強さに変えて  導きが示す未来の その向こう側まで 重ね合う想いと絆が紡ぐ 新たな夢を  果てしなく眩い 光 闇に纏って 新たな神話をいま君と創っていく 星々の護りと想い チカラに変えて いつか辿り着くその真実まで 君と駆け抜ける 深淵の闇から 声の限り叫んだ 儚く散ったあの記憶 忘れられずに 壊れそうな夢とその想いを抱えて いつか辿り着くその真実まで その光を 強さに変えてfripSideSatoshi YaginumaSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma・Shinya Saito絶え間なく溢れる幾千の 悠久の時を超えたその願いの行方 あの日から感じ続けている この心と身体が目指すべき道を  導きが示す未来の その向こう側まで 重ね合う想いと絆が紡ぐ 新たな夢を  果てしなく眩い 光 闇に纏って 新たな神話をいま君と創っていく 星々の護りと想い チカラに変えて いつか辿り着くその真実まで この世界で 鼓動合わせて  揺るぎない視線感じている 隣にいる君から伝わる絆強く あの日から信じ続けている 繋ぎ合う心でいま描く明日を  この胸の痛みと記憶 絡みつく過去から 逃げ出さずに乗り越える日は そっと近づいている  深淵の闇から 声の限り叫んだ 儚く散ったあの記憶 忘れられずに 壊れそうな夢とその想いを抱えて いつか辿り着くその真実まで その光を 強さに変えて  導きが示す未来の その向こう側まで 重ね合う想いと絆が紡ぐ 新たな夢を  果てしなく眩い 光 闇に纏って 新たな神話をいま君と創っていく 星々の護りと想い チカラに変えて いつか辿り着くその真実まで 君と駆け抜ける 深淵の闇から 声の限り叫んだ 儚く散ったあの記憶 忘れられずに 壊れそうな夢とその想いを抱えて いつか辿り着くその真実まで その光を 強さに変えて
Shape of Delight明けていく空は眩しく 僕らだけ 地平線のその先 何かを信じてる 結び合う気持ち繋いだ あの日お互いを知って僕らは今ここにいる  壊れかけてた 諦めが支配した 季節は巡り 夢の続きを捜した 強くなくても どんな痛み抱えても 何度でも立ち上がり 一歩踏み出そう 君が隣にいてくれるなら  駆け出そう 今強く大地蹴って 信じ合う 気持ちを強く繋いで いつの日か 辿り着き振り返るその時 後悔が無いように 君と走り抜ける  凛とした視線の先に 君が捉える未来の景色は どんな色なんだろう? 寄り添った想いは描く 僕らだけが作ることが出来る明日の形  俯いていた あの頃に見えていた 狭い視界を 壊せる勇気を持った 見上げた空は 遥かに煌めいていて どこまでも続いてく この夢のように 君と僕を見守ってるから  果てしない この想いを抱きしめて この風に 願いをそっと託した いつの日も 変わらない優しさ一つだけ かけがえのない今日を君と過ごしている  君が隣にいてくれるなら  果てしない この想いを抱きしめて この風に 願いをそっと託した いつの日も 変わらない優しさ一つだけ かけがえのない今日を君と過ごしている  駆け出そう 今強く大地蹴って 信じ合う 気持ちを強く繋いで いつの日か 辿り着き振り返るその時 後悔が無いように 君と走り抜けるfripSide八木沼悟志八木沼悟志八木沼悟志・斎藤真也明けていく空は眩しく 僕らだけ 地平線のその先 何かを信じてる 結び合う気持ち繋いだ あの日お互いを知って僕らは今ここにいる  壊れかけてた 諦めが支配した 季節は巡り 夢の続きを捜した 強くなくても どんな痛み抱えても 何度でも立ち上がり 一歩踏み出そう 君が隣にいてくれるなら  駆け出そう 今強く大地蹴って 信じ合う 気持ちを強く繋いで いつの日か 辿り着き振り返るその時 後悔が無いように 君と走り抜ける  凛とした視線の先に 君が捉える未来の景色は どんな色なんだろう? 寄り添った想いは描く 僕らだけが作ることが出来る明日の形  俯いていた あの頃に見えていた 狭い視界を 壊せる勇気を持った 見上げた空は 遥かに煌めいていて どこまでも続いてく この夢のように 君と僕を見守ってるから  果てしない この想いを抱きしめて この風に 願いをそっと託した いつの日も 変わらない優しさ一つだけ かけがえのない今日を君と過ごしている  君が隣にいてくれるなら  果てしない この想いを抱きしめて この風に 願いをそっと託した いつの日も 変わらない優しさ一つだけ かけがえのない今日を君と過ごしている  駆け出そう 今強く大地蹴って 信じ合う 気持ちを強く繋いで いつの日か 辿り着き振り返るその時 後悔が無いように 君と走り抜ける
sister's noiseGOLD LYLIC誰よりも近くにいた その声は聴こえなくて(sister's noise... I find it out...) 刻み続けていた時の中で やっと君に逢えたから sister's noise 捜し続ける 彷徨う心の場所を (sorrow of your heart... I shoot it down...) 重ね合った この想いは誰にも壊せないから…!  街は密やかに 君を隠してた 辿り着いた場所 蘇るあの記憶  繰り返されてた 真実は遠く 君のその痛み 気づけないまま  あの日託したその夢が 私を切り裂いても 何よりも大切な 希望だけ信じ貫いて  自分らしく生きること 何よりも伝えたくて(sister's noise... I find it out...) 生まれ続ける哀しみの痛み その意味を刻むなら sister's voice いま届けるよ 涙さえ能力(チカラ)にして (sorrow of your heart... I shoot it down...) 繋がり合う 強さだけが全てを打ち抜いていく  夕暮れの放課後 いつもの街並み ふと見上げた空 思い出す 優しさを  君の眼差しが 気づかせてくれた 弱さ認める勇気の強さを  温かな君のその手が 私を導いてく 何よりも守りたい 希望が闇を貫くから  抱きしめた熱い想い この世界を照らすから(sister's noise... I find it out...) 走り続け探し続けていた 君の夢が動き出す sister's noise 響きはじめる 高らかな生命(いのち)の意味 (sorrow of your heart... I shoot it down...) 理解ってるよ かけがえない絆は壊れないこと  自分らしく生きること 何よりも伝えたくて(sister's noise... I find it out...) 生まれ続ける哀しみの痛み その意味を刻むなら  誰よりも近くにいた その声は聴こえなくて(sister's noise... I find it out...) 刻み続けていた時の中で やっと君に逢えたから sister's noise 捜し続ける 彷徨う心の場所を (sorrow of your heart... I shoot it down...) 感じ合った 同じ笑顔 必ず守ってみせる もう 誰にも壊せないから…!GOLD LYLICfripSideSatoshi YaginumaSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma誰よりも近くにいた その声は聴こえなくて(sister's noise... I find it out...) 刻み続けていた時の中で やっと君に逢えたから sister's noise 捜し続ける 彷徨う心の場所を (sorrow of your heart... I shoot it down...) 重ね合った この想いは誰にも壊せないから…!  街は密やかに 君を隠してた 辿り着いた場所 蘇るあの記憶  繰り返されてた 真実は遠く 君のその痛み 気づけないまま  あの日託したその夢が 私を切り裂いても 何よりも大切な 希望だけ信じ貫いて  自分らしく生きること 何よりも伝えたくて(sister's noise... I find it out...) 生まれ続ける哀しみの痛み その意味を刻むなら sister's voice いま届けるよ 涙さえ能力(チカラ)にして (sorrow of your heart... I shoot it down...) 繋がり合う 強さだけが全てを打ち抜いていく  夕暮れの放課後 いつもの街並み ふと見上げた空 思い出す 優しさを  君の眼差しが 気づかせてくれた 弱さ認める勇気の強さを  温かな君のその手が 私を導いてく 何よりも守りたい 希望が闇を貫くから  抱きしめた熱い想い この世界を照らすから(sister's noise... I find it out...) 走り続け探し続けていた 君の夢が動き出す sister's noise 響きはじめる 高らかな生命(いのち)の意味 (sorrow of your heart... I shoot it down...) 理解ってるよ かけがえない絆は壊れないこと  自分らしく生きること 何よりも伝えたくて(sister's noise... I find it out...) 生まれ続ける哀しみの痛み その意味を刻むなら  誰よりも近くにいた その声は聴こえなくて(sister's noise... I find it out...) 刻み続けていた時の中で やっと君に逢えたから sister's noise 捜し続ける 彷徨う心の場所を (sorrow of your heart... I shoot it down...) 感じ合った 同じ笑顔 必ず守ってみせる もう 誰にも壊せないから…!
Secret of my heartゆっくりと募る想い 胸の奥に響いた鼓動 気が付かないふりをしてた 叶わない密やかな恋だった  変わってく君の癖と 左薬指の約束 惹かれているこの想いは ずっと大切に秘めたまま  もしも、この気持ち 伝えたら私たち変わるのかな これまで以上に離れてしまうのなら ときめく心気付かずに 鍵をかけて閉じ込めたい  今のままでいいよ 友達でいたいよ 会いたくて会えなくても 君が笑うなら 特別な約束かわせなくてもいい 少しでも同じ時を感じたい  君が手を引くのは 知らない誰かだと 分かってる だけど何度も言い聞かせてる 届かない想いが膨らまないように 閉じ込めた私だけの Secret of my heart  偶然にあの日ふたり 一緒に歩いた帰り道 次の言葉探すうちに お別れの場所が近くなる  少し…あと少し 欲張りな感情が大きくなる 繊細な硝子細工みたいな空気 静かな夜のこの瞬間 時をとめて閉じ込めたい  近づいてもいいの? 友達のままなの? ささやかな淡い期待 勘違いだよね あふれそうな想い こぼれないようにと 切り出した「さよなら」が震えてる  君が離れていく 知らない誰かへと 向かってくその足取りが幸せそうで 零れ落ちた涙 気付いてしまいそう 少しずつ膨らんでる Secret of my heart  もしも…あと少し 出会う時 出会う場所 違ったなら 特別な笑顔向けているその先に 私がいたのかもなんて 考えるの らしくないね  本当は好きだよ ちゃんと伝えたいよ 臆病な弱い気持ち 忘れたいけれど 会えなくなるのなら 苦しいままがいい 誤魔化した私だけの Secret of my heart  今のままでいいよ 友達でいたいよ 会いたくて会えなくても 君が笑うなら 優しすぎる君の 幸せ願ってる 閉じ込めた私だけの Secret of my love...fripSideYoshino NanjoSatoshi YaginumaSatoshi Yaginumaゆっくりと募る想い 胸の奥に響いた鼓動 気が付かないふりをしてた 叶わない密やかな恋だった  変わってく君の癖と 左薬指の約束 惹かれているこの想いは ずっと大切に秘めたまま  もしも、この気持ち 伝えたら私たち変わるのかな これまで以上に離れてしまうのなら ときめく心気付かずに 鍵をかけて閉じ込めたい  今のままでいいよ 友達でいたいよ 会いたくて会えなくても 君が笑うなら 特別な約束かわせなくてもいい 少しでも同じ時を感じたい  君が手を引くのは 知らない誰かだと 分かってる だけど何度も言い聞かせてる 届かない想いが膨らまないように 閉じ込めた私だけの Secret of my heart  偶然にあの日ふたり 一緒に歩いた帰り道 次の言葉探すうちに お別れの場所が近くなる  少し…あと少し 欲張りな感情が大きくなる 繊細な硝子細工みたいな空気 静かな夜のこの瞬間 時をとめて閉じ込めたい  近づいてもいいの? 友達のままなの? ささやかな淡い期待 勘違いだよね あふれそうな想い こぼれないようにと 切り出した「さよなら」が震えてる  君が離れていく 知らない誰かへと 向かってくその足取りが幸せそうで 零れ落ちた涙 気付いてしまいそう 少しずつ膨らんでる Secret of my heart  もしも…あと少し 出会う時 出会う場所 違ったなら 特別な笑顔向けているその先に 私がいたのかもなんて 考えるの らしくないね  本当は好きだよ ちゃんと伝えたいよ 臆病な弱い気持ち 忘れたいけれど 会えなくなるのなら 苦しいままがいい 誤魔化した私だけの Secret of my heart  今のままでいいよ 友達でいたいよ 会いたくて会えなくても 君が笑うなら 優しすぎる君の 幸せ願ってる 閉じ込めた私だけの Secret of my love...
The end of summer君と手を繋いで歩いていた 海岸線 風に全てをまかせてた 穏やかに赤く染まってく空 夕日が今 2つの影を重ねる  君と出逢い たくさんの言葉交わした あの日からずっと捜してた未来 「大丈夫だよ」って笑う君がいてくれたから 明日も強く歩き出せる  夏が終わってく 過ぎ去る季節は 痛いほどの記憶を 残していく あの日の涙も 繋いだこの手も ずっとずっと 離さないこと 今 誓うよ  眠れない夜を何度数えた? 現実は今日も世界を変えていく 想い出は未来と同じくらい 大切なものだと気づいていた  信じることを 忘れそうだったあの日々 もう一度戻れること出来たら 「大丈夫だよ」って今度は私が言えると思う今 勇気に溢れてる  君を愛してる 今なら言えるよ この声を届けられる幸せを 何より大きな幸せだと思う ずっと忘れない かけがえないこの想い  夏が終わってく 過ぎ去る季節は 痛いほどの記憶を 残していく あの日の涙も 繋いだこの手も ずっとずっと 離さないまま明日も  君を愛してる 今なら言えるよ この声を届けられる幸せを 何より大きな幸せだと思う ずっと忘れない かけがえないこの想いfripSideSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma君と手を繋いで歩いていた 海岸線 風に全てをまかせてた 穏やかに赤く染まってく空 夕日が今 2つの影を重ねる  君と出逢い たくさんの言葉交わした あの日からずっと捜してた未来 「大丈夫だよ」って笑う君がいてくれたから 明日も強く歩き出せる  夏が終わってく 過ぎ去る季節は 痛いほどの記憶を 残していく あの日の涙も 繋いだこの手も ずっとずっと 離さないこと 今 誓うよ  眠れない夜を何度数えた? 現実は今日も世界を変えていく 想い出は未来と同じくらい 大切なものだと気づいていた  信じることを 忘れそうだったあの日々 もう一度戻れること出来たら 「大丈夫だよ」って今度は私が言えると思う今 勇気に溢れてる  君を愛してる 今なら言えるよ この声を届けられる幸せを 何より大きな幸せだと思う ずっと忘れない かけがえないこの想い  夏が終わってく 過ぎ去る季節は 痛いほどの記憶を 残していく あの日の涙も 繋いだこの手も ずっとずっと 離さないまま明日も  君を愛してる 今なら言えるよ この声を届けられる幸せを 何より大きな幸せだと思う ずっと忘れない かけがえないこの想い
sky変わりゆく季節が今、迷いながら 景色を染めてく この瞳に映ってる君だけは私を見つめてた…  冷たいあの冬に君と出逢い始まった もう一歩踏み出せる勇気を捜していた日々  降り積もっていくね時と君への想いは だけど言葉にすら出来ないままでいたよね  果てし無く広がるこの世界のどこかに 君の手の温もりを求めてる私がいる 「キミニアイタイカラ…」この切ない願いは 巡る季節を越えて また冬を迎えた  変わりゆく雨は雪に 涙さえ凍りつかせて だけど私の心は 温かいよ君がそばにいるから  変わらない想いだけは迷わずに重なり合ってく この瞳に映ってる君だけは私を見つめてた  はりつめた空気が街を吹き流れていた 真っ白なそのなかに私ひとり残された  寂しさ訪れるそんな夜はいつだって 君の手の温もりの優しさを思い出すよ 君に会いたいから この切ない想いを もう隠したりしない まっすぐに伝える!!  君と歩く街並みと吐く息は白く冷たく だけど私の心は 温かいよ君がそばにいるから…  果てし無く広がるこの世界のどこかに 君の手の温もりを求めてる私がいる 「キミニアイタイカラ…」この切ない願いは 巡る季節を越えて また冬を迎えた  変わりゆく雨は雪に 涙さえ凍りつかせて だけど私の心は 温かいよ君がそばにいるから  変わらない想いだけは迷わずに重なり合ってく この瞳に映ってる君だけは私を見つめてた  君と歩く街並みと吐く息は白く冷たく だけど私の心は 温かいよ君がそばにいるから…fripSide八木沼悟志・nao八木沼悟志変わりゆく季節が今、迷いながら 景色を染めてく この瞳に映ってる君だけは私を見つめてた…  冷たいあの冬に君と出逢い始まった もう一歩踏み出せる勇気を捜していた日々  降り積もっていくね時と君への想いは だけど言葉にすら出来ないままでいたよね  果てし無く広がるこの世界のどこかに 君の手の温もりを求めてる私がいる 「キミニアイタイカラ…」この切ない願いは 巡る季節を越えて また冬を迎えた  変わりゆく雨は雪に 涙さえ凍りつかせて だけど私の心は 温かいよ君がそばにいるから  変わらない想いだけは迷わずに重なり合ってく この瞳に映ってる君だけは私を見つめてた  はりつめた空気が街を吹き流れていた 真っ白なそのなかに私ひとり残された  寂しさ訪れるそんな夜はいつだって 君の手の温もりの優しさを思い出すよ 君に会いたいから この切ない想いを もう隠したりしない まっすぐに伝える!!  君と歩く街並みと吐く息は白く冷たく だけど私の心は 温かいよ君がそばにいるから…  果てし無く広がるこの世界のどこかに 君の手の温もりを求めてる私がいる 「キミニアイタイカラ…」この切ない願いは 巡る季節を越えて また冬を迎えた  変わりゆく雨は雪に 涙さえ凍りつかせて だけど私の心は 温かいよ君がそばにいるから  変わらない想いだけは迷わずに重なり合ってく この瞳に映ってる君だけは私を見つめてた  君と歩く街並みと吐く息は白く冷たく だけど私の心は 温かいよ君がそばにいるから…
sky-version 2008-変わりゆく季節が今、迷いながら 景色を染めてく この瞳に映ってる 君だけは私を見つめてた…  冷たいあの冬に 君と出逢い始まった もう一歩踏み出せる勇気を捜していた日々  降り積もっていくね時と君への想いは だけど言葉にすら出来ないままでいたよね  果てし無く広がるこの世界のどこかに 君の手の温もりを求めてる私がいる 「キミニアイタイカラ…」 この切ない願いは 巡る季節を越えて また冬を迎えた  変わりゆく雨は雪に 涙さえ凍りつかせて だけど私の心は 温かいよ君がそばにいるから  変わらない想いだけは迷わず重なり合ってく この瞳に映ってる君だけは私を見つめてた  はりつめた空気が街を吹き流れていた 真っ白なそのなかに私ひとり残された  寂しさ訪れる そんな夜はいつだって 君の手の温もりの優しさを思い出すよ 君に会いたいから この切ない想いを もう隠したりしない まっすぐに伝える!!  君と歩く街並みと吐く息は白く冷たく だけど私の心は 温かいよ君がそばにいるから…  果てし無く広がるこの世界のどこかに 君の手の温もりを求めてる私がいる 「キミニアイタイカラ…」 この切ない願いは 巡る季節を越えて また冬を迎えた 君と歩く街並みと吐く息は白く冷たく だけど私の心は 温かいよ君がそばにいるから…fripSide八木沼悟志・nao八木沼悟志新井健史変わりゆく季節が今、迷いながら 景色を染めてく この瞳に映ってる 君だけは私を見つめてた…  冷たいあの冬に 君と出逢い始まった もう一歩踏み出せる勇気を捜していた日々  降り積もっていくね時と君への想いは だけど言葉にすら出来ないままでいたよね  果てし無く広がるこの世界のどこかに 君の手の温もりを求めてる私がいる 「キミニアイタイカラ…」 この切ない願いは 巡る季節を越えて また冬を迎えた  変わりゆく雨は雪に 涙さえ凍りつかせて だけど私の心は 温かいよ君がそばにいるから  変わらない想いだけは迷わず重なり合ってく この瞳に映ってる君だけは私を見つめてた  はりつめた空気が街を吹き流れていた 真っ白なそのなかに私ひとり残された  寂しさ訪れる そんな夜はいつだって 君の手の温もりの優しさを思い出すよ 君に会いたいから この切ない想いを もう隠したりしない まっすぐに伝える!!  君と歩く街並みと吐く息は白く冷たく だけど私の心は 温かいよ君がそばにいるから…  果てし無く広がるこの世界のどこかに 君の手の温もりを求めてる私がいる 「キミニアイタイカラ…」 この切ない願いは 巡る季節を越えて また冬を迎えた 君と歩く街並みと吐く息は白く冷たく だけど私の心は 温かいよ君がそばにいるから…
scorching heart真夏の焼けた匂い 感じる秋の気配 あせるような想いを抱いて過ごす日々  うまくはいかない事 心に仕舞い込んで 少しずつ諦める覚悟をしてた  求めるものは ひとつだけど まだ手は届かない 誤摩化すたび 自分が遠くなる  夏よ 熱くなれ! 燃える灼熱の季節よ 燻る弱気な想いを 迷いごと 焼き尽くして ずっと 追いかけた 夢見た景色その場所へ 辿り着く事出来たなら 本当の自分 取り戻せるだろう  密かに予感してた 最後の時が来ると ひとつずつ 別れの準備をしていた  気付いていたの それは弱さ 限界なんてない 揺れる気持ち 笑顔はまだ…遠い  秋が 来る前に 自分の想いの全てを 次の季節に向かう為 気高く燃やせるのだろう ずっと 追いかけて 描いた希望があるなら 不安で足が震えても 後ろは見ないで 振り向かずに走れ!  どうか あと少し 追いかける事を許して 何度も夢見た景色を まだ私は見ていない!  もっと 熱くなれ! 燃える灼熱の季節に 燻る弱気な想いを 迷いごと焼き尽くして ずっと 追いかけて 描いた希望があるなら 不安で足が震えても 後ろは見ないで 振り向かずに走れ!fripSideYoshino NanjoSatoshi Yaginuma・Kai KawasakiKai Kawasaki・八木沼悟志真夏の焼けた匂い 感じる秋の気配 あせるような想いを抱いて過ごす日々  うまくはいかない事 心に仕舞い込んで 少しずつ諦める覚悟をしてた  求めるものは ひとつだけど まだ手は届かない 誤摩化すたび 自分が遠くなる  夏よ 熱くなれ! 燃える灼熱の季節よ 燻る弱気な想いを 迷いごと 焼き尽くして ずっと 追いかけた 夢見た景色その場所へ 辿り着く事出来たなら 本当の自分 取り戻せるだろう  密かに予感してた 最後の時が来ると ひとつずつ 別れの準備をしていた  気付いていたの それは弱さ 限界なんてない 揺れる気持ち 笑顔はまだ…遠い  秋が 来る前に 自分の想いの全てを 次の季節に向かう為 気高く燃やせるのだろう ずっと 追いかけて 描いた希望があるなら 不安で足が震えても 後ろは見ないで 振り向かずに走れ!  どうか あと少し 追いかける事を許して 何度も夢見た景色を まだ私は見ていない!  もっと 熱くなれ! 燃える灼熱の季節に 燻る弱気な想いを 迷いごと焼き尽くして ずっと 追いかけて 描いた希望があるなら 不安で足が震えても 後ろは見ないで 振り向かずに走れ!
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
stay with youひとりの夜に 君を思い出す 耳をすませばほら 歌声がきこえる  遠く離れた街で過ごす君の 頬をなでた風が僕に届く  woo‥ そばにいる いつでも stay with youfripSideYoshino NanjoSatoshi Yaginumaひとりの夜に 君を思い出す 耳をすませばほら 歌声がきこえる  遠く離れた街で過ごす君の 頬をなでた風が僕に届く  woo‥ そばにいる いつでも stay with you
snow of silence白く深く 街を染める 冷たく光る街並み 降り続いた雪がそっと 君との思い出に積もる 重ねた日々 振り返った そこに君が見えなくて 今もずっと 捜している あの日の君の温もり ずっと…  いくつもの季節が 過ぎては繰り返す 月日を感じてる 人は今日も今も孤独で 求める答さえ 今はまだ無力で 冷めきった 心と身体 哀しさで慰めている  果ての無い 想いだけが この心に 響き続ける 胸にただ 巡る言葉「君に会いたい」  白く深く 街を染める 冷たく光る街並み 降り続いた雪がそっと 君との思い出に積もる 遠く揺れる 君の声が この静寂に消えてく だからずっと 捜している あの日の君の温もり 今も…  明日を待ちわびて この夜を超えてく ただ一つ その思いだけ 今は涙を隠してる  あの日々が くれた気持ち いまもここに 生き続けてる 追憶が導いてく 君への想い  涙がいま この景色を 銀色に染め上げてく かき消されたその足あと この心だけに残して 重ねた日々 振り返った そこに君が見えなくて 今もずっと 捜している あの日の君の温もり ずっと…  白く深く 街を染める 冷たく光る街並み 降り続いた雪がそっと 君との思い出に積もる 遠く揺れる 君の声が この静寂に消えても 僕はずっと 捜している あの日の君の温もり ずっと…fripSide八木沼悟志八木沼悟志Satoshi Yaginuma白く深く 街を染める 冷たく光る街並み 降り続いた雪がそっと 君との思い出に積もる 重ねた日々 振り返った そこに君が見えなくて 今もずっと 捜している あの日の君の温もり ずっと…  いくつもの季節が 過ぎては繰り返す 月日を感じてる 人は今日も今も孤独で 求める答さえ 今はまだ無力で 冷めきった 心と身体 哀しさで慰めている  果ての無い 想いだけが この心に 響き続ける 胸にただ 巡る言葉「君に会いたい」  白く深く 街を染める 冷たく光る街並み 降り続いた雪がそっと 君との思い出に積もる 遠く揺れる 君の声が この静寂に消えてく だからずっと 捜している あの日の君の温もり 今も…  明日を待ちわびて この夜を超えてく ただ一つ その思いだけ 今は涙を隠してる  あの日々が くれた気持ち いまもここに 生き続けてる 追憶が導いてく 君への想い  涙がいま この景色を 銀色に染め上げてく かき消されたその足あと この心だけに残して 重ねた日々 振り返った そこに君が見えなくて 今もずっと 捜している あの日の君の温もり ずっと…  白く深く 街を染める 冷たく光る街並み 降り続いた雪がそっと 君との思い出に積もる 遠く揺れる 君の声が この静寂に消えても 僕はずっと 捜している あの日の君の温もり ずっと…
snow blind当てもなく降り続く 真っ白な雪の夜 ただひとり ガラス越しの切なさ眺めてた どんなに目を凝らしても 君はきっと見えない 一瞬の幻でもいいから逢いたくて  優しさを感じた わずかな触れ合いが 忘れられなくて 思い出しただけで 涙溢れていく…  こんなに好きなのに 今君はどこにいるの? その仕草 その笑顔が見たい それだけなの どれほどに想ったら 君は振り向いてくれる? 少しでもその心の中に いたいと願うから…  冷たさに責められて 寂しさに傷ついた 置き去りにされたようで 怖くて震えてた  抱きしめてくれたら 痛みは消えるけど 遠く届かない その温もりでさえ 冬に隠れていく…  捜し求めたけど 今ここに君はいない この声は 吹雪に紛れるように消えるね かすかにきらめいている あの星の光だけは 悲しみに包まれる私を 慰めてくれるわ…  こんなに好きなのに… あの星の光だけは…  捜し求めたけど 今ここに君はいない この声は 吹雪に紛れるように消えるね どれほどに想ったら 君は振り向いてくれる? 少しでもその心の中に いたいと願うから…fripSide八木沼悟志・山下慎一狼八木沼悟志・Takumi Okamoto当てもなく降り続く 真っ白な雪の夜 ただひとり ガラス越しの切なさ眺めてた どんなに目を凝らしても 君はきっと見えない 一瞬の幻でもいいから逢いたくて  優しさを感じた わずかな触れ合いが 忘れられなくて 思い出しただけで 涙溢れていく…  こんなに好きなのに 今君はどこにいるの? その仕草 その笑顔が見たい それだけなの どれほどに想ったら 君は振り向いてくれる? 少しでもその心の中に いたいと願うから…  冷たさに責められて 寂しさに傷ついた 置き去りにされたようで 怖くて震えてた  抱きしめてくれたら 痛みは消えるけど 遠く届かない その温もりでさえ 冬に隠れていく…  捜し求めたけど 今ここに君はいない この声は 吹雪に紛れるように消えるね かすかにきらめいている あの星の光だけは 悲しみに包まれる私を 慰めてくれるわ…  こんなに好きなのに… あの星の光だけは…  捜し求めたけど 今ここに君はいない この声は 吹雪に紛れるように消えるね どれほどに想ったら 君は振り向いてくれる? 少しでもその心の中に いたいと願うから…
split tears本当に大切だった 想いだけ残されたから 僕はもう立つ事さえも出来なくて  君がいる事がいつでも 当たり前だと思ってた 理由なんて何もなくても 隣にいてくれた  離れたくなかったのに 僕には君しかいないのに… 未来に過ごせたはずの同じ時間は 今、暗闇にかき消された  君を抱いてたこの胸に 最後の涙 滲んでく まだこんなにも温かい だけどやがて消えていく…  失った絆はとても強いもの そう信じてた でももっと強く壊せない壁に今 出遭う  誰か嘘だと言ってよ これは夢だと言って欲しい 現実を思い知るたびに心は 哀しみで傷ついていく…  君を呼んでるこの声は 涙にむせてかすれてく 泣いてるだけの僕なんて 君に見せられないから…  張り裂けそうに痛くても 僕が笑っていられたら 君に笑顔を少しでも分けてあげられるのかな…?  夜空にはただ月だけが いつもの様に輝いた 何も出来ずにいた僕に それは眩しすぎたから…  君を抱いてたこの胸に 最後の涙 滲んでく まだこんなにも温かい だけどやがて消えていく…  君を呼んでるこの声は 涙にむせてかすれてく 泣いてるだけの僕なんて 君に見せられないから…  張り裂けそうに痛くても 僕が笑っていられたら 君の笑顔をまたいつか見る事が出来るのかな…?fripSide八木沼悟志・山下慎一狼八木沼悟志本当に大切だった 想いだけ残されたから 僕はもう立つ事さえも出来なくて  君がいる事がいつでも 当たり前だと思ってた 理由なんて何もなくても 隣にいてくれた  離れたくなかったのに 僕には君しかいないのに… 未来に過ごせたはずの同じ時間は 今、暗闇にかき消された  君を抱いてたこの胸に 最後の涙 滲んでく まだこんなにも温かい だけどやがて消えていく…  失った絆はとても強いもの そう信じてた でももっと強く壊せない壁に今 出遭う  誰か嘘だと言ってよ これは夢だと言って欲しい 現実を思い知るたびに心は 哀しみで傷ついていく…  君を呼んでるこの声は 涙にむせてかすれてく 泣いてるだけの僕なんて 君に見せられないから…  張り裂けそうに痛くても 僕が笑っていられたら 君に笑顔を少しでも分けてあげられるのかな…?  夜空にはただ月だけが いつもの様に輝いた 何も出来ずにいた僕に それは眩しすぎたから…  君を抱いてたこの胸に 最後の涙 滲んでく まだこんなにも温かい だけどやがて消えていく…  君を呼んでるこの声は 涙にむせてかすれてく 泣いてるだけの僕なんて 君に見せられないから…  張り裂けそうに痛くても 僕が笑っていられたら 君の笑顔をまたいつか見る事が出来るのかな…?
three count3つ数えるうち そっと覚悟しよう ここから先は 好きだけじゃいられない 答えはあるのに カウントしきれない 見えない未来に躊躇ってる  これまでたくさんの 過ぎる日々を重ねあった 時にはすれ違う感情でも 分けあった これ以上進めない 弱気さえも乗り越えたよね いつでも二人一緒だった  だけど何故だろう ふと感じる この時間がこの先ずっと 続いていくのか 消えてしまうのか 形が見えなくて  3つ数えるうち そっと覚悟しよう ここから先は 好きだけじゃいられない 答えはあるのに カウントしきれない 見えない未来に躊躇ってる  “たのしい”それだけで 正解だと思っていた 二人が一緒なら どこまででも行けるって 二人以外にはわからない 悩みの種かかえながら きっと皆んな 歩いているんだね  綺麗ごとだけじゃ成り立たない この世界でこの先ずっと歩いていけるか 離れるのか二人で決めたい未来  3つ数えるうち そっと覚悟しよう ここから先は 好きだけじゃいられない 傷つけることを 恐れなくていいよ あなたの痛みもわかるから  3つ数えるうち そっと覚悟しよう ここから先は 好きだけじゃいられない 傷つけることを 恐れなくていいよ あなたの痛みもわかるから  3つ数えたなら そう約束しよう ここから先は 一人じゃ見れない世界 2つの鼓動が1つになるまで 命が二人を別つまで  不確かな未来 不安はあるけれど すべて歓びに変えようfripSide南條愛乃八木沼悟志3つ数えるうち そっと覚悟しよう ここから先は 好きだけじゃいられない 答えはあるのに カウントしきれない 見えない未来に躊躇ってる  これまでたくさんの 過ぎる日々を重ねあった 時にはすれ違う感情でも 分けあった これ以上進めない 弱気さえも乗り越えたよね いつでも二人一緒だった  だけど何故だろう ふと感じる この時間がこの先ずっと 続いていくのか 消えてしまうのか 形が見えなくて  3つ数えるうち そっと覚悟しよう ここから先は 好きだけじゃいられない 答えはあるのに カウントしきれない 見えない未来に躊躇ってる  “たのしい”それだけで 正解だと思っていた 二人が一緒なら どこまででも行けるって 二人以外にはわからない 悩みの種かかえながら きっと皆んな 歩いているんだね  綺麗ごとだけじゃ成り立たない この世界でこの先ずっと歩いていけるか 離れるのか二人で決めたい未来  3つ数えるうち そっと覚悟しよう ここから先は 好きだけじゃいられない 傷つけることを 恐れなくていいよ あなたの痛みもわかるから  3つ数えるうち そっと覚悟しよう ここから先は 好きだけじゃいられない 傷つけることを 恐れなくていいよ あなたの痛みもわかるから  3つ数えたなら そう約束しよう ここから先は 一人じゃ見れない世界 2つの鼓動が1つになるまで 命が二人を別つまで  不確かな未来 不安はあるけれど すべて歓びに変えよう
save me again -version2023-錆びついた記憶をたどり今日も僕は ゆらめいて消えそうな君を思い出す (You are in the past) あの夜も君には何も言いだせずに 弱い自分を否定する言い訳ばかりを探してた  戸惑い 逃げていたね 迫るようなこの現実に いつしか流されて 心さえ失くしかけていた…  自分らしく生きる強さが僕には足りなかったね 目に映る景色の中でさえも僕は 自分の居場所さえつかめずに 傷つけては傷つけられた毎日の中で君は 新しい明日を駆け抜ける強さを 信じあうチカラを 与えてくれた  過ぎていく時間の中で僕はずっと 立ち止まり過去に続く道を見ていた  小さなころ描いた曖昧な夢の形は いつしかその色の輝き失ったままで…  君が僕に教えてくれた あふれる涙の意味を 自分が本当の自分であるために 代わりに何かを失うこと もしも僕がこの現実に目を逸らしたくなっても まだ見ぬ光を探して歩いていく そんな強さだけ今は見つめて…  自分らしく生きる強さが僕には足りなかったね 目に映る景色の中でさえも僕は 自分の居場所さえつかめずに 傷つけては傷つけられた毎日の中で君は 新しい明日を駆け抜ける強さを 信じあうチカラを 与えてくれたfripSideSatoshi Yaginuma・naoSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma・Shinya Saito錆びついた記憶をたどり今日も僕は ゆらめいて消えそうな君を思い出す (You are in the past) あの夜も君には何も言いだせずに 弱い自分を否定する言い訳ばかりを探してた  戸惑い 逃げていたね 迫るようなこの現実に いつしか流されて 心さえ失くしかけていた…  自分らしく生きる強さが僕には足りなかったね 目に映る景色の中でさえも僕は 自分の居場所さえつかめずに 傷つけては傷つけられた毎日の中で君は 新しい明日を駆け抜ける強さを 信じあうチカラを 与えてくれた  過ぎていく時間の中で僕はずっと 立ち止まり過去に続く道を見ていた  小さなころ描いた曖昧な夢の形は いつしかその色の輝き失ったままで…  君が僕に教えてくれた あふれる涙の意味を 自分が本当の自分であるために 代わりに何かを失うこと もしも僕がこの現実に目を逸らしたくなっても まだ見ぬ光を探して歩いていく そんな強さだけ今は見つめて…  自分らしく生きる強さが僕には足りなかったね 目に映る景色の中でさえも僕は 自分の居場所さえつかめずに 傷つけては傷つけられた毎日の中で君は 新しい明日を駆け抜ける強さを 信じあうチカラを 与えてくれた
double Decadesいつでも蘇る 駆け抜けたあの季節 今も君と繋ぐ 想い重ねたこの場所から 受け継ぐその夢は 優しさに包まれて この心に宿る ひとつの光抱きしめた  いま響き合わせる 君との記憶を胸に 夢を形にした その風を身体に感じて そう あの日からずっと 変わらない想いを抱いて 刻んでる その鼓動を 大切な 君へ いま届けたい  かけがえ無い季節を 駆け抜けたから 君と 交わした いくつもの瞬間を忘れない いつも輝いていた 憧れていた景色 背中見つめ感じ取った 明日へ繋ぐ夢を  あの時に見つめていた 消せないその光を これからに繋ぎ続ける 迷いなく受け継いだ意志 壊せない今でも この胸刻んだ日々 ずっと 変わらない想いを 見つめている 君といま この歌声に乗せて  いま共鳴してる この声の絆だけを そう 信じ合えるよ 確かにここにある感情 ただ力の限り 君へと届けたい想い 揺るがない その誓いを いま強く 刻み 明日を導く  優しい風はいまも 心にそよぐ あの日 感じた温もりは そう永遠に消せない 時を超えて繋がる 今があるから いつも 気持ち感じ合えるその信頼を見つめている  ただ強く願っている 君のその目の前でいつか この歌を一緒に 高鳴る気持ちを合わせて その時感じ合う 絆のその形はきっと 変わらない想いで溢れること この今も そう信じているから  いま響き合うのは 過去と未来を繋いだ そう君がいつでも この背中を押しているから いつも感じている 確かめたその煌めきが この胸に 宿っている 迷わずに 刻む 確かな夢を  いま響き合わせる 君との記憶を胸に 夢を形にした その風を身体に感じて そう あの日からずっと 変わらない想いを抱いて 刻んでる その鼓動を 大切な 君へ いま届ける  いま共鳴してる この声の絆だけを そう 信じ合えるよ 確かにここにある感情 ただ力の限り 君へと届けたい想い 揺るがない その誓いを いま強く 刻み 明日を導くfripSide八木沼悟志八木沼悟志八木沼悟志・斎藤真也いつでも蘇る 駆け抜けたあの季節 今も君と繋ぐ 想い重ねたこの場所から 受け継ぐその夢は 優しさに包まれて この心に宿る ひとつの光抱きしめた  いま響き合わせる 君との記憶を胸に 夢を形にした その風を身体に感じて そう あの日からずっと 変わらない想いを抱いて 刻んでる その鼓動を 大切な 君へ いま届けたい  かけがえ無い季節を 駆け抜けたから 君と 交わした いくつもの瞬間を忘れない いつも輝いていた 憧れていた景色 背中見つめ感じ取った 明日へ繋ぐ夢を  あの時に見つめていた 消せないその光を これからに繋ぎ続ける 迷いなく受け継いだ意志 壊せない今でも この胸刻んだ日々 ずっと 変わらない想いを 見つめている 君といま この歌声に乗せて  いま共鳴してる この声の絆だけを そう 信じ合えるよ 確かにここにある感情 ただ力の限り 君へと届けたい想い 揺るがない その誓いを いま強く 刻み 明日を導く  優しい風はいまも 心にそよぐ あの日 感じた温もりは そう永遠に消せない 時を超えて繋がる 今があるから いつも 気持ち感じ合えるその信頼を見つめている  ただ強く願っている 君のその目の前でいつか この歌を一緒に 高鳴る気持ちを合わせて その時感じ合う 絆のその形はきっと 変わらない想いで溢れること この今も そう信じているから  いま響き合うのは 過去と未来を繋いだ そう君がいつでも この背中を押しているから いつも感じている 確かめたその煌めきが この胸に 宿っている 迷わずに 刻む 確かな夢を  いま響き合わせる 君との記憶を胸に 夢を形にした その風を身体に感じて そう あの日からずっと 変わらない想いを抱いて 刻んでる その鼓動を 大切な 君へ いま届ける  いま共鳴してる この声の絆だけを そう 信じ合えるよ 確かにここにある感情 ただ力の限り 君へと届けたい想い 揺るがない その誓いを いま強く 刻み 明日を導く
change your core selfどこかで見た他人の人生 過ちの跡 まるで自身の経験のように 置き換えた いつか聞いた誰かの言葉 胸を打たれて 馴染んでいく 真か嘘か確かめもせずに  「あなた」ではない存在が「あなた」を形成する 本当の「あなたらしさ」どこかに隠しているの?  伸ばしたこの腕から あふれるはずの光は 歩いたその距離だけ こぼれて見えなくなる 忘れず歩みたいと 願ったはずの心は 過ぎ去る時の中で 気づかずに霞んでた  置いてきた大事なものを 取り戻すため 捨ててゆくの いらない感情見極めて 遠い昔感じたはずの 一途な想い 胸の奥を貫くような 確信の鼓動  流されながら生きること 決して悪ではない けどきっと持っていたはず あなただけの大切な…  世界が廻りだして 眩しいはずの視界は 知らない誰かの目に 怯えて暗くおちる いつかは叶えたいと 曖昧にした約束は 今でも胸の中で ずっと軋み続ける  伸ばしたこの腕から あふれるはずの光は 歩いたその距離だけ こぼれて見えなくなる 忘れず歩みたいと 願ったはずの心は 過ぎ去る時の中で 気づかずに霞んでた  駆け抜ける時の中 胸が熱く燃えるような あといくつの幸せ この手で掴めるだろう あなただけが持ってる 唯一のオリジナルを 過ぎ行く時の中で 確かに輝かせてfripSideYoshino NanjoSatoshi Yaginuma・Kai KawasakiKai Kawasaki・Satoshi Yaginumaどこかで見た他人の人生 過ちの跡 まるで自身の経験のように 置き換えた いつか聞いた誰かの言葉 胸を打たれて 馴染んでいく 真か嘘か確かめもせずに  「あなた」ではない存在が「あなた」を形成する 本当の「あなたらしさ」どこかに隠しているの?  伸ばしたこの腕から あふれるはずの光は 歩いたその距離だけ こぼれて見えなくなる 忘れず歩みたいと 願ったはずの心は 過ぎ去る時の中で 気づかずに霞んでた  置いてきた大事なものを 取り戻すため 捨ててゆくの いらない感情見極めて 遠い昔感じたはずの 一途な想い 胸の奥を貫くような 確信の鼓動  流されながら生きること 決して悪ではない けどきっと持っていたはず あなただけの大切な…  世界が廻りだして 眩しいはずの視界は 知らない誰かの目に 怯えて暗くおちる いつかは叶えたいと 曖昧にした約束は 今でも胸の中で ずっと軋み続ける  伸ばしたこの腕から あふれるはずの光は 歩いたその距離だけ こぼれて見えなくなる 忘れず歩みたいと 願ったはずの心は 過ぎ去る時の中で 気づかずに霞んでた  駆け抜ける時の中 胸が熱く燃えるような あといくつの幸せ この手で掴めるだろう あなただけが持ってる 唯一のオリジナルを 過ぎ行く時の中で 確かに輝かせて
Dear All歩いてきたこの道のり そっと佇んで振り返る 気付かずにつけた印が 私の胸の中 光る  なにもわからずに飛び込んだ 全てが新しい世界は 喜怒哀楽では表せない物語の連続  真っ白だったページが今は 読めない程の厚さになり 語ることなんて出来ないくらいよ  君は何を想う? 一緒に歩いた時間 その気持ち大切に抱きしめていてね  ずっと忘れることのない 深く刻まれたこの記憶 共に過ごしたこの道は 遥か未来まで残るだろう ただ願う 今君のこと 明日が笑顔であるように きっと遠くへ離れても変わらない この想い  すべてが手探りな毎日 正解は誰も持ってない 想像する自分に突き動かされ歩き続けた  アルバムを遡るように 過去のページ見つめてみたら がむしゃらなあの頃の姿見えた  とても眩しかった 一緒に歩いた時間 これからも大切に抱きしめていくね  ずっと忘れることのない 深く刻まれたこの記憶 共に過ごしたこの道は 遥か未来まで残るだろう もし君が振り返るとき この今が輝くように 今日も私はこの場所で 未来に向けて歌う  君は何を想う? 一緒に歩いた時間 その気持ち大切に抱きしめていてね  ずっと忘れることのない 深く刻まれたこの記憶 共に過ごしたこの道は 遥か未来まで残るだろう ただ願う 今君のこと 明日が笑顔であるように きっと遠くへ離れても変わらない この想い  ずっと忘れることのない 深く刻まれたこの記憶 共に過ごしたこの道は 遥か未来まで残るだろう もし君が振り返るとき この今が輝くように 今日も私はこの場所で 未来に向けて歌うfripSideYoshino NanjoSatoshi Yaginuma・Kai KawasakiKai Kawasaki・Satoshi Yaginuma歩いてきたこの道のり そっと佇んで振り返る 気付かずにつけた印が 私の胸の中 光る  なにもわからずに飛び込んだ 全てが新しい世界は 喜怒哀楽では表せない物語の連続  真っ白だったページが今は 読めない程の厚さになり 語ることなんて出来ないくらいよ  君は何を想う? 一緒に歩いた時間 その気持ち大切に抱きしめていてね  ずっと忘れることのない 深く刻まれたこの記憶 共に過ごしたこの道は 遥か未来まで残るだろう ただ願う 今君のこと 明日が笑顔であるように きっと遠くへ離れても変わらない この想い  すべてが手探りな毎日 正解は誰も持ってない 想像する自分に突き動かされ歩き続けた  アルバムを遡るように 過去のページ見つめてみたら がむしゃらなあの頃の姿見えた  とても眩しかった 一緒に歩いた時間 これからも大切に抱きしめていくね  ずっと忘れることのない 深く刻まれたこの記憶 共に過ごしたこの道は 遥か未来まで残るだろう もし君が振り返るとき この今が輝くように 今日も私はこの場所で 未来に向けて歌う  君は何を想う? 一緒に歩いた時間 その気持ち大切に抱きしめていてね  ずっと忘れることのない 深く刻まれたこの記憶 共に過ごしたこの道は 遥か未来まで残るだろう ただ願う 今君のこと 明日が笑顔であるように きっと遠くへ離れても変わらない この想い  ずっと忘れることのない 深く刻まれたこの記憶 共に過ごしたこの道は 遥か未来まで残るだろう もし君が振り返るとき この今が輝くように 今日も私はこの場所で 未来に向けて歌う
Decade果てしなく遠い道程を歩いた 初まりの夢 重ね合った誓い 受け継ぐ想い この胸に溢れているから いま届けよう 煌めきを 君に…  We were born on this generation to be resonant. From a decade, I wanna be with you for your love. The melody which let you sound heartily. Don't forget! I'll be there with you forever.  優しい風が吹き 運命を運ぶ 目を閉じ思い出す あの日紡いだ言葉 遠くから聴こえた 君のあの歌は 心から響かせた旋律(メロディー)  壊れそうな日々のなか 守るべきこの想いを 必ず 貫こうと信じ続けた だからいまここに歌う  感じ合った 瞬間から この時間(とき)は刻み始めた 走り続け見つけだした 君と僕だけのこの場所 You and I must not lose in the changing time. So we'll reach for the next evolution. 痛みさえもチカラにして 今日も奏で続ける 君とともに…  We were born on this generation to be resonant. From a decade, I wanna be with you for your love. The melody which let you sound heartily. Don't forget! I'll be there with you forever.  駈け続けることの 大切な意味を 色褪せない様に 守り抜いてきたから 近くに聴こえてる 君のあの歌は 柔らかく囁いた旋律(メロディー)  変わりゆくその季節に 揺るぎないこの気持ちを 見つめた その未来が動き出すから 今日もこの場所で歌う  Now we start from the decade.This sound is a blade. この鼓動強く感じて 走り続け導きたい まだ見えないその答えを 忘れないで 君と僕の約束が果たせるのなら 繋がりあう 温もりから 明日も歌が生まれてく  終わりのない夢を抱いて 光のなかに探してる 時間(とき)の止まらない永遠を 放て 心に刻んだ夢を 未来さえ置き去りにして 光散らす その先の遥かな想いを  感じ合った 瞬間から この時間(とき)は刻み始めた 走り続け見つけだした 君と僕だけのこの場所 You and I must not lose in the changing time. So we'll reach for the next evolution. 繋がりあう 温もりから 明日も歌が生まれてく  Now we start from the decade.This sound is a blade. この鼓動強く感じて 走り続け導きたい まだ見えないその答えを 忘れないで 君と僕の約束が果たせるのなら 痛みさえもチカラにして 今日も奏で続ける 君とともに…  We were born on this generation to be resonant. From a decade, I wanna be with you for your love. The melody which let you sound heartily. Don't forget! I'll be there with you forever.  We were born on this generation to be resonant. From a decade, I wanna be with you for your love. The melody which let you sound heartily. Don't forget! I'll be there with you forever.fripSideSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma果てしなく遠い道程を歩いた 初まりの夢 重ね合った誓い 受け継ぐ想い この胸に溢れているから いま届けよう 煌めきを 君に…  We were born on this generation to be resonant. From a decade, I wanna be with you for your love. The melody which let you sound heartily. Don't forget! I'll be there with you forever.  優しい風が吹き 運命を運ぶ 目を閉じ思い出す あの日紡いだ言葉 遠くから聴こえた 君のあの歌は 心から響かせた旋律(メロディー)  壊れそうな日々のなか 守るべきこの想いを 必ず 貫こうと信じ続けた だからいまここに歌う  感じ合った 瞬間から この時間(とき)は刻み始めた 走り続け見つけだした 君と僕だけのこの場所 You and I must not lose in the changing time. So we'll reach for the next evolution. 痛みさえもチカラにして 今日も奏で続ける 君とともに…  We were born on this generation to be resonant. From a decade, I wanna be with you for your love. The melody which let you sound heartily. Don't forget! I'll be there with you forever.  駈け続けることの 大切な意味を 色褪せない様に 守り抜いてきたから 近くに聴こえてる 君のあの歌は 柔らかく囁いた旋律(メロディー)  変わりゆくその季節に 揺るぎないこの気持ちを 見つめた その未来が動き出すから 今日もこの場所で歌う  Now we start from the decade.This sound is a blade. この鼓動強く感じて 走り続け導きたい まだ見えないその答えを 忘れないで 君と僕の約束が果たせるのなら 繋がりあう 温もりから 明日も歌が生まれてく  終わりのない夢を抱いて 光のなかに探してる 時間(とき)の止まらない永遠を 放て 心に刻んだ夢を 未来さえ置き去りにして 光散らす その先の遥かな想いを  感じ合った 瞬間から この時間(とき)は刻み始めた 走り続け見つけだした 君と僕だけのこの場所 You and I must not lose in the changing time. So we'll reach for the next evolution. 繋がりあう 温もりから 明日も歌が生まれてく  Now we start from the decade.This sound is a blade. この鼓動強く感じて 走り続け導きたい まだ見えないその答えを 忘れないで 君と僕の約束が果たせるのなら 痛みさえもチカラにして 今日も奏で続ける 君とともに…  We were born on this generation to be resonant. From a decade, I wanna be with you for your love. The melody which let you sound heartily. Don't forget! I'll be there with you forever.  We were born on this generation to be resonant. From a decade, I wanna be with you for your love. The melody which let you sound heartily. Don't forget! I'll be there with you forever.
Distance少し冷たい風が戦ぐ街で 落ち葉はそっと 行くあてを無くしている 静寂のこの場所に佇み 君のあの言葉 思い出しているよ  あきらめられない夢が その扉を開けたから 君の背中の向こう側 もう戻れない あの頃に描いた理想から 離れるほどに  抱きしめていた 側で笑っていた その幻を捜し続けることが痛いよ 会えない日々が こんなにもその距離 感じさせる 現実だけを告げて  秋色染める街路樹が囁く 遠いあの日に 戻ることは出来ないと 懐かしいこの場所は今でも この心の奥 温かさをくれた  ありふれた毎日さえ もう戻ることはないから 君のあどけない仕草も声も笑顔も あの頃に置き去りにしたまま 私は今も  君を想うよ 強く願ってるよ その優しさは壊れず今日も輝いたまま 会いたい日々が こんなにもその距離 感じさせる 現実だけを告げて  あの日の記憶 抱きしめている ずっと忘れないよ その幻を捜し続けることが痛くて 会えない日々が こんなにもその距離 感じさせる 現実だけを告げた  君を想うよ 強く願ってるよ その優しさは壊れず今日も輝いたまま 会いたい日々が こんなにもその距離 感じさせる 現実だけを告げてfripSide八木沼悟志八木沼悟志八木沼悟志・斎藤真也少し冷たい風が戦ぐ街で 落ち葉はそっと 行くあてを無くしている 静寂のこの場所に佇み 君のあの言葉 思い出しているよ  あきらめられない夢が その扉を開けたから 君の背中の向こう側 もう戻れない あの頃に描いた理想から 離れるほどに  抱きしめていた 側で笑っていた その幻を捜し続けることが痛いよ 会えない日々が こんなにもその距離 感じさせる 現実だけを告げて  秋色染める街路樹が囁く 遠いあの日に 戻ることは出来ないと 懐かしいこの場所は今でも この心の奥 温かさをくれた  ありふれた毎日さえ もう戻ることはないから 君のあどけない仕草も声も笑顔も あの頃に置き去りにしたまま 私は今も  君を想うよ 強く願ってるよ その優しさは壊れず今日も輝いたまま 会いたい日々が こんなにもその距離 感じさせる 現実だけを告げて  あの日の記憶 抱きしめている ずっと忘れないよ その幻を捜し続けることが痛くて 会えない日々が こんなにもその距離 感じさせる 現実だけを告げた  君を想うよ 強く願ってるよ その優しさは壊れず今日も輝いたまま 会いたい日々が こんなにもその距離 感じさせる 現実だけを告げて
distant moonDid my song arrive? Up to that far distant moon. 僕達はここで歌い続ける…  覚めない夢を見てた ゆっくり時を刻んでた あの始まりの日から 言葉は色を無くしてた…  いつでも 君が側にいる事の大切な意味 いつでも 願っている 全てが終わらず続くように!  ah…見果てぬ夢 今日も胸に抱えて 夜空に浮かぶ月を見上げた Did my song arrive? Up to that far distant moon. 僕達はここで歌い続ける…  覚めない夢もやがて 砂のなかに埋もれていく でも歩き続ける事を止めたらそれで終わりでしょう?  いつから 僕はここで君の夢を探してる? いつから 願っていた?全ての答えが見つかるように!  ah…飛べない僕達は空を見上げて 儚い想いを月へ還した Did my song arrive? Up to that far distant moon. この声は小さ過ぎるけれど…  いつでも 君が側にいる事の大切な意味 いつでも 願っている 全てが終わらず続くように!  ah…見果てぬ夢 今日も胸に抱えて 夜空に浮かぶ月を見上げた Did my song arrive? Up to that far distant moon. 僕達はここで歌い続ける…  ah…飛べない僕達は空を見上げて 儚い想いを月へ還した Did my song arrive? Up to that far distant moon. この声は小さ過ぎるけれど…fripSide八木沼悟志八木沼悟志Did my song arrive? Up to that far distant moon. 僕達はここで歌い続ける…  覚めない夢を見てた ゆっくり時を刻んでた あの始まりの日から 言葉は色を無くしてた…  いつでも 君が側にいる事の大切な意味 いつでも 願っている 全てが終わらず続くように!  ah…見果てぬ夢 今日も胸に抱えて 夜空に浮かぶ月を見上げた Did my song arrive? Up to that far distant moon. 僕達はここで歌い続ける…  覚めない夢もやがて 砂のなかに埋もれていく でも歩き続ける事を止めたらそれで終わりでしょう?  いつから 僕はここで君の夢を探してる? いつから 願っていた?全ての答えが見つかるように!  ah…飛べない僕達は空を見上げて 儚い想いを月へ還した Did my song arrive? Up to that far distant moon. この声は小さ過ぎるけれど…  いつでも 君が側にいる事の大切な意味 いつでも 願っている 全てが終わらず続くように!  ah…見果てぬ夢 今日も胸に抱えて 夜空に浮かぶ月を見上げた Did my song arrive? Up to that far distant moon. 僕達はここで歌い続ける…  ah…飛べない僕達は空を見上げて 儚い想いを月へ還した Did my song arrive? Up to that far distant moon. この声は小さ過ぎるけれど…
determination私だけ超えていく 限界を突き抜けて ルールなどここには無い さあ行こう まだ見ぬ世界へ  不機嫌な毎日のなかで つまらないノルマこなして 少しの安堵手にしたら 疲れて眠る繰り返し  いつしか 心は 疑問さえも無くして 目にすることだけを 全てと思っていた  壊してく 絡みつく 錆び付いた常識を この心 思いのまま 真っ白に塗り替えるから  一人で過ごすこの夜に 立ち止まる事はできない アクセル踏めば加速して 流れる景色置いていく  あれから 私は 答えを求めている 信じた 瞬間に 真実が目を醒ます  リミットを外してく 新しい私へと 変われたら 君と2人 さあ行こう まだ見ぬ明日へ  私だけ超えていく この夜を突き抜けて ルールなどここには無い さあ行こう まだ見ぬ世界へ 壊してく 絡みつく 錆び付いた常識を この心 思いのまま 真っ白に塗り替えるからfripSide八木沼悟志八木沼悟志Shinya Saito私だけ超えていく 限界を突き抜けて ルールなどここには無い さあ行こう まだ見ぬ世界へ  不機嫌な毎日のなかで つまらないノルマこなして 少しの安堵手にしたら 疲れて眠る繰り返し  いつしか 心は 疑問さえも無くして 目にすることだけを 全てと思っていた  壊してく 絡みつく 錆び付いた常識を この心 思いのまま 真っ白に塗り替えるから  一人で過ごすこの夜に 立ち止まる事はできない アクセル踏めば加速して 流れる景色置いていく  あれから 私は 答えを求めている 信じた 瞬間に 真実が目を醒ます  リミットを外してく 新しい私へと 変われたら 君と2人 さあ行こう まだ見ぬ明日へ  私だけ超えていく この夜を突き抜けて ルールなどここには無い さあ行こう まだ見ぬ世界へ 壊してく 絡みつく 錆び付いた常識を この心 思いのまま 真っ白に塗り替えるから
divine criminal哀しいほどの漆黒の闇に 蠢(うごめ)く痛み 問い続ける罪 真実と嘘 抗(あらが)う その日々はやがて僅かな光 絶望を照らした  いつからか捜していた いくつもの夜を越えて この心を映す幻影 壊せるほどに強い救いを 苦しみで逃げ場のない 毎日に支配された この世界で求め続けた 明日を信じるその意味を  震えるこの鼓動が 力を生み出す時 隣に感じる同じ息吹が 絆を超えていく  放つ光は全てを貫く 強い力は未来を切り裂く 儚く散った涙の数だけ その存在を越えた真実に辿り着く  巡り行く日々の中で いくつもの迷い抱いて この心に映る記憶を 壊せないまま抗(あらが)っている 立ち止まり見上げた空 幻想が溢れている この世界を生き抜く意味を 教えてくれた君がいた  言葉なんていらない 結果だけが全てと ただ走り続け 闘う希望 失くさず生きてきた  叶わぬ夢を抱(いだ)く暇はなく 過去を振り切るその意思は高く 切なく響く息遣いだけが この生命(いのち)燃える限り その嘘を呑み込む  心のままに生きていくこと それだけは失くしたくはない この不条理な世界がいま 音を立てずに崩れ落ちても  哀しいほどに美しい罪が 囁(ささや)いている 幻惑の罰(ばつ)を 真実と嘘 抗(あらが)う その日々に永遠(とわ)の痛み抱きしめ 絶望に堕ちてく  放つ光は全てを貫く 強い力は未来を切り裂く 儚く散った涙の数だけ その存在を超えてく 叶わぬ夢を抱(いだ)く暇はなく 過去を振り切るその意思は高く 切なく響く息遣いだけが この生命(いのち)燃える限り その嘘を呑み込むfripSide八木沼悟志八木沼悟志Satoshi Yaginuma哀しいほどの漆黒の闇に 蠢(うごめ)く痛み 問い続ける罪 真実と嘘 抗(あらが)う その日々はやがて僅かな光 絶望を照らした  いつからか捜していた いくつもの夜を越えて この心を映す幻影 壊せるほどに強い救いを 苦しみで逃げ場のない 毎日に支配された この世界で求め続けた 明日を信じるその意味を  震えるこの鼓動が 力を生み出す時 隣に感じる同じ息吹が 絆を超えていく  放つ光は全てを貫く 強い力は未来を切り裂く 儚く散った涙の数だけ その存在を越えた真実に辿り着く  巡り行く日々の中で いくつもの迷い抱いて この心に映る記憶を 壊せないまま抗(あらが)っている 立ち止まり見上げた空 幻想が溢れている この世界を生き抜く意味を 教えてくれた君がいた  言葉なんていらない 結果だけが全てと ただ走り続け 闘う希望 失くさず生きてきた  叶わぬ夢を抱(いだ)く暇はなく 過去を振り切るその意思は高く 切なく響く息遣いだけが この生命(いのち)燃える限り その嘘を呑み込む  心のままに生きていくこと それだけは失くしたくはない この不条理な世界がいま 音を立てずに崩れ落ちても  哀しいほどに美しい罪が 囁(ささや)いている 幻惑の罰(ばつ)を 真実と嘘 抗(あらが)う その日々に永遠(とわ)の痛み抱きしめ 絶望に堕ちてく  放つ光は全てを貫く 強い力は未来を切り裂く 儚く散った涙の数だけ その存在を超えてく 叶わぬ夢を抱(いだ)く暇はなく 過去を振り切るその意思は高く 切なく響く息遣いだけが この生命(いのち)燃える限り その嘘を呑み込む
dual existenceここにいる 今その意味を 君と強く確かめた  彷徨っている 君の存在を共に見つめて 心に宿る確かな意識を捜して たった一つの未来を夢見た意味を感じて 儚い想いを この瞳に焼き付けた  この街はまた 季節を超えて 新たな出会いが 笑顔に変わった とあるあの日に 感じてたこと 恐れないで この心のまま歩いた  偽りの夢に 光探しても 真実には辿り着かないと理解っているから  その幻は哀しく だけど優しく輝く 心に宿る確かな意識を捜して たった一つの未来を夢見た意味を感じて この能力が現在 情熱を放って  人はいつでも 迷いの中で 自分の心に答えを求めて 君と出会って 感じ始めた 迷いのなか 気付き始めてる決意を  傷ついた夢と 別れた現実 ひとつだった意識が生み出す それぞれの想い  解き放つのは 誰かを救う光でありたい この全身に感じる能力を信じて 振り返る現在その絆で築いた輝きが 笑顔も涙も優しく包むから  彷徨っている 君の存在を共に見つめて 心に宿る確かな意識を捜して たった一つの未来を夢見た意味を感じて この能力が現在 情熱を放って  解き放つのは 誰かを救う光でありたい この全身に感じる能力を信じて 振り返る現在 その絆で築いた輝きが 笑顔も涙も優しく包むからfripSide八木沼悟志八木沼悟志Satoshi Yaginumaここにいる 今その意味を 君と強く確かめた  彷徨っている 君の存在を共に見つめて 心に宿る確かな意識を捜して たった一つの未来を夢見た意味を感じて 儚い想いを この瞳に焼き付けた  この街はまた 季節を超えて 新たな出会いが 笑顔に変わった とあるあの日に 感じてたこと 恐れないで この心のまま歩いた  偽りの夢に 光探しても 真実には辿り着かないと理解っているから  その幻は哀しく だけど優しく輝く 心に宿る確かな意識を捜して たった一つの未来を夢見た意味を感じて この能力が現在 情熱を放って  人はいつでも 迷いの中で 自分の心に答えを求めて 君と出会って 感じ始めた 迷いのなか 気付き始めてる決意を  傷ついた夢と 別れた現実 ひとつだった意識が生み出す それぞれの想い  解き放つのは 誰かを救う光でありたい この全身に感じる能力を信じて 振り返る現在その絆で築いた輝きが 笑顔も涙も優しく包むから  彷徨っている 君の存在を共に見つめて 心に宿る確かな意識を捜して たった一つの未来を夢見た意味を感じて この能力が現在 情熱を放って  解き放つのは 誰かを救う光でありたい この全身に感じる能力を信じて 振り返る現在 その絆で築いた輝きが 笑顔も涙も優しく包むから
transitory orbit -version 2022-私の体を吹き抜けてゆく 冷たい風の中君を捜す 過ぎてく日々と共に散ってゆく 儚い夢今は忘れて…  透明なガラスの様な君の声震えていた あの時誓った夢は 今でも2人の気持ちにあるよね?  忘れないでいて君は独りじゃない 小さな約束もあの日交わしたキスも だけど今は2人背中合わせたまま 違う未来を見つめてしまってる…  恒星の輝きも いつか消え行くけれど 永遠に輝く2人の夢のカケラ そうずっと探すよ 君と私の笑顔 熱いこの想い 終わらない夜越えて  電話越し伝わらないね? もどかしい気持ちが降り積もっていくよ  あの日この場所で君と出会った日から 私のこの心は強い優しさ持った 本気で人を愛すことは難しいけれど 同じ未来を見つめて歩くこと  遠回りしてもきっと分かりあえるよ もう1度見つめて2人で居る理由を 眩しく輝く この冬の太陽が 照らす未来の道 いま陽の色に染めて  恒星の輝きもいつか消え行くけれど 永遠に輝く2人の夢のカケラ そうずっと探すよ君と私の笑顔 熱いこの想い 終わらない夜越えて  遠回りしてもきっと分かりあえるよ もう1度見つめて2人で居る理由を 眩しく輝く この冬の太陽が 照らす未来の道 いま陽の色に染めてfripSidenao・八木沼悟志八木沼悟志八木沼悟志・斎藤真也私の体を吹き抜けてゆく 冷たい風の中君を捜す 過ぎてく日々と共に散ってゆく 儚い夢今は忘れて…  透明なガラスの様な君の声震えていた あの時誓った夢は 今でも2人の気持ちにあるよね?  忘れないでいて君は独りじゃない 小さな約束もあの日交わしたキスも だけど今は2人背中合わせたまま 違う未来を見つめてしまってる…  恒星の輝きも いつか消え行くけれど 永遠に輝く2人の夢のカケラ そうずっと探すよ 君と私の笑顔 熱いこの想い 終わらない夜越えて  電話越し伝わらないね? もどかしい気持ちが降り積もっていくよ  あの日この場所で君と出会った日から 私のこの心は強い優しさ持った 本気で人を愛すことは難しいけれど 同じ未来を見つめて歩くこと  遠回りしてもきっと分かりあえるよ もう1度見つめて2人で居る理由を 眩しく輝く この冬の太陽が 照らす未来の道 いま陽の色に染めて  恒星の輝きもいつか消え行くけれど 永遠に輝く2人の夢のカケラ そうずっと探すよ君と私の笑顔 熱いこの想い 終わらない夜越えて  遠回りしてもきっと分かりあえるよ もう1度見つめて2人で居る理由を 眩しく輝く この冬の太陽が 照らす未来の道 いま陽の色に染めて
true resonanceあの瞬間を忘れない 想い出のその色を 2人で重ねた季節のtrue resonance 空に描いた言葉  夕立は過ぎ去り 赤く染まる空を見てた 夏の終わり告げる 涼風に心洗った  過ぎていく毎日の中で 無くしてしまいそうな夢でも 大切に育む勇気が いま2人を照らしている  君と一緒に踏み出した 夏の陽は優しくて 心に溶けていく君の笑顔 あの瞬間を忘れない 想い出のその色を 未来輝く新しい季節に 今弾けるsympathy  ぼんやり空眺め あの雲は君に見えると 笑った君のこと とても愛おしく思った  過ぎていくその景色の先 まだ見えない不安があっても 強く歩いていく絆が いま2人を結んでいる  終わること無いこの道を 手を繋ぎ歩いてく 交わした痛みさえチカラになる あの瞬間を忘れない 想い出のその色を 2人で重ねた季節のtrue resonance 空に描いた言葉  君と一緒に踏み出した 夏の陽は優しくて 心に溶けていく君の笑顔 あの瞬間を忘れない 想い出のその色を 未来輝く新しい季節に 今弾ける  終わること無い日々を 手を繋ぎ歩いてく 交わした痛みさえチカラになる あの瞬間を忘れない 想い出のその色を 2人で重ねた季節のtrue resonance 空に描いた言葉fripSideSatoshi YaginumaSatoshi YaginumaSatoshi Yaginumaあの瞬間を忘れない 想い出のその色を 2人で重ねた季節のtrue resonance 空に描いた言葉  夕立は過ぎ去り 赤く染まる空を見てた 夏の終わり告げる 涼風に心洗った  過ぎていく毎日の中で 無くしてしまいそうな夢でも 大切に育む勇気が いま2人を照らしている  君と一緒に踏み出した 夏の陽は優しくて 心に溶けていく君の笑顔 あの瞬間を忘れない 想い出のその色を 未来輝く新しい季節に 今弾けるsympathy  ぼんやり空眺め あの雲は君に見えると 笑った君のこと とても愛おしく思った  過ぎていくその景色の先 まだ見えない不安があっても 強く歩いていく絆が いま2人を結んでいる  終わること無いこの道を 手を繋ぎ歩いてく 交わした痛みさえチカラになる あの瞬間を忘れない 想い出のその色を 2人で重ねた季節のtrue resonance 空に描いた言葉  君と一緒に踏み出した 夏の陽は優しくて 心に溶けていく君の笑顔 あの瞬間を忘れない 想い出のその色を 未来輝く新しい季節に 今弾ける  終わること無い日々を 手を繋ぎ歩いてく 交わした痛みさえチカラになる あの瞬間を忘れない 想い出のその色を 2人で重ねた季節のtrue resonance 空に描いた言葉
Two souls -toward the truth-ずっと夢見ていた 壊れそうな希望 時を超え 交差した それぞれの優しさ ふと見上げる空に 君の笑顔描く あの日から 僕達は 違う世界を見た  想いが溢れる 信じ合うことは 容易いことだと その記憶が知ってる 光と闇に隠された この未知を進むだけ 2つの想いが煌めく “君を守りたい”  心に 感じる 絆を抱きしめて 立ち上がる 時はいま 哀しみ斬り咲いて Two souls go...toward the truth! その笑顔捜して この想いが僕らを強く真実へと導く  渇きに抗えば 何かを守れると 縋(すが)っては 迷い込む 永遠の束縛 果てのない後悔 この瞳が映す 闇のなか 捉えてる 君が放つ光だけ  想いは必ず 君に伝えたい その時がいつか 訪れると信じて この魂が導いた 運命を刻んでく 君との約束が今も この胸に響く  光の 欠片を 拾い集めながら 傷ついた この身体 君だけに捧げる Two souls go...toward the truth! 君との記憶だけ 冷たい世界今日も温かな勇気で照らした  終わりの無い痛みから それぞれの正義を紡ぐ 闘い抜くその先に 待ち受ける結末にいま全てを託して  心に 感じる 絆を抱きしめて 立ち上がる 時はいま 哀しみ斬り咲いて Two souls go...toward the truth! その笑顔捜して この想いが僕らを強く真実へと導く  光の 欠片を 拾い集めながら 傷ついた この身体 君だけに捧げる Two souls go...toward the truth! 君との記憶だけ 冷たい世界今日も温かな勇気で照らしたfripSide八木沼悟志八木沼悟志Satoshi Yaginumaずっと夢見ていた 壊れそうな希望 時を超え 交差した それぞれの優しさ ふと見上げる空に 君の笑顔描く あの日から 僕達は 違う世界を見た  想いが溢れる 信じ合うことは 容易いことだと その記憶が知ってる 光と闇に隠された この未知を進むだけ 2つの想いが煌めく “君を守りたい”  心に 感じる 絆を抱きしめて 立ち上がる 時はいま 哀しみ斬り咲いて Two souls go...toward the truth! その笑顔捜して この想いが僕らを強く真実へと導く  渇きに抗えば 何かを守れると 縋(すが)っては 迷い込む 永遠の束縛 果てのない後悔 この瞳が映す 闇のなか 捉えてる 君が放つ光だけ  想いは必ず 君に伝えたい その時がいつか 訪れると信じて この魂が導いた 運命を刻んでく 君との約束が今も この胸に響く  光の 欠片を 拾い集めながら 傷ついた この身体 君だけに捧げる Two souls go...toward the truth! 君との記憶だけ 冷たい世界今日も温かな勇気で照らした  終わりの無い痛みから それぞれの正義を紡ぐ 闘い抜くその先に 待ち受ける結末にいま全てを託して  心に 感じる 絆を抱きしめて 立ち上がる 時はいま 哀しみ斬り咲いて Two souls go...toward the truth! その笑顔捜して この想いが僕らを強く真実へと導く  光の 欠片を 拾い集めながら 傷ついた この身体 君だけに捧げる Two souls go...toward the truth! 君との記憶だけ 冷たい世界今日も温かな勇気で照らした
trusty snow時を超えて 繋がり合う 気持ち いつも 感じ合えると いつか 君に 伝えたくて 今日も僕は夜を超えていく…  雑踏の中 感じ続けた 不安と苛立ちが 僕の心のベルを鳴らす この視界が歪んでた  いつからだろう? 夢に見ていた 憧れと希望は 取り留めの無い線を描き 行き先を失ってた  足元から崩れそうな世界で Stay in darkness, but hold one shiny light あの日 君と出会えた 確かな記憶だけ見つめた  時を超えて 繋がり合う 気持ち いつも 感じ合えると いつか 君に 伝えたくて 今日も僕は夜を超えていく  白く凍えそうな街に 君と交わした夢が光り この景色を照らしていく 痛みもやがて色を纏って  誓いは今も この胸の奥 迷わず輝いて 僕の心の隙間埋める でも答えが欲しかった  終わりの無い理想との戦いは Like a maze to get all my precious mind あの日 君の言葉に 救われ僕は現実(いま)を生きる  信じていた 眩しかった 未来 さえも 通り過ぎてく いつか 僕が 振り返れば 無数の欠片が過去を映す  白く震える息がほら 遠く儚い星を包む 孤独 よりも 辛いものは きっと僕が夢を失くすこと  響く鼓動 静寂へと 向かい 明日(あす)を 手繰り寄せてく 祈る ように 瞳閉じる 僕の全て赦す月明かり  白く果てなく染められて 君の影がかき消されても 僕は すぐに 辿り着ける 偽り無き想いがあるから  時を超えて 繋がり合う 気持ち いつも 感じ合えると いつか 君に 伝えたくて 今日も僕は夜を超えていく  白く凍えそうな街に 君と交わした夢が光り この景色を照らしていく 痛みもやがて色を纏ってfripSideSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma時を超えて 繋がり合う 気持ち いつも 感じ合えると いつか 君に 伝えたくて 今日も僕は夜を超えていく…  雑踏の中 感じ続けた 不安と苛立ちが 僕の心のベルを鳴らす この視界が歪んでた  いつからだろう? 夢に見ていた 憧れと希望は 取り留めの無い線を描き 行き先を失ってた  足元から崩れそうな世界で Stay in darkness, but hold one shiny light あの日 君と出会えた 確かな記憶だけ見つめた  時を超えて 繋がり合う 気持ち いつも 感じ合えると いつか 君に 伝えたくて 今日も僕は夜を超えていく  白く凍えそうな街に 君と交わした夢が光り この景色を照らしていく 痛みもやがて色を纏って  誓いは今も この胸の奥 迷わず輝いて 僕の心の隙間埋める でも答えが欲しかった  終わりの無い理想との戦いは Like a maze to get all my precious mind あの日 君の言葉に 救われ僕は現実(いま)を生きる  信じていた 眩しかった 未来 さえも 通り過ぎてく いつか 僕が 振り返れば 無数の欠片が過去を映す  白く震える息がほら 遠く儚い星を包む 孤独 よりも 辛いものは きっと僕が夢を失くすこと  響く鼓動 静寂へと 向かい 明日(あす)を 手繰り寄せてく 祈る ように 瞳閉じる 僕の全て赦す月明かり  白く果てなく染められて 君の影がかき消されても 僕は すぐに 辿り着ける 偽り無き想いがあるから  時を超えて 繋がり合う 気持ち いつも 感じ合えると いつか 君に 伝えたくて 今日も僕は夜を超えていく  白く凍えそうな街に 君と交わした夢が光り この景色を照らしていく 痛みもやがて色を纏って
trust in you -version 2022-いつの間に近付いてた 君と歩く2人の距離 伸ばす手は触れ合うかな? 君の心の1ページ ひとりだと凍えそうな もどかしさを運んでくる いたずらな冬の風は 温かく色づいていた  ずっと前から 溢れる想いが 苦しいくらい 胸を締め付けて 背中を向けて 強がってみても 君の笑顔に会いたい  いま、 始めようよ君との季節を ためらっても何も変わらない 手を繋いで明日に向かって 新しく駆け出そう 負けず嫌いな私と君は どっちが先に素直になれるか そんなことを競ってみるのも きっと面白いかもね  いつだって伝えたいと 思うほど上手くいかない 真っ直ぐに届けたくて でも届かなかった毎日  冷たく曇る 窓ガラス越しに 辿り着きたい 君が遠くなる 傷付くことを 避けてるだけなら 誰にだって出来るよね  ほら、 飛び出そうよ2人の未来は 立ち止まったままじゃ生まれない 間違ってもやり直せばいい もう一度駆け出して 君に会って昨日より今日が ほんの少し短く感じる そんなふうに思えるのはもう 「好き」が止まらないから  ねぇ…、 静かに降る粉雪の夜は 止められない涙に似てるの 綺麗なまま叶う夢なんて すぐ溶けてしまうから… 始めようよ君との季節を ためらっても何も変わらない 手を繋いで明日に向かって 新しく駆け出そう  ほら、 飛び出そうよ2人の未来は 立ち止まったままじゃ生まれない 間違ってもやり直せばいい もう一度駆け出して 君に会って昨日より今日が ほんの少し短く感じる そんなふうに思えるのはもう 「好き」が止まらないからfripSide八木沼悟志・山下慎一狼八木沼悟志八木沼悟志・斎藤真也いつの間に近付いてた 君と歩く2人の距離 伸ばす手は触れ合うかな? 君の心の1ページ ひとりだと凍えそうな もどかしさを運んでくる いたずらな冬の風は 温かく色づいていた  ずっと前から 溢れる想いが 苦しいくらい 胸を締め付けて 背中を向けて 強がってみても 君の笑顔に会いたい  いま、 始めようよ君との季節を ためらっても何も変わらない 手を繋いで明日に向かって 新しく駆け出そう 負けず嫌いな私と君は どっちが先に素直になれるか そんなことを競ってみるのも きっと面白いかもね  いつだって伝えたいと 思うほど上手くいかない 真っ直ぐに届けたくて でも届かなかった毎日  冷たく曇る 窓ガラス越しに 辿り着きたい 君が遠くなる 傷付くことを 避けてるだけなら 誰にだって出来るよね  ほら、 飛び出そうよ2人の未来は 立ち止まったままじゃ生まれない 間違ってもやり直せばいい もう一度駆け出して 君に会って昨日より今日が ほんの少し短く感じる そんなふうに思えるのはもう 「好き」が止まらないから  ねぇ…、 静かに降る粉雪の夜は 止められない涙に似てるの 綺麗なまま叶う夢なんて すぐ溶けてしまうから… 始めようよ君との季節を ためらっても何も変わらない 手を繋いで明日に向かって 新しく駆け出そう  ほら、 飛び出そうよ2人の未来は 立ち止まったままじゃ生まれない 間違ってもやり直せばいい もう一度駆け出して 君に会って昨日より今日が ほんの少し短く感じる そんなふうに思えるのはもう 「好き」が止まらないから
Dry your tearsBreak out of chains binding you down. Break from all chaining you to the ground. Overcome we shall. Conquer all our fears. Dry your tears.  Break out of chains binding you down. Break every chain and take a stand. Don't look back. We will be free. Calm your fears. Dry your tears.  切なく胸に響く 痛みの欠片を繋いでは 繰り返してる記憶 僕があの日感じた この世界の歪んだ理想 熱を持たない鼓動  夢見ることもいつか その扉を閉ざして 決められたシステムに 組み込まれていた Don't look back.  自由な意思 振りかざして 迷いなく明日を闘う 生き続ける 選択の先に 後悔なんて無い 心に強さだけを持って  Break out of chains binding you down. Break from all chaining you to the ground. Overcome we shall. Conquer all our fears. Dry your tears.  メディアから流れてる 脚色された現実たち 繰り返される 虚構 君はいつも感じる 大きな力が歪めてる 闇に隠れた都合  綺麗に並べられた 準備された目標 統制された日々は いつしか形を崩す  僕と君が描いていく 存在刻む明日を 生き続ける その痛みさえも 前に進むための力に 変わる そう信じた  今も 色褪せずに時を超えた 無くせない追憶たち 生き続ける 大切な想い ずっと信じた  自由な意思 振りかざして 迷いなく明日を闘う 生き続ける 選択の先に 後悔なんて無い 心に強さだけを持って  Break out of chains binding you down. Break from all chaining you to the ground. Overcome we shall. Conquer all our fears. Dry your tears.  Break out of chains binding you down. Break every chain and take a stand. Don't look back. We will be free. Calm your fears. Dry your tears.fripSide八木沼悟志八木沼悟志Kai Kawasaki・Satoshi YaginumaBreak out of chains binding you down. Break from all chaining you to the ground. Overcome we shall. Conquer all our fears. Dry your tears.  Break out of chains binding you down. Break every chain and take a stand. Don't look back. We will be free. Calm your fears. Dry your tears.  切なく胸に響く 痛みの欠片を繋いでは 繰り返してる記憶 僕があの日感じた この世界の歪んだ理想 熱を持たない鼓動  夢見ることもいつか その扉を閉ざして 決められたシステムに 組み込まれていた Don't look back.  自由な意思 振りかざして 迷いなく明日を闘う 生き続ける 選択の先に 後悔なんて無い 心に強さだけを持って  Break out of chains binding you down. Break from all chaining you to the ground. Overcome we shall. Conquer all our fears. Dry your tears.  メディアから流れてる 脚色された現実たち 繰り返される 虚構 君はいつも感じる 大きな力が歪めてる 闇に隠れた都合  綺麗に並べられた 準備された目標 統制された日々は いつしか形を崩す  僕と君が描いていく 存在刻む明日を 生き続ける その痛みさえも 前に進むための力に 変わる そう信じた  今も 色褪せずに時を超えた 無くせない追憶たち 生き続ける 大切な想い ずっと信じた  自由な意思 振りかざして 迷いなく明日を闘う 生き続ける 選択の先に 後悔なんて無い 心に強さだけを持って  Break out of chains binding you down. Break from all chaining you to the ground. Overcome we shall. Conquer all our fears. Dry your tears.  Break out of chains binding you down. Break every chain and take a stand. Don't look back. We will be free. Calm your fears. Dry your tears.
dawn of infinity限りなく 溢れる想いと 君と歩き出すこの場所から この瞳が 導く明日を 黎明の光が照らした Ah  一人きり歩いてた あの日の記憶を探して 色の無いその景色を彷徨う心 求めた光 いつからか気づいてた 一つの心は弱くて 今はただ感じている 信じ合う強さを  ここにいる僕を君が感じて それだけが全てだから 僕たちが そう共にあれば 誰も壊すことは出来ない  果てしない チカラを纏って 繋ぎ合う奇跡が導いた 終わりの記憶も 始まる光も この心を燃やし続けて ただ一つ 貫く希望と 僕らが解き放つその夢が 夜明け前の 世界を照らす 黎明の絆に誓って Ah  穏やかなその風に あの日の温もり感じて 立ち止まるその影には いつかの僕がうつむいている 気づかずに近づいた 差し伸べられた優しさは 僕たちを導いている 次なる世界へと  結び合う心が描いていく その痛みと喜びを この胸に刻み生きていく いつか辿り着くその日まで  どこまでも 続くこの空に 遥かなる願いが羽ばたいた 受け継いだ意思と 重ねる想いは 終わりなき未来へと向かう どれほどに 遠く離れても 僕らが築いたこの絆が 1度きりの 現在を輝く 黎明の光になるから Ah  限りなく 溢れる想いと 僕は歩き出すこの場所から その瞳だけが この心をいま 熱く燃やす糧になるから どれほどに 遠く離れても 僕らが築いたこの絆が 1度きりの 現在を輝く 黎明の光になるから Ah  果てしない チカラを纏って 繋ぎ合う奇跡が導いた 終わりの記憶も 始まる光も この心を燃やし続けて ただ一つ 貫く希望と 僕らが解き放つその夢が 夜明け前の 世界を照らす 黎明の絆に誓って AhfripSide八木沼悟志八木沼悟志Satoshi Yaginuma限りなく 溢れる想いと 君と歩き出すこの場所から この瞳が 導く明日を 黎明の光が照らした Ah  一人きり歩いてた あの日の記憶を探して 色の無いその景色を彷徨う心 求めた光 いつからか気づいてた 一つの心は弱くて 今はただ感じている 信じ合う強さを  ここにいる僕を君が感じて それだけが全てだから 僕たちが そう共にあれば 誰も壊すことは出来ない  果てしない チカラを纏って 繋ぎ合う奇跡が導いた 終わりの記憶も 始まる光も この心を燃やし続けて ただ一つ 貫く希望と 僕らが解き放つその夢が 夜明け前の 世界を照らす 黎明の絆に誓って Ah  穏やかなその風に あの日の温もり感じて 立ち止まるその影には いつかの僕がうつむいている 気づかずに近づいた 差し伸べられた優しさは 僕たちを導いている 次なる世界へと  結び合う心が描いていく その痛みと喜びを この胸に刻み生きていく いつか辿り着くその日まで  どこまでも 続くこの空に 遥かなる願いが羽ばたいた 受け継いだ意思と 重ねる想いは 終わりなき未来へと向かう どれほどに 遠く離れても 僕らが築いたこの絆が 1度きりの 現在を輝く 黎明の光になるから Ah  限りなく 溢れる想いと 僕は歩き出すこの場所から その瞳だけが この心をいま 熱く燃やす糧になるから どれほどに 遠く離れても 僕らが築いたこの絆が 1度きりの 現在を輝く 黎明の光になるから Ah  果てしない チカラを纏って 繋ぎ合う奇跡が導いた 終わりの記憶も 始まる光も この心を燃やし続けて ただ一つ 貫く希望と 僕らが解き放つその夢が 夜明け前の 世界を照らす 黎明の絆に誓って Ah
Newage君と駆けだすMidnight expedition 呼吸潜めて dissolve in darkness 走り出してく好奇心が その秘密のドアを開けた すぐに分かった毎日は ホントはもっと刺激的で 動き出したらほら 輝き始めてく 世界を感じて  君と私だけが形を作っていくの 曖昧なんていらないからもっと強く 全て許して全て委ね 変わる未来を 私達が描いていく 次なる明日を見つめる newage  The Dawn of a New Age, You just don't turn around.  1人演じる A day with no prob 誰もがみんな In a small voice 心の声を上げたいけど そんな秘密を抱きしめてる だけど最近感じてる ホントはもっとシンプルで 動き出すならほら 輝き始めてく 世界を感じて  君と私だけがルールを作っていくの 束縛なんていらないからそう楽しく 全て許して全て委ね 変わる未来は 私達が描いていく 次なる明日を見つめる newage  すぐに分かった毎日は ホントはもっと刺激的で 動き出したらほら 輝き始めてく 世界を感じて  君と私だけが形を作っていくの 曖昧なんていらないからもっと強く 全て許して全て委ね 変わる未来を 私達が描いていく 次なる明日を見つめる newage  The Dawn of a New Age, You just don't turn around.fripSideSatoshi YaginumaShinya SaitoShinya Saito君と駆けだすMidnight expedition 呼吸潜めて dissolve in darkness 走り出してく好奇心が その秘密のドアを開けた すぐに分かった毎日は ホントはもっと刺激的で 動き出したらほら 輝き始めてく 世界を感じて  君と私だけが形を作っていくの 曖昧なんていらないからもっと強く 全て許して全て委ね 変わる未来を 私達が描いていく 次なる明日を見つめる newage  The Dawn of a New Age, You just don't turn around.  1人演じる A day with no prob 誰もがみんな In a small voice 心の声を上げたいけど そんな秘密を抱きしめてる だけど最近感じてる ホントはもっとシンプルで 動き出すならほら 輝き始めてく 世界を感じて  君と私だけがルールを作っていくの 束縛なんていらないからそう楽しく 全て許して全て委ね 変わる未来は 私達が描いていく 次なる明日を見つめる newage  すぐに分かった毎日は ホントはもっと刺激的で 動き出したらほら 輝き始めてく 世界を感じて  君と私だけが形を作っていくの 曖昧なんていらないからもっと強く 全て許して全て委ね 変わる未来を 私達が描いていく 次なる明日を見つめる newage  The Dawn of a New Age, You just don't turn around.
New Worldライトが切り裂いた その闇 強く地面を蹴って 緩く描いて行く 螺旋を擦り抜ける瞬間 見つめた この夜に溶けていく 駆け抜ける想像力は 君と僕だけが感じてる  瞳は捉えてる 吐き出す嘘の矛盾を知って いつでも感じてる 違和感覚える日常に 見つけた この夜に囁いた いつもとは違う秘密は 君と僕だけが知っている  知らない地図を手に 辿り着くその景色は 僕らだけが創り出せる明日 Bright New World どんな困難にも 立ち向かう強さ持って その光を追い求め進むだけ 風に乗って  繋がり合う意味 伝えた君の夢見守って 予想は止まらずに 壊れかけてく日々 そうずっと 願った この夜に捜してる いつか見たあの星空を 君と僕だけが信じてる  奇跡が舞い降りて 君と出会った時から その未来は始まりを告げてた Bright New World いつか終わりが来る 限界まで駆け抜ける その光に追いついてみせるから 風に乗って  知らない地図を手に 辿り着くその景色は 僕らだけが創り出せる明日 Bright New World どんな困難にも 立ち向かう強さ持って その光を追い求め進むだけ  奇跡が舞い降りて 君と出会った時から その未来は始まりを告げてた Bright New World いつか終わりが来る 限界まで駆け抜ける その光に追いついてみせるから 風に乗って 穏やかな風にfripSide八木沼悟志斎藤真也八木沼悟志・斎藤真也ライトが切り裂いた その闇 強く地面を蹴って 緩く描いて行く 螺旋を擦り抜ける瞬間 見つめた この夜に溶けていく 駆け抜ける想像力は 君と僕だけが感じてる  瞳は捉えてる 吐き出す嘘の矛盾を知って いつでも感じてる 違和感覚える日常に 見つけた この夜に囁いた いつもとは違う秘密は 君と僕だけが知っている  知らない地図を手に 辿り着くその景色は 僕らだけが創り出せる明日 Bright New World どんな困難にも 立ち向かう強さ持って その光を追い求め進むだけ 風に乗って  繋がり合う意味 伝えた君の夢見守って 予想は止まらずに 壊れかけてく日々 そうずっと 願った この夜に捜してる いつか見たあの星空を 君と僕だけが信じてる  奇跡が舞い降りて 君と出会った時から その未来は始まりを告げてた Bright New World いつか終わりが来る 限界まで駆け抜ける その光に追いついてみせるから 風に乗って  知らない地図を手に 辿り着くその景色は 僕らだけが創り出せる明日 Bright New World どんな困難にも 立ち向かう強さ持って その光を追い求め進むだけ  奇跡が舞い降りて 君と出会った時から その未来は始まりを告げてた Bright New World いつか終わりが来る 限界まで駆け抜ける その光に追いついてみせるから 風に乗って 穏やかな風に
hurting heart折れそうな心は 孤独なまま震えて 差し伸べられたその手の温もりを 求めた 確かな旋律を 一緒に奏でよう 今私の想いと重なるから into your black heart  笑い方さえ 忘れてしまっていた 全てなくすはずだった でも残されてた ひとつの痛みだけが 生きてる証になった  あなたもきっと違った哀しみを抱きながら…ただ 儚いほどの涙を見せるように 深淵の瞳で私を 映した  折れそうな心は 孤独なまま震えて 差し伸べられたその手の温もりを求めた 確かな旋律を 一緒に奏でよう 今私の想いと重なるから into your black heart  歩き方さえ いつまでも手探りで 諦めていた明日も 隣にやさしく 寄り添う影があれば 何度だって立てるから  人はそれぞれ違った時に生まれ出会った…そう その瞬間に同じ時を感じて あなたと描く物語が 始まる  臆病な心で 夢のカケラ集めて 闇に紛れたあなたの温もりを 見つけた あなたの存在は 強い力になる 今私の想いが溢れるから on find break my heart  傷ついた翼に 二人の夢を乗せて 今日も羽ばたくあなたは真実を 求めた 私が願うのは あなたとの絆だけ 色褪せない約束をこの胸に 刻んだ 確かな旋律を 二人で奏でたい 今私の想いと重なるまま 響いてく…fripSide八木沼悟志・山下慎一狼八木沼悟志折れそうな心は 孤独なまま震えて 差し伸べられたその手の温もりを 求めた 確かな旋律を 一緒に奏でよう 今私の想いと重なるから into your black heart  笑い方さえ 忘れてしまっていた 全てなくすはずだった でも残されてた ひとつの痛みだけが 生きてる証になった  あなたもきっと違った哀しみを抱きながら…ただ 儚いほどの涙を見せるように 深淵の瞳で私を 映した  折れそうな心は 孤独なまま震えて 差し伸べられたその手の温もりを求めた 確かな旋律を 一緒に奏でよう 今私の想いと重なるから into your black heart  歩き方さえ いつまでも手探りで 諦めていた明日も 隣にやさしく 寄り添う影があれば 何度だって立てるから  人はそれぞれ違った時に生まれ出会った…そう その瞬間に同じ時を感じて あなたと描く物語が 始まる  臆病な心で 夢のカケラ集めて 闇に紛れたあなたの温もりを 見つけた あなたの存在は 強い力になる 今私の想いが溢れるから on find break my heart  傷ついた翼に 二人の夢を乗せて 今日も羽ばたくあなたは真実を 求めた 私が願うのは あなたとの絆だけ 色褪せない約束をこの胸に 刻んだ 確かな旋律を 二人で奏でたい 今私の想いと重なるまま 響いてく…
Passage冷たい夜空に思い出す 始まりの時 あの日からいつも 忘れることない 強く刻んだ言葉  重ねた月日とその絆 温かな夢 何も壊れずに こんな毎日が ずっと続く気がしてた  想いは果てなく いくつもの景色を越えてきた 君と辿り着くべきその場所まで かけがえのない時間を刻んで  これほど遠く 歩いてきて 今は君を近くに感じる ここから続く この道の終わりに 輝きを探して  降り積もる気持ち 言葉には出来ないままで あの日からずっと 探していたんだ この想いの居場所を  重ねた月日に過ぎ去った 想いや夢を 笑顔の数だけ 形にしたくて 理想を追い続けてた  まっすぐ見つめる 君の瞳に輝く未来(あした) やがて辿り着くべきその場所まで 繋いだこの手を離さないから  こんなにもいま 感じている 信じ合える気持ちの強さを まだ歩けるよ 新しい季節に 向かう勇気抱いて  想いは果てなく いくつもの景色を越えてきた 君と辿り着くべきその場所まで かけがえのない時間を刻んで  これほど遠く 歩いてきて 今は君を近くに感じる ここから続く この道の終わりに 輝きを探して  こんなにもいま 感じている 信じ合える気持ちの強さを まだ歩けるよ 新しい季節に 向かう勇気抱いて  これほど遠く 歩いてきて 今は君を近くに感じる ここから続く この道の終わりに 輝きを探してfripSide八木沼悟志八木沼悟志Satoshi Yaginuma冷たい夜空に思い出す 始まりの時 あの日からいつも 忘れることない 強く刻んだ言葉  重ねた月日とその絆 温かな夢 何も壊れずに こんな毎日が ずっと続く気がしてた  想いは果てなく いくつもの景色を越えてきた 君と辿り着くべきその場所まで かけがえのない時間を刻んで  これほど遠く 歩いてきて 今は君を近くに感じる ここから続く この道の終わりに 輝きを探して  降り積もる気持ち 言葉には出来ないままで あの日からずっと 探していたんだ この想いの居場所を  重ねた月日に過ぎ去った 想いや夢を 笑顔の数だけ 形にしたくて 理想を追い続けてた  まっすぐ見つめる 君の瞳に輝く未来(あした) やがて辿り着くべきその場所まで 繋いだこの手を離さないから  こんなにもいま 感じている 信じ合える気持ちの強さを まだ歩けるよ 新しい季節に 向かう勇気抱いて  想いは果てなく いくつもの景色を越えてきた 君と辿り着くべきその場所まで かけがえのない時間を刻んで  これほど遠く 歩いてきて 今は君を近くに感じる ここから続く この道の終わりに 輝きを探して  こんなにもいま 感じている 信じ合える気持ちの強さを まだ歩けるよ 新しい季節に 向かう勇気抱いて  これほど遠く 歩いてきて 今は君を近くに感じる ここから続く この道の終わりに 輝きを探して
perpetual wishesこの空 響き渡る 自由な想い抱いて 永久に輝く想いを きっといつか一緒に見つけよう  煌めくその冒険の始まりが 心踊る出会いを予感していた 繋がり合う 心と心が見つけた 揺るぎのない確かな熱い想いを胸に  感じあえる 今があるから 語り合える 明日もどこかで 信じる あの日の約束 高鳴る鼓動胸に 刻んだ誓い  この空を舞い上がる それぞれの幸せが 永久に輝けるように 同じ想い重ねよう 季節は移り変わり この桜が散っても 君と歩いてきた道を 振り返れば笑顔が溢れてる  思い出すよ君と出会った時を 桜が舞う街は輝きに溢れて 通じ合った 心と心がひとつに その瞬間 曇りのない君の瞳を見た  感じ合った 昨日があるから 今日も君と 繋がる絆で 守った お互いの理想 夢見る高みへと僕らを誘う  この空 響き渡る 自由な想い抱いて 永久に輝く想いを ずっと抱き続けよう 一緒なら怖くない 君と共に掴んだ 溢れる勇気抱きしめて もっともっと幸せ見つけよう  終わることなく続く闘いから 君の優しさを知ったから 僕は今 誓えるよ どんな時も 君と守り抜くその約束  この空 響き渡る 自由な想い抱いて 永久に輝く想いを きっといつか見つけよう 一緒なら  この空を舞い上がる それぞれの幸せが 永久に輝けるように 同じ想い重ねよう 季節は移り変わり この桜が散っても 君と歩いてきた道を 振り返れば笑顔が溢れてるfripSideSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma・Shinya SaitoShinya Saito・Satoshi Yaginumaこの空 響き渡る 自由な想い抱いて 永久に輝く想いを きっといつか一緒に見つけよう  煌めくその冒険の始まりが 心踊る出会いを予感していた 繋がり合う 心と心が見つけた 揺るぎのない確かな熱い想いを胸に  感じあえる 今があるから 語り合える 明日もどこかで 信じる あの日の約束 高鳴る鼓動胸に 刻んだ誓い  この空を舞い上がる それぞれの幸せが 永久に輝けるように 同じ想い重ねよう 季節は移り変わり この桜が散っても 君と歩いてきた道を 振り返れば笑顔が溢れてる  思い出すよ君と出会った時を 桜が舞う街は輝きに溢れて 通じ合った 心と心がひとつに その瞬間 曇りのない君の瞳を見た  感じ合った 昨日があるから 今日も君と 繋がる絆で 守った お互いの理想 夢見る高みへと僕らを誘う  この空 響き渡る 自由な想い抱いて 永久に輝く想いを ずっと抱き続けよう 一緒なら怖くない 君と共に掴んだ 溢れる勇気抱きしめて もっともっと幸せ見つけよう  終わることなく続く闘いから 君の優しさを知ったから 僕は今 誓えるよ どんな時も 君と守り抜くその約束  この空 響き渡る 自由な想い抱いて 永久に輝く想いを きっといつか見つけよう 一緒なら  この空を舞い上がる それぞれの幸せが 永久に輝けるように 同じ想い重ねよう 季節は移り変わり この桜が散っても 君と歩いてきた道を 振り返れば笑顔が溢れてる
before dawn daybreak重ねられた偽りに支配され 正しさと過ちは曖昧に振舞う 過ぎ行く人が垣間見せる冷笑は 全てを虚無に還す 自分のその存在さえ  These all are phantoms fake light. Sometime vanishes in dark side. I wanna... To sneak out deep night. This browning for bright.  知る事さえ許されない程 希望は深い闇を彷徨う… だけど貴方が生きる重さをくれたから この「現在(いま)」を撃ち砕ける  暗闇から紡いだ歌声では あなたの感情へは共鳴出来なくて 哀しみから涸れ果ててく勇気を 癒すための涙は絶望に捕らわれていた  These all are phantoms fake light. Sometime vanishes in dark side. I wanna... To sneak out deep night. This browning for bright.  鮮やかに輝く光へと 今あなたと2人羽ばたこう… 一欠けらでも この想いが届くのなら どんな痛みも受け入れる  あなたがそっと包んでくれた 刹那の優しさを忘れない…  儚く輪廻(まわ)る運命だから あなただけは私の真実 閉ざされていた闇の世界を突き抜けて あなたと生きて行きたい この「現在(いま)」を撃ち砕いて…fripSide八木沼悟志・山下慎一狼八木沼悟志重ねられた偽りに支配され 正しさと過ちは曖昧に振舞う 過ぎ行く人が垣間見せる冷笑は 全てを虚無に還す 自分のその存在さえ  These all are phantoms fake light. Sometime vanishes in dark side. I wanna... To sneak out deep night. This browning for bright.  知る事さえ許されない程 希望は深い闇を彷徨う… だけど貴方が生きる重さをくれたから この「現在(いま)」を撃ち砕ける  暗闇から紡いだ歌声では あなたの感情へは共鳴出来なくて 哀しみから涸れ果ててく勇気を 癒すための涙は絶望に捕らわれていた  These all are phantoms fake light. Sometime vanishes in dark side. I wanna... To sneak out deep night. This browning for bright.  鮮やかに輝く光へと 今あなたと2人羽ばたこう… 一欠けらでも この想いが届くのなら どんな痛みも受け入れる  あなたがそっと包んでくれた 刹那の優しさを忘れない…  儚く輪廻(まわ)る運命だから あなただけは私の真実 閉ざされていた闇の世界を突き抜けて あなたと生きて行きたい この「現在(いま)」を撃ち砕いて…
beyond the horizon水平線を 指でなぞった 夕闇と光の境界を 心地よい風 君の面影を 運んだ 今も 終わる季節に 迷い見つけた 壊れそうな一つの想いだけ 暮れていく街並み そっと包んでいた  心の何処かで感じてた 隠しきれない想いが溢れて 君と歩いたこの軌跡を輝かせて 笑顔も涙も 抱きしめた  Ah 僕達はやがていつか その場所へとたどり着く そこで何が待っていても この眼を逸らさない 心で繋いだこの手は 強く握ったままで 君と僕があの日見た 景色を忘れない  街の灯りが 遠く霞んで 暗闇を微かに染めている 静寂が今 君のその声を運んだ 今日も いつも感じる 迷いは今も この街の片隅に潜んで 新たな真実を 求めて彷徨った  心が選んだ選択を 後悔だけはしないと誓って あの日感じたその奇跡を忘れないで 笑顔と涙と 生きている  明日を待ちわびる今日も 昨日を懐かしむ今日も 君といつも感じてる 大切な瞬間 心で繋いだこの手を 絶対に離さないで 君と僕が描いてく 景色を焼き付けて  Ah 僕達はやがていつか その場所へとたどり着く そこで何が待っていても この眼を逸らさない 心で繋いだこの手は 強く握ったままで 君と僕があの日見た 景色を忘れない  明日を待ちわびる今日も 昨日を懐かしむ今日も 君といつも感じてる 大切な瞬間 心で繋いだこの手を 絶対に離さないで 君と僕が描いてく 景色を忘れないfripSide八木沼悟志八木沼悟志Satoshi Yaginuma水平線を 指でなぞった 夕闇と光の境界を 心地よい風 君の面影を 運んだ 今も 終わる季節に 迷い見つけた 壊れそうな一つの想いだけ 暮れていく街並み そっと包んでいた  心の何処かで感じてた 隠しきれない想いが溢れて 君と歩いたこの軌跡を輝かせて 笑顔も涙も 抱きしめた  Ah 僕達はやがていつか その場所へとたどり着く そこで何が待っていても この眼を逸らさない 心で繋いだこの手は 強く握ったままで 君と僕があの日見た 景色を忘れない  街の灯りが 遠く霞んで 暗闇を微かに染めている 静寂が今 君のその声を運んだ 今日も いつも感じる 迷いは今も この街の片隅に潜んで 新たな真実を 求めて彷徨った  心が選んだ選択を 後悔だけはしないと誓って あの日感じたその奇跡を忘れないで 笑顔と涙と 生きている  明日を待ちわびる今日も 昨日を懐かしむ今日も 君といつも感じてる 大切な瞬間 心で繋いだこの手を 絶対に離さないで 君と僕が描いてく 景色を焼き付けて  Ah 僕達はやがていつか その場所へとたどり着く そこで何が待っていても この眼を逸らさない 心で繋いだこの手は 強く握ったままで 君と僕があの日見た 景色を忘れない  明日を待ちわびる今日も 昨日を懐かしむ今日も 君といつも感じてる 大切な瞬間 心で繋いだこの手を 絶対に離さないで 君と僕が描いてく 景色を忘れない
believe in your futureここからそう始まる 明日へと続く道が 駆け出すこの気持ち どんな未来も見据えて あふれてくる勇気と希望の音が 君を後押しする  心が踊ること 思い浮かべてみて それはきっと君だけの世界をつくるカケラ 点を繋ぐように すべてが揃う時 できた線は誰にも 真似などできない光  もしも落ち込んだ時は あの日のこと思い出して それはいつもそばにある 大切に結び続けた 絆の証だから  いつでもここにある 熱く託した想い 弱さも苦しさも乗り越えた先に見える 何よりもまぶしく照らすその笑顔 君には出来るから  心が痛んで 涙を流した それはきっと君だけの世界が変わる兆し 線を繋ぐように すべてをなぞったら 新しい光たち 誰も追いつけない輝き  だけど迷った時には この温かさ感じて それはいつだって君の心の熱を とりもどすためにある歌だから  信じて昨日より 夢に近づいてると 恐れも躊躇いも 強い自分に出会うため 高い壁の向こう側にある景色 君には見えるから  いつでもここにある 熱く託した想い 弱さも苦しさも乗り越えた先に見える  ここからそう始まる 明日へと続く道が 駆け出すこの気持ち どんな未来も見据えて あふれてくる勇気と希望の音が 君を後押しするfripSideYoshino NanjoSatoshi YaginumaSatoshi Yaginumaここからそう始まる 明日へと続く道が 駆け出すこの気持ち どんな未来も見据えて あふれてくる勇気と希望の音が 君を後押しする  心が踊ること 思い浮かべてみて それはきっと君だけの世界をつくるカケラ 点を繋ぐように すべてが揃う時 できた線は誰にも 真似などできない光  もしも落ち込んだ時は あの日のこと思い出して それはいつもそばにある 大切に結び続けた 絆の証だから  いつでもここにある 熱く託した想い 弱さも苦しさも乗り越えた先に見える 何よりもまぶしく照らすその笑顔 君には出来るから  心が痛んで 涙を流した それはきっと君だけの世界が変わる兆し 線を繋ぐように すべてをなぞったら 新しい光たち 誰も追いつけない輝き  だけど迷った時には この温かさ感じて それはいつだって君の心の熱を とりもどすためにある歌だから  信じて昨日より 夢に近づいてると 恐れも躊躇いも 強い自分に出会うため 高い壁の向こう側にある景色 君には見えるから  いつでもここにある 熱く託した想い 弱さも苦しさも乗り越えた先に見える  ここからそう始まる 明日へと続く道が 駆け出すこの気持ち どんな未来も見据えて あふれてくる勇気と希望の音が 君を後押しする
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
pico scope -SACLA-解き明かしたい この瞳に映る全ての謎 この小さな宇宙にその答えを求めている  想像を超えた現実があるから… 私に宿った能力 この想いを導く  眩く輝きだす 夢をチカラにして 今解き放つ 未来を引き寄せる光 その瞬間 真実の形を照らすから このココロの煌めき 光の速さで駆け抜ける  時を超えて伝わりゆくこの星の輝きは この大きな宇宙に存在を確かめている  果てのない旅が私を誘うから… 終わり無い夢を君と一緒に見続けている  眩く溢れ出す 光を集束して 今解き放つ 人々の全ての想い 約束した答えに辿り着いた瞬間 このココロの高鳴り 無限さえも飛び越えていく  眩く輝きだす 夢をチカラにして 今解き放つ 未来を引き寄せる光 その瞬間 真実の形を照らすから このココロの煌めき 全てを照らす  眩く溢れ出す 光を集束して 今解き放つ 人々の全ての想い 約束した答えに辿り着いた瞬間 このココロの高鳴り 無限さえも飛び越えていくfripSideSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma八木沼悟志解き明かしたい この瞳に映る全ての謎 この小さな宇宙にその答えを求めている  想像を超えた現実があるから… 私に宿った能力 この想いを導く  眩く輝きだす 夢をチカラにして 今解き放つ 未来を引き寄せる光 その瞬間 真実の形を照らすから このココロの煌めき 光の速さで駆け抜ける  時を超えて伝わりゆくこの星の輝きは この大きな宇宙に存在を確かめている  果てのない旅が私を誘うから… 終わり無い夢を君と一緒に見続けている  眩く溢れ出す 光を集束して 今解き放つ 人々の全ての想い 約束した答えに辿り着いた瞬間 このココロの高鳴り 無限さえも飛び越えていく  眩く輝きだす 夢をチカラにして 今解き放つ 未来を引き寄せる光 その瞬間 真実の形を照らすから このココロの煌めき 全てを照らす  眩く溢れ出す 光を集束して 今解き放つ 人々の全ての想い 約束した答えに辿り着いた瞬間 このココロの高鳴り 無限さえも飛び越えていく
final phaseその鼓動は時を超えて 壊れない絆信じた 守りたいと願った日々 ずっと消えない想いを抱いて  儚く眩しく優しい その瞳がくれた気持ち 君と笑い合った時間 この胸に宿った記憶  言葉にできないほど 君を想い続けた失くした その痛みを能力(チカラ)に変えて 走り続けている  No one can stop this phase! いま一緒に 覚悟を心に刻んで 守りたいと誓ったから この手を君と強く結ぶ 共に過ごす時間だけが 思い出の全てだったと いつか君が笑う日まで この絆を守り貫いて  この街に今も感じる 君と一緒に見た景色 夢を描いたあの日々は この胸に響き続けて  心を感じあって 信じ合える瞬間 重ねた その絆の能力(チカラ)はやがて 現実超えていく  This is our final phase,There’s no way to retrace! 言葉はそんなに要らない かけがえないこの瞬間 信じる明日を引き寄せる 後悔など微塵もなく 現在(いま)を生き抜く強さだけ 求め合ったその奇跡が この世界に光輝いて  No one can stop this phase! いま一緒に 覚悟を心に刻んで 守りたいと誓ったから この手を君と強く結ぶ 共に過ごす時間だけが 思い出の全てだったと いつか君が笑う日まで この絆を守り貫いて  This is our final phase,There’s no way to retrace! 言葉はそんなに要らない かけがえないこの瞬間 信じる明日を引き寄せる 後悔など微塵もなく 現在(いま)を生き抜く強さだけ 求め合ったその奇跡が この世界に光輝いてfripSideSatoshi YaginumaSatoshi YaginumaSatoshi Yaginumaその鼓動は時を超えて 壊れない絆信じた 守りたいと願った日々 ずっと消えない想いを抱いて  儚く眩しく優しい その瞳がくれた気持ち 君と笑い合った時間 この胸に宿った記憶  言葉にできないほど 君を想い続けた失くした その痛みを能力(チカラ)に変えて 走り続けている  No one can stop this phase! いま一緒に 覚悟を心に刻んで 守りたいと誓ったから この手を君と強く結ぶ 共に過ごす時間だけが 思い出の全てだったと いつか君が笑う日まで この絆を守り貫いて  この街に今も感じる 君と一緒に見た景色 夢を描いたあの日々は この胸に響き続けて  心を感じあって 信じ合える瞬間 重ねた その絆の能力(チカラ)はやがて 現実超えていく  This is our final phase,There’s no way to retrace! 言葉はそんなに要らない かけがえないこの瞬間 信じる明日を引き寄せる 後悔など微塵もなく 現在(いま)を生き抜く強さだけ 求め合ったその奇跡が この世界に光輝いて  No one can stop this phase! いま一緒に 覚悟を心に刻んで 守りたいと誓ったから この手を君と強く結ぶ 共に過ごす時間だけが 思い出の全てだったと いつか君が笑う日まで この絆を守り貫いて  This is our final phase,There’s no way to retrace! 言葉はそんなに要らない かけがえないこの瞬間 信じる明日を引き寄せる 後悔など微塵もなく 現在(いま)を生き抜く強さだけ 求め合ったその奇跡が この世界に光輝いて
faraway sky明けゆく空と想いと君と僕は 迷いながらも いま全てを強さに変える  (Now spread wings and fly away. You and I will decide where we want to land. I leave it to the faraway sky. The precious memories be the melody.)  言葉にならない想い ずっと感じている想い 君のその瞳の先 何がいま見えているのだろう? いくつも乗り越えてきた 時に君と手を携え 重ねた月日はそっと その答えを隠していたね  自分らしく生きると 誓った頃を思い出す あの日描いていた夢は いつしかその形を変えて輝いていた  遥かな空と想いと君と僕は 新しい季節感じながら 流した涙もその理由も 迷いながらも いま強さに変えられたかな  (Now spread wings and fly away. You and I will decide where we want to land. I leave it to the faraway sky. The precious memories be the melody.)  優しい春の日差しも 熱い夏のあの景色も 木の葉舞う秋の風も 冷たく白い冬の夜も いくつも乗り越えてきた 時に君と背中合わせ 消せない傷跡だけは 今も痛み続けるけれど  信じ合う喜びは いつも言葉に出来なくて あの日描いていた夢は いつしか現実と交差して輝いている  明けゆく空に想いを打ち明けたら 今鮮やかに彩られてく 心に秘めてるこの気持ちを もう一度だけ 見つめてみようと思ってる  遥かな空と想いと君と僕は 新しい季節感じながら 流した涙もその理由も 迷いながらも いま強さに変えられたかな  明けゆく空に想いを打ち明けたら 今鮮やかに彩られてく 心に秘めてるこの気持ちを もう一度だけ 見つめてみようと思ってる  (Now spread wings and fly away. You and I will decide where we want to land. I leave it to the faraway sky. The precious memories be the melody.)fripSideSatoshi YaginumaSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma明けゆく空と想いと君と僕は 迷いながらも いま全てを強さに変える  (Now spread wings and fly away. You and I will decide where we want to land. I leave it to the faraway sky. The precious memories be the melody.)  言葉にならない想い ずっと感じている想い 君のその瞳の先 何がいま見えているのだろう? いくつも乗り越えてきた 時に君と手を携え 重ねた月日はそっと その答えを隠していたね  自分らしく生きると 誓った頃を思い出す あの日描いていた夢は いつしかその形を変えて輝いていた  遥かな空と想いと君と僕は 新しい季節感じながら 流した涙もその理由も 迷いながらも いま強さに変えられたかな  (Now spread wings and fly away. You and I will decide where we want to land. I leave it to the faraway sky. The precious memories be the melody.)  優しい春の日差しも 熱い夏のあの景色も 木の葉舞う秋の風も 冷たく白い冬の夜も いくつも乗り越えてきた 時に君と背中合わせ 消せない傷跡だけは 今も痛み続けるけれど  信じ合う喜びは いつも言葉に出来なくて あの日描いていた夢は いつしか現実と交差して輝いている  明けゆく空に想いを打ち明けたら 今鮮やかに彩られてく 心に秘めてるこの気持ちを もう一度だけ 見つめてみようと思ってる  遥かな空と想いと君と僕は 新しい季節感じながら 流した涙もその理由も 迷いながらも いま強さに変えられたかな  明けゆく空に想いを打ち明けたら 今鮮やかに彩られてく 心に秘めてるこの気持ちを もう一度だけ 見つめてみようと思ってる  (Now spread wings and fly away. You and I will decide where we want to land. I leave it to the faraway sky. The precious memories be the melody.)
fermata~Akkord:fortissimo~終わること無く 軌跡を描く 未知なる運命(さだめ) 斬り拓いてく 信じ続ける 正義を胸に まだ見ぬ神話にいま辿り着く  捜していた 隠されていた幻 再会がいま 止まった時を動かした ずっと心に 秘めてきた想い抱いて その光が 強いチカラに変わっていく  2つの鼓動が 共存するこの胸 訳も無く溢れてくる 勇気と希望が全てを照らして 闘いを加速する  終わること無く 軌跡を描く 未知なる運命(さだめ) 斬り拓いてく 信じ続ける 正義を胸に まだ見ぬ神話にいま辿り着く ただ従った 自分の心 その温もりを守りたいから 進み続ける 決意燃やして 届かぬ神話をいま超えていく  涙枯れて 何も見えなくなっても 誓いだけは 揺るぎなく光り続けた 胸を焦がす あの日の記憶が今も 呼び起こすよ 寄り添い理想重ねた日々  2人の鼓動が 調和を始めていく 確かめたその絆が 優しさと強さを包み響いてく 永遠を凌駕して  求め続ける 軌跡はやがて 未知なる明日を 描きはじめる 掴んだ夢を 離さないまま その空虚を全て壊していく ただ従った 自分の心 その温もりを守りたいから 進み続ける 決意燃やして 届かぬ神話をいま超えていく  終わること無く 軌跡を描く 未知なる運命(さだめ) 斬り拓いてく 信じ続ける 正義を胸に まだ見ぬ神話にいま辿り着く 求め続ける 軌跡はやがて 未知なる明日を 描きはじめる 掴んだ夢を 離さないまま その空虚を全て壊していく ただ従った 自分の心 その温もりを守りたいから 進み続ける 決意燃やして 届かぬ神話をいま超えていくfripSideSatoshi YaginumaSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma終わること無く 軌跡を描く 未知なる運命(さだめ) 斬り拓いてく 信じ続ける 正義を胸に まだ見ぬ神話にいま辿り着く  捜していた 隠されていた幻 再会がいま 止まった時を動かした ずっと心に 秘めてきた想い抱いて その光が 強いチカラに変わっていく  2つの鼓動が 共存するこの胸 訳も無く溢れてくる 勇気と希望が全てを照らして 闘いを加速する  終わること無く 軌跡を描く 未知なる運命(さだめ) 斬り拓いてく 信じ続ける 正義を胸に まだ見ぬ神話にいま辿り着く ただ従った 自分の心 その温もりを守りたいから 進み続ける 決意燃やして 届かぬ神話をいま超えていく  涙枯れて 何も見えなくなっても 誓いだけは 揺るぎなく光り続けた 胸を焦がす あの日の記憶が今も 呼び起こすよ 寄り添い理想重ねた日々  2人の鼓動が 調和を始めていく 確かめたその絆が 優しさと強さを包み響いてく 永遠を凌駕して  求め続ける 軌跡はやがて 未知なる明日を 描きはじめる 掴んだ夢を 離さないまま その空虚を全て壊していく ただ従った 自分の心 その温もりを守りたいから 進み続ける 決意燃やして 届かぬ神話をいま超えていく  終わること無く 軌跡を描く 未知なる運命(さだめ) 斬り拓いてく 信じ続ける 正義を胸に まだ見ぬ神話にいま辿り着く 求め続ける 軌跡はやがて 未知なる明日を 描きはじめる 掴んだ夢を 離さないまま その空虚を全て壊していく ただ従った 自分の心 その温もりを守りたいから 進み続ける 決意燃やして 届かぬ神話をいま超えていく
fortissimo-the ultimate crisis-GOLD LYLIC守りたいよ この胸を焦がす 何より大切なもの 導かれた 世界を照らせる 想いがこの手にあるから  何気ない日々 交わした言葉 その裏側など探ることも無く 心の奥の絆を信じて 誰もが幸せを願い続けた  突然の真実 それは悲哀(かな)しくも 逃れられない 運命に覚醒(めざ)める静かな幕開け  生き抜くため 振りかざす勇気 記憶が邪魔するのなら 自分だけの 正義を掲げて 痛みも翼に変える  止まることは もう出来ないから 瞳に焔(ほのお)を灯し 行く手阻む 存在全てを 残さず燃やし尽くすまで…  隣同士の 関係だった 二人も気付けば 背中合わせで あの日の夢を思い出す度に 誓いは揺ぎない輝き増した  壊れ行く常識 それは現実を 歪めてでも 切ない結末へと僕らを誘う  生き残った 最後の一人に 光が降り注ぐなら 孤独の闇 この手で切り裂き 明日へと辿り着くだけ  泣き叫んで 見上げた空には 愛しい笑顔が浮かぶ 何を忘れ 何を刻むのか 答えはすでに知っていた…  彷徨い出す 微かな希望を 必死に抱き締めるのは 失えない 理由があるから 僕を支える温もり…  与えられた 能力(ちから)解き放ち 今こそ叶えてみせる 涙しても 後ろ振り向かず 進むよ約束だから  生き抜くため 振りかざす勇気 記憶が邪魔するのなら 自分だけの 正義を掲げて 痛みも翼に変える  傷つくたび 確信してゆく 「誰より強くなりたい…」 穢れの無い 想い重ねよう まだ見ぬ未来 創るためGOLD LYLICfripSideyuki-kaSatoshi Yaginuma八木沼悟志守りたいよ この胸を焦がす 何より大切なもの 導かれた 世界を照らせる 想いがこの手にあるから  何気ない日々 交わした言葉 その裏側など探ることも無く 心の奥の絆を信じて 誰もが幸せを願い続けた  突然の真実 それは悲哀(かな)しくも 逃れられない 運命に覚醒(めざ)める静かな幕開け  生き抜くため 振りかざす勇気 記憶が邪魔するのなら 自分だけの 正義を掲げて 痛みも翼に変える  止まることは もう出来ないから 瞳に焔(ほのお)を灯し 行く手阻む 存在全てを 残さず燃やし尽くすまで…  隣同士の 関係だった 二人も気付けば 背中合わせで あの日の夢を思い出す度に 誓いは揺ぎない輝き増した  壊れ行く常識 それは現実を 歪めてでも 切ない結末へと僕らを誘う  生き残った 最後の一人に 光が降り注ぐなら 孤独の闇 この手で切り裂き 明日へと辿り着くだけ  泣き叫んで 見上げた空には 愛しい笑顔が浮かぶ 何を忘れ 何を刻むのか 答えはすでに知っていた…  彷徨い出す 微かな希望を 必死に抱き締めるのは 失えない 理由があるから 僕を支える温もり…  与えられた 能力(ちから)解き放ち 今こそ叶えてみせる 涙しても 後ろ振り向かず 進むよ約束だから  生き抜くため 振りかざす勇気 記憶が邪魔するのなら 自分だけの 正義を掲げて 痛みも翼に変える  傷つくたび 確信してゆく 「誰より強くなりたい…」 穢れの無い 想い重ねよう まだ見ぬ未来 創るため
fortissimo-from insanity affection-GOLD LYLIC瞳逸らす君を 惑わす 術を探る 指先 触れて どうか二人で 永遠(トワ)の狭間へ 堕ちて 眠って欲しいよ  弱く儚い 夢を信じ 欠片ほどの 勇気を 胸に 歩いてきたね 痛み忘れて だから 今だけ 優しく包んで…  運命背き 受けた罪は 心を染め上げ 響くあの鎮魂歌(レクイエム)  勢いを増す 衝動だけが 正義の名のもと 答え導いていた  君を守るためなら 光も疑えるから 甘く切なく 繰り返す 想い 世界を 歪めてゆく…  強く生きる 君が愛しい あの日見せた 涙が 二度と 零れぬように 振る舞う姿 何を 望み傷つくの?  誰もが皆 気づかずにいた 胸を焦がし 揺れる 感覚 この手にいつか 勝ち取るものは 理想 重ねた 結末という未来…  寄り添う肩に 重く積もる 哀しい現実 逃れられない呪縛  掴めないまま 追う自分を 空虚に感じて 叫び散らした孤独  君の全てを知れば 離れず居られるのかな? 高鳴る鼓動 止まる時 灯る 命も 消えるだろう…  瞳逸らす君を 惑わす 術を探る 指先 触れて どうか二人で 永遠(トワ)の狭間へ 堕ちて 眠って欲しいよ  弱く儚い 夢を信じ 欠片ほどの 勇気を 胸に 歩いてきたね 痛み忘れて だから 今だけ 優しく包んで…  記憶だけに 縋(すが)る選択 出来るのなら 楽になれると 想い込んでは 傷つけていた 君を 愛しているのに  確かめては 不安に溺れ 一つの鍵 巡り 戦う 憎しみなんて 忘れて すぐに 時を 止め溶け合いたい…  強く生きる 君が愛しい あの日見せた 涙が 二度と 零れぬように 振る舞う姿 何を 望み傷つくの?  誰もが皆 気づかずにいた 胸を焦がし 揺れる 感覚 この手にいつか 勝ち取るものは 理想 重ねた 結末という未来…GOLD LYLICfripSideyuki-kaSatoshi Yaginuma瞳逸らす君を 惑わす 術を探る 指先 触れて どうか二人で 永遠(トワ)の狭間へ 堕ちて 眠って欲しいよ  弱く儚い 夢を信じ 欠片ほどの 勇気を 胸に 歩いてきたね 痛み忘れて だから 今だけ 優しく包んで…  運命背き 受けた罪は 心を染め上げ 響くあの鎮魂歌(レクイエム)  勢いを増す 衝動だけが 正義の名のもと 答え導いていた  君を守るためなら 光も疑えるから 甘く切なく 繰り返す 想い 世界を 歪めてゆく…  強く生きる 君が愛しい あの日見せた 涙が 二度と 零れぬように 振る舞う姿 何を 望み傷つくの?  誰もが皆 気づかずにいた 胸を焦がし 揺れる 感覚 この手にいつか 勝ち取るものは 理想 重ねた 結末という未来…  寄り添う肩に 重く積もる 哀しい現実 逃れられない呪縛  掴めないまま 追う自分を 空虚に感じて 叫び散らした孤独  君の全てを知れば 離れず居られるのかな? 高鳴る鼓動 止まる時 灯る 命も 消えるだろう…  瞳逸らす君を 惑わす 術を探る 指先 触れて どうか二人で 永遠(トワ)の狭間へ 堕ちて 眠って欲しいよ  弱く儚い 夢を信じ 欠片ほどの 勇気を 胸に 歩いてきたね 痛み忘れて だから 今だけ 優しく包んで…  記憶だけに 縋(すが)る選択 出来るのなら 楽になれると 想い込んでは 傷つけていた 君を 愛しているのに  確かめては 不安に溺れ 一つの鍵 巡り 戦う 憎しみなんて 忘れて すぐに 時を 止め溶け合いたい…  強く生きる 君が愛しい あの日見せた 涙が 二度と 零れぬように 振る舞う姿 何を 望み傷つくの?  誰もが皆 気づかずにいた 胸を焦がし 揺れる 感覚 この手にいつか 勝ち取るものは 理想 重ねた 結末という未来…
Forget-me-not冷たかった季節移ろい 芽吹く 春の息吹き優しく 地面濡らす 雪解け水は あの日ながした涙  君を理解ったつもりでいたけれど 傷を分け合えなかったから こころにひとつ 咲いた後悔だけ 私を支配して  どれほどに君を求めて叫んでも 今は何も届かないこと 痛いほどこの距離を感じてるから 消せない記憶を抱いて  君とふたり この手繋いで 温もり感じたこの道を 今はひとり 雪解け水に あの季節思い出す  お互いがそう 強く歩いたから 違う目的地を見ていた 痛いほどその距離感じてたから 一緒に歩けたよ  今もきっと君は明日に向かって 澄んだその瞳穏やかに あの日と同じ笑顔でいてくれると 私は信じてるから  今もきっと君は明日に向かって 澄んだその瞳穏やかに あの日と同じ笑顔でいてくれると 私は信じてるから  どれほどに君を求めて叫んでも 今は何も届かないこと 痛いほどこの距離を感じてるから 消せない記憶を抱いてfripSide八木沼悟志斎藤真也八木沼悟志・斎藤真也冷たかった季節移ろい 芽吹く 春の息吹き優しく 地面濡らす 雪解け水は あの日ながした涙  君を理解ったつもりでいたけれど 傷を分け合えなかったから こころにひとつ 咲いた後悔だけ 私を支配して  どれほどに君を求めて叫んでも 今は何も届かないこと 痛いほどこの距離を感じてるから 消せない記憶を抱いて  君とふたり この手繋いで 温もり感じたこの道を 今はひとり 雪解け水に あの季節思い出す  お互いがそう 強く歩いたから 違う目的地を見ていた 痛いほどその距離感じてたから 一緒に歩けたよ  今もきっと君は明日に向かって 澄んだその瞳穏やかに あの日と同じ笑顔でいてくれると 私は信じてるから  今もきっと君は明日に向かって 澄んだその瞳穏やかに あの日と同じ笑顔でいてくれると 私は信じてるから  どれほどに君を求めて叫んでも 今は何も届かないこと 痛いほどこの距離を感じてるから 消せない記憶を抱いて
for Seasonsいつも歩いてた 黄昏に染まるこの道 いくつもの季節 光り続けていた願い 夢はいつだって 輝きを無くさなかった だから迷わずに この場所に辿り着けた  君だけがくれる気持ちが 遥かな空に煌めいて 鮮やかに色付いてく 温かな光を抱いて まだ見ぬ明日へ向かう  いつだって“想い”だけは この胸にずっと響いてる 君といま描き出そう 輝く季節を感じながら 穏やかに笑い合える 時間がここにあるから 大好きな気持ち 大切に「今」をもっと抱きしめた  潮風に揺れた あの日の気持ち忘れない 懐かしい記憶 優しい想いで溢れる 夢の続きなら いつでも君と見れるから 降り積もる想い この景色を染めていく  ときめきを離せないから その瞬間を忘れない この手伸ばして触れたい 揺るぎの無い決意がいま 君と僕を照らして  いつの日も思い出そう 君と歩いてるこの日々を 一歩ずつ進みたいよ 少しずつ大切にしたいよ 待ち侘びるその季節が いつか来ると信じてる だから歩き出す 真っ直ぐな想い 鍵をかけたまま  いつの日も思い出そう 君と歩いてるこの日々を 一歩ずつ進みたいよ 少しずつ大切にしたいよ 穏やかに笑い合える 時間がここにあるから 大好きな気持ち 大切に「今」をもっと抱きしめた  いつだって想いだけは 君といま描き出そう 待ち侘びたこの季節が その奇跡までは 真っ直ぐな想い 鍵をかけたままfripSideSatoshi YaginumaSatoshi YaginumaShinya Saito・Satoshi Yaginumaいつも歩いてた 黄昏に染まるこの道 いくつもの季節 光り続けていた願い 夢はいつだって 輝きを無くさなかった だから迷わずに この場所に辿り着けた  君だけがくれる気持ちが 遥かな空に煌めいて 鮮やかに色付いてく 温かな光を抱いて まだ見ぬ明日へ向かう  いつだって“想い”だけは この胸にずっと響いてる 君といま描き出そう 輝く季節を感じながら 穏やかに笑い合える 時間がここにあるから 大好きな気持ち 大切に「今」をもっと抱きしめた  潮風に揺れた あの日の気持ち忘れない 懐かしい記憶 優しい想いで溢れる 夢の続きなら いつでも君と見れるから 降り積もる想い この景色を染めていく  ときめきを離せないから その瞬間を忘れない この手伸ばして触れたい 揺るぎの無い決意がいま 君と僕を照らして  いつの日も思い出そう 君と歩いてるこの日々を 一歩ずつ進みたいよ 少しずつ大切にしたいよ 待ち侘びるその季節が いつか来ると信じてる だから歩き出す 真っ直ぐな想い 鍵をかけたまま  いつの日も思い出そう 君と歩いてるこの日々を 一歩ずつ進みたいよ 少しずつ大切にしたいよ 穏やかに笑い合える 時間がここにあるから 大好きな気持ち 大切に「今」をもっと抱きしめた  いつだって想いだけは 君といま描き出そう 待ち侘びたこの季節が その奇跡までは 真っ直ぐな想い 鍵をかけたまま
future gazerGOLD LYLIC(fu woo.. fu woo.. Try to be glorious believer. Just to.. go on.. realize soulful heart)  Let's fly faraway! 届きたい 君と約束した未来 躊躇い(ためらい)も 踏み越えて 飛び立てる 胸に 響く 夢があるから  朝の陽射しの眩しさに 今日も街は目を覚まして 爽やかな風が運んだ 予感に心弾ませた  瞳に映った 景色が輝きだしたら 自然に 通じ合う想い 無邪気な笑顔咲かせた  手を伸ばし 抱きしめた 色鮮やかな現実は 誰一人 壊せない いつだって ずっと信じてるから  For shining truth! もしいつか 戸惑い 心が震えても 迷いなく 手を繋ぎ 駆け出すよ 強い絆がここにあるから!  この街を 茜に染めた 夕陽の色が優しくて 振り向いた その瞬間に 君の心を感じてた  出逢えた奇跡が 導く明日(あした)があるから 誓うよ 揺るぎ無い私を もう失くしたりしない  想像を 超えてゆく 瞬間に刻まれる記憶 守りたい それだけで 眼差しは 強い力に変わる  For dreaming eyes! 満ちてゆく 希望で 不安をかき消して 遠くても 近くでも 感じてる 君を 未来はここにあるから!  辿り着く その場所は あの日君と願ってた夢 まっすぐに 見つめてた 明かせない 夜は ないと 知ったから  Try anytime! 煌いた(きらめいた) 光の欠片を集めたら 果てしない 大空に 解き放つ 君に 伝えたい言葉  Precious days! 抱きしめた 色鮮やかな現実は 誰一人 壊せない いつだって 強く信じてるから  For shining truth! もしいつか 戸惑い 心が震えても 迷いなく 手を繋ぎ 駆け出すよ 強い 絆がここにあるから!GOLD LYLICfripSideSatoshi Yaginuma・yuki-kaSatoshi Yaginuma八木沼悟志(fu woo.. fu woo.. Try to be glorious believer. Just to.. go on.. realize soulful heart)  Let's fly faraway! 届きたい 君と約束した未来 躊躇い(ためらい)も 踏み越えて 飛び立てる 胸に 響く 夢があるから  朝の陽射しの眩しさに 今日も街は目を覚まして 爽やかな風が運んだ 予感に心弾ませた  瞳に映った 景色が輝きだしたら 自然に 通じ合う想い 無邪気な笑顔咲かせた  手を伸ばし 抱きしめた 色鮮やかな現実は 誰一人 壊せない いつだって ずっと信じてるから  For shining truth! もしいつか 戸惑い 心が震えても 迷いなく 手を繋ぎ 駆け出すよ 強い絆がここにあるから!  この街を 茜に染めた 夕陽の色が優しくて 振り向いた その瞬間に 君の心を感じてた  出逢えた奇跡が 導く明日(あした)があるから 誓うよ 揺るぎ無い私を もう失くしたりしない  想像を 超えてゆく 瞬間に刻まれる記憶 守りたい それだけで 眼差しは 強い力に変わる  For dreaming eyes! 満ちてゆく 希望で 不安をかき消して 遠くても 近くでも 感じてる 君を 未来はここにあるから!  辿り着く その場所は あの日君と願ってた夢 まっすぐに 見つめてた 明かせない 夜は ないと 知ったから  Try anytime! 煌いた(きらめいた) 光の欠片を集めたら 果てしない 大空に 解き放つ 君に 伝えたい言葉  Precious days! 抱きしめた 色鮮やかな現実は 誰一人 壊せない いつだって 強く信じてるから  For shining truth! もしいつか 戸惑い 心が震えても 迷いなく 手を繋ぎ 駆け出すよ 強い 絆がここにあるから!
冬のかけらひとつ響いてく 夜の街に足音 遠い光が 私を淡く照らす 寒さまとった 風が通り抜けても 今は短い 髪先が揺れるだけ  叶わないままの約束もあるね 淋しさも消えて 少し懐かしいと思う ああ 記憶のかけら  ひとりで歩きはじめた この道は白く深く 私だけの色に染まりだす 思い出に塗りかえてく きっとまた優しい人 出会う日がくるのだろう …口ずさむ音楽 あなたからあの日聴いた 冬のMelody  そばにいるだけが 守る事ではないと 知った、痛みも喜びも切なさも。  あなたをわかった数と同じだけ 気付かないでいた 私自身の事知った そう 強さのかけら  今年、雪のはじまりを ひとりで見守るけれど 不思議と怖くない あの頃と変われたような私がいる あなたの言ってた意味が 今は少しだけわかる 涙も乗り越えた あの日より強くなれた 冬のMemory  ああ 記憶のかけら ひとりで歩きはじめた この道は白く深く 私だけの色に 染まりだす 思い出に塗りかえてく 今年、雪のはじまりを ひとりで見守るけれど 涙も乗り越えた あの日より強くなれた 冬のStoryfripSide南條愛乃八木沼悟志Satoshi Yaginumaひとつ響いてく 夜の街に足音 遠い光が 私を淡く照らす 寒さまとった 風が通り抜けても 今は短い 髪先が揺れるだけ  叶わないままの約束もあるね 淋しさも消えて 少し懐かしいと思う ああ 記憶のかけら  ひとりで歩きはじめた この道は白く深く 私だけの色に染まりだす 思い出に塗りかえてく きっとまた優しい人 出会う日がくるのだろう …口ずさむ音楽 あなたからあの日聴いた 冬のMelody  そばにいるだけが 守る事ではないと 知った、痛みも喜びも切なさも。  あなたをわかった数と同じだけ 気付かないでいた 私自身の事知った そう 強さのかけら  今年、雪のはじまりを ひとりで見守るけれど 不思議と怖くない あの頃と変われたような私がいる あなたの言ってた意味が 今は少しだけわかる 涙も乗り越えた あの日より強くなれた 冬のMemory  ああ 記憶のかけら ひとりで歩きはじめた この道は白く深く 私だけの色に 染まりだす 思い出に塗りかえてく 今年、雪のはじまりを ひとりで見守るけれど 涙も乗り越えた あの日より強くなれた 冬のStory
flower of bravery誰かに捧ぐ命なら 自分の境界も越えて 今ならば ここでなら 強さに変わり 明日へ続くよ  忘れたい景色があり 忘れたい記憶もある 渦のような迷いを絶てずに 下を向くプライド 瓦礫に埋もれた光 もしもそれに気づいたら キミはきっと 踏み出しているね 新しい扉へと  風のように 流麗な剣の舞 生まれいづる天命は この手に奇跡を宿した flower of bravery!  真実だけを追い求め 気付けばそこにキミが居た 特別な存在は いつか絆に変わる 記憶の隅に映り込む 切り離せない悲しみも 今ならば ここでなら 強さに変わり 明日へ続くよ  傷を負った夢の為 凍えそうな夜が来る 眠らないでこのまま居たくて 星達を数えた 涙を落とす意味とか 勇気に変える仕組みを キミはきっと 知っているはずさ その手に掴む物を  砂を蹴って 峻烈な鈴の舞 守り賜へ愛しい人 我が身を振り返らぬまま flower of bravery!  誰かに捧ぐ命なら 自分の境界も越えて その先に突き抜けた 蒼色の激情 孤独の雨が冷たいなら あの日に誓った四神を 呼び覚ませ 霊合いは時空を越えて 伝説になる  戦う事に意味は無く 守るべき者があるだけ ただそれを 胸に秘め 真っ白なまま  真実だけを追い求め 気付けばそこにキミが居た 特別な存在は いつか絆に変わる 記憶の隅に映り込む 切り離せない悲しみも 今ならば ここでなら 強さに変わり 明日へ続くよfripSide志倉千代丸志倉千代丸八木沼悟志誰かに捧ぐ命なら 自分の境界も越えて 今ならば ここでなら 強さに変わり 明日へ続くよ  忘れたい景色があり 忘れたい記憶もある 渦のような迷いを絶てずに 下を向くプライド 瓦礫に埋もれた光 もしもそれに気づいたら キミはきっと 踏み出しているね 新しい扉へと  風のように 流麗な剣の舞 生まれいづる天命は この手に奇跡を宿した flower of bravery!  真実だけを追い求め 気付けばそこにキミが居た 特別な存在は いつか絆に変わる 記憶の隅に映り込む 切り離せない悲しみも 今ならば ここでなら 強さに変わり 明日へ続くよ  傷を負った夢の為 凍えそうな夜が来る 眠らないでこのまま居たくて 星達を数えた 涙を落とす意味とか 勇気に変える仕組みを キミはきっと 知っているはずさ その手に掴む物を  砂を蹴って 峻烈な鈴の舞 守り賜へ愛しい人 我が身を振り返らぬまま flower of bravery!  誰かに捧ぐ命なら 自分の境界も越えて その先に突き抜けた 蒼色の激情 孤独の雨が冷たいなら あの日に誓った四神を 呼び覚ませ 霊合いは時空を越えて 伝説になる  戦う事に意味は無く 守るべき者があるだけ ただそれを 胸に秘め 真っ白なまま  真実だけを追い求め 気付けばそこにキミが居た 特別な存在は いつか絆に変わる 記憶の隅に映り込む 切り離せない悲しみも 今ならば ここでなら 強さに変わり 明日へ続くよ
Freezing rain灰色に染まった 空を眺めている 木枯らし吹く街に君を思い出す 君と出会った日に 交わした少しの言葉を 今も忘れずに 抱きしめてる  螺旋を描き 羽ばたく鳥は あの日 見ていた景色のまま 懐かしい日々 振り返るいま 君の優しさを思い出す  風が冷たい 海岸線を 君と歩いたあの季節は その偶然も その必然も 全て僕らの居場所だった  信じ合い歩いたその日々は 温かく だけど時には傷付いたね そんな時も無言で委ねあう気持ち かけがえの無い存在を (Not that you're gone)  最後の最後まで 心が通じ合う 存在を確かめ合い交わした夢 通じ合う勇気は 何より大事だといつも 君は僕に教えてくれてた  みぞれ混じりの 冷たい雨は 僕の心にいま響く 過ぎた時間を見つめ直して 君との記憶を刻んでる  長い時間を共に過ごして 同じ景色を違う目で見ていたよね 君らしく歩き出すその後ろ姿 見守ると決めていたから (Got to let you go)  光が溢れてく たくさんの想いと 自分だけが知る真実を見つめた 流れる涙だけ 温かな色を纏って 灰色の空に溶けて消えた  信じ合い歩いたその日々は 温かく だけど時には傷付いたね そんな時も無言で委ねあう気持ち かけがえの無い存在を (Not that you're gone)  灰色に染まった 空を眺めている 木枯らし吹く街に君を思い出す 君と出会った日に 交わした少しの言葉を 今も忘れずに 抱きしめた  最後の最後まで 心が通じ合う 存在を確かめ合い交わした夢 通じ合う勇気は 何より大事だといつも 君は僕に教えてくれてたfripSideSatoshi YaginumaSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma・Shinya Saito灰色に染まった 空を眺めている 木枯らし吹く街に君を思い出す 君と出会った日に 交わした少しの言葉を 今も忘れずに 抱きしめてる  螺旋を描き 羽ばたく鳥は あの日 見ていた景色のまま 懐かしい日々 振り返るいま 君の優しさを思い出す  風が冷たい 海岸線を 君と歩いたあの季節は その偶然も その必然も 全て僕らの居場所だった  信じ合い歩いたその日々は 温かく だけど時には傷付いたね そんな時も無言で委ねあう気持ち かけがえの無い存在を (Not that you're gone)  最後の最後まで 心が通じ合う 存在を確かめ合い交わした夢 通じ合う勇気は 何より大事だといつも 君は僕に教えてくれてた  みぞれ混じりの 冷たい雨は 僕の心にいま響く 過ぎた時間を見つめ直して 君との記憶を刻んでる  長い時間を共に過ごして 同じ景色を違う目で見ていたよね 君らしく歩き出すその後ろ姿 見守ると決めていたから (Got to let you go)  光が溢れてく たくさんの想いと 自分だけが知る真実を見つめた 流れる涙だけ 温かな色を纏って 灰色の空に溶けて消えた  信じ合い歩いたその日々は 温かく だけど時には傷付いたね そんな時も無言で委ねあう気持ち かけがえの無い存在を (Not that you're gone)  灰色に染まった 空を眺めている 木枯らし吹く街に君を思い出す 君と出会った日に 交わした少しの言葉を 今も忘れずに 抱きしめた  最後の最後まで 心が通じ合う 存在を確かめ合い交わした夢 通じ合う勇気は 何より大事だといつも 君は僕に教えてくれてた
Flames本音を隠した 密やかなる嘘 冷たい炎だけを感じながら 誰かを救って 誰かに救われた 矛盾が絡み合い掻き消した  現実を知るたび 奪われていく感情が その遥かな壁を 叩く音 聴こえ始める  真実を理解したなら さよなら告げた 間違いさえも この夜に溶けて消え行く 正しさだけが 告げる痛みを感じて  浅く息をして 見過ごした昨日 いつかのその傷の在処探して 答え合わせては 安心できていた 予定が調和する毎日に  あの時感じてた 違和感をまだ覚えてる 壊せないバランス いつからかひび割れていた  何一つ 無くさないよう ココロに鍵をかけたあの日々 この夜がそっと照らした あの日の君が 導く道を辿って  真実を理解したなら さよなら告げた 間違いさえも この夜に溶けて消え行く 正しさだけが 告げる痛みは  何一つ 無くさないよう ココロに鍵をかけたあの日々 この夜がそっと照らした あの日の君が 導く道を辿ってfripSide八木沼悟志八木沼悟志八木沼悟志・斎藤真也本音を隠した 密やかなる嘘 冷たい炎だけを感じながら 誰かを救って 誰かに救われた 矛盾が絡み合い掻き消した  現実を知るたび 奪われていく感情が その遥かな壁を 叩く音 聴こえ始める  真実を理解したなら さよなら告げた 間違いさえも この夜に溶けて消え行く 正しさだけが 告げる痛みを感じて  浅く息をして 見過ごした昨日 いつかのその傷の在処探して 答え合わせては 安心できていた 予定が調和する毎日に  あの時感じてた 違和感をまだ覚えてる 壊せないバランス いつからかひび割れていた  何一つ 無くさないよう ココロに鍵をかけたあの日々 この夜がそっと照らした あの日の君が 導く道を辿って  真実を理解したなら さよなら告げた 間違いさえも この夜に溶けて消え行く 正しさだけが 告げる痛みは  何一つ 無くさないよう ココロに鍵をかけたあの日々 この夜がそっと照らした あの日の君が 導く道を辿って
frosty breeze君と歩いていた 懐かしい街並み あの時と変わらぬまま 今も輝いている そう あの日からずっと 避けてきた景色は いくつもの季節超えて その想いを隠し続けた  切なさ忘れるため 思い出消したくても 温かなあの日々は消すことなんてできない 確かな大切な記憶  君と手を繋ぎ歩いてた 冷たい手を握り返した 些細な何気無い日常 記憶の欠片が輝いている  冷たい雨の音が 路地裏に優しく 響いてる 静かな夜 君の笑顔が浮かぶ そう あの日からずっと 探していたんだね 哀しさと向かい合える 強い気持ち抱ける理由  果てしないと思えた 胸に痛む淋しさ 君を失ってから いくつもの夜を越えて 確かな時間を見つめて  本当は今も寂しくて その面影を探している だけど私は強く強く 新しい一歩を歩き出すよ  きっと失くせない 君と手を繋ぎ歩いてた 冷たい手を握り返した 些細な何気無い日常 記憶の欠片が輝いている 本当は今も寂しくて その面影を探している だけど私は強く強く 新しい一歩を歩き出すよ 冷たい風 あの日のままで ずっと君の 隣で笑っていたかったよfripSideSatoshi YaginumaSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma君と歩いていた 懐かしい街並み あの時と変わらぬまま 今も輝いている そう あの日からずっと 避けてきた景色は いくつもの季節超えて その想いを隠し続けた  切なさ忘れるため 思い出消したくても 温かなあの日々は消すことなんてできない 確かな大切な記憶  君と手を繋ぎ歩いてた 冷たい手を握り返した 些細な何気無い日常 記憶の欠片が輝いている  冷たい雨の音が 路地裏に優しく 響いてる 静かな夜 君の笑顔が浮かぶ そう あの日からずっと 探していたんだね 哀しさと向かい合える 強い気持ち抱ける理由  果てしないと思えた 胸に痛む淋しさ 君を失ってから いくつもの夜を越えて 確かな時間を見つめて  本当は今も寂しくて その面影を探している だけど私は強く強く 新しい一歩を歩き出すよ  きっと失くせない 君と手を繋ぎ歩いてた 冷たい手を握り返した 些細な何気無い日常 記憶の欠片が輝いている 本当は今も寂しくて その面影を探している だけど私は強く強く 新しい一歩を歩き出すよ 冷たい風 あの日のままで ずっと君の 隣で笑っていたかったよ
BLACKFOX優しい風 そっと運んだ きっといつか届くはずと 手を伸ばしたあの日の夢 今日も空は 追憶の色 今はもう失ってしまった日々  きっと誰もが 心の何処かに 痛む傷を持っているから  この現実を抱きしめて明日へ走り出す 今も輝くこの胸に受け継いだその想い あの日溢れた涙が導く優しさで 照らし出す 世界の闇を黒き希望で  瞳閉じて いつも感じる たった一つ信じられる 未来へと続くこの道 過ぎ去った季節の中に 刻み込まれた思い出を抱いて  失くせない意志 見つけられたから 強い一歩を踏み出してる  両手広げてこの世界全て感じよう 失うことを恐れずに真実を受け止める あの日溢れた涙を忘れず前を向く 解き放つ 熱い想いを黒き刃に  見上げる星空から 降り注ぐ光を纏って 眩い真実からこの目逸らさずに  この現実を抱きしめて明日へ走り出す 今も輝くこの胸に受け継いだその想い あの日溢れた涙が導く優しさで 照らし出す 世界の闇を黒き希望で 両手広げてこの世界全て感じよう 失うことを恐れずに真実を受け止める あの日溢れた涙を忘れず前を向く 解き放つ 熱い想いを黒き刃にfripSideSatoshi YaginumaSatoshi YaginumaShinya Saito優しい風 そっと運んだ きっといつか届くはずと 手を伸ばしたあの日の夢 今日も空は 追憶の色 今はもう失ってしまった日々  きっと誰もが 心の何処かに 痛む傷を持っているから  この現実を抱きしめて明日へ走り出す 今も輝くこの胸に受け継いだその想い あの日溢れた涙が導く優しさで 照らし出す 世界の闇を黒き希望で  瞳閉じて いつも感じる たった一つ信じられる 未来へと続くこの道 過ぎ去った季節の中に 刻み込まれた思い出を抱いて  失くせない意志 見つけられたから 強い一歩を踏み出してる  両手広げてこの世界全て感じよう 失うことを恐れずに真実を受け止める あの日溢れた涙を忘れず前を向く 解き放つ 熱い想いを黒き刃に  見上げる星空から 降り注ぐ光を纏って 眩い真実からこの目逸らさずに  この現実を抱きしめて明日へ走り出す 今も輝くこの胸に受け継いだその想い あの日溢れた涙が導く優しさで 照らし出す 世界の闇を黒き希望で 両手広げてこの世界全て感じよう 失うことを恐れずに真実を受け止める あの日溢れた涙を忘れず前を向く 解き放つ 熱い想いを黒き刃に
black bulletGOLD LYLICひび割れ壊れゆく 世界は果てしなく 未知なる創造が いま秩序を無くしてる 重ね合う痛みが 繰り返す現実 君との毎日が その闇に意味を投げた  指し示した道を 輝かせたいから 黒いこの銃弾がいま全てを撃ち抜く  赤く燃える その眼差しに 熱く響く 命の鼓動 強く深く 貫いていく 真実を(black and red bullet!) 傷だらけの心燃やして 君と明日を切り開きたい この躰(からだ)に全てを込めて 闘うよ black and red bullet! 希望を信じて  育み壊された 哀しいその記憶 手にしたこの躰(からだ) いつからか息潜めた 夢幻に立ち尽くし 捜してた勇気は 小さな君の中に 柔らかく宿ってた  形を失くしてく 曖昧な真理に 立ち向かうその正義を護って生きるから  君と跳ぼう 果てない夢に 向かう心 神速(しんそく)の風 もっと速く 撃ち破ってく 限界を(black and red bullet!) 傷だらけの心を抱いて 紡ぐ明日を引き寄せるから いつかきっと 辿り着けるよ 生も死も black and red bullet! 超えたその先に  赤く澄んだ瞳はやがて 捉えていく無情の闇を だから僕は隣にいるよ いつの日も 傷だらけの心燃やして 君と明日を切り開きたい この思いに全てを込めて 貫こう  赤く燃える その眼差しに 熱く響く 命の鼓動 強く深く 貫いていく 真実を(black and red bullet!) 傷だらけの心を抱いて 紡ぐ明日を引き寄せるから この躰(からだ)に全てを込めて 闘うよ black and red bullet! 希望を信じてGOLD LYLICfripSideSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma八木沼悟志ひび割れ壊れゆく 世界は果てしなく 未知なる創造が いま秩序を無くしてる 重ね合う痛みが 繰り返す現実 君との毎日が その闇に意味を投げた  指し示した道を 輝かせたいから 黒いこの銃弾がいま全てを撃ち抜く  赤く燃える その眼差しに 熱く響く 命の鼓動 強く深く 貫いていく 真実を(black and red bullet!) 傷だらけの心燃やして 君と明日を切り開きたい この躰(からだ)に全てを込めて 闘うよ black and red bullet! 希望を信じて  育み壊された 哀しいその記憶 手にしたこの躰(からだ) いつからか息潜めた 夢幻に立ち尽くし 捜してた勇気は 小さな君の中に 柔らかく宿ってた  形を失くしてく 曖昧な真理に 立ち向かうその正義を護って生きるから  君と跳ぼう 果てない夢に 向かう心 神速(しんそく)の風 もっと速く 撃ち破ってく 限界を(black and red bullet!) 傷だらけの心を抱いて 紡ぐ明日を引き寄せるから いつかきっと 辿り着けるよ 生も死も black and red bullet! 超えたその先に  赤く澄んだ瞳はやがて 捉えていく無情の闇を だから僕は隣にいるよ いつの日も 傷だらけの心燃やして 君と明日を切り開きたい この思いに全てを込めて 貫こう  赤く燃える その眼差しに 熱く響く 命の鼓動 強く深く 貫いていく 真実を(black and red bullet!) 傷だらけの心を抱いて 紡ぐ明日を引き寄せるから この躰(からだ)に全てを込めて 闘うよ black and red bullet! 希望を信じて
brand new world見慣れた街 今日も変わらず 毎日をただ潜り抜けて 手にできる僅かな喜びだけ 受け入れている 組み込まれたシステムの中 自分に課せられた使命を 果たし続ける意味のなさに今、気づき始めた  何かが(心の鎖を断ち切って) 壊れた(君と進む為に僕は) 此処から始まる自由感じて  もう誰にも止められはしない 新たな景色求めて 心から聴こえる声に従い歩いてく 終わりなく続くこの道に 見つけた希望抱いて 叶えたい 僕らが夢見る明日を  見限った淡い期待さえ いつかは消えるだけの記憶 零れ落ちるその涙は誰も 気づか無いまま 準備された回答だけが 模範的と定められてる 隠せない真実に怯えてる この毎日に  誰かが(支配の連鎖を断ち切って) 教えた(明日へ進む為の疑問) いつも感じてる違和感を壊して  もう誰にも覆い隠せない 見せかけだけのルールは 心から沸き立つ声を恐れて壊れてく 君と手を強く繋いでる まだ見ぬ明日描いて 駆け抜ける 僕らの新たな時代を  もう誰にも止められはしない 終わりなく続くこの道に もう誰にも覆い隠せない 君と手を強く繋いでる  もう誰にも止められはしない 新たな景色求めて 心から聴こえる声に従い歩いてく 終わりなく続くこの道に 見つけた希望抱いて 叶えたい 僕らが夢見る明日を  もう誰にも覆い隠せない 見せかけだけのルールは 心から沸き立つ声を恐れて壊れてく 君と手を強く繋いでる まだ見ぬ明日描いて 駆け抜ける 僕らの新たな時代をfripSideSatoshi YaginumaShinya SaitoShinya Saito見慣れた街 今日も変わらず 毎日をただ潜り抜けて 手にできる僅かな喜びだけ 受け入れている 組み込まれたシステムの中 自分に課せられた使命を 果たし続ける意味のなさに今、気づき始めた  何かが(心の鎖を断ち切って) 壊れた(君と進む為に僕は) 此処から始まる自由感じて  もう誰にも止められはしない 新たな景色求めて 心から聴こえる声に従い歩いてく 終わりなく続くこの道に 見つけた希望抱いて 叶えたい 僕らが夢見る明日を  見限った淡い期待さえ いつかは消えるだけの記憶 零れ落ちるその涙は誰も 気づか無いまま 準備された回答だけが 模範的と定められてる 隠せない真実に怯えてる この毎日に  誰かが(支配の連鎖を断ち切って) 教えた(明日へ進む為の疑問) いつも感じてる違和感を壊して  もう誰にも覆い隠せない 見せかけだけのルールは 心から沸き立つ声を恐れて壊れてく 君と手を強く繋いでる まだ見ぬ明日描いて 駆け抜ける 僕らの新たな時代を  もう誰にも止められはしない 終わりなく続くこの道に もう誰にも覆い隠せない 君と手を強く繋いでる  もう誰にも止められはしない 新たな景色求めて 心から聴こえる声に従い歩いてく 終わりなく続くこの道に 見つけた希望抱いて 叶えたい 僕らが夢見る明日を  もう誰にも覆い隠せない 見せかけだけのルールは 心から沸き立つ声を恐れて壊れてく 君と手を強く繋いでる まだ見ぬ明日描いて 駆け抜ける 僕らの新たな時代を
Blue Moon青い月が 照らしている この心に巡る想いを 届かなくて哀しくても 君の幸せだけ求めた  新たな季節に 気持ちは戸惑い 君がくれた いくつもの優しさはいま その色を変えて 意味を問いかける 行くあての無い心は とりとめのない形を描く  いつだってその笑顔を側で 見られることが嬉しくて そんな日々が ずっと続くと思っていた  冷たい空 光る星に この誓いをそっと伝えた 叶わないと知っていても 心に嘘はつけなくて 青い月が 導いてる 私がいま目指すべき場所 届かなくて哀しくても 君の幸せを願った  歩いて来た日々 記憶は眩しく 君との距離 意識したあの日が今も 鮮やかに浮かぶ 記憶を抱きしめ 君の想いに重なる 新しい景色を捜してく  一つだけ切なく輝いた 君の言葉を忘れない だけどずっと 君の笑顔を守りたいよ  近く遠い 距離が今も この心に巡る想いを 溶かせなくて 痛んでいる 捨てきれない夢を見てる わかってるよ 君の胸も この心と同じくらいに 今もきっと傷んでいる だから私は迷わない…!  冷たい空 光る星に この誓いをそっと伝えた 叶わないと知っていても 心に嘘はつけなくて 青い月が 導いてる 私がいま目指すべき場所 届かなくて哀しくても 君の幸せを願った  近く遠い 距離が今も この心に巡る想いを 溶かせなくて 痛んでいる 捨てきれない夢を見てる わかってるよ 君の胸も この心と同じくらいに 今もきっと傷んでいる だから私は迷わない…!fripSide八木沼悟志八木沼悟志Satoshi Yaginuma青い月が 照らしている この心に巡る想いを 届かなくて哀しくても 君の幸せだけ求めた  新たな季節に 気持ちは戸惑い 君がくれた いくつもの優しさはいま その色を変えて 意味を問いかける 行くあての無い心は とりとめのない形を描く  いつだってその笑顔を側で 見られることが嬉しくて そんな日々が ずっと続くと思っていた  冷たい空 光る星に この誓いをそっと伝えた 叶わないと知っていても 心に嘘はつけなくて 青い月が 導いてる 私がいま目指すべき場所 届かなくて哀しくても 君の幸せを願った  歩いて来た日々 記憶は眩しく 君との距離 意識したあの日が今も 鮮やかに浮かぶ 記憶を抱きしめ 君の想いに重なる 新しい景色を捜してく  一つだけ切なく輝いた 君の言葉を忘れない だけどずっと 君の笑顔を守りたいよ  近く遠い 距離が今も この心に巡る想いを 溶かせなくて 痛んでいる 捨てきれない夢を見てる わかってるよ 君の胸も この心と同じくらいに 今もきっと傷んでいる だから私は迷わない…!  冷たい空 光る星に この誓いをそっと伝えた 叶わないと知っていても 心に嘘はつけなくて 青い月が 導いてる 私がいま目指すべき場所 届かなくて哀しくても 君の幸せを願った  近く遠い 距離が今も この心に巡る想いを 溶かせなくて 痛んでいる 捨てきれない夢を見てる わかってるよ 君の胸も この心と同じくらいに 今もきっと傷んでいる だから私は迷わない…!
breaking dawn澄み渡る青がどこまでも 続くこの空の果てに まだ見知らぬ希望が隠れている 夢がまた 走り過ぎていく 駆け抜ける日々の中で 今 僕達が向かう新たな夜明け  深く息を吐いて 曖昧に見つめている 視線の向こう側 輪郭がぼやけた世界 物憂げな日常 試してみたい衝動 誰もが期待する予定調和を否定して  いつの日か 誰もが皆 一人きりで 旅立つのなら 燃えるようなこの瞬間 君と感じていたい  澄み渡る青がどこまでも 続くこの空の果てに まだ見知らぬ希望が隠れている 夢がまた 走り過ぎていく 駆け抜ける日々の中で 今 僕達が向かう新たな夜明け  感じ始めている 新しい可能性を 時代が動いてく その波に漂う僕は 出会いと別れさえ 一瞬の出来事だと どこか冷めた言葉 飲み込んだふりをしていた  いつだって どこでだって 君のことを忘れないから 凍える日も夢を抱いて また1歩踏み出せる  暗がりに光が差し込む また1日が始まる まだ見えない未来が近づいてる 夢という現実に今日も 立ち向かってく勇気で もう一度確かめる 君との誓い  巡り行く 運命がやがて その必然を告げても 僕達の過去は消えたりはしない 夢がまた 走り過ぎていく 駆け抜ける日々の中で 今 僕達が向かう新たな夜明け  暗がりに光が差し込む また1日が始まる まだ見えない未来が近づいてる 夢という現実に今日も 立ち向かってく勇気で もう一度確かめた 君との誓いfripSide八木沼悟志八木沼悟志Shinya Saito澄み渡る青がどこまでも 続くこの空の果てに まだ見知らぬ希望が隠れている 夢がまた 走り過ぎていく 駆け抜ける日々の中で 今 僕達が向かう新たな夜明け  深く息を吐いて 曖昧に見つめている 視線の向こう側 輪郭がぼやけた世界 物憂げな日常 試してみたい衝動 誰もが期待する予定調和を否定して  いつの日か 誰もが皆 一人きりで 旅立つのなら 燃えるようなこの瞬間 君と感じていたい  澄み渡る青がどこまでも 続くこの空の果てに まだ見知らぬ希望が隠れている 夢がまた 走り過ぎていく 駆け抜ける日々の中で 今 僕達が向かう新たな夜明け  感じ始めている 新しい可能性を 時代が動いてく その波に漂う僕は 出会いと別れさえ 一瞬の出来事だと どこか冷めた言葉 飲み込んだふりをしていた  いつだって どこでだって 君のことを忘れないから 凍える日も夢を抱いて また1歩踏み出せる  暗がりに光が差し込む また1日が始まる まだ見えない未来が近づいてる 夢という現実に今日も 立ち向かってく勇気で もう一度確かめる 君との誓い  巡り行く 運命がやがて その必然を告げても 僕達の過去は消えたりはしない 夢がまた 走り過ぎていく 駆け抜ける日々の中で 今 僕達が向かう新たな夜明け  暗がりに光が差し込む また1日が始まる まだ見えない未来が近づいてる 夢という現実に今日も 立ち向かってく勇気で もう一度確かめた 君との誓い
Break Our Limit鮮やかな世界に 手を伸ばして 君がくれたこの温もり ずっと胸に宿る 今も 涙拭う絆を 握りしめ 終わりのない闇を切り裂き 描いた空を駆けてく  Once upon a time, the world was divided. My fate has fallen apart because of it. I wanna clarify this mystery with you. Two of us, find the path, two of us together!  ひび割れた世界で 閉ざされた遠い囁きに 偽りの平穏 心さえも闇夜に惑う 信じていた日々は 悲しみだけ残して消えた 錆びついた記憶が 真実を語り始める  重ね続けていく この傷痕の意味は 君と共に進んだその先にある 願い込めて 放つから  もっと強く運命を打ち貫け 闇を照らす一欠片の勇気を振りかざし ずっと 絆感じるよ この胸の中 一人じゃない 想い重ねて 未来を輝かせてく  Once upon a time, the world was divided. But we are not alone, we have each other. I'm breaking our faith two of us together. Do not fear, we're not afraid absolutely!  失われた過去が 忍び寄る現実を囁く 融け出した境界線 呼吸さえ忘れ立ち尽くす 刻まれた定めに 行場もなく息を潜めて 孤独と不安だけ 枯れ果てた心に刺さる  辿り着けるでしょう 未だ見ぬ光の先 走り続けている 君とどこまでも 答え捜していくから  もっと深く運命を求めて 声も出ない 絶望に負けそうになる時も いつもそばにいる 君から教えられた 繋がり合う 願い紡いだ力で 解き明かしてく  Once upon a time, the world was divided. My fate has fallen apart because of it. I wanna clarify this mystery with you. Two of us, find the path, two of us together!  もっと強く運命を打ち貫け 闇を照らす一欠片の勇気を振りかざし ずっと 絆感じるよ この胸の中 一人じゃない 想い重ねて 未来を輝かせてく  Once upon a time, the world was divided. But we are not alone, we have each other. I'm breaking our faith two of us together. Do not fear, we're not afraid absolutely!fripSidemaru八木沼悟志Kai Kawasaki・Satoshi Yaginuma鮮やかな世界に 手を伸ばして 君がくれたこの温もり ずっと胸に宿る 今も 涙拭う絆を 握りしめ 終わりのない闇を切り裂き 描いた空を駆けてく  Once upon a time, the world was divided. My fate has fallen apart because of it. I wanna clarify this mystery with you. Two of us, find the path, two of us together!  ひび割れた世界で 閉ざされた遠い囁きに 偽りの平穏 心さえも闇夜に惑う 信じていた日々は 悲しみだけ残して消えた 錆びついた記憶が 真実を語り始める  重ね続けていく この傷痕の意味は 君と共に進んだその先にある 願い込めて 放つから  もっと強く運命を打ち貫け 闇を照らす一欠片の勇気を振りかざし ずっと 絆感じるよ この胸の中 一人じゃない 想い重ねて 未来を輝かせてく  Once upon a time, the world was divided. But we are not alone, we have each other. I'm breaking our faith two of us together. Do not fear, we're not afraid absolutely!  失われた過去が 忍び寄る現実を囁く 融け出した境界線 呼吸さえ忘れ立ち尽くす 刻まれた定めに 行場もなく息を潜めて 孤独と不安だけ 枯れ果てた心に刺さる  辿り着けるでしょう 未だ見ぬ光の先 走り続けている 君とどこまでも 答え捜していくから  もっと深く運命を求めて 声も出ない 絶望に負けそうになる時も いつもそばにいる 君から教えられた 繋がり合う 願い紡いだ力で 解き明かしてく  Once upon a time, the world was divided. My fate has fallen apart because of it. I wanna clarify this mystery with you. Two of us, find the path, two of us together!  もっと強く運命を打ち貫け 闇を照らす一欠片の勇気を振りかざし ずっと 絆感じるよ この胸の中 一人じゃない 想い重ねて 未来を輝かせてく  Once upon a time, the world was divided. But we are not alone, we have each other. I'm breaking our faith two of us together. Do not fear, we're not afraid absolutely!
brave new world哀しみの雨が降る 世界は泣いている 人はまた争いを繰り返す どうして?  冷たい雨の中 ただ一人 僕はまた 傷つけた君のこと 思い出す どうして?  心が痛むこと 誰一人 耐え切れないからね 安らぎと温もり 人は今日も捜してるから…  数え切れない罪を抱いて 僕たちが今日を生きる理由を 見つけるために人の愛は 明日も終わることなく続いてく  嘆きの風が吹く 世界が乾いてく 人は何故 この星を傷つける どうして?  言葉は力無く 僕たちに今日も問いかけるよ 痛みを避けながら 人はいつも歩いてるから…  廻り続ける時代のなかで 僕たちが今を生きる奇跡を 大切にして生きて行こう ずっとずっとずっと…  数え切れない罪を抱いて僕たちが今日を生きる理由を 見つけるために人の愛は明日も終わることなく続いてく…  Please make us discover the brave new world I must feel a certain season by my recalled heart Pray for us to always shine indefinitely Somewhere long...long...long....... way we meet for you, for me  Lalala………fripSide八木沼悟志八木沼悟志哀しみの雨が降る 世界は泣いている 人はまた争いを繰り返す どうして?  冷たい雨の中 ただ一人 僕はまた 傷つけた君のこと 思い出す どうして?  心が痛むこと 誰一人 耐え切れないからね 安らぎと温もり 人は今日も捜してるから…  数え切れない罪を抱いて 僕たちが今日を生きる理由を 見つけるために人の愛は 明日も終わることなく続いてく  嘆きの風が吹く 世界が乾いてく 人は何故 この星を傷つける どうして?  言葉は力無く 僕たちに今日も問いかけるよ 痛みを避けながら 人はいつも歩いてるから…  廻り続ける時代のなかで 僕たちが今を生きる奇跡を 大切にして生きて行こう ずっとずっとずっと…  数え切れない罪を抱いて僕たちが今日を生きる理由を 見つけるために人の愛は明日も終わることなく続いてく…  Please make us discover the brave new world I must feel a certain season by my recalled heart Pray for us to always shine indefinitely Somewhere long...long...long....... way we meet for you, for me  Lalala………
prismatic fate窓の外に 暮れる 風抜ける 街並み 廻り出す 物語に 愛しい笑顔 浮かぶよ  心閉ざす 理由 あふれ出した 涙 瞳を細め 腕の中で 許されてく 全てが…  明日の二人が 今日を忘れても 重ねあった 想いのまま 離れず生きられるよね…?  かざした プリズムに 運命は彩られる 君と出逢い 私 輝き始めた 錆びた針が動くように…  「信じるから 哀しい…」 決め付けてた 日々を 終わらせる その勇気は 君がくれた 約束…  天使の羽が 降り注ぐような 星空へと 投げた言葉 「もう嘘はつきたくない…」  知らない 誰一人 痛み出す 遠い記憶 君に触れた 私 傷つけていった それでも君は傍にいた…  幸せだけの そんな関係 叶えられる 奇跡あれば 贖う辛さも消える…?  揺られた プリズムに 七色の恋心 君が私の夢 守り続けるの 絆は永久に解けない…fripSideSatoshi Yaginuma・yuki-kaSatoshi YaginumaHisashi Nakamura・Satoshi Yaginuma窓の外に 暮れる 風抜ける 街並み 廻り出す 物語に 愛しい笑顔 浮かぶよ  心閉ざす 理由 あふれ出した 涙 瞳を細め 腕の中で 許されてく 全てが…  明日の二人が 今日を忘れても 重ねあった 想いのまま 離れず生きられるよね…?  かざした プリズムに 運命は彩られる 君と出逢い 私 輝き始めた 錆びた針が動くように…  「信じるから 哀しい…」 決め付けてた 日々を 終わらせる その勇気は 君がくれた 約束…  天使の羽が 降り注ぐような 星空へと 投げた言葉 「もう嘘はつきたくない…」  知らない 誰一人 痛み出す 遠い記憶 君に触れた 私 傷つけていった それでも君は傍にいた…  幸せだけの そんな関係 叶えられる 奇跡あれば 贖う辛さも消える…?  揺られた プリズムに 七色の恋心 君が私の夢 守り続けるの 絆は永久に解けない…
preparedness star掲げた覚悟は今もこの胸に いつか見上げた地平線の上 気高く強い光放った 遥か輝くあの星のように  目に見えない未知なる力 溢れかえる僕らの惑星【ほし】は ネガもポジも分け隔てなく ただそこに存在する  僕が選ばれたのではなく 自らそれを望んでいた 現実はいつだって過去の僕が選んだ答え  未来なんて 決められていない ただ白紙のままで 君を待っている 決断を  いつでも曲げない心その胸に 強く描いた夢のその先へ 信じる想い力に変えて 望む未来を引き寄せればいい  曖昧な言葉は容易く 自分自身さえも惑わす それならいっそ高い次元まで 押し上げる言葉  明日なんて 超えて行けばいい 強く描いたままの想い 抱きしめて 空高く  掲げた覚悟は今もこの胸に いつか見上げた地平線の上 気高く強い光放った 遥か輝くあの星のように  空高く 掲げた覚悟は今もこの胸に いつか見上げた地平線の上 気高く強い光放った 遥か輝くあの星のようにfripSideYoshino NanjoSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma掲げた覚悟は今もこの胸に いつか見上げた地平線の上 気高く強い光放った 遥か輝くあの星のように  目に見えない未知なる力 溢れかえる僕らの惑星【ほし】は ネガもポジも分け隔てなく ただそこに存在する  僕が選ばれたのではなく 自らそれを望んでいた 現実はいつだって過去の僕が選んだ答え  未来なんて 決められていない ただ白紙のままで 君を待っている 決断を  いつでも曲げない心その胸に 強く描いた夢のその先へ 信じる想い力に変えて 望む未来を引き寄せればいい  曖昧な言葉は容易く 自分自身さえも惑わす それならいっそ高い次元まで 押し上げる言葉  明日なんて 超えて行けばいい 強く描いたままの想い 抱きしめて 空高く  掲げた覚悟は今もこの胸に いつか見上げた地平線の上 気高く強い光放った 遥か輝くあの星のように  空高く 掲げた覚悟は今もこの胸に いつか見上げた地平線の上 気高く強い光放った 遥か輝くあの星のように
prominence傷つけあうたび僕たちは 新しい優しさを探して この灼熱の世界の中 明日をただ見つめてる...  すぐそこまで迫っているはずの 真実はまだ見えないまま 変わり映えのない日々を過ごして 涙を隠すけど 何も言わなくても解ってくれる 君が作るその笑顔に 夏の夢はまぶしく輝いて 僕を照らしていた  独りになって気付く 大切なぬくもりは 君とこの世界で出逢えたこと  傷つけあうたび僕たちは 新しい優しさを探して 止め処ないほど続いていく 願いの果てまで歩き出せる いつかきっとこの大空を 羽ばたけるその時を信じて この灼熱の世界の中 明日をただ見つめてる  星の欠片 指で数えながら 銀の夜に溶けるように 君が歌う暖かな思い出 不安を消していく 鈍く響く忘れたい痛みに 閉じこめられてた勇気が 今静かに だけど今確かに 僕に語りかけた  孤独じゃないと気付く 大切な言葉には 君とこの時代に生きる意味を...  繋がりあうその絆には 見せかけの愛はもういらない 赤く染まってく切なさが 導くかけがえのない未来 壊れそうな翼を広げ それでも高く飛んでいくなら この灼熱の時代の中 君と強く生きられる  傷つけあうたび僕たちは 新しい優しさを探して この灼熱の世界の中 思いをただ馳せていく  繋がりあうその絆には 見せかけの愛はもういらない 赤く染まってく切なさが 永遠を伝えてくれた 壊れそうな翼を広げ それでも高く飛んでいくなら この灼熱の時代の中 君と強く生きられる  傷つけあうたび僕たちは 新しい優しさを探してfripSide八木沼悟志・山下慎一狼八木沼悟志傷つけあうたび僕たちは 新しい優しさを探して この灼熱の世界の中 明日をただ見つめてる...  すぐそこまで迫っているはずの 真実はまだ見えないまま 変わり映えのない日々を過ごして 涙を隠すけど 何も言わなくても解ってくれる 君が作るその笑顔に 夏の夢はまぶしく輝いて 僕を照らしていた  独りになって気付く 大切なぬくもりは 君とこの世界で出逢えたこと  傷つけあうたび僕たちは 新しい優しさを探して 止め処ないほど続いていく 願いの果てまで歩き出せる いつかきっとこの大空を 羽ばたけるその時を信じて この灼熱の世界の中 明日をただ見つめてる  星の欠片 指で数えながら 銀の夜に溶けるように 君が歌う暖かな思い出 不安を消していく 鈍く響く忘れたい痛みに 閉じこめられてた勇気が 今静かに だけど今確かに 僕に語りかけた  孤独じゃないと気付く 大切な言葉には 君とこの時代に生きる意味を...  繋がりあうその絆には 見せかけの愛はもういらない 赤く染まってく切なさが 導くかけがえのない未来 壊れそうな翼を広げ それでも高く飛んでいくなら この灼熱の時代の中 君と強く生きられる  傷つけあうたび僕たちは 新しい優しさを探して この灼熱の世界の中 思いをただ馳せていく  繋がりあうその絆には 見せかけの愛はもういらない 赤く染まってく切なさが 永遠を伝えてくれた 壊れそうな翼を広げ それでも高く飛んでいくなら この灼熱の時代の中 君と強く生きられる  傷つけあうたび僕たちは 新しい優しさを探して
promenade夜明けの光は この心をいま照らしてる 冷たい記憶が 溶けて見えなくなった  ほかの誰よりも 強くて眩しく輝いた 君の眼差しは 今もあの日のままで  たった一つのこの想いは 行く宛て無く彷徨ってた 君を想うたび 胸の痛みが この現実を告げた  “愛してる”と気がついたあの日に もう一度戻ることがもし出来たら この気持ち君に伝えられると思うよ そんなことを考えてる  駆け足で過ぎた 2度と戻らないあの日々は 君の面影を 置き去りにしたままで  いくつもの思い出を抱いた 行くあてのない感情が この心のなか 響き続ける その痛みを感じて  理由すら忘れてしまう程に 誰かを想うなんて思わなかった この気持ち君に伝えられなかったけど 今も君を愛している  君が好きだったこの場所を歩いて 君との思い出を辿っているよ 新しい季節がまた街を染める 眩い光の中で君を感じていた  君を想うたび 胸の痛みが この現実を告げた  “愛してる”と気がついたあの日に もう一度戻ることがもし出来たら この気持ち君に伝えられると思うよ そんなことを考えてる  理由すら忘れてしまう程に 誰かを想うなんて思わなかった この気持ち君に伝えられなかったけど 今も君を愛している  “愛してる”と気がついたあの日に もう一度戻ることがもし出来たら この気持ち君に伝えられると思うよ 今も君を愛しているfripSideSatoshi YaginumaSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma夜明けの光は この心をいま照らしてる 冷たい記憶が 溶けて見えなくなった  ほかの誰よりも 強くて眩しく輝いた 君の眼差しは 今もあの日のままで  たった一つのこの想いは 行く宛て無く彷徨ってた 君を想うたび 胸の痛みが この現実を告げた  “愛してる”と気がついたあの日に もう一度戻ることがもし出来たら この気持ち君に伝えられると思うよ そんなことを考えてる  駆け足で過ぎた 2度と戻らないあの日々は 君の面影を 置き去りにしたままで  いくつもの思い出を抱いた 行くあてのない感情が この心のなか 響き続ける その痛みを感じて  理由すら忘れてしまう程に 誰かを想うなんて思わなかった この気持ち君に伝えられなかったけど 今も君を愛している  君が好きだったこの場所を歩いて 君との思い出を辿っているよ 新しい季節がまた街を染める 眩い光の中で君を感じていた  君を想うたび 胸の痛みが この現実を告げた  “愛してる”と気がついたあの日に もう一度戻ることがもし出来たら この気持ち君に伝えられると思うよ そんなことを考えてる  理由すら忘れてしまう程に 誰かを想うなんて思わなかった この気持ち君に伝えられなかったけど 今も君を愛している  “愛してる”と気がついたあの日に もう一度戻ることがもし出来たら この気持ち君に伝えられると思うよ 今も君を愛している
Hesitation Snow儚い欠片 舞い散る その光 全て照らし 導き逢う…  壊れてゆく 感情の果て いつかの夢を捨てるよ 正解の無い 選択肢しか 僕に残されていないなら…  季節は既に暗く冷たく 温もり求めた心 君は現れ 時間は止まり 物語が始まった…  真実に近づけば 君を守ることでしか 想い示せないまま 冷たい無情が絡まる  狂っている 定義が今 調和の糸 手繰り寄せ 堕ちていった 純粋な瞳に 映る何もかも 歪んでく…  耳元響く君の声さえ 時には痛みに変わり 悔しくなって 傷をつけても その意味は何処にも無い  永遠を求めれば 君の心に近づく? 終わりの無い理想が 残酷な痛みを誘う  誰一人も 責められずに 悪いのは 自分だったと 想い込んで 耐え切れなくて 僕は生まれ変わる 心ごと…  取り戻した 記憶さえも どこか 信じられなくて 世界中が 色を失くしてく… もう 気づいてた  狂っている 定義が今 調和の糸 手繰り寄せ 堕ちていった 純粋な瞳は 僕を見透かして…操ってた  誰も 責められずに 悪いのは 自分だったと 想い込んで 耐え切れなくて 僕は生まれ変わる 心ごと…  儚い欠片 舞い散る その光 全て照らし 導き逢う…fripSideyuki-ka・Satoshi YaginumaSatoshi YaginumaKai Kawasaki・Satoshi Yaginuma儚い欠片 舞い散る その光 全て照らし 導き逢う…  壊れてゆく 感情の果て いつかの夢を捨てるよ 正解の無い 選択肢しか 僕に残されていないなら…  季節は既に暗く冷たく 温もり求めた心 君は現れ 時間は止まり 物語が始まった…  真実に近づけば 君を守ることでしか 想い示せないまま 冷たい無情が絡まる  狂っている 定義が今 調和の糸 手繰り寄せ 堕ちていった 純粋な瞳に 映る何もかも 歪んでく…  耳元響く君の声さえ 時には痛みに変わり 悔しくなって 傷をつけても その意味は何処にも無い  永遠を求めれば 君の心に近づく? 終わりの無い理想が 残酷な痛みを誘う  誰一人も 責められずに 悪いのは 自分だったと 想い込んで 耐え切れなくて 僕は生まれ変わる 心ごと…  取り戻した 記憶さえも どこか 信じられなくて 世界中が 色を失くしてく… もう 気づいてた  狂っている 定義が今 調和の糸 手繰り寄せ 堕ちていった 純粋な瞳は 僕を見透かして…操ってた  誰も 責められずに 悪いのは 自分だったと 想い込んで 耐え切れなくて 僕は生まれ変わる 心ごと…  儚い欠片 舞い散る その光 全て照らし 導き逢う…
Heaven is a Place on Earth夜空に今 咲き誇る 光の舞う この時間(とき)は かけがえない 瞬間を 君と刻んだ…  焼け付く陽射しに 誘われたこの場所 終わらない夏に ゆらめく 蜃気楼  あの日 想い出す 僕と君が出逢い そして始まった 心 満たす日々  夏風薫って 鮮やかに染まる 君の手を 離さずに どこまでも行けそうだよ  駆け続ける その果てに 失えない 夢がある 僕だけでは 叶わない 君と2人で進みたい  I'll save you with my faith 信じあう 絆が今響くから 運命に 背いても僕が ずっと君を守る!  雨上がりの空 虹かかる地平線 心地よい風に 揺れてる 君の髪  そんな何気ない 幸せな時間に 心満たす鍵 見つけられた気がした  夏が過ぎ去って 季節変わっても 君の手を離さずに 誰よりも近くにいたい  弾けるような その笑顔 瞳の奥 刻まれて 色褪せてた 明日(あす)さえも 君がいるから輝く  I'll show you place of mind 僕が全て 痛みは受け止めるから 居場所なら いつもここにある 僕が君を守る!  真っ直ぐに 羽ばたこう 風切る疾風のごとく!  彷徨っても 辿り着く 光が舞う 楽園は 約束した あの未来 君の隣で見つけた  I'll never make you cry 傷ついた 数だけ優しくなれる 決めたんだ 差し伸べてくれた その手を離さない  駆け続ける その果てに 失えない 夢がある 僕だけでは 叶わない 君と2人で進みたい  I'll save you with my faith 信じあう 絆が今響くから 運命に 背いても僕が ずっと君を守る!fripSideSatoshi Yaginuma・yuki-kaSatoshi Yaginuma八木沼悟志夜空に今 咲き誇る 光の舞う この時間(とき)は かけがえない 瞬間を 君と刻んだ…  焼け付く陽射しに 誘われたこの場所 終わらない夏に ゆらめく 蜃気楼  あの日 想い出す 僕と君が出逢い そして始まった 心 満たす日々  夏風薫って 鮮やかに染まる 君の手を 離さずに どこまでも行けそうだよ  駆け続ける その果てに 失えない 夢がある 僕だけでは 叶わない 君と2人で進みたい  I'll save you with my faith 信じあう 絆が今響くから 運命に 背いても僕が ずっと君を守る!  雨上がりの空 虹かかる地平線 心地よい風に 揺れてる 君の髪  そんな何気ない 幸せな時間に 心満たす鍵 見つけられた気がした  夏が過ぎ去って 季節変わっても 君の手を離さずに 誰よりも近くにいたい  弾けるような その笑顔 瞳の奥 刻まれて 色褪せてた 明日(あす)さえも 君がいるから輝く  I'll show you place of mind 僕が全て 痛みは受け止めるから 居場所なら いつもここにある 僕が君を守る!  真っ直ぐに 羽ばたこう 風切る疾風のごとく!  彷徨っても 辿り着く 光が舞う 楽園は 約束した あの未来 君の隣で見つけた  I'll never make you cry 傷ついた 数だけ優しくなれる 決めたんだ 差し伸べてくれた その手を離さない  駆け続ける その果てに 失えない 夢がある 僕だけでは 叶わない 君と2人で進みたい  I'll save you with my faith 信じあう 絆が今響くから 運命に 背いても僕が ずっと君を守る!
whitebird風がそよぐ海岸の空はとても蒼くて 冷たい空気に響いた君の声は暖かく とても小さな偶然 捜し続けてたけど こんなにすぐそばに見つけたんだ 自分の居場所を  人の心はいつも 優しさを求めていて そこから今日も愛が生まれて 明日を紡いでいく  信じ合うこの気持ちを いま僕は強く見つめた 通じ合うその勇気を いま君は信じてくれた 繋いだこの手 素直なその心と…  風は冷たさをまして 空を白く染め行く 螺旋を描き空を舞う鳥を 君は見つめてた 「いつか話したあの事も 今は想い出だから」 振り向きそう言った君の髪が 優しく靡いた  存在を確かめて 現実を分け合うから 隠しきれないその優しさが 全て包んでいる  信じ合うこの気持ちを いま僕は強く見つめた 通じ合うその勇気を いま君は信じてくれた やっと理解った 何より大事なこと  響き始めた その瞬間は 初めて君と 出逢ったあの日 少し交わした 些細な言葉 全部覚えてる こんなに高く 眩く光る 君と僕が見上げる空に いくつもの奇跡 羽ばたいているfripSideSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma風がそよぐ海岸の空はとても蒼くて 冷たい空気に響いた君の声は暖かく とても小さな偶然 捜し続けてたけど こんなにすぐそばに見つけたんだ 自分の居場所を  人の心はいつも 優しさを求めていて そこから今日も愛が生まれて 明日を紡いでいく  信じ合うこの気持ちを いま僕は強く見つめた 通じ合うその勇気を いま君は信じてくれた 繋いだこの手 素直なその心と…  風は冷たさをまして 空を白く染め行く 螺旋を描き空を舞う鳥を 君は見つめてた 「いつか話したあの事も 今は想い出だから」 振り向きそう言った君の髪が 優しく靡いた  存在を確かめて 現実を分け合うから 隠しきれないその優しさが 全て包んでいる  信じ合うこの気持ちを いま僕は強く見つめた 通じ合うその勇気を いま君は信じてくれた やっと理解った 何より大事なこと  響き始めた その瞬間は 初めて君と 出逢ったあの日 少し交わした 些細な言葉 全部覚えてる こんなに高く 眩く光る 君と僕が見上げる空に いくつもの奇跡 羽ばたいている
white forces果ての無い絶望だけ 残された 闘いに生きる 崩れゆく こんな世界で たったひとつ信じるのは この心の痛み  (Black cross sorting With tears in force. Let's fly together until the dream is visible. I want to be a dark despair Energy. Schwarzesmarken arms now!)  重い空 失望の街並み 色褪せた日々の営み 偏ったそのモラルに 光など見えないけれど 舞い上がる雪煙(はくえん)を味方に 捉えてく 無数の闇を 闘いのなか挑んでく 昨日を超える自分に  哀しみに 立ち尽くし 涙した あの日さえ 今はただ 真実に近づくための糧になるから  打ち砕け 凍りついた 深淵に潜むその敵を 切なさも 胸の痛みも 全て秘めた勇気に変え 正しさを 守り抜くと 決意したあの日があるから いま響く 黒の宣告 この心に隠された誓い 強さを纏う  (Black cross sorting With tears in force. Let's fly together until the dream is visible. I want to be a dark despair Energy. Schwarzesmarken arms now!)  凛とした 静寂の一瞬 思い出すいつかの光景(ビジョン) かけがえ無いその絆を 守るため選んだ明日 今はただ 毎日を繋いで この想い 行き着く先へ まだ見えない その未来(あした)へ 僅かな希望を捜す  鳴り響く 警報が 予感する ざわめきは 心の壁 壊さない 勇気を私にまた運んだ  君がいま 走り抜ける この今を迷わない様に 涙さえチカラに変えて 愛すること恐れないで 守りたい この決意を 忘れない 正しさの意味を いま響く 黒の宣告 生き抜くその先に待っている未来信じて  果ての無い絶望だけ 残された 闘いに生きる 崩れゆく こんな世界で たったひとつ信じられる 正しさを 守り抜くと 決意したあの日があるから いま響く 黒の宣告 この心に隠された誓い 強さを纏う  (Black cross sorting With tears in force. Let's fly together until the dream is visible. I want to be a dark despair Energy. Schwarzesmarken arms now!)  (Black cross sorting With tears in force. Let's fly together until the dream is visible. I want to be a dark despair Energy. Schwarzesmarken arms now!)fripSide八木沼悟志八木沼悟志八木沼悟志果ての無い絶望だけ 残された 闘いに生きる 崩れゆく こんな世界で たったひとつ信じるのは この心の痛み  (Black cross sorting With tears in force. Let's fly together until the dream is visible. I want to be a dark despair Energy. Schwarzesmarken arms now!)  重い空 失望の街並み 色褪せた日々の営み 偏ったそのモラルに 光など見えないけれど 舞い上がる雪煙(はくえん)を味方に 捉えてく 無数の闇を 闘いのなか挑んでく 昨日を超える自分に  哀しみに 立ち尽くし 涙した あの日さえ 今はただ 真実に近づくための糧になるから  打ち砕け 凍りついた 深淵に潜むその敵を 切なさも 胸の痛みも 全て秘めた勇気に変え 正しさを 守り抜くと 決意したあの日があるから いま響く 黒の宣告 この心に隠された誓い 強さを纏う  (Black cross sorting With tears in force. Let's fly together until the dream is visible. I want to be a dark despair Energy. Schwarzesmarken arms now!)  凛とした 静寂の一瞬 思い出すいつかの光景(ビジョン) かけがえ無いその絆を 守るため選んだ明日 今はただ 毎日を繋いで この想い 行き着く先へ まだ見えない その未来(あした)へ 僅かな希望を捜す  鳴り響く 警報が 予感する ざわめきは 心の壁 壊さない 勇気を私にまた運んだ  君がいま 走り抜ける この今を迷わない様に 涙さえチカラに変えて 愛すること恐れないで 守りたい この決意を 忘れない 正しさの意味を いま響く 黒の宣告 生き抜くその先に待っている未来信じて  果ての無い絶望だけ 残された 闘いに生きる 崩れゆく こんな世界で たったひとつ信じられる 正しさを 守り抜くと 決意したあの日があるから いま響く 黒の宣告 この心に隠された誓い 強さを纏う  (Black cross sorting With tears in force. Let's fly together until the dream is visible. I want to be a dark despair Energy. Schwarzesmarken arms now!)  (Black cross sorting With tears in force. Let's fly together until the dream is visible. I want to be a dark despair Energy. Schwarzesmarken arms now!)
white relation(IS4 version)夢を紡ぐ 空が繋ぐ 白に染められたこの大地で ひとつだけ 叶えたい夢 遥か彼方 煌めく星 その微かな光で照らした 君と誓い合う果てしない理想を  何もわからずにいた あの頃見ていた夢 形さえも掴めなくて 現実が見えてなかった あの日 切り裂く痛み この胸を貫いたから やっと判った かけがえのない 失くしたくない想い  心に秘めた進むべき道を絆が支え合う それ以上のこの気持ちが 君の温かさに守られ溶けていく…  失えない 今日を繋ぐ 白に染められたこの大地で いま強く 信じてる明日 遥か彼方 煌めく星 その微かな光で照らした 君と誓い合う果てしない夢  君が教えてくれた この場所で生き抜く意味を 淡い心 隠しきれず 現実だけを見つめた 伝えきれない想い この空に囁いてみた 重ねるたび 深く惹かれる 隠されたその優しさ  欠片さえも失くせない 哀しみが繋いだ希望 その全てをいま抱きしめ 止まらない決意を信じて走り出す  高く遠く 轟かせる その壁さえ超えるほど強く 守りたい この夢だけを その痛みも その恐れも 凍る日々も 流した涙も 結んだチカラは全て壊せる  夢を紡ぐ 空が繋ぐ 白に染められたこの大地で ひとつだけ 叶えたい夢 遥か彼方 煌めく星 その微かな光で照らした 君と私のこの日々の行方…  高く遠く 轟かせる その壁さえ超えるほど強く 守りたい この夢だけを その痛みも その恐れも 凍る日々も 流した涙も 結んだチカラは全て壊せるfripSide八木沼悟志八木沼悟志Satoshi Yaginuma夢を紡ぐ 空が繋ぐ 白に染められたこの大地で ひとつだけ 叶えたい夢 遥か彼方 煌めく星 その微かな光で照らした 君と誓い合う果てしない理想を  何もわからずにいた あの頃見ていた夢 形さえも掴めなくて 現実が見えてなかった あの日 切り裂く痛み この胸を貫いたから やっと判った かけがえのない 失くしたくない想い  心に秘めた進むべき道を絆が支え合う それ以上のこの気持ちが 君の温かさに守られ溶けていく…  失えない 今日を繋ぐ 白に染められたこの大地で いま強く 信じてる明日 遥か彼方 煌めく星 その微かな光で照らした 君と誓い合う果てしない夢  君が教えてくれた この場所で生き抜く意味を 淡い心 隠しきれず 現実だけを見つめた 伝えきれない想い この空に囁いてみた 重ねるたび 深く惹かれる 隠されたその優しさ  欠片さえも失くせない 哀しみが繋いだ希望 その全てをいま抱きしめ 止まらない決意を信じて走り出す  高く遠く 轟かせる その壁さえ超えるほど強く 守りたい この夢だけを その痛みも その恐れも 凍る日々も 流した涙も 結んだチカラは全て壊せる  夢を紡ぐ 空が繋ぐ 白に染められたこの大地で ひとつだけ 叶えたい夢 遥か彼方 煌めく星 その微かな光で照らした 君と私のこの日々の行方…  高く遠く 轟かせる その壁さえ超えるほど強く 守りたい この夢だけを その痛みも その恐れも 凍る日々も 流した涙も 結んだチカラは全て壊せる
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
My Own Way霞ゆく空を見上げ あなたの優しさ あの日を思い出す 舞い上がる風に吹かれて 今熱く この心に誓いを抱いて  守りたい たった一つだけ見つけた希望を 変わらずに信じる痛みを君と分かち合って 生きていく かけがえない毎日を 私だけのこの道 貫いて  熱い刃 研ぎ澄ませた感覚を超えて 踏み込んでく 限りなく永いその一瞬に  この体に受け継がれるその希望だけが 明日を照らす その光で闇を切り裂いて  慈しむその季節は 巡る思い出を そっと呼び起こす 溶かせない その迷いだけ 今強く この胸に君を感じてる  叶えたい 言葉にならない夢を見続けて 朧げな幻求めて君といま出逢った 生きている その温かさを教えてくれた涙の色 忘れない  この瞳が映す明日が歪まないように 見極めたい 優しさだけが選ぶ強さを 儚い夢 たとえいつか壊れ砕けても 後悔なんて何も無いと君と笑いたい  降り積もる 季節を越えるたびに 交わした笑顔のその意味が 君と一緒なら どんな真実だって 受け止めて歩き出せる  熱い刃 研ぎ澄ませた感覚を超えて 踏み込んでく 限りなく永いその一瞬に この体に受け継がれるその希望だけが 明日を照らす その光で闇を切り裂いて この瞳が映す明日が歪まないように 見極めたい 優しさだけが選ぶ強さを 儚い夢 たとえいつか壊れ砕けても 後悔なんて何も無いと君と笑いたい LaLaLa……fripSideSatoshi YaginumaSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma霞ゆく空を見上げ あなたの優しさ あの日を思い出す 舞い上がる風に吹かれて 今熱く この心に誓いを抱いて  守りたい たった一つだけ見つけた希望を 変わらずに信じる痛みを君と分かち合って 生きていく かけがえない毎日を 私だけのこの道 貫いて  熱い刃 研ぎ澄ませた感覚を超えて 踏み込んでく 限りなく永いその一瞬に  この体に受け継がれるその希望だけが 明日を照らす その光で闇を切り裂いて  慈しむその季節は 巡る思い出を そっと呼び起こす 溶かせない その迷いだけ 今強く この胸に君を感じてる  叶えたい 言葉にならない夢を見続けて 朧げな幻求めて君といま出逢った 生きている その温かさを教えてくれた涙の色 忘れない  この瞳が映す明日が歪まないように 見極めたい 優しさだけが選ぶ強さを 儚い夢 たとえいつか壊れ砕けても 後悔なんて何も無いと君と笑いたい  降り積もる 季節を越えるたびに 交わした笑顔のその意味が 君と一緒なら どんな真実だって 受け止めて歩き出せる  熱い刃 研ぎ澄ませた感覚を超えて 踏み込んでく 限りなく永いその一瞬に この体に受け継がれるその希望だけが 明日を照らす その光で闇を切り裂いて この瞳が映す明日が歪まないように 見極めたい 優しさだけが選ぶ強さを 儚い夢 たとえいつか壊れ砕けても 後悔なんて何も無いと君と笑いたい LaLaLa……
magicaride -version2016-いつか鍵をかけた この心の扉 今、君が開いてくれた  ただ明日へと 紡ぐ時間の中 過ちにさえ 気付けないまま ありふれていた日常に潜む 微かな奇跡 探した  こんな世界が 一つだけ私に くれた 君という支えを…  ずっと忘れたままの喜びも悲しみも 君の紡いでいく言葉に揺れるから 苦しくて 哀しくて 傷ついて 迷っても 君と心重ねて!  君と重ねた 新しい季節 繋ぐ鼓動は 走り続けて 空虚に満ちた明日が予測する そんな未来は壊して  苦しくても 乗り越えて生きたい もっと自由に羽ばたいて  君と共に選んだ 現実に生きるなら どんな痛みだって この胸に刻むよ 迷いには迷わない もう何も怖くない 君が傍にいるから!  いつか真実へと辿り着いて その答えが残酷なものでも 君がくれたこの心の強さで その先の扉を開けられる  ずっと忘れたままの喜びと悲しみが 君の紡いでいく言葉に揺れるから 苦しくて 哀しくて 傷ついて 迷っても 君と心重ねて!  君と共に選んだ 現実に生きるなら どんな痛みだって この胸に刻むよ 迷いには迷わない もう何も怖くない 君が傍にいるから!fripSide八木沼悟志・山下慎一狼八木沼悟志Shinya Saito・Satoshi Yaginumaいつか鍵をかけた この心の扉 今、君が開いてくれた  ただ明日へと 紡ぐ時間の中 過ちにさえ 気付けないまま ありふれていた日常に潜む 微かな奇跡 探した  こんな世界が 一つだけ私に くれた 君という支えを…  ずっと忘れたままの喜びも悲しみも 君の紡いでいく言葉に揺れるから 苦しくて 哀しくて 傷ついて 迷っても 君と心重ねて!  君と重ねた 新しい季節 繋ぐ鼓動は 走り続けて 空虚に満ちた明日が予測する そんな未来は壊して  苦しくても 乗り越えて生きたい もっと自由に羽ばたいて  君と共に選んだ 現実に生きるなら どんな痛みだって この胸に刻むよ 迷いには迷わない もう何も怖くない 君が傍にいるから!  いつか真実へと辿り着いて その答えが残酷なものでも 君がくれたこの心の強さで その先の扉を開けられる  ずっと忘れたままの喜びと悲しみが 君の紡いでいく言葉に揺れるから 苦しくて 哀しくて 傷ついて 迷っても 君と心重ねて!  君と共に選んだ 現実に生きるなら どんな痛みだって この胸に刻むよ 迷いには迷わない もう何も怖くない 君が傍にいるから!
magicaride -version 2022-いつか鍵をかけた この心の扉 今、君が開いてくれた  ただ明日へと 紡ぐ時間の中 過ちにさえ 気付けないまま ありふれていた日常に潜む 微かな奇跡 探した  こんな世界が 一つだけ私に くれた 君という支えを…  ずっと忘れたままの喜びも悲しみも 君の紡いでいく言葉に揺れるから 苦しくて 哀しくて 傷ついて 迷っても 君と心重ねて!  走り始めた 新しい夜明け 繋ぐ鼓動を 君と感じて 空虚に満ちた明日を予測する そんな未来は壊して  苦しくても 乗り越えて生きたい もっと自由に羽ばたいて  君と共に選んだ 現実に生きるなら どんな痛みだって この胸に刻むよ 迷いには迷わない もう何も怖くない 君が傍にいるから!  いつか真実へと辿り着いて その答えが残酷なものでも 君がくれたこの心の強さで その先の扉を開けられる  ずっと忘れたままの喜びと悲しみが 君の紡いでいく言葉に揺れるから 苦しくて 哀しくて 傷ついて 迷っても 君と心重ねて!  君と共に選んだ 現実に生きるなら どんな痛みだって この胸に刻むよ 迷いには迷わない もう何も怖くない 君が傍にいるから!fripSide八木沼悟志・山下慎一狼八木沼悟志八木沼悟志・斎藤真也いつか鍵をかけた この心の扉 今、君が開いてくれた  ただ明日へと 紡ぐ時間の中 過ちにさえ 気付けないまま ありふれていた日常に潜む 微かな奇跡 探した  こんな世界が 一つだけ私に くれた 君という支えを…  ずっと忘れたままの喜びも悲しみも 君の紡いでいく言葉に揺れるから 苦しくて 哀しくて 傷ついて 迷っても 君と心重ねて!  走り始めた 新しい夜明け 繋ぐ鼓動を 君と感じて 空虚に満ちた明日を予測する そんな未来は壊して  苦しくても 乗り越えて生きたい もっと自由に羽ばたいて  君と共に選んだ 現実に生きるなら どんな痛みだって この胸に刻むよ 迷いには迷わない もう何も怖くない 君が傍にいるから!  いつか真実へと辿り着いて その答えが残酷なものでも 君がくれたこの心の強さで その先の扉を開けられる  ずっと忘れたままの喜びと悲しみが 君の紡いでいく言葉に揺れるから 苦しくて 哀しくて 傷ついて 迷っても 君と心重ねて!  君と共に選んだ 現実に生きるなら どんな痛みだって この胸に刻むよ 迷いには迷わない もう何も怖くない 君が傍にいるから!
message(version2)一人で生きて行くのは 少しだけ寂しすぎるから 人はそれぞれの道に 出逢い探し歩いているね  君に最後に送るよ 想い重ねたこの手紙を 傷つけてしまった事 心の中で響いてる  降りしきる雨のように落ちてくる 心の涙に洗い流されていく 私の君への想い もう好きとは言えなくて…  あの時君は言ったよね?私の事を いつまでもいつまでも待ち続けてるって だけど私は君の想いに応えられない 許して  ごめんね今までずっと 本当の気持ち伝えずに 傷つけてしまったよね 私が悪いことわかってる  突然の雨の様に落ちてきた 心変わりが私を変えたから 君の優しい言葉も もう私には届かない  別れてからも友達でいられるなんて 私には出来ないよ 不器用でごめんね 君がいつの日か私を忘れる事だけ少し寂しい  君は言ったよね?私の事を いつまでもいつまでも待ち続けるって だけど私は君の想いに応えられない 許して  あの時君は…いつまでもいつまでも…だけど私は…  心変わりに揺れた私を 許して欲しいとは言わないけれど ずっと私は君の想いを…fripSideSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma一人で生きて行くのは 少しだけ寂しすぎるから 人はそれぞれの道に 出逢い探し歩いているね  君に最後に送るよ 想い重ねたこの手紙を 傷つけてしまった事 心の中で響いてる  降りしきる雨のように落ちてくる 心の涙に洗い流されていく 私の君への想い もう好きとは言えなくて…  あの時君は言ったよね?私の事を いつまでもいつまでも待ち続けてるって だけど私は君の想いに応えられない 許して  ごめんね今までずっと 本当の気持ち伝えずに 傷つけてしまったよね 私が悪いことわかってる  突然の雨の様に落ちてきた 心変わりが私を変えたから 君の優しい言葉も もう私には届かない  別れてからも友達でいられるなんて 私には出来ないよ 不器用でごめんね 君がいつの日か私を忘れる事だけ少し寂しい  君は言ったよね?私の事を いつまでもいつまでも待ち続けるって だけど私は君の想いに応えられない 許して  あの時君は…いつまでもいつまでも…だけど私は…  心変わりに揺れた私を 許して欲しいとは言わないけれど ずっと私は君の想いを…
meditationsもう迷わない 信じた道を たとえ暗闇が手を掴んでも 光の先へ 突き進むだけ 答えはもう心にある  導かれた光 無垢じゃいられずに 越えられない壁 一人で凍えていた 紛れた雑踏 変わらない信号 瞳に映るものは音が絶えたモノクロの街  何が今見えてるの? 戦う術も知らず 見せかけの幸せに捕らわれた リアル気付いて  声を嗄らして もがきながらも 胸に揺れる優しい灯を 消したくないよ 信じているよ 未来への鍵になると  何気なく過ごした日々が 今は眩しく見える だけど過去に出口はない  街行く人達 笑顔の奥には 誰もが密かに抱えている悲しい旋律(メロディ)  何が今出来るだろう? 今さら失くすものなど なにもない だからこそ 怖くはない 戦えるよ  壊してみせる 手に入れるため もうただ守られてるだけじゃない 伝えにいくよ 確かな想い 限界の壁をこえて  懐かしい日々追いかけて 嘆くのはもうやめた だって今は一人じゃない  胸に灯した 淡い輝き 暗闇の中 明日を照らす  もう迷わない 信じた道を たとえ暗闇が手を掴んでも 光の先へ 突き進むだけ 答えはもう心にある  傷だらけのこの手だけど 決して後悔はない 本当の願い知ったからfripSideYoshino NanjoSatoshi Yaginumaもう迷わない 信じた道を たとえ暗闇が手を掴んでも 光の先へ 突き進むだけ 答えはもう心にある  導かれた光 無垢じゃいられずに 越えられない壁 一人で凍えていた 紛れた雑踏 変わらない信号 瞳に映るものは音が絶えたモノクロの街  何が今見えてるの? 戦う術も知らず 見せかけの幸せに捕らわれた リアル気付いて  声を嗄らして もがきながらも 胸に揺れる優しい灯を 消したくないよ 信じているよ 未来への鍵になると  何気なく過ごした日々が 今は眩しく見える だけど過去に出口はない  街行く人達 笑顔の奥には 誰もが密かに抱えている悲しい旋律(メロディ)  何が今出来るだろう? 今さら失くすものなど なにもない だからこそ 怖くはない 戦えるよ  壊してみせる 手に入れるため もうただ守られてるだけじゃない 伝えにいくよ 確かな想い 限界の壁をこえて  懐かしい日々追いかけて 嘆くのはもうやめた だって今は一人じゃない  胸に灯した 淡い輝き 暗闇の中 明日を照らす  もう迷わない 信じた道を たとえ暗闇が手を掴んでも 光の先へ 突き進むだけ 答えはもう心にある  傷だらけのこの手だけど 決して後悔はない 本当の願い知ったから
memory of snow白い息 その先の 冬の星座に 伸ばした手 遠すぎる 瞬きに 僕は君を想い出す  もう会えないこと 誰より理解ってるけど 痛みと 愛しさは この雪にも隠せはしない  降りしきる 雪のその輝きで 君の記憶 見つけられるかな あの日から 閉じ込めてた想いを 星明かりが 呼び覚ます この白い景色 いつか君にも 見てもらうこと 約束だった そんな遠い日の君の笑顔が 僕の心 温めた  寄り添って 歩いてた 雪景色 あの日のままで 来た道を 振り返る 今は一人の足跡  音を失くした 澄み渡る空気に舞う 痛みも 愛しさも 全て抱きしめて歩き出す  果てしなく 雪は降り続けてた 君と僕を 離す壁のように 切なく揺れる 瞳に映った 無邪気な君が 愛しい 優しくくれた 最後の微笑み 僕はそれを 守り抜きたくて 静かに迫る 運命の影に 気づかぬまま 駆け抜けた  涙零れだす その瞬間に 君の腕に 抱かれた気がした 冷たい空の微かな幻  今降りしきる 雪のその輝きで 君の記憶 見つけられるかな あの日から 閉じ込めてた想いを 星明かりが 呼び覚ます 粉雪が羽のように 舞い散る 全てやさしく 包み込むように かけがえのない 記憶を纏って 心に君を刻むよ  果てしなく 雪は降り続けてた… あの日から 閉じ込めてた想いを…fripSideyuki-ka・八木沼悟志八木沼悟志Satoshi Yaginuma白い息 その先の 冬の星座に 伸ばした手 遠すぎる 瞬きに 僕は君を想い出す  もう会えないこと 誰より理解ってるけど 痛みと 愛しさは この雪にも隠せはしない  降りしきる 雪のその輝きで 君の記憶 見つけられるかな あの日から 閉じ込めてた想いを 星明かりが 呼び覚ます この白い景色 いつか君にも 見てもらうこと 約束だった そんな遠い日の君の笑顔が 僕の心 温めた  寄り添って 歩いてた 雪景色 あの日のままで 来た道を 振り返る 今は一人の足跡  音を失くした 澄み渡る空気に舞う 痛みも 愛しさも 全て抱きしめて歩き出す  果てしなく 雪は降り続けてた 君と僕を 離す壁のように 切なく揺れる 瞳に映った 無邪気な君が 愛しい 優しくくれた 最後の微笑み 僕はそれを 守り抜きたくて 静かに迫る 運命の影に 気づかぬまま 駆け抜けた  涙零れだす その瞬間に 君の腕に 抱かれた気がした 冷たい空の微かな幻  今降りしきる 雪のその輝きで 君の記憶 見つけられるかな あの日から 閉じ込めてた想いを 星明かりが 呼び覚ます 粉雪が羽のように 舞い散る 全てやさしく 包み込むように かけがえのない 記憶を纏って 心に君を刻むよ  果てしなく 雪は降り続けてた… あの日から 閉じ込めてた想いを…
more than you knowI hear your voice so loud and clear More than you know I feel your pain and all your fears More than you know  You are on my mind Tell me, my friend Who could have hurt you?  You are not alone I'm here to say We can make it through-  Look into my eyes Tell me your pain Don't let me doubt you  Keep your head up high For you, my friend I'll be your guiding light  Don't look down! It's too easy to fall Don't look down! It's too easy to lose it all Don't look down! It's too easy to fall So take my hand We'll make it through it all  There's no time to fear There's no place for tears Can you hold on for... Hold on for one more day?  Feel the strength inside Let your spirit shine Let your worries fade  Know that I am here for you forever More than you know So let's hold on... ...and hold on... ...and don't ever let go!  You've been on my mind All day, all night Who could desert you?  You won't be alone I'm telling you We can make it through  Reach out, I'll be here Just call my name Don't let me lose you  Keep your head up high Don't you give up I'm here to fight for you  Don't look down! It's too easy to fall Don't look down! It's too easy to lose it all Don't look down! It's too easy to fall So take my hand We'll make it through it all  There's no time to fear There's no place for tears Can you hold on for... Hold on for one more day?  Feel the strength inside Let your spirit shine Let your worries fade  Know that I am here for you forever More than you know So let's hold on... ...and hold on... ...and don't ever let go!  There's no time to fear There's no place for tears Can you hold on for... Hold on for one more day?  Feel the strength inside Let your spirit shine Let your worries fade  Know that I am here for you forever More than you know So let's hold on... ...and hold on... ...and don't ever let go!fripSideShin KurokawaSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma・Shinya SaitoI hear your voice so loud and clear More than you know I feel your pain and all your fears More than you know  You are on my mind Tell me, my friend Who could have hurt you?  You are not alone I'm here to say We can make it through-  Look into my eyes Tell me your pain Don't let me doubt you  Keep your head up high For you, my friend I'll be your guiding light  Don't look down! It's too easy to fall Don't look down! It's too easy to lose it all Don't look down! It's too easy to fall So take my hand We'll make it through it all  There's no time to fear There's no place for tears Can you hold on for... Hold on for one more day?  Feel the strength inside Let your spirit shine Let your worries fade  Know that I am here for you forever More than you know So let's hold on... ...and hold on... ...and don't ever let go!  You've been on my mind All day, all night Who could desert you?  You won't be alone I'm telling you We can make it through  Reach out, I'll be here Just call my name Don't let me lose you  Keep your head up high Don't you give up I'm here to fight for you  Don't look down! It's too easy to fall Don't look down! It's too easy to lose it all Don't look down! It's too easy to fall So take my hand We'll make it through it all  There's no time to fear There's no place for tears Can you hold on for... Hold on for one more day?  Feel the strength inside Let your spirit shine Let your worries fade  Know that I am here for you forever More than you know So let's hold on... ...and hold on... ...and don't ever let go!  There's no time to fear There's no place for tears Can you hold on for... Hold on for one more day?  Feel the strength inside Let your spirit shine Let your worries fade  Know that I am here for you forever More than you know So let's hold on... ...and hold on... ...and don't ever let go!
Your Wayいつもの帰り道 見慣れた坂道に 幼いあの頃を思い出した 少しの廻り道 路地裏照らしてる 夕陽は眩しくて綺麗なまま  輝いてた(あの季節は) きっと明日も(生き続ける) 一度きりの(その瞬間) 絶対に忘れないで  時間が例えばこの僕から 君を遠ざけるのなら (理性を失くすほど) 強い想いを持ち続けて 声にならない痛いほどの 優しいその温もりを (抱きしめ続けるよ) その記憶は壊せない  突然降り出した 雨に街は霞む あの日の情景と同じだった 傘の花が咲いて 家路を急いでる みんな大切な現在を生きる  進むことを(諦めずに) いつの日にも(その笑顔で) 一度きりの(奇跡だけは) 絶対に逃さないで  迷い躊躇う その時には 君の言葉想い出す (強く歩いていく) その背中に夢を感じて 支え合い 辿った日々は 今も輝いているから (いつでも響いてる) この記憶は壊せない  駆け足だったあの頃 うまくいかない時にも 信じ合うチカラだけは 僕らを強く繋いでた  時間が例えばこの僕から 君を遠ざけるのなら (理性を失くすほど) 強い想いを持ち続けて 声にならない痛いほどの 優しいその温もりを (抱きしめ続けるよ) その記憶は壊せないfripSide八木沼悟志斎藤真也八木沼悟志・斎藤真也いつもの帰り道 見慣れた坂道に 幼いあの頃を思い出した 少しの廻り道 路地裏照らしてる 夕陽は眩しくて綺麗なまま  輝いてた(あの季節は) きっと明日も(生き続ける) 一度きりの(その瞬間) 絶対に忘れないで  時間が例えばこの僕から 君を遠ざけるのなら (理性を失くすほど) 強い想いを持ち続けて 声にならない痛いほどの 優しいその温もりを (抱きしめ続けるよ) その記憶は壊せない  突然降り出した 雨に街は霞む あの日の情景と同じだった 傘の花が咲いて 家路を急いでる みんな大切な現在を生きる  進むことを(諦めずに) いつの日にも(その笑顔で) 一度きりの(奇跡だけは) 絶対に逃さないで  迷い躊躇う その時には 君の言葉想い出す (強く歩いていく) その背中に夢を感じて 支え合い 辿った日々は 今も輝いているから (いつでも響いてる) この記憶は壊せない  駆け足だったあの頃 うまくいかない時にも 信じ合うチカラだけは 僕らを強く繋いでた  時間が例えばこの僕から 君を遠ざけるのなら (理性を失くすほど) 強い想いを持ち続けて 声にならない痛いほどの 優しいその温もりを (抱きしめ続けるよ) その記憶は壊せない
Your breeze髪がなびく強い風に吹かれるまま ああ今日も僕は 君と歩いた街並みを思い出してる 過ぎ去った日々は切なく ざらついた記憶残して 今も君を想ってるよ 君はもう居ないのに  若かったね 僕も君も 2人で迷った それぞれの道 学校帰り遅くまで いろんな話をしたよね  桜が舞うこの季節に いつも思い出すあの日を 今でもまだ忘れないよ 君とした約束は  時間だけがただ加速して 遠く霞む あの情景も あの日決めたお互いの夢 それぞれの思いを胸に  ただ子供すぎたあの時の僕は 続いていく未来だけ信じ 疑いもせず手を繋ぎ君といつまでも歩けると思った 大人になった僕はまだ君の あの笑顔を忘れることなく 君がくれた優しさは今も僕の中に生き続けてるから  春色に染まる街角 軽やかに過ぎる人波 君は今も まだどこかで時を刻み続ける  突然に終わりを告げた 僕らが選んだ その未来は 予測しない線 描いて あの日と今を結んでる  そう 人はやがて痛む胸の傷 癒しながら明日を見つけてく ずっと僕は君と過ごしてた思い出にさよならできなくて 君が好きなあのカフェの席で 笑いながら僕に手を振って 待ち合わせた何気ない日々が いつまでも心に響いてる  写真のなか照れくさそうに 2人で並んだあの樹の下で 君がくれた あの約束の言葉が重みを増してく  「いつの日も胸に誇れる何かを 持てる強い大人になろうね」 細い指をそっと絡ませて 力強く瞳 輝かせた 大人になった僕はまだ君の あの笑顔を忘れることなく 君がくれた優しさは今も僕の中に生き続けてるからfripSideSatoshi Yaginuma・Kotoe KimuraSatoshi YaginumaShinya Saito髪がなびく強い風に吹かれるまま ああ今日も僕は 君と歩いた街並みを思い出してる 過ぎ去った日々は切なく ざらついた記憶残して 今も君を想ってるよ 君はもう居ないのに  若かったね 僕も君も 2人で迷った それぞれの道 学校帰り遅くまで いろんな話をしたよね  桜が舞うこの季節に いつも思い出すあの日を 今でもまだ忘れないよ 君とした約束は  時間だけがただ加速して 遠く霞む あの情景も あの日決めたお互いの夢 それぞれの思いを胸に  ただ子供すぎたあの時の僕は 続いていく未来だけ信じ 疑いもせず手を繋ぎ君といつまでも歩けると思った 大人になった僕はまだ君の あの笑顔を忘れることなく 君がくれた優しさは今も僕の中に生き続けてるから  春色に染まる街角 軽やかに過ぎる人波 君は今も まだどこかで時を刻み続ける  突然に終わりを告げた 僕らが選んだ その未来は 予測しない線 描いて あの日と今を結んでる  そう 人はやがて痛む胸の傷 癒しながら明日を見つけてく ずっと僕は君と過ごしてた思い出にさよならできなくて 君が好きなあのカフェの席で 笑いながら僕に手を振って 待ち合わせた何気ない日々が いつまでも心に響いてる  写真のなか照れくさそうに 2人で並んだあの樹の下で 君がくれた あの約束の言葉が重みを増してく  「いつの日も胸に誇れる何かを 持てる強い大人になろうね」 細い指をそっと絡ませて 力強く瞳 輝かせた 大人になった僕はまだ君の あの笑顔を忘れることなく 君がくれた優しさは今も僕の中に生き続けてるから
You茜色に染まる街外れ 優しい風 そっと吹き抜ける いつもの路地裏 あなたと歩いた 繋いだその手は 安心をくれた 芽吹く春の日も 日差し眩しい夏の日も 枯葉舞う秋も 冷えた冬の日も  あなたがいたから 私でいられた その温もりだけ 信じて生きていた 優しい眼差しは見守ってくれていた いつも感じてた その愛の絆  懐かしい日々 大切な記憶 幼かった 私はいつも あなたの隣で 限られた時間を 当たり前の様に 過ごしていたから  あなたがいたから 私は生まれた あなたの全てを 頼りに生きていた 受け継いでいる この心の形はほら あなたに似ている その愛の証  今だから言える 感謝の言葉は  あなたがいたから 私でいられた その温もりだけ 信じて生きていた 優しい眼差しは見守ってくれていた いつも感じてた その愛の絆  あなたがいたから 私は生まれた あなたの全てを 頼りに生きていた 受け継いでいる この心の形はほら あなたに似ている その愛の証  抱きしめてくれてたその手から 離れたあの瞬間にきっと 一緒に感じてた寂しさは今でも 響いてるfripSideSatoshi YaginumaSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma茜色に染まる街外れ 優しい風 そっと吹き抜ける いつもの路地裏 あなたと歩いた 繋いだその手は 安心をくれた 芽吹く春の日も 日差し眩しい夏の日も 枯葉舞う秋も 冷えた冬の日も  あなたがいたから 私でいられた その温もりだけ 信じて生きていた 優しい眼差しは見守ってくれていた いつも感じてた その愛の絆  懐かしい日々 大切な記憶 幼かった 私はいつも あなたの隣で 限られた時間を 当たり前の様に 過ごしていたから  あなたがいたから 私は生まれた あなたの全てを 頼りに生きていた 受け継いでいる この心の形はほら あなたに似ている その愛の証  今だから言える 感謝の言葉は  あなたがいたから 私でいられた その温もりだけ 信じて生きていた 優しい眼差しは見守ってくれていた いつも感じてた その愛の絆  あなたがいたから 私は生まれた あなたの全てを 頼りに生きていた 受け継いでいる この心の形はほら あなたに似ている その愛の証  抱きしめてくれてたその手から 離れたあの瞬間にきっと 一緒に感じてた寂しさは今でも 響いてる
you only live once胸の奥に しまいこんでるその願い このままではゼロと同じだ  言葉にできない想い 悔しい時も 飲みこむことアタリマエになりながら  自由になれることを もしも許されたら どんな景色を君は描くだろう ah 忘れかけてる 熱い気持ち 今もう一度 声にして ひとつだけの your story  くすぶってるその想いを 高く解き放ったら 変われるかも 強い光 見た事もない世界へと so crying = your chance 恐れないで 夢を描くチカラ 果てしない旅だとしたって 次のphaseに進もう  「優しさだ」と置き換えた その言動は 傷つきそうな自分を守るためのfake  数え切れないほどの時間があるはずだと 思っていた日々は 光のように消えて 数えるほどに 切なさを感じる現実 あと何回 君と言葉かわせる?  駆け抜けてくこの命は 永遠ではないこと わかっている ならどうして うまく走れないんだろう your life is only once 忘れないで 明日は奇跡なんだ 心に傷がついたって 君に伝えたい言葉  後悔して涙しても もう過去は変わらない だから止まる? それは違う やってくる明日のために  くすぶってるその想いを 高く解き放ったら 変われるかも 強い光 見た事もない世界へと so crying = your chance 恐れないで 夢を描くチカラ 果てしない旅だとしたって 次のphaseに進もうfripSide南條愛乃八木沼悟志・川﨑海Kai Kawasaki胸の奥に しまいこんでるその願い このままではゼロと同じだ  言葉にできない想い 悔しい時も 飲みこむことアタリマエになりながら  自由になれることを もしも許されたら どんな景色を君は描くだろう ah 忘れかけてる 熱い気持ち 今もう一度 声にして ひとつだけの your story  くすぶってるその想いを 高く解き放ったら 変われるかも 強い光 見た事もない世界へと so crying = your chance 恐れないで 夢を描くチカラ 果てしない旅だとしたって 次のphaseに進もう  「優しさだ」と置き換えた その言動は 傷つきそうな自分を守るためのfake  数え切れないほどの時間があるはずだと 思っていた日々は 光のように消えて 数えるほどに 切なさを感じる現実 あと何回 君と言葉かわせる?  駆け抜けてくこの命は 永遠ではないこと わかっている ならどうして うまく走れないんだろう your life is only once 忘れないで 明日は奇跡なんだ 心に傷がついたって 君に伝えたい言葉  後悔して涙しても もう過去は変わらない だから止まる? それは違う やってくる明日のために  くすぶってるその想いを 高く解き放ったら 変われるかも 強い光 見た事もない世界へと so crying = your chance 恐れないで 夢を描くチカラ 果てしない旅だとしたって 次のphaseに進もう
Like a blink, a short night.光る画面 届いたばかりのメッセージ 忙しさの合間に笑顔くれる  今私は… 書きかけてやめた話題 つぎ会うとき 君の顔みて話そう  気付いたの君はね 特別な存在 大勢の中の一人だったはずなのにね 少し不思議だね  何気ないけど君の言葉 いつも私に元気をくれる たった一言も嬉しくて あたたかい気持ちがあふれてくるよ 一人では長いこの夜も 君と繋がる言葉があれば 話したりないと思うほど 一瞬に感じるの Like a blink, a short night.  嬉しいけど 約束のたび戸惑う 恋人でも友達でもない距離  気付いたの私ね もっとそばにいたい 言い訳しないで会える二人に 変わっていきたいと願ってる  相変わらずの君の言葉 今日も元気をくれるよ、だけど… どうしてだろう 泣きたいほど 切ない気持ちがこみあげてくるよ いくつもの長いこの夜を こえた先に二人でいるかな 交わす言葉は変わらなくて 少し勇気だしたの 「君に会いたい」  気付いたの君はね 特別な存在 大勢の中の一人だったはずなのにね 少し不思議だね  何気ないけど君の言葉 いつも私に元気をくれる たった一言も嬉しくて あたたかい気持ちがあふれてくるよ 一人では長いこの夜も 君と繋がる言葉があれば 話したりないと思うほど 一瞬に感じるの Like a blink, a short night.fripSide南條愛乃八木沼悟志Shinya Saito・Satoshi Yaginuma光る画面 届いたばかりのメッセージ 忙しさの合間に笑顔くれる  今私は… 書きかけてやめた話題 つぎ会うとき 君の顔みて話そう  気付いたの君はね 特別な存在 大勢の中の一人だったはずなのにね 少し不思議だね  何気ないけど君の言葉 いつも私に元気をくれる たった一言も嬉しくて あたたかい気持ちがあふれてくるよ 一人では長いこの夜も 君と繋がる言葉があれば 話したりないと思うほど 一瞬に感じるの Like a blink, a short night.  嬉しいけど 約束のたび戸惑う 恋人でも友達でもない距離  気付いたの私ね もっとそばにいたい 言い訳しないで会える二人に 変わっていきたいと願ってる  相変わらずの君の言葉 今日も元気をくれるよ、だけど… どうしてだろう 泣きたいほど 切ない気持ちがこみあげてくるよ いくつもの長いこの夜を こえた先に二人でいるかな 交わす言葉は変わらなくて 少し勇気だしたの 「君に会いたい」  気付いたの君はね 特別な存在 大勢の中の一人だったはずなのにね 少し不思議だね  何気ないけど君の言葉 いつも私に元気をくれる たった一言も嬉しくて あたたかい気持ちがあふれてくるよ 一人では長いこの夜も 君と繋がる言葉があれば 話したりないと思うほど 一瞬に感じるの Like a blink, a short night.
light at the end見上げた雲間から こぼれた光感じた あの日から変わらない 繰り返す日常  時には優しさを 拒みたかった日もある 不器用なその幼さで なんとか歩み進めた  何が正解かなんてきっとこの先もわからない ただ一つ守りたかった 自分であるというプライド  負けたくない その想いで繋いだこのリアルは 望んだ未来とは離れたけど それでも輝いている 流す涙 忘れはしない それが軌跡なんだと 見えない出口 探し続けてる君を 今ここで待つよ  気付けばこんなにも 遠いところに立ってる 高い壁感じてた 一人凍えた日々  誰にも知られずに 磨きたかったハートは 無理やりに傷つけたから すり減った音をしていた  強がって何もかもを受け止めた顔し続けて だけど本当は毎日が不安で叫びたかった  信じていた その光は 決して間違いじゃない 淡い輝きでも 強い力 熱い心に変わってく 理由なんてなんでもいい 君が君であるなら 迷い、もがき、走り続けるから 本物の強さを知る  負けたくない その想いで繋いだこのリアルは 望んだ未来とは離れたけど それでも輝いている 流す涙 忘れはしない それが軌跡なんだと 見えない出口 探し続けてる君を 今ここで待つよfripSideYoshino NanjoSatoshi YaginumaShinya Saito見上げた雲間から こぼれた光感じた あの日から変わらない 繰り返す日常  時には優しさを 拒みたかった日もある 不器用なその幼さで なんとか歩み進めた  何が正解かなんてきっとこの先もわからない ただ一つ守りたかった 自分であるというプライド  負けたくない その想いで繋いだこのリアルは 望んだ未来とは離れたけど それでも輝いている 流す涙 忘れはしない それが軌跡なんだと 見えない出口 探し続けてる君を 今ここで待つよ  気付けばこんなにも 遠いところに立ってる 高い壁感じてた 一人凍えた日々  誰にも知られずに 磨きたかったハートは 無理やりに傷つけたから すり減った音をしていた  強がって何もかもを受け止めた顔し続けて だけど本当は毎日が不安で叫びたかった  信じていた その光は 決して間違いじゃない 淡い輝きでも 強い力 熱い心に変わってく 理由なんてなんでもいい 君が君であるなら 迷い、もがき、走り続けるから 本物の強さを知る  負けたくない その想いで繋いだこのリアルは 望んだ未来とは離れたけど それでも輝いている 流す涙 忘れはしない それが軌跡なんだと 見えない出口 探し続けてる君を 今ここで待つよ
lighting of my heart目醒めた能力が 次元を超え行く その光で照らす明日を信じて 真っ直ぐな想い 貫いて辿り着こう まだ見えない世界 君と見たいから  いつも感じていた 消せないその夢は 巡る時のなかで 私を強くさせてく  あの日 舞い降りた 鼓動の高鳴り 気づいた 感じてく 心の素直な衝動 恐れずに この心を解き放つなら また強くこの一歩を踏み出せる  遥かなる道を 君と歩いてく かけがえない希望だけを感じて たった一つだけ 夢見る未来のために この光纏って 闇を閉ざしてく  この胸に宿った 優しさと強さを いつも忘れないよ 私が進むべき道  今も溢れてる 絆の強さを感じて 儚さに負けない心を信じた 守りたい 笑顔がいつも輝くから 迷わずにこの一歩を駆け出せる  目醒めた能力が 明日を引き寄せる その光で照らす未来 夢見て 真っ直ぐな想い 貫いて辿り着こう まだ見えない世界 君と見たいから  目醒めた能力が 次元を超え行く その光で照らす明日を信じて 真っ直ぐな想い 貫いて辿り着こう まだ見えない世界 君と見たいから 遥かなる道を 君と歩いてく かけがえない希望だけを感じて たった一つだけ 夢見る未来のために この光纏って 闇を閉ざしてくfripSideSatoshi YaginumaSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma目醒めた能力が 次元を超え行く その光で照らす明日を信じて 真っ直ぐな想い 貫いて辿り着こう まだ見えない世界 君と見たいから  いつも感じていた 消せないその夢は 巡る時のなかで 私を強くさせてく  あの日 舞い降りた 鼓動の高鳴り 気づいた 感じてく 心の素直な衝動 恐れずに この心を解き放つなら また強くこの一歩を踏み出せる  遥かなる道を 君と歩いてく かけがえない希望だけを感じて たった一つだけ 夢見る未来のために この光纏って 闇を閉ざしてく  この胸に宿った 優しさと強さを いつも忘れないよ 私が進むべき道  今も溢れてる 絆の強さを感じて 儚さに負けない心を信じた 守りたい 笑顔がいつも輝くから 迷わずにこの一歩を駆け出せる  目醒めた能力が 明日を引き寄せる その光で照らす未来 夢見て 真っ直ぐな想い 貫いて辿り着こう まだ見えない世界 君と見たいから  目醒めた能力が 次元を超え行く その光で照らす明日を信じて 真っ直ぐな想い 貫いて辿り着こう まだ見えない世界 君と見たいから 遥かなる道を 君と歩いてく かけがえない希望だけを感じて たった一つだけ 夢見る未来のために この光纏って 闇を閉ざしてく
last fortune(Truly love forever. I never lost my wish. Just begin new world.)  数え切れない時を 紡いだ2つの願いは 鏡のように見つめあって ずっと 答え探してた  全てを知るのが怖くて 瞳 逸らし続けてた だけど今はこの痛みも超えて強くなれる  世界なんて ただの枷で 希望さえいつか消えてく 鍵をかけた 永遠の夢 約束した 未来(あす)を待ちわびて 見守り続ける たとえ 哀しみに引き裂かれても...  (We cry to change the fate. I never forget you. Whenever I live.)  心にひとつだけ 繋がる記憶を辿れば 描いていた幸せに いつか出逢える気がしてた  微笑みあった風景に 蘇る 眩しい笑顔 私にはもう 守るものがある 運命超えて  君のいない世界の中 一人では感じ合えない 行き場のない 想い抱きしめ 傷つけても 傷ついてもきっと 思い通りの 未来(あす)は来ない でも待ち続けたい  迷いの中 信じていた 君の言葉 求めていた 君のことを 見つめ続けた... 涙落ちる 手のひらは霞んで 本当はただ 一緒にいたいと願ってるから...  キミの選ぶ 結末へと 寄り添うこと 儚い夢 鍵をかけた 永遠の愛 約束した ずっと望んでいた 未来(あす)を迎えて どうか もう二度と離れないように...  (Truly love forever. I never lost my wish.  Just begin new world.  We cry to change the fate. I never forget you. Whenever I live.)fripSideSatoshi Yaginuma・yuki-kaSatoshi Yaginuma川崎海・八木沼悟志(Truly love forever. I never lost my wish. Just begin new world.)  数え切れない時を 紡いだ2つの願いは 鏡のように見つめあって ずっと 答え探してた  全てを知るのが怖くて 瞳 逸らし続けてた だけど今はこの痛みも超えて強くなれる  世界なんて ただの枷で 希望さえいつか消えてく 鍵をかけた 永遠の夢 約束した 未来(あす)を待ちわびて 見守り続ける たとえ 哀しみに引き裂かれても...  (We cry to change the fate. I never forget you. Whenever I live.)  心にひとつだけ 繋がる記憶を辿れば 描いていた幸せに いつか出逢える気がしてた  微笑みあった風景に 蘇る 眩しい笑顔 私にはもう 守るものがある 運命超えて  君のいない世界の中 一人では感じ合えない 行き場のない 想い抱きしめ 傷つけても 傷ついてもきっと 思い通りの 未来(あす)は来ない でも待ち続けたい  迷いの中 信じていた 君の言葉 求めていた 君のことを 見つめ続けた... 涙落ちる 手のひらは霞んで 本当はただ 一緒にいたいと願ってるから...  キミの選ぶ 結末へと 寄り添うこと 儚い夢 鍵をかけた 永遠の愛 約束した ずっと望んでいた 未来(あす)を迎えて どうか もう二度と離れないように...  (Truly love forever. I never lost my wish.  Just begin new world.  We cry to change the fate. I never forget you. Whenever I live.)
Love with You輝いている 君の横顔 見ていた 秘めた想いが 風を感じた その瞬間に 僕はこの気持ち全て 君に打ち明けたんだ  鼓動が聴こえてる 瞳をそらせずに 君を守るために僕は この世界 変える程 強い力が欲しいと覚悟決めた  目眩(めくるめ)く時の彼方へ 奇跡が導く出会いが 限りのない夢を乗せて 2人を導くから 大きな壁を乗り越える その勇気だけ 誰にも知られずに その強い意志で結ばれてる  いつからだろう? 気が付いていたあなたの その優しさに 私がずっと 信じ続けた 世界はその瞬間に 大きく形変えた  鼓動が止まらない 瞳をそらしたい あなたを信じる勇気は いつまでも 失くせない 一緒に理想を掴むその時まで  遥かな道を辿ってく この恋をいま抱きしめて あなたの笑顔と一緒に 2人が強くなれる 誰にも言えない秘密は この胸のなか いつでも私を突き動かす力に変わってく  心に 描いた 2人のこれからの夢 話したい いま会いたい 気持ちがもう 止まらなくて 君のことをいつでも考えてる I'm in love with you  鼓動が聴こえてる瞳をそらせずに 君を守るために僕はこの世界変える程強い力が欲しいと覚悟決めた  目眩く時の彼方へ 奇跡が導く出会いが 限りのない夢を乗せて 2人を導くから 大きな壁を乗り越える その勇気だけ 誰にも知られずに その強い意志で結ばれてる  遥かな道を辿ってく この恋をいま抱きしめて あなたの笑顔と一緒に 2人が強くなれる 誰にも言えない秘密は この胸のなか いつでも私を突き動かす力に変わってくfripSide八木沼悟志八木沼悟志Satoshi Yaginuma輝いている 君の横顔 見ていた 秘めた想いが 風を感じた その瞬間に 僕はこの気持ち全て 君に打ち明けたんだ  鼓動が聴こえてる 瞳をそらせずに 君を守るために僕は この世界 変える程 強い力が欲しいと覚悟決めた  目眩(めくるめ)く時の彼方へ 奇跡が導く出会いが 限りのない夢を乗せて 2人を導くから 大きな壁を乗り越える その勇気だけ 誰にも知られずに その強い意志で結ばれてる  いつからだろう? 気が付いていたあなたの その優しさに 私がずっと 信じ続けた 世界はその瞬間に 大きく形変えた  鼓動が止まらない 瞳をそらしたい あなたを信じる勇気は いつまでも 失くせない 一緒に理想を掴むその時まで  遥かな道を辿ってく この恋をいま抱きしめて あなたの笑顔と一緒に 2人が強くなれる 誰にも言えない秘密は この胸のなか いつでも私を突き動かす力に変わってく  心に 描いた 2人のこれからの夢 話したい いま会いたい 気持ちがもう 止まらなくて 君のことをいつでも考えてる I'm in love with you  鼓動が聴こえてる瞳をそらせずに 君を守るために僕はこの世界変える程強い力が欲しいと覚悟決めた  目眩く時の彼方へ 奇跡が導く出会いが 限りのない夢を乗せて 2人を導くから 大きな壁を乗り越える その勇気だけ 誰にも知られずに その強い意志で結ばれてる  遥かな道を辿ってく この恋をいま抱きしめて あなたの笑顔と一緒に 2人が強くなれる 誰にも言えない秘密は この胸のなか いつでも私を突き動かす力に変わってく
Run into the lightRun into the light. Break down all these walls of darkness that blind you. Run into the light.  Will I see another day? Do you feel and hear me say? You stand, they beat you down. Is life worth fighting for? Will you see another day? Can I feel and hear you say? Is life worth fighting for?  光 探し続けた 全て 支配された日々に  Will I see another day? Do you feel and hear me say? You stand, they beat you down. Is life worth fighting for? Will you see another day? Can I feel and hear you say? Is life worth fighting for?  いつか夢見た景色 闇を司るその壁をいま壊して  思いのままに描いた 心を埋め尽くす希望 君と僕を取り巻く日々に その意味を求めた実存  Run into the light. Break down all these walls of darkness that blind you. Run into the light.  Will I see another day? Do you feel and hear me say? You stand, they beat you down. Is life worth fighting for?  Will you see another day? Can I feel and hear you say? Is life worth fighting for?  君と 捜し続けた 明日 この手に暖かさを感じたくて  求め続ける自由は 果てなく遠く隠されて 生きてく意味に彷徨う 存在を拒んだ空想  Will I see another day? Do you feel and hear me say? You stand, they beat you down. Is life worth fighting for?  思いのままに描いた 心を埋め尽くす希望 君と僕を取り巻く日々に その意味を求めた実存  求め続ける自由は 果てなく遠く隠されて 生きてく意味に彷徨う 存在を拒んだ空想  Run into the light. Break down all these walls of darkness that blind you. Run into the light.  Will I see another day? Do you feel and hear me say? You stand, they beat you down. Is life worth fighting for? Will you see another day? Can I feel and hear you say? Is life worth fighting for?fripSide八木沼悟志八木沼悟志Satoshi YaginumaRun into the light. Break down all these walls of darkness that blind you. Run into the light.  Will I see another day? Do you feel and hear me say? You stand, they beat you down. Is life worth fighting for? Will you see another day? Can I feel and hear you say? Is life worth fighting for?  光 探し続けた 全て 支配された日々に  Will I see another day? Do you feel and hear me say? You stand, they beat you down. Is life worth fighting for? Will you see another day? Can I feel and hear you say? Is life worth fighting for?  いつか夢見た景色 闇を司るその壁をいま壊して  思いのままに描いた 心を埋め尽くす希望 君と僕を取り巻く日々に その意味を求めた実存  Run into the light. Break down all these walls of darkness that blind you. Run into the light.  Will I see another day? Do you feel and hear me say? You stand, they beat you down. Is life worth fighting for?  Will you see another day? Can I feel and hear you say? Is life worth fighting for?  君と 捜し続けた 明日 この手に暖かさを感じたくて  求め続ける自由は 果てなく遠く隠されて 生きてく意味に彷徨う 存在を拒んだ空想  Will I see another day? Do you feel and hear me say? You stand, they beat you down. Is life worth fighting for?  思いのままに描いた 心を埋め尽くす希望 君と僕を取り巻く日々に その意味を求めた実存  求め続ける自由は 果てなく遠く隠されて 生きてく意味に彷徨う 存在を拒んだ空想  Run into the light. Break down all these walls of darkness that blind you. Run into the light.  Will I see another day? Do you feel and hear me say? You stand, they beat you down. Is life worth fighting for? Will you see another day? Can I feel and hear you say? Is life worth fighting for?
regretあの頃とは違う髪型で同じ街を歩いてみても どこかに気持ちを忘れてきた 目には何も輝いてこない 朝の光眩しく差し込み 新しい1日が来ても 夢の続きまだ見ていたくて 同じ想い漂い続ける  失う前になぜ気づかないの? 大切なものはいつもすぐ見失うから 取り戻すことが出来ないことなど 知っているの だから余計切なさが溢れてくる  同じ明日を見ていた あの頃の2人今は 私から手放した 繋がっていた心さえ 後悔の波 ひとつ 泡のように消えてしまえ あの日のこと もう2度と 思い出せないくらいに  胸の奥で消せない痛みが 現実を今日も告げている 私が気持ちを忘れていた 自分の事まだ許せない 君がくれた暖かな季節 優しささえ受け止められず ありもしない不安を描いて 君の気持ち傷つけていたね  移ろい流れる あの空の雲は 君がそう私を愛してくれた欠片みたい 加速するように形を変えて いつかは消え なくなるのね 誰も止めてくれないね  さよならのその先の2人の想いの行方 愛し合った季節はどこか遠くに消えゆく こんなに君のことを思い出し涙してる 失った今 君が全てと気がつくなんて  失う前になぜ気づかないの? 大切なものはいつもすぐ見失うから 取り戻すことが出来ないことなど 知っているの だから余計切なさが溢れてくる  同じ明日を見ていた あの頃の2人今は 私から手放した 繋がっていた心さえ 後悔の波 ひとつ 泡のように消えてしまえ あの日のこと もう2度と 思い出せないくらいにfripSideSatoshi Yaginuma・Kotoe KimuraSatoshi YaginumaSatoshi Yaginumaあの頃とは違う髪型で同じ街を歩いてみても どこかに気持ちを忘れてきた 目には何も輝いてこない 朝の光眩しく差し込み 新しい1日が来ても 夢の続きまだ見ていたくて 同じ想い漂い続ける  失う前になぜ気づかないの? 大切なものはいつもすぐ見失うから 取り戻すことが出来ないことなど 知っているの だから余計切なさが溢れてくる  同じ明日を見ていた あの頃の2人今は 私から手放した 繋がっていた心さえ 後悔の波 ひとつ 泡のように消えてしまえ あの日のこと もう2度と 思い出せないくらいに  胸の奥で消せない痛みが 現実を今日も告げている 私が気持ちを忘れていた 自分の事まだ許せない 君がくれた暖かな季節 優しささえ受け止められず ありもしない不安を描いて 君の気持ち傷つけていたね  移ろい流れる あの空の雲は 君がそう私を愛してくれた欠片みたい 加速するように形を変えて いつかは消え なくなるのね 誰も止めてくれないね  さよならのその先の2人の想いの行方 愛し合った季節はどこか遠くに消えゆく こんなに君のことを思い出し涙してる 失った今 君が全てと気がつくなんて  失う前になぜ気づかないの? 大切なものはいつもすぐ見失うから 取り戻すことが出来ないことなど 知っているの だから余計切なさが溢れてくる  同じ明日を見ていた あの頃の2人今は 私から手放した 繋がっていた心さえ 後悔の波 ひとつ 泡のように消えてしまえ あの日のこと もう2度と 思い出せないくらいに
Regeneration遥かな時 巡る季節 新たなこの出逢いが今 育む 感じ合う絆を この大地に刻み 明日へ羽ばたく  闇夜を照らす光を捜していた 醒めない夢を見続けてここまで来た  壊れていく 失くしていく そんな日々に涙した だからもっと 強く強く 願うチカラ 抱きしめた  貫いてく 受け継ぐ意思 この心に溢れている そして明日を創っていく 君との絆 感じて 遥かな時 巡る季節 新たなこの出逢いが今 確かに 感じ合う光をこの空に向かって 輝かせたい  誰かが選んだ現在(いま)は意味が無く この場所に立つ未来を強く求めてた  傷だらけで 迷い込んだ あの日々を味方にした 僕にとって 本当に大切なものが 見えていた  もう迷わず 突き進もう 隣にいる君と僕は 今日の風を精一杯 両手広げ 感じて いつか君と 築くだろう かけがえ無いこの絆が導く 揺るぎない未来を信じるこの今を 大切にして  貫いてく 受け継ぐ意思 この心に溢れている そして明日を創っていく 君との絆 感じて 遥かな時 巡る季節 新たなこの出逢いが今 確かに 感じ合う光をこの空に向かって 輝かせたい  いつか君と 築くだろう かけがえ無いこの絆が導く 揺るぎない未来を信じるこの今を 大切にしてfripSide八木沼悟志八木沼悟志Shinya Saito・Satoshi Yaginuma遥かな時 巡る季節 新たなこの出逢いが今 育む 感じ合う絆を この大地に刻み 明日へ羽ばたく  闇夜を照らす光を捜していた 醒めない夢を見続けてここまで来た  壊れていく 失くしていく そんな日々に涙した だからもっと 強く強く 願うチカラ 抱きしめた  貫いてく 受け継ぐ意思 この心に溢れている そして明日を創っていく 君との絆 感じて 遥かな時 巡る季節 新たなこの出逢いが今 確かに 感じ合う光をこの空に向かって 輝かせたい  誰かが選んだ現在(いま)は意味が無く この場所に立つ未来を強く求めてた  傷だらけで 迷い込んだ あの日々を味方にした 僕にとって 本当に大切なものが 見えていた  もう迷わず 突き進もう 隣にいる君と僕は 今日の風を精一杯 両手広げ 感じて いつか君と 築くだろう かけがえ無いこの絆が導く 揺るぎない未来を信じるこの今を 大切にして  貫いてく 受け継ぐ意思 この心に溢れている そして明日を創っていく 君との絆 感じて 遥かな時 巡る季節 新たなこの出逢いが今 確かに 感じ合う光をこの空に向かって 輝かせたい  いつか君と 築くだろう かけがえ無いこの絆が導く 揺るぎない未来を信じるこの今を 大切にして
re:ceptivityre:captivity 抜け出せない つながれた in a precious place. 囚われたままでオワリだけを見ていた re:alize 繰り返してゆく 果ての無い時の中で ふと見上げた空は遠く高く広がってた  霞む行先 歪む足跡 逃げ場失い 翳る現実  曖昧なその在り処 動けない瞳 確かなモノなんてなく だけど 自分だけ信じて…  re:captivity 抜け出せない つながれた in a precious place. 囚われたままでオワリだけを見ていた re:alize 繰り返してゆく 果ての無い時の中で ふと見上げた空は遠く高く広がってた  遠く過ぎ去る 日々は尊く 刻む痛みを 思い知ってく  まだ何も遅くない 胸を打つ鼓動 零れるカケラ集めて 絶望貫ける奇跡を  re:ceptivity そう今なら 全てを無くす勇気は 自由に羽ばたくツバサへと変わるから re:alive 生まれかわるなら 鮮やかな蒼空へと この風にのせて想いの全てを歌うよ  壊れた約束だけが 残り続けるこの場所… 振り向かず行けばたどり着くspecially place. きっと迷う事はない いくつもの未来の中 僕が択ぶ明日に重なる絆の旋律  re:ceptivity そう今なら 全てを無くす勇気が 自由に羽ばたくツバサへと変わるんだ re:alive 生まれかわるなら 鮮やかな蒼空へと この風にのせて想いの全てを歌うよ!fripSidenao・Shinichirou YamashitaSatoshi Yaginuma・Kai Kawasakire:captivity 抜け出せない つながれた in a precious place. 囚われたままでオワリだけを見ていた re:alize 繰り返してゆく 果ての無い時の中で ふと見上げた空は遠く高く広がってた  霞む行先 歪む足跡 逃げ場失い 翳る現実  曖昧なその在り処 動けない瞳 確かなモノなんてなく だけど 自分だけ信じて…  re:captivity 抜け出せない つながれた in a precious place. 囚われたままでオワリだけを見ていた re:alize 繰り返してゆく 果ての無い時の中で ふと見上げた空は遠く高く広がってた  遠く過ぎ去る 日々は尊く 刻む痛みを 思い知ってく  まだ何も遅くない 胸を打つ鼓動 零れるカケラ集めて 絶望貫ける奇跡を  re:ceptivity そう今なら 全てを無くす勇気は 自由に羽ばたくツバサへと変わるから re:alive 生まれかわるなら 鮮やかな蒼空へと この風にのせて想いの全てを歌うよ  壊れた約束だけが 残り続けるこの場所… 振り向かず行けばたどり着くspecially place. きっと迷う事はない いくつもの未来の中 僕が択ぶ明日に重なる絆の旋律  re:ceptivity そう今なら 全てを無くす勇気が 自由に羽ばたくツバサへと変わるんだ re:alive 生まれかわるなら 鮮やかな蒼空へと この風にのせて想いの全てを歌うよ!
Reason to be here(If I only knew what I know right now Who'd i have been in 1999?)  あの日見た夢を探して 彷徨い歩く日々のなか 振り返ることも出来ずに 時は刻み続けた  カタチの違う現在(いま)が ここにない理由を 僕は知ってる だから歩き出せる  I know the reason to be here is for us to see who we are 僕らが生まれた意味を I know we'll make it, so I feel, as long as you are here with me 輝く希望にして I know the reason to be here is for us to see who we are 優しさだけを信じて I know that time and time again we got to take it day by day 心のままに明日描こう  (If I only knew what I know right now Who'd i have been in 1999?)  必然だと決め込んでた 辿った1本の道は 取り留めない線を描き 人生を作り出す  この先にある景色 いつか見えなくなる だから残そう いまここにいること  I know the reason to be here is for us to see who we are 君と出会ったあの日に I know we'll make it, so I feel, no matter where we go from here 置き忘れた言葉は I know the reason to be here is for us to see who we are 君はいまどこにいるの? I know that time and time again we got to take it day by day 希望を胸に明日描くよ  僕は知ってる だから歩き出せる  I know the reason to be here is for us to see who we are 僕らが生まれた意味を I know we'll make it, so I feel, as long as you are here with me 輝く希望にして I know the reason to be here is for us to see who we are 優しさだけを信じて I know that time and time again we got to take it day by day 心のままに明日描こう  (If I only knew what I know right now Who'd i have been in 1999?)fripSide八木沼悟志・黒川晋八木沼悟志Kai Kawasaki・Satoshi Yaginuma(If I only knew what I know right now Who'd i have been in 1999?)  あの日見た夢を探して 彷徨い歩く日々のなか 振り返ることも出来ずに 時は刻み続けた  カタチの違う現在(いま)が ここにない理由を 僕は知ってる だから歩き出せる  I know the reason to be here is for us to see who we are 僕らが生まれた意味を I know we'll make it, so I feel, as long as you are here with me 輝く希望にして I know the reason to be here is for us to see who we are 優しさだけを信じて I know that time and time again we got to take it day by day 心のままに明日描こう  (If I only knew what I know right now Who'd i have been in 1999?)  必然だと決め込んでた 辿った1本の道は 取り留めない線を描き 人生を作り出す  この先にある景色 いつか見えなくなる だから残そう いまここにいること  I know the reason to be here is for us to see who we are 君と出会ったあの日に I know we'll make it, so I feel, no matter where we go from here 置き忘れた言葉は I know the reason to be here is for us to see who we are 君はいまどこにいるの? I know that time and time again we got to take it day by day 希望を胸に明日描くよ  僕は知ってる だから歩き出せる  I know the reason to be here is for us to see who we are 僕らが生まれた意味を I know we'll make it, so I feel, as long as you are here with me 輝く希望にして I know the reason to be here is for us to see who we are 優しさだけを信じて I know that time and time again we got to take it day by day 心のままに明日描こう  (If I only knew what I know right now Who'd i have been in 1999?)
Reach for the light真っ直ぐな その願い いつの日も 光を求めてた  あの日あの時 この目の前に 少し開いた ひとつの扉 近くて遠い そんな気がした けど確かに 導かれて  そして響いた はじまりの音 感じていた その先の希望に わたしの全て かけて挑んだ この道だけ 信じていた  見慣れたいつもの街並み その色と影が交錯して モノクロームに染まりそうな 心が強く光を求めた  答えの見えない日々は この想いを強く 繋いでた 季節を迎えるたびに 「まだ諦めない」と 呟いた  理由のないざわめきに 立ち向かえる覚悟 決めたなら 選んだ希望の扉 I seeking in the light, and never doubt myself.  繰り返すのは ありふれた日々 気が付いていた わたしじゃないと そこにはいつも 誰かの姿 でも見ないふり できなくて  思い通りに 進まない時 報われること ばかりじゃないと わかってたから 気付いてたから この道だけ信じられた  初めて感じた鼓動を 忘れることが出来ないまま 特別になれないとしても 後悔なんてしないと誓った  孤独と闘っていた あの日の高鳴りを思い出す 迷いなんて要らないと そう覚悟を胸に刻んでた  自分で選んだ過去に 後悔なんて何もないから 今はみんなを信じて I'll reach for the light, and believe in ourself.  答えの見えない日々は この想いを強く 繋いでた 季節を迎えるたびに 「まだ諦めない」と 呟いた  理由のないざわめきに 立ち向かえる覚悟 決めたなら 選んだ希望の扉 I seeking in the light, and never doubt myself.fripSide上杉真央・八木沼悟志八木沼悟志八木沼悟志・斎藤真也真っ直ぐな その願い いつの日も 光を求めてた  あの日あの時 この目の前に 少し開いた ひとつの扉 近くて遠い そんな気がした けど確かに 導かれて  そして響いた はじまりの音 感じていた その先の希望に わたしの全て かけて挑んだ この道だけ 信じていた  見慣れたいつもの街並み その色と影が交錯して モノクロームに染まりそうな 心が強く光を求めた  答えの見えない日々は この想いを強く 繋いでた 季節を迎えるたびに 「まだ諦めない」と 呟いた  理由のないざわめきに 立ち向かえる覚悟 決めたなら 選んだ希望の扉 I seeking in the light, and never doubt myself.  繰り返すのは ありふれた日々 気が付いていた わたしじゃないと そこにはいつも 誰かの姿 でも見ないふり できなくて  思い通りに 進まない時 報われること ばかりじゃないと わかってたから 気付いてたから この道だけ信じられた  初めて感じた鼓動を 忘れることが出来ないまま 特別になれないとしても 後悔なんてしないと誓った  孤独と闘っていた あの日の高鳴りを思い出す 迷いなんて要らないと そう覚悟を胸に刻んでた  自分で選んだ過去に 後悔なんて何もないから 今はみんなを信じて I'll reach for the light, and believe in ourself.  答えの見えない日々は この想いを強く 繋いでた 季節を迎えるたびに 「まだ諦めない」と 呟いた  理由のないざわめきに 立ち向かえる覚悟 決めたなら 選んだ希望の扉 I seeking in the light, and never doubt myself.
Leap of faith巡り行く 時を超え 僕はこの場所に宿った 遥かな夜明け 呼び起こす奇跡 今隣にいる君に見せたい  心が響き合う 新たな日々は 大切な感情をこの胸に刻んでる 求めてる 更なる夢が あの宇宙(そら)に届くまで 心燃やし 退屈を消し去る  この手に宿す 光は今も 信じる明日へと繋がり続ける 信じ合うこと その喜びも強さも 痛みも全てをいま共にして だから一緒に進みたいよ 世界さえ変えるチカラで  懐かしいこの場所も 君には新しい景色 望んだ結果 掴めなかった あの頃があるから今ここにいる  心に描いてる強さ求めて 僕らの道信じて いまは突き進むだけ 失くせない今があるから 迷わずに駆け抜ける この絆に 永遠を誓って  その目に映る 闇をいつでも 壊せるチカラが僕にあるのなら 常識なんて意味がないから 自由な心のその色 カタチにしたい そして誰にも真似できない 結末を手繰り寄せたい  響いてる この瞬間も 大切な感情をこの胸に刻んでる 求めてる 更なる夢が あの宇宙(そら)に届くまで 心燃やし 退屈を消し去る  この手に宿す 光は今も 信じる明日へと繋がり続ける 信じ合うこと その喜びも強さも 痛みも全てをいま共にして だから一緒に進みたいよ 世界さえ変えるチカラで  その目に映る 闇をいつでも 壊せるチカラが僕にあるのなら 常識なんて意味がないから 自由な心のその色 カタチにしたい そして誰にも真似できない 結末を手繰り寄せる 世界さえ変えるチカラでfripSide八木沼悟志八木沼悟志Shinya Saito・Satoshi Yaginuma巡り行く 時を超え 僕はこの場所に宿った 遥かな夜明け 呼び起こす奇跡 今隣にいる君に見せたい  心が響き合う 新たな日々は 大切な感情をこの胸に刻んでる 求めてる 更なる夢が あの宇宙(そら)に届くまで 心燃やし 退屈を消し去る  この手に宿す 光は今も 信じる明日へと繋がり続ける 信じ合うこと その喜びも強さも 痛みも全てをいま共にして だから一緒に進みたいよ 世界さえ変えるチカラで  懐かしいこの場所も 君には新しい景色 望んだ結果 掴めなかった あの頃があるから今ここにいる  心に描いてる強さ求めて 僕らの道信じて いまは突き進むだけ 失くせない今があるから 迷わずに駆け抜ける この絆に 永遠を誓って  その目に映る 闇をいつでも 壊せるチカラが僕にあるのなら 常識なんて意味がないから 自由な心のその色 カタチにしたい そして誰にも真似できない 結末を手繰り寄せたい  響いてる この瞬間も 大切な感情をこの胸に刻んでる 求めてる 更なる夢が あの宇宙(そら)に届くまで 心燃やし 退屈を消し去る  この手に宿す 光は今も 信じる明日へと繋がり続ける 信じ合うこと その喜びも強さも 痛みも全てをいま共にして だから一緒に進みたいよ 世界さえ変えるチカラで  その目に映る 闇をいつでも 壊せるチカラが僕にあるのなら 常識なんて意味がないから 自由な心のその色 カタチにしたい そして誰にも真似できない 結末を手繰り寄せる 世界さえ変えるチカラで
Luminize空を駆ける 2つの夢 挑み闘う輝きが 導いたこの絆で 強く照らし出す未来(あした)  (My phase for the dream. Luminize to the future. Are you ready to draw? Let's believe it, open the flag!)  言葉もなく 立ち尽くした 遠いあの日色褪せずに 憧れだけ追い続けた そして君と理解りあった  いつも側で 感じている 頼り頼られる信頼 この勇気と記憶抱いて その闇に陽を灯したい  君が教えてくれた 信じることのその意味 想いをチカラにして 解き放つ 大切な全てを護りたいから  宇宙(そら)に光る 恒星(ほし)はやがて 一つの正義を貫く 繋がった心がいま 全ての笑顔を照らす 空を駆ける 2つの夢 挑み闘う輝きが 導いたこの絆は 今日も運命を拓く  (My phase for the dream. Luminize to the future. Are you ready to draw? Let's believe it, open the flag!)  この世界を 包んでいく 哀しみを纏った不安 刻んでいる時の中で 夢を捜し息潜める  止まることは 負けることと 同じだと君は笑って 振り返ったその笑顔に 頼もしさをただ感じた  迷いなく引き寄せた 最後のその選択に 全ての想い乗せて 解き放つ 真っ直ぐな願いを君に届ける  My phase for the dream 駆け抜けてく 光と共に突き進む 心から込み上げてる 希望と勇気を抱いて Luminize for your soul 高鳴ってく 2つの鼓動を合わせて 導いたこの世界で 強く立ち上がる未来(みらい)  宇宙(そら)に光る 恒星(ほし)はやがて 一つの正義を貫く 繋がった心がいま 全ての笑顔を照らす 空を駆ける 2つの夢 挑み闘う輝きが 導いたこの絆は 今日も運命を拓く  My phase for the dream 駆け抜けてく 光と共に突き進む 心から込み上げてる 希望と勇気を抱いて Luminize for your soul 高鳴ってく 2つの鼓動を合わせて 導いたこの世界で 強く立ち上がる未来(みらい)  (My phase for the dream. Luminize to the future. Are you ready to draw? Let's believe it, open the flag!)fripSideSatoshi YaginumaSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma空を駆ける 2つの夢 挑み闘う輝きが 導いたこの絆で 強く照らし出す未来(あした)  (My phase for the dream. Luminize to the future. Are you ready to draw? Let's believe it, open the flag!)  言葉もなく 立ち尽くした 遠いあの日色褪せずに 憧れだけ追い続けた そして君と理解りあった  いつも側で 感じている 頼り頼られる信頼 この勇気と記憶抱いて その闇に陽を灯したい  君が教えてくれた 信じることのその意味 想いをチカラにして 解き放つ 大切な全てを護りたいから  宇宙(そら)に光る 恒星(ほし)はやがて 一つの正義を貫く 繋がった心がいま 全ての笑顔を照らす 空を駆ける 2つの夢 挑み闘う輝きが 導いたこの絆は 今日も運命を拓く  (My phase for the dream. Luminize to the future. Are you ready to draw? Let's believe it, open the flag!)  この世界を 包んでいく 哀しみを纏った不安 刻んでいる時の中で 夢を捜し息潜める  止まることは 負けることと 同じだと君は笑って 振り返ったその笑顔に 頼もしさをただ感じた  迷いなく引き寄せた 最後のその選択に 全ての想い乗せて 解き放つ 真っ直ぐな願いを君に届ける  My phase for the dream 駆け抜けてく 光と共に突き進む 心から込み上げてる 希望と勇気を抱いて Luminize for your soul 高鳴ってく 2つの鼓動を合わせて 導いたこの世界で 強く立ち上がる未来(みらい)  宇宙(そら)に光る 恒星(ほし)はやがて 一つの正義を貫く 繋がった心がいま 全ての笑顔を照らす 空を駆ける 2つの夢 挑み闘う輝きが 導いたこの絆は 今日も運命を拓く  My phase for the dream 駆け抜けてく 光と共に突き進む 心から込み上げてる 希望と勇気を抱いて Luminize for your soul 高鳴ってく 2つの鼓動を合わせて 導いたこの世界で 強く立ち上がる未来(みらい)  (My phase for the dream. Luminize to the future. Are you ready to draw? Let's believe it, open the flag!)
late in autumn舞い落ちた花弁が 粉雪に変わる頃 舞い上がる愛しさを 抱きしめた  静かに揺れてた 木の葉は今にも 終わりを告げて 散っていく 秋風薫る 夕陽射す道に 二人の影探す  辛くなる度に 君を傷つけた 自分だけ守ることばかり 言葉にしていた 擦れ違う日々を 区切るための笑顔  初めて心から人を 想えたこと 君がくれたから 信じてたよ永遠に この時が続くこと  降り積もる想い 止められなくて きっと君が見えてなかった 「そばにいれる…」ただそれだけで ずっと遥か先も 生きていける筈だとそう思った 私はまだ子供で 君が流した涙に気付かずに…  通いなれた道 並んで歩いた どこまでも行ける気がしてた いつも決まって 右隣の君 胸が高鳴ってた  瞳に映った 未来は同じと たやすく決め付けていたんだ 茜に染まった 雑踏のなか 呟いた「ごめんね」  繋いだ手から 流れ込む 何より温かいこの気持ち きっと忘れないように 君が残してくれた…  君と見た景色 些細な日々も すべて輝いて見えたのは いつも君がそばにいたから 暗い夜も全部 乗り越えてこられたの ねえどうして忘れていたんだろう 君がいたから私らしくいれた  消えていく 君と見たいくつもの記憶たち 舞い上がる愛しさに溶けていく…  降り積もる想い 粉雪になり きっと君を彩れるから 願いひとつだけ叶うなら どうか君のもとで 寄り添える安らぎを 感じたいよ あの日の景色のなか 君と二人で夢見たその先に…  愛すること 教えてくれた この痛みを 忘れないから 君と私 過ごした意味が いま 心に 灯る 次の季節を超えたその先に 私は歩き出すよ 君と誓った 言葉だけを抱いて…fripSideyuki-ka・南條愛乃八木沼悟志八木沼悟志舞い落ちた花弁が 粉雪に変わる頃 舞い上がる愛しさを 抱きしめた  静かに揺れてた 木の葉は今にも 終わりを告げて 散っていく 秋風薫る 夕陽射す道に 二人の影探す  辛くなる度に 君を傷つけた 自分だけ守ることばかり 言葉にしていた 擦れ違う日々を 区切るための笑顔  初めて心から人を 想えたこと 君がくれたから 信じてたよ永遠に この時が続くこと  降り積もる想い 止められなくて きっと君が見えてなかった 「そばにいれる…」ただそれだけで ずっと遥か先も 生きていける筈だとそう思った 私はまだ子供で 君が流した涙に気付かずに…  通いなれた道 並んで歩いた どこまでも行ける気がしてた いつも決まって 右隣の君 胸が高鳴ってた  瞳に映った 未来は同じと たやすく決め付けていたんだ 茜に染まった 雑踏のなか 呟いた「ごめんね」  繋いだ手から 流れ込む 何より温かいこの気持ち きっと忘れないように 君が残してくれた…  君と見た景色 些細な日々も すべて輝いて見えたのは いつも君がそばにいたから 暗い夜も全部 乗り越えてこられたの ねえどうして忘れていたんだろう 君がいたから私らしくいれた  消えていく 君と見たいくつもの記憶たち 舞い上がる愛しさに溶けていく…  降り積もる想い 粉雪になり きっと君を彩れるから 願いひとつだけ叶うなら どうか君のもとで 寄り添える安らぎを 感じたいよ あの日の景色のなか 君と二人で夢見たその先に…  愛すること 教えてくれた この痛みを 忘れないから 君と私 過ごした意味が いま 心に 灯る 次の季節を超えたその先に 私は歩き出すよ 君と誓った 言葉だけを抱いて…
rain of tears(The closed door of the mind to silence in the dark night The answer you were looking for is wrapping up this world)  闇夜に響く静寂に 心の扉閉ざされた 迷い込んだ不安の渦 全ての嘘が絡み付いた明日  夢見ることも忘れ去り 過ぎ行く時に息潜め 縛られたその螺旋から 逃げることだけを追い続けた日々  立ち上がれ 追憶から呼び覚ます 光抱いて 今強い決意持って 何も恐れること無く 哀しみの果てにどんな 苦しみが待っていても 真実を追い求めて 君も僕も生きていく  掠れた声で呟いた 現実だけが知っていた 壊すべき予定調和と 守るべき混沌(カオス)のその境界を  見せかけだけの毎日に 隠されたその本質が 暴かれた裏切り者の その存在をいま蹴散らしていく  舞い上がれ 忘却から溢れ出す 涙の雨 闇だけに支配された 夜を冷たく濡らして 喜びの朝がいつか その心 照らしたとき 求めてたその答えが この世界を包み込む  立ち上がれ 追憶から呼び覚ます 光抱いて 今強い決意持って 何も恐れること無く 哀しみの果てにどんな 苦しみが待っていても 真実を追い求めて 君も僕も生きていくfripSideSatoshi YaginumaSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma(The closed door of the mind to silence in the dark night The answer you were looking for is wrapping up this world)  闇夜に響く静寂に 心の扉閉ざされた 迷い込んだ不安の渦 全ての嘘が絡み付いた明日  夢見ることも忘れ去り 過ぎ行く時に息潜め 縛られたその螺旋から 逃げることだけを追い続けた日々  立ち上がれ 追憶から呼び覚ます 光抱いて 今強い決意持って 何も恐れること無く 哀しみの果てにどんな 苦しみが待っていても 真実を追い求めて 君も僕も生きていく  掠れた声で呟いた 現実だけが知っていた 壊すべき予定調和と 守るべき混沌(カオス)のその境界を  見せかけだけの毎日に 隠されたその本質が 暴かれた裏切り者の その存在をいま蹴散らしていく  舞い上がれ 忘却から溢れ出す 涙の雨 闇だけに支配された 夜を冷たく濡らして 喜びの朝がいつか その心 照らしたとき 求めてたその答えが この世界を包み込む  立ち上がれ 追憶から呼び覚ます 光抱いて 今強い決意持って 何も恐れること無く 哀しみの果てにどんな 苦しみが待っていても 真実を追い求めて 君も僕も生きていく
rain of blossoms春の風が優しくそよぐ 月明かりが照らすこの想い 君と重ねてきた想い出は そう 今はかけがえのないもの  こんな些細な毎日のなか たった1つの煌めきを やっと見つけることできたのは 君がいつも支えてくれたから  どんなに傷つけて どれだけ想っても いつも隣で笑顔くれるから わかっているよ 今は言えるよ 心から伝えるこの言葉 “いつもありがとう”  桜舞う 朧月夜 眩しく また一緒にこの季節を超えて 降りしきる花びらに溶けてゆく この想い 君とずっと 見つめてる  春の風に優しく揺れてる 街の灯りを見つめてる 君の瞳に映る景色と 同じ色を私も見つめてる  どんなに離れても 言葉は要らなくて 心と心が繋がっている 信じられるよ きっと明日も あたたかなこの気持ちをくれた 君に“ありがとう”  桜舞う 霞む空を見上げて 失くしたくないこの現在願った 降りしきる花びら 君のように 私の心を全て包んでく  いつか儚く散った想いも 巡る季節が色を変えてく 君と歩いてるこの日々の記憶 いつだってきっと消せない  桜舞う 朧月夜 眩しく また一緒にこの季節を超えて 降りしきる花びらに溶けてゆく この想い 君とずっと 見つめてる  桜舞う 霞む空を見上げて 失くしたくないこの現在願った 降りしきる花びら 君のように 私の心を全て包んでく  今舞い落ちてく  儚い花びらが  今舞い落ちてくfripSideSatoshi YaginumaSatoshi YaginumaShinya Saito春の風が優しくそよぐ 月明かりが照らすこの想い 君と重ねてきた想い出は そう 今はかけがえのないもの  こんな些細な毎日のなか たった1つの煌めきを やっと見つけることできたのは 君がいつも支えてくれたから  どんなに傷つけて どれだけ想っても いつも隣で笑顔くれるから わかっているよ 今は言えるよ 心から伝えるこの言葉 “いつもありがとう”  桜舞う 朧月夜 眩しく また一緒にこの季節を超えて 降りしきる花びらに溶けてゆく この想い 君とずっと 見つめてる  春の風に優しく揺れてる 街の灯りを見つめてる 君の瞳に映る景色と 同じ色を私も見つめてる  どんなに離れても 言葉は要らなくて 心と心が繋がっている 信じられるよ きっと明日も あたたかなこの気持ちをくれた 君に“ありがとう”  桜舞う 霞む空を見上げて 失くしたくないこの現在願った 降りしきる花びら 君のように 私の心を全て包んでく  いつか儚く散った想いも 巡る季節が色を変えてく 君と歩いてるこの日々の記憶 いつだってきっと消せない  桜舞う 朧月夜 眩しく また一緒にこの季節を超えて 降りしきる花びらに溶けてゆく この想い 君とずっと 見つめてる  桜舞う 霞む空を見上げて 失くしたくないこの現在願った 降りしきる花びら 君のように 私の心を全て包んでく  今舞い落ちてく  儚い花びらが  今舞い落ちてく
legendary future果てしなく広がる夢だけが 明日を追いかけていく ここから始まる 運命を超えていく 君と共に  (legendary door opens with your heart In search of the holy sword, believe in this fate)  悠久の空を彷徨う この風に消えてく言葉 優しさと強さの狭間に揺れる 君は囁いた  幾千も時間(とき)は流れて 果てしなく人は迷って そんな時代のなか 僕らは生まれて何かを探し続ける  強く生きる そう願ってる 目指す場所はまだ見えないけれど 決意の一歩踏み出して確かな足跡を この大地に刻む  果てしなく広がる夢だけが 明日を追いかけていく 信じ合える理由があるから この手でその闇 打ち砕いて 受け継いでいく想いを抱いて この場所守りたいから 心を繋いで 辿り着く未来へ 光捜してく  (legendary door opens with your heart In search of the holy sword, believe in this fate)  絶え間なく求め続けて あてのない日々彷徨った 暗闇はいつでも光を捜して 自由を掴みたかった  弱い心探し続けた あの日の自分を壊したいから 振り向かずに駆け抜けた確かな足跡を 昨日に残したい  繋がった一つのその夢は 僕らとともにあるから いつだってもう迷うことなく 心と心が導き合う 受け継いでいく想いを抱いて 次なる時代に向かう あの日見た夢に背中を向けずに今 君を想う  果てしなく広がる夢だけが 明日を追いかけていく 信じ合える理由があるから この手でその闇 打ち砕いて 受け継いでいく想いを抱いて この場所守りたいから 心を繋いで 辿り着く未来へ 光捜して 繋がった一つのその夢は 僕らとともにあるから いつだってもう迷うことなく 心と心が導き合う 受け継いでいく想いを抱いて 次なる時代に向かう あの日見た夢に背中を向けずに今 君を想った  (legendary door opens with your heart In search of the holy sword, believe in this fate)fripSide八木沼悟志八木沼悟志Satoshi Yaginuma果てしなく広がる夢だけが 明日を追いかけていく ここから始まる 運命を超えていく 君と共に  (legendary door opens with your heart In search of the holy sword, believe in this fate)  悠久の空を彷徨う この風に消えてく言葉 優しさと強さの狭間に揺れる 君は囁いた  幾千も時間(とき)は流れて 果てしなく人は迷って そんな時代のなか 僕らは生まれて何かを探し続ける  強く生きる そう願ってる 目指す場所はまだ見えないけれど 決意の一歩踏み出して確かな足跡を この大地に刻む  果てしなく広がる夢だけが 明日を追いかけていく 信じ合える理由があるから この手でその闇 打ち砕いて 受け継いでいく想いを抱いて この場所守りたいから 心を繋いで 辿り着く未来へ 光捜してく  (legendary door opens with your heart In search of the holy sword, believe in this fate)  絶え間なく求め続けて あてのない日々彷徨った 暗闇はいつでも光を捜して 自由を掴みたかった  弱い心探し続けた あの日の自分を壊したいから 振り向かずに駆け抜けた確かな足跡を 昨日に残したい  繋がった一つのその夢は 僕らとともにあるから いつだってもう迷うことなく 心と心が導き合う 受け継いでいく想いを抱いて 次なる時代に向かう あの日見た夢に背中を向けずに今 君を想う  果てしなく広がる夢だけが 明日を追いかけていく 信じ合える理由があるから この手でその闇 打ち砕いて 受け継いでいく想いを抱いて この場所守りたいから 心を繋いで 辿り着く未来へ 光捜して 繋がった一つのその夢は 僕らとともにあるから いつだってもう迷うことなく 心と心が導き合う 受け継いでいく想いを抱いて 次なる時代に向かう あの日見た夢に背中を向けずに今 君を想った  (legendary door opens with your heart In search of the holy sword, believe in this fate)
Red“reduction division”逃げられない運命だから せめて優しい夢を見せて… 時間の止まらない永遠に 君と2人生きること 現実からは抜け出せない だから今日も演じている 深紅に染められた世界に 君の優しさを探し続ける…  闇夜に浮かぶ月の光は 私の嘘を照らさずに 夜風に揺れる木々はざわめき 不安な時を笑ってた  冷たく今解き放つ 私のやり方 遠い希望だけが この心 捉えてた  儚いまま壊れていく…すれ違う距離を感じて いつまでも続く幻影に 私1人生きること 現実からは抜け出せない だから今日も演じている 深紅に染められた世界に 君の優しさを探し続ける…  鏡に映る真実だけを 信じる事の切なさを 認められずに強がりながら 全てが支配されていく  孤独に戸惑う度に 君の優しさが 本当に痛いから この心 閉ざしてた  今、私を切り裂いてく 痛みの中に潜む影 弱い自分を隠す為 愛する人を傷つけた… 終わりのない痛み抱いて 進まない時間を彷徨う 失う事を怖れる毎日 叶う事ない私の願いは…  逃げられない運命だから せめて優しい夢を見せて… 時間の止まらない永遠に 君と2人生きること 終わりのない痛み抱いて 進まない時間を彷徨う 失う事を怖れる毎日 叶う事なく続いてく  今、私を切り裂いてく 痛みの中に潜む影 弱い自分を隠す為 愛する人を傷つけた… 現実からは抜け出せない だから今日も演じている 深紅に染められた世界に 君の優しさを探し続ける…fripSide八木沼悟志八木沼悟志逃げられない運命だから せめて優しい夢を見せて… 時間の止まらない永遠に 君と2人生きること 現実からは抜け出せない だから今日も演じている 深紅に染められた世界に 君の優しさを探し続ける…  闇夜に浮かぶ月の光は 私の嘘を照らさずに 夜風に揺れる木々はざわめき 不安な時を笑ってた  冷たく今解き放つ 私のやり方 遠い希望だけが この心 捉えてた  儚いまま壊れていく…すれ違う距離を感じて いつまでも続く幻影に 私1人生きること 現実からは抜け出せない だから今日も演じている 深紅に染められた世界に 君の優しさを探し続ける…  鏡に映る真実だけを 信じる事の切なさを 認められずに強がりながら 全てが支配されていく  孤独に戸惑う度に 君の優しさが 本当に痛いから この心 閉ざしてた  今、私を切り裂いてく 痛みの中に潜む影 弱い自分を隠す為 愛する人を傷つけた… 終わりのない痛み抱いて 進まない時間を彷徨う 失う事を怖れる毎日 叶う事ない私の願いは…  逃げられない運命だから せめて優しい夢を見せて… 時間の止まらない永遠に 君と2人生きること 終わりのない痛み抱いて 進まない時間を彷徨う 失う事を怖れる毎日 叶う事なく続いてく  今、私を切り裂いてく 痛みの中に潜む影 弱い自分を隠す為 愛する人を傷つけた… 現実からは抜け出せない だから今日も演じている 深紅に染められた世界に 君の優しさを探し続ける…
Red Liberation君とこの運命駆け抜ける  予測を超えた現実 騒ぎ始めたこの日々 何も持たないこの私がいまここに居る理由捜してた 思いがけずに手にした視界はやがて捉えた 信じ合える心がいくつもの奇跡を起こして  壊れゆく静寂の夢 荒ぶり高鳴る世界で 「もう逃げない」自分が目覚めはじめていく  いま強く 歩き出そう そう 熱い血潮感じたなら 煌めいた 光捜して 君と この運命に賭ける 胸の奥 響いている 抑えきれないほどの想いが 解放を待ち侘びている この瞳に炎を灯す 解き放て!心あるままに  騒めく闇の向こうに 強い拍動感じた あの日この心と繋がり合う何かを失くした自分がいた 強く刻んだ想いが世界を変えていくなら そんな未来に全てを賭けてこの意思を貫く  今は息を潜めている この躰に導かれる 震えるほどのチカラを感じ始めて  君といま 繋がり合う 果てしない理想を信じて この生命尽き果てるまで 運命と闘い続ける 心のまま 解放した 抑えきれないこの衝動が 大切な夢守るなら この瞳を赤く燃やして 解き放つ 心の叫びを  君といま 繋がり合う 果てしない理想を信じて この生命尽き果てるまで 運命と闘い続ける 心のまま 解放した 抑えきれないこの衝動が 大切な夢守るなら この瞳を赤く燃やして  いま強く 歩き出そう そう 熱い血潮感じたなら 煌めいた 光捜して 君と この運命に賭ける 胸の奥 響いている抑えきれないほどの想いが 解放を待ち侘びている この瞳に炎を灯す 解き放て!心あるままにfripSideSatoshi YaginumaSatoshi YaginumaSatoshi Yaginuma・Shinya Saito君とこの運命駆け抜ける  予測を超えた現実 騒ぎ始めたこの日々 何も持たないこの私がいまここに居る理由捜してた 思いがけずに手にした視界はやがて捉えた 信じ合える心がいくつもの奇跡を起こして  壊れゆく静寂の夢 荒ぶり高鳴る世界で 「もう逃げない」自分が目覚めはじめていく  いま強く 歩き出そう そう 熱い血潮感じたなら 煌めいた 光捜して 君と この運命に賭ける 胸の奥 響いている 抑えきれないほどの想いが 解放を待ち侘びている この瞳に炎を灯す 解き放て!心あるままに  騒めく闇の向こうに 強い拍動感じた あの日この心と繋がり合う何かを失くした自分がいた 強く刻んだ想いが世界を変えていくなら そんな未来に全てを賭けてこの意思を貫く  今は息を潜めている この躰に導かれる 震えるほどのチカラを感じ始めて  君といま 繋がり合う 果てしない理想を信じて この生命尽き果てるまで 運命と闘い続ける 心のまま 解放した 抑えきれないこの衝動が 大切な夢守るなら この瞳を赤く燃やして 解き放つ 心の叫びを  君といま 繋がり合う 果てしない理想を信じて この生命尽き果てるまで 運命と闘い続ける 心のまま 解放した 抑えきれないこの衝動が 大切な夢守るなら この瞳を赤く燃やして  いま強く 歩き出そう そう 熱い血潮感じたなら 煌めいた 光捜して 君と この運命に賭ける 胸の奥 響いている抑えきれないほどの想いが 解放を待ち侘びている この瞳に炎を灯す 解き放て!心あるままに
LEVEL5-Judgelight-PLATINA LYLIC響き合う 願いが今、覚醒めてく 譲れない未来のために 巡り逢う 運命を越えたその先に この想い輝くから  ここじゃない未来に想い託してみては 強さの本当の意味を探し続けてた  ありのままの痛みを受け入れるその意味を 明日へ走り続ける君に知った  巡りゆく 景色が今、流れてく 手繰り寄せた世界の先 降り注ぐ シグナルを躰で感じて 解き放つ今全てを  Just truth in my heart いつだって迷わないよ 消せない想いがあるから 解き明かす 真実から 瞳を逸らさずに I'll reach the next stage to realize all.  遠く感じてた 君が走る背中を いつからだろう こんなにも近くに感じる  不安隠し切れずに 迫る空を見上げた 傷ついた記憶 いつか乗り越えるよ  憧れは 能力を今 呼び起こす 守りたいものがあるから 巡りゆく 景色胸に 駆け上がるだけ 痛みは風に消えてく  Believe in Judgelight 運命さえ 撃ち抜いて 夜明けをこの手で造ろう 変えていく勇気と変わらない心で I Believe myself and precious emotion 打ち砕く この想いで  始まりの 光の中 誓い合う 果てなき闇を裁くこと 恐れてた 孤独の渦 溺れることに だけどもう振り向かない  巡りゆく 景色が今 流れてく 手繰り寄せた世界の先 降り注ぐ シグナルを躰で感じて 解き放つ今全てを  Just truth in my heart いつだって迷わないよ 消せない想いがあるから 解き明かす 真実から 瞳を逸らさずに I'll reach the next stage to realize all. 確かな絆信じてPLATINA LYLICfripSidefripSide八木沼悟志Satoshi Yaginuma響き合う 願いが今、覚醒めてく 譲れない未来のために 巡り逢う 運命を越えたその先に この想い輝くから  ここじゃない未来に想い託してみては 強さの本当の意味を探し続けてた  ありのままの痛みを受け入れるその意味を 明日へ走り続ける君に知った  巡りゆく 景色が今、流れてく 手繰り寄せた世界の先 降り注ぐ シグナルを躰で感じて 解き放つ今全てを  Just truth in my heart いつだって迷わないよ 消せない想いがあるから 解き明かす 真実から 瞳を逸らさずに I'll reach the next stage to realize all.  遠く感じてた 君が走る背中を いつからだろう こんなにも近くに感じる  不安隠し切れずに 迫る空を見上げた 傷ついた記憶 いつか乗り越えるよ  憧れは 能力を今 呼び起こす 守りたいものがあるから 巡りゆく 景色胸に 駆け上がるだけ 痛みは風に消えてく  Believe in Judgelight 運命さえ 撃ち抜いて 夜明けをこの手で造ろう 変えていく勇気と変わらない心で I Believe myself and precious emotion 打ち砕く この想いで  始まりの 光の中 誓い合う 果てなき闇を裁くこと 恐れてた 孤独の渦 溺れることに だけどもう振り向かない  巡りゆく 景色が今 流れてく 手繰り寄せた世界の先 降り注ぐ シグナルを躰で感じて 解き放つ今全てを  Just truth in my heart いつだって迷わないよ 消せない想いがあるから 解き明かす 真実から 瞳を逸らさずに I'll reach the next stage to realize all. 確かな絆信じて
lost answer降り積もる 切なさは 闇夜を彷徨い 希望さえ つかめない 夢を見せて  二人 舞い散る花びらを 足元からすくい 咲き乱れるように ずっと 夢だと思ってた 映画のワンシーン 切り取ったみたいに  答えはどこかに眠り続けてた 探して見つけた 君の中に  舞い落ちる 腕の中 光の先へと 時間さえ 忘れゆく 夢を見せて  舞い上がる 愛しさを 伝えきれなくて 立ち止まるその場所に 君を探す  一人 代わり映えのない日々 それなりに楽しく 過ごしてたつもりで ずっと 夢を見せられてた 何も掴めないまま 幸せ語ってた  答えはいつから眠り続けてた? 探して見つけた 愛のかたち  舞い落ちる 腕の中 光の先へと 時間さえ 忘れゆく 夢を見せて  舞い上がる 愛しさを 伝えきれなくて 立ち止まるその場所に 君を探す  降り積もる 切なさは 闇夜を彷徨い 希望さえ つかめない 夢を見てた  いつからか 感じてた 君への想いが あたたかな 痛みを 運んできた  舞い落ちる 腕の中 光の先へと 時間さえ 忘れゆく 夢を見せて  舞い上がる 愛しさを 伝えきれなくて 立ち止まるその場所に 君を探すfripSideSatoshi Yaginuma・Kai kawasakiKai kawasaki降り積もる 切なさは 闇夜を彷徨い 希望さえ つかめない 夢を見せて  二人 舞い散る花びらを 足元からすくい 咲き乱れるように ずっと 夢だと思ってた 映画のワンシーン 切り取ったみたいに  答えはどこかに眠り続けてた 探して見つけた 君の中に  舞い落ちる 腕の中 光の先へと 時間さえ 忘れゆく 夢を見せて  舞い上がる 愛しさを 伝えきれなくて 立ち止まるその場所に 君を探す  一人 代わり映えのない日々 それなりに楽しく 過ごしてたつもりで ずっと 夢を見せられてた 何も掴めないまま 幸せ語ってた  答えはいつから眠り続けてた? 探して見つけた 愛のかたち  舞い落ちる 腕の中 光の先へと 時間さえ 忘れゆく 夢を見せて  舞い上がる 愛しさを 伝えきれなくて 立ち止まるその場所に 君を探す  降り積もる 切なさは 闇夜を彷徨い 希望さえ つかめない 夢を見てた  いつからか 感じてた 君への想いが あたたかな 痛みを 運んできた  舞い落ちる 腕の中 光の先へと 時間さえ 忘れゆく 夢を見せて  舞い上がる 愛しさを 伝えきれなくて 立ち止まるその場所に 君を探す
lost dimensionbeyond the new world next dimension breakthrough the wall! it's the end of sorrow of the truth  乾いた風に身を委ねた 定められたこの闘いに 闇に映る自分の虚像 辿った記憶の欠片 揺るぎないと信じ続けた 日常は脆く崩れ行き 失われた分岐の先の 世界がいま現れた  選び選ばれていく 連続する矛盾が 指し示した その答えただ求め この現実だけを加速させていく  新たな次元その先の 未知なる真実を捜せ 光と闇が映し出す 心のその痛みを 全てを赦すその時に 解き放たれるそのチカラ 予感を超えた瞬間に いつの日か辿り着く lost dimension  beyond the new world next dimension breakthrough the wall! it's the end of sorrow of the truth  彩りをなくした世界に 君はあの日取り残された 光捜し彷徨うなかで 迷いさえも奪われた 人は自分を正義と見做し 過ちの定義塗り替えてく 失われた分岐の先は その時に閉ざされる  見つめ続けた夢が 虚像を含んでいる 指し示した その答えいつからか この現実を壊して崩れてく  世界を分かつ時はいま 強者と弱者描き出す この闘いを終えた時 運命が動き出す 全てを超えた地平線 その限界に届くとき いつしか失った景色 取り戻し辿り着く lost dimension  新たな次元その先の 未知なる真実を捜せ 光と闇が映し出す 心のその痛みを 世界を分かつ時はいま 強者と弱者描き出す この闘いを終えた時 運命が動き出す 全てを赦すその時に 解き放たれるそのチカラ 予感を超えた瞬間に いつの日か辿り着く lost dimension  beyond the new world next dimension breakthrough the wall! it's the end of sorrow beyond the new world next dimension breakthrough the wall! it's the end of sorrow of the truthfripSideSatoshi YaginumaSatoshi YaginumaSatoshi Yaginumabeyond the new world next dimension breakthrough the wall! it's the end of sorrow of the truth  乾いた風に身を委ねた 定められたこの闘いに 闇に映る自分の虚像 辿った記憶の欠片 揺るぎないと信じ続けた 日常は脆く崩れ行き 失われた分岐の先の 世界がいま現れた  選び選ばれていく 連続する矛盾が 指し示した その答えただ求め この現実だけを加速させていく  新たな次元その先の 未知なる真実を捜せ 光と闇が映し出す 心のその痛みを 全てを赦すその時に 解き放たれるそのチカラ 予感を超えた瞬間に いつの日か辿り着く lost dimension  beyond the new world next dimension breakthrough the wall! it's the end of sorrow of the truth  彩りをなくした世界に 君はあの日取り残された 光捜し彷徨うなかで 迷いさえも奪われた 人は自分を正義と見做し 過ちの定義塗り替えてく 失われた分岐の先は その時に閉ざされる  見つめ続けた夢が 虚像を含んでいる 指し示した その答えいつからか この現実を壊して崩れてく  世界を分かつ時はいま 強者と弱者描き出す この闘いを終えた時 運命が動き出す 全てを超えた地平線 その限界に届くとき いつしか失った景色 取り戻し辿り着く lost dimension  新たな次元その先の 未知なる真実を捜せ 光と闇が映し出す 心のその痛みを 世界を分かつ時はいま 強者と弱者描き出す この闘いを終えた時 運命が動き出す 全てを赦すその時に 解き放たれるそのチカラ 予感を超えた瞬間に いつの日か辿り着く lost dimension  beyond the new world next dimension breakthrough the wall! it's the end of sorrow beyond the new world next dimension breakthrough the wall! it's the end of sorrow of the truth
One and OnlyOne and only time そう未来までずっと続きますように あなたとのこの時間が 永遠に近いほどずっと  穏やかに過ぎる日を 繰り返し生きること 特別がなくたって それが幸せと思う  「大切」がわかるまで 何度も遠回りを重ねてた そのたびに ただそっと 歩く速さを揃えてくれたあなたの優しさ  One and only time かけがえない 気持ちをたくさん知れた あふれ出す この想いを大切に育みたくて  別れはいつかきっと 必ず訪れるもの その時が最期まで愛で満ちてたら良いな  わからないことばかり 手探りで紡いでく毎日 いつの日か実を結び 他の誰かじゃない2人の為の2人へ繋げたい  One and only time そう未来までずっと続きますように あなたとのこの時間は 私を変えていくそっと  One and only time かけがえない 気持ちをたくさん知れた あふれ出す この想いを大切に育みたくて  One and only time そう未来までずっと続きますように あなたとのこの時間が 永遠に近いほどずっとfripSide南條愛乃八木沼悟志Kai Kawasaki・Satoshi YaginumaOne and only time そう未来までずっと続きますように あなたとのこの時間が 永遠に近いほどずっと  穏やかに過ぎる日を 繰り返し生きること 特別がなくたって それが幸せと思う  「大切」がわかるまで 何度も遠回りを重ねてた そのたびに ただそっと 歩く速さを揃えてくれたあなたの優しさ  One and only time かけがえない 気持ちをたくさん知れた あふれ出す この想いを大切に育みたくて  別れはいつかきっと 必ず訪れるもの その時が最期まで愛で満ちてたら良いな  わからないことばかり 手探りで紡いでく毎日 いつの日か実を結び 他の誰かじゃない2人の為の2人へ繋げたい  One and only time そう未来までずっと続きますように あなたとのこの時間は 私を変えていくそっと  One and only time かけがえない 気持ちをたくさん知れた あふれ出す この想いを大切に育みたくて  One and only time そう未来までずっと続きますように あなたとのこの時間が 永遠に近いほどずっと
one dream雑踏のなか 響くクラクション すれ違い行き交う人々 この路地裏の 街路樹がいま 風に揺られて囁いた  人はいつも不安で 涙隠して泣いてる 痛む心抱えて 愛だけ求めている  この広い大地に 一つの夢を描いていく あの日の僕たちと 同じ道を選んで歩いてく その胸に光った 迷いも決意も抱きしめて 新しい景色を 求めてこの夜を越えていこう  国境を超え 見知らぬ街で 何故か思い出すあの日々を 輝いていた 夢を求めて 笑顔だけが溢れていた  人が人を傷つけ 涙が涙を生む そんな日々を壊して 愛を守っていたい  この広い大地で 両手広げて受けとめたい 切なさも希望も 等しくこの身体に刻んでく あの夜に誓った 約束を今も忘れない 新しい夜明けが 照らしたその夢が煌めいてる  湿った風 髪を揺らす 君の横顔は輝いて 月の光 消えそうな程 雲がかるようなこの心が  この広い大地に 一つの夢を描いていく あの日の僕たちと 同じ道を選んで歩いてく その胸に光った 迷いも決意も抱きしめて 新しい景色を 求めてこの夜を越えていこうfripSide八木沼悟志八木沼悟志・齋藤真也Shinya Saito・Satoshi Yaginuma雑踏のなか 響くクラクション すれ違い行き交う人々 この路地裏の 街路樹がいま 風に揺られて囁いた  人はいつも不安で 涙隠して泣いてる 痛む心抱えて 愛だけ求めている  この広い大地に 一つの夢を描いていく あの日の僕たちと 同じ道を選んで歩いてく その胸に光った 迷いも決意も抱きしめて 新しい景色を 求めてこの夜を越えていこう  国境を超え 見知らぬ街で 何故か思い出すあの日々を 輝いていた 夢を求めて 笑顔だけが溢れていた  人が人を傷つけ 涙が涙を生む そんな日々を壊して 愛を守っていたい  この広い大地で 両手広げて受けとめたい 切なさも希望も 等しくこの身体に刻んでく あの夜に誓った 約束を今も忘れない 新しい夜明けが 照らしたその夢が煌めいてる  湿った風 髪を揺らす 君の横顔は輝いて 月の光 消えそうな程 雲がかるようなこの心が  この広い大地に 一つの夢を描いていく あの日の僕たちと 同じ道を選んで歩いてく その胸に光った 迷いも決意も抱きしめて 新しい景色を 求めてこの夜を越えていこう
worlds collideもしもう一度君に会えるとしたら 何を成し遂げるのだろう? 交差する世界 新しい絆が響いた明日にその夢を描いていく  見上げるこの空の色 君は何色に見えてる? その居場所に君がいること 消せない想いは溢れて 違う夢を追いかけて 同じ明日に向かってる 分かち合えるその心の痛み 強さに変えながら  何故か懐かしかった その笑顔の瞬間 自由だけがこの世界を 輝かせると信じて  立ち向かう心 重ね合う光と影をともに燃やしている 辿り着くはずの新しい結末 君と一緒にいま 全てを超えていく  時を超えて巡り合う 2つの世界が導く その痛みもこの喜びもいつしか 思い出に変わる 言葉では伝わらない 心だけが感じ合った 鼓動だけが鳴り響いた夜に 運命を託した  確かなその能力と不確かな存在が 交わり合いこの世界に 新たな希望掲げた  遠く離れても繋がり合っている あの日交わした切なさも 温かい涙に変わっていくから 君と過ごしたあの季節を忘れない  もしもう一度君に会えるとしたら 何を成し遂げるのだろう? 交差する世界 新しい絆が響いた明日にその夢を描いていく  立ち向かう心 重ね合う光と影をともに燃やしている 辿り着くはずの新しい結末 君と一緒にいま 全てを超えていくfripSideSatoshi YaginumaSatoshi YaginumaSatoshi Yaginumaもしもう一度君に会えるとしたら 何を成し遂げるのだろう? 交差する世界 新しい絆が響いた明日にその夢を描いていく  見上げるこの空の色 君は何色に見えてる? その居場所に君がいること 消せない想いは溢れて 違う夢を追いかけて 同じ明日に向かってる 分かち合えるその心の痛み 強さに変えながら  何故か懐かしかった その笑顔の瞬間 自由だけがこの世界を 輝かせると信じて  立ち向かう心 重ね合う光と影をともに燃やしている 辿り着くはずの新しい結末 君と一緒にいま 全てを超えていく  時を超えて巡り合う 2つの世界が導く その痛みもこの喜びもいつしか 思い出に変わる 言葉では伝わらない 心だけが感じ合った 鼓動だけが鳴り響いた夜に 運命を託した  確かなその能力と不確かな存在が 交わり合いこの世界に 新たな希望掲げた  遠く離れても繋がり合っている あの日交わした切なさも 温かい涙に変わっていくから 君と過ごしたあの季節を忘れない  もしもう一度君に会えるとしたら 何を成し遂げるのだろう? 交差する世界 新しい絆が響いた明日にその夢を描いていく  立ち向かう心 重ね合う光と影をともに燃やしている 辿り着くはずの新しい結末 君と一緒にいま 全てを超えていく
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Bling-Bang-Bang-Born
  2. うれしいひなまつり
  3. パジャマパーティーズのうた
  4. 明治チェルシーの唄
  5. Parade

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Parade
  2. ババーンと推参!バーンブレイバーン
  3. Eye's Sentry
  4. Party!!
  5. May

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

×