天木一志の歌詞一覧リスト  5曲中 1-5曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
5曲中 1-5曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
二人の横浜港 横浜 元町あたり 二人寄り添う 恋の町 ライトに浮かぶ ベイブリッジ 俺とお前の 心をつなぐ ああ 潮風 香る横浜  港 横浜 伊勢佐木あたり 夜が明けない 恋の町 愛のカクテル ホテルの部屋で 語り明かそう 時計を止めて ああ 満ちてる 夢の横浜  港 横浜 本牧あたり 別れ出逢いの 恋の町 熱い想い出 二人胸に あるさ再び 逢えるじゃないか ああ 入船 出船 横浜天木一志大橋明山口正光港 横浜 元町あたり 二人寄り添う 恋の町 ライトに浮かぶ ベイブリッジ 俺とお前の 心をつなぐ ああ 潮風 香る横浜  港 横浜 伊勢佐木あたり 夜が明けない 恋の町 愛のカクテル ホテルの部屋で 語り明かそう 時計を止めて ああ 満ちてる 夢の横浜  港 横浜 本牧あたり 別れ出逢いの 恋の町 熱い想い出 二人胸に あるさ再び 逢えるじゃないか ああ 入船 出船 横浜
利根の梨太郎鳴くなヨシキリ おまえが鳴けば 結ぶ草鞋も 緩みがち 行こか戻ろか 坂東太郎 詫びて切ない 親不孝 利根の梨太郎 利根の梨太郎 涙雨  あやめ祭りの 賑わい悲し 別れ惜しんだ 十二橋 思い出します 坂東太郎 風の便りじゃ 他人の妻 せめて幸せ せめて幸せ 祈るだけ  筑波颪に 背中を丸め 野良の仕事は 辛かろに 揺れる葦の葉 坂東太郎 縞の合羽に 三度笠 会える筈ない 会える筈ない この俺にゃ天木一志にしかずみ秋月智光鳴くなヨシキリ おまえが鳴けば 結ぶ草鞋も 緩みがち 行こか戻ろか 坂東太郎 詫びて切ない 親不孝 利根の梨太郎 利根の梨太郎 涙雨  あやめ祭りの 賑わい悲し 別れ惜しんだ 十二橋 思い出します 坂東太郎 風の便りじゃ 他人の妻 せめて幸せ せめて幸せ 祈るだけ  筑波颪に 背中を丸め 野良の仕事は 辛かろに 揺れる葦の葉 坂東太郎 縞の合羽に 三度笠 会える筈ない 会える筈ない この俺にゃ
沙羅の女昨夜のことなら 憶えてないが あの日の別離は 忘れはしない 白いえりあし あのひとだけは させたくなかった 不幸な女に 椿に宿る 夜露さえ 花と重なる 沙羅の女  おとこの嘘まで 黙って許す どんな思いで 身を引いたのか 人は誰でも 春待つものを つめたい仕打ちと 恨んでおくれ この手の中で まだ香る 花の素顔よ 沙羅の女  濡れてはいないか 俄かの雨に 泣き泣き苦労を してなきゃいいが いまもこの俺 許せるならば 一生かかって 背負わせて欲しい これまで泣いた 悲しみを 花と咲け咲け 沙羅の女天木一志坂口照幸南郷孝昨夜のことなら 憶えてないが あの日の別離は 忘れはしない 白いえりあし あのひとだけは させたくなかった 不幸な女に 椿に宿る 夜露さえ 花と重なる 沙羅の女  おとこの嘘まで 黙って許す どんな思いで 身を引いたのか 人は誰でも 春待つものを つめたい仕打ちと 恨んでおくれ この手の中で まだ香る 花の素顔よ 沙羅の女  濡れてはいないか 俄かの雨に 泣き泣き苦労を してなきゃいいが いまもこの俺 許せるならば 一生かかって 背負わせて欲しい これまで泣いた 悲しみを 花と咲け咲け 沙羅の女
かくれ妻あなたと添寝の すき間から わかれの寒さが しのびこむ 罪という名の あぶない橋を 渡って落ち合う 恋一夜 わたし湯の郷 かくれ妻  半分やつれた 月かげを 丹前を羽織って 窓に見る うらむ気持ちは 無いはずなのに しずかな寝息の にくらしさ わたしあなたの かくれ妻  死んでもいいのと 春の夜 帰しはしないと 秋の朝 川に流した 想いは幾つ いまさらないてる せせらぎよ わたし散る花 かくれ妻 天木一志池田充男猪俣公章あなたと添寝の すき間から わかれの寒さが しのびこむ 罪という名の あぶない橋を 渡って落ち合う 恋一夜 わたし湯の郷 かくれ妻  半分やつれた 月かげを 丹前を羽織って 窓に見る うらむ気持ちは 無いはずなのに しずかな寝息の にくらしさ わたしあなたの かくれ妻  死んでもいいのと 春の夜 帰しはしないと 秋の朝 川に流した 想いは幾つ いまさらないてる せせらぎよ わたし散る花 かくれ妻 
命火一度だけです 逢うだけですと 自分の心に 言い聞かせ 人目を逃れ かくれ宿 他人の妻でも あ…女です 命火が揺れる 揺れる恋あかり  許してください 口づけだけで 心の帯は 解かないで お酒に酔って 夢一夜 他人の妻でも あ…女です 命火が燃えて 燃えて眠れない  継なぎ泊めても 浮かべてみても 指輪の重さに しずむ舟 乱れて泣いて また縋る 他人の妻でも あ…女です 命火が揺れる 揺れる旅の宿天木一志蟻牙十三蟻牙十三一度だけです 逢うだけですと 自分の心に 言い聞かせ 人目を逃れ かくれ宿 他人の妻でも あ…女です 命火が揺れる 揺れる恋あかり  許してください 口づけだけで 心の帯は 解かないで お酒に酔って 夢一夜 他人の妻でも あ…女です 命火が燃えて 燃えて眠れない  継なぎ泊めても 浮かべてみても 指輪の重さに しずむ舟 乱れて泣いて また縋る 他人の妻でも あ…女です 命火が揺れる 揺れる旅の宿
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 新時代
  2. Tot Musica
  3. ウタカタララバイ
  4. 東京イリュージョン
  5. 逆光

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. ベルベットの詩
  2. BF is...
  3. Scream
  4. Move On
  5. 3636

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照