山田太郎の歌詞一覧リスト  11曲中 1-11曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
11曲中 1-11曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
新聞少年僕のアダナを 知ってるかい 朝刊太郎と 云うんだぜ 新聞くばって もう三月 雨や嵐にゃ 慣れたけど やっぱり夜明けは 眠たいなア  今朝も出がけに 母さんが 苦労をかけると 泣いたっけ 病気でやつれた 横顔を 思い出すたび この胸に 小ちゃな闘志を 燃やすんだ  たとえ父さん いなくても ひがみはしないさ 負けないさ 新聞配達 つらいけど きっといつかは この腕で つかんでみせるよ でかい夢山田太郎八反ふじお島津伸男僕のアダナを 知ってるかい 朝刊太郎と 云うんだぜ 新聞くばって もう三月 雨や嵐にゃ 慣れたけど やっぱり夜明けは 眠たいなア  今朝も出がけに 母さんが 苦労をかけると 泣いたっけ 病気でやつれた 横顔を 思い出すたび この胸に 小ちゃな闘志を 燃やすんだ  たとえ父さん いなくても ひがみはしないさ 負けないさ 新聞配達 つらいけど きっといつかは この腕で つかんでみせるよ でかい夢
清らかな青春明日から 逢えなくなると 泣きべそを かいてたあの子 赤いリボンひとつ 僕の指にくれて わかれたね わかれたね つらかった  さよならの ことばに代えて ささげたよ わすれな草を 雨の丘にひとり 僕はぬれていたよ いつまでも いつまでも しょんぼりと  葦笛を ぴろぴろ吹いて 歩いたね 湖畔の小径 白いほほを染めて きいてくれた あの娘 おもいだす おもいだす あの頃を山田太郎結城隆麿島津伸男明日から 逢えなくなると 泣きべそを かいてたあの子 赤いリボンひとつ 僕の指にくれて わかれたね わかれたね つらかった  さよならの ことばに代えて ささげたよ わすれな草を 雨の丘にひとり 僕はぬれていたよ いつまでも いつまでも しょんぼりと  葦笛を ぴろぴろ吹いて 歩いたね 湖畔の小径 白いほほを染めて きいてくれた あの娘 おもいだす おもいだす あの頃を
男の土俵櫓太鼓(やぐらだいこ)が 隅田の川に どんと響けば 土俵の上で 男同士の 血潮はたぎる 負けてなるかと どんとぶつかれば 髷もみだれる 髷もみだれる大銀杏  今日はこの手か 明日またあの手 胸に思案の 土俵入り支度 締めたまわしを 両手でたたき 今日はやるぞと どんと四股ふんで 笑い浮かべて 笑い浮かべて花道へ  無事にむかえる 千秋楽の 汗もにじんだ この十五日 今場所済んだが 来場所めざし 稽古かさねて どんと体当たり 男勝負の 男勝負の道を行く山田太郎二階堂伸北くすを丸山雅仁櫓太鼓(やぐらだいこ)が 隅田の川に どんと響けば 土俵の上で 男同士の 血潮はたぎる 負けてなるかと どんとぶつかれば 髷もみだれる 髷もみだれる大銀杏  今日はこの手か 明日またあの手 胸に思案の 土俵入り支度 締めたまわしを 両手でたたき 今日はやるぞと どんと四股ふんで 笑い浮かべて 笑い浮かべて花道へ  無事にむかえる 千秋楽の 汗もにじんだ この十五日 今場所済んだが 来場所めざし 稽古かさねて どんと体当たり 男勝負の 男勝負の道を行く
花と竜波も荒けりゃ 心も荒い 度胸一つの 玄海男 恋も未練も 波間に捨てる それが男さ それが男さ 花と竜  ごんぞ家業で 生き抜く俺は どんな苦労も 承知の上だ 胸をたたいて 青空にらむ それが男さ それが男さ 花と竜  竜の彫り物 伊達ではないぞ 命捨て身の 若松港 俺の死に場所 ここだと決めた それが男さ それが男さ 花と竜山田太郎二階堂伸北くすを丸山雅仁波も荒けりゃ 心も荒い 度胸一つの 玄海男 恋も未練も 波間に捨てる それが男さ それが男さ 花と竜  ごんぞ家業で 生き抜く俺は どんな苦労も 承知の上だ 胸をたたいて 青空にらむ それが男さ それが男さ 花と竜  竜の彫り物 伊達ではないぞ 命捨て身の 若松港 俺の死に場所 ここだと決めた それが男さ それが男さ 花と竜
夫婦咲き(セリフ) おまえと出会えて 本当に良かった 苦労かけたが これからも宜しく頼むよ  ひとりじゃ侘しい 人生も ふたり揃えば 花になる ああ 花になる 惚れたお前が 隣にいれば 夢と道づれ 夫婦花 ひとり咲きより ひとり咲きより ふたり咲き  (セリフ) おい 何メソメソしてるんだ こんな めでたい日に 俺まで泣かせるなよ  幸せつかめと 言いながら 嫁ぐ娘に また涙 ああ また涙 どこか母似の 花嫁姿 夢もふくらむ 夫婦花 ひとり咲きより ひとり咲きより ふたり咲き  (セリフ) これからは夫婦水入らず 仲良くやっていこうや お前のその笑顔 いいねぇ  ふたりでここまで 生きて来た 冬の木枯らし 耐え抜いて ああ 耐え抜いて 共に手を取り 歩いた道に 夢を咲かせた 夫婦花 ひとり咲きより ひとり咲きより ふたり咲き山田太郎西條みゆき西田幸太郎丸山雅仁(セリフ) おまえと出会えて 本当に良かった 苦労かけたが これからも宜しく頼むよ  ひとりじゃ侘しい 人生も ふたり揃えば 花になる ああ 花になる 惚れたお前が 隣にいれば 夢と道づれ 夫婦花 ひとり咲きより ひとり咲きより ふたり咲き  (セリフ) おい 何メソメソしてるんだ こんな めでたい日に 俺まで泣かせるなよ  幸せつかめと 言いながら 嫁ぐ娘に また涙 ああ また涙 どこか母似の 花嫁姿 夢もふくらむ 夫婦花 ひとり咲きより ひとり咲きより ふたり咲き  (セリフ) これからは夫婦水入らず 仲良くやっていこうや お前のその笑顔 いいねぇ  ふたりでここまで 生きて来た 冬の木枯らし 耐え抜いて ああ 耐え抜いて 共に手を取り 歩いた道に 夢を咲かせた 夫婦花 ひとり咲きより ひとり咲きより ふたり咲き
大黒柱苦労しらずと 他人(ひと)には見せて 苦労するのが 男の器量 酒のしずくを つぎ足しながら ぽつり親父が つぶやいた そのひと言が あのぬくもりが 俺の心の大黒柱  肩を張るなよ 力をぬいて 胸を張るなよ たやすな笑顔 背伸びしたって お前はお前 張っていいのは 夢と意地 そのひと言が あのきびしさが 俺の心の大黒柱  酒と色気の 極楽水が 涸れた男にゃ 蛍は飛ばぬ 親の背中を 子は見て育つ そんな親父も あかね雲 そのひと言が あのほほえみが 俺の心の大黒柱山田太郎松井由利夫西田幸太郎丸山雅仁苦労しらずと 他人(ひと)には見せて 苦労するのが 男の器量 酒のしずくを つぎ足しながら ぽつり親父が つぶやいた そのひと言が あのぬくもりが 俺の心の大黒柱  肩を張るなよ 力をぬいて 胸を張るなよ たやすな笑顔 背伸びしたって お前はお前 張っていいのは 夢と意地 そのひと言が あのきびしさが 俺の心の大黒柱  酒と色気の 極楽水が 涸れた男にゃ 蛍は飛ばぬ 親の背中を 子は見て育つ そんな親父も あかね雲 そのひと言が あのほほえみが 俺の心の大黒柱
以心伝心波乱万丈 大正ロマン 誠と愛を 貫いた 男で一代 風雪こえて 肌に刻んだ 人生模様 以心伝心 俺には読める  うしろ姿の 親父を追って いつしか来てた 五十路坂 お袋ソングは 数々あるが 親父たたえる 縁の唄は 俺が唄うぜ 声たからかに  「牛の歩みは いや遅くとも 尊きものは その歩み」 口には出さぬが 親父の背に 書いてあるんだ 辛抱しろと 以心伝心 俺にはわかる山田太郎星野哲郎岡千秋丸山雅仁波乱万丈 大正ロマン 誠と愛を 貫いた 男で一代 風雪こえて 肌に刻んだ 人生模様 以心伝心 俺には読める  うしろ姿の 親父を追って いつしか来てた 五十路坂 お袋ソングは 数々あるが 親父たたえる 縁の唄は 俺が唄うぜ 声たからかに  「牛の歩みは いや遅くとも 尊きものは その歩み」 口には出さぬが 親父の背に 書いてあるんだ 辛抱しろと 以心伝心 俺にはわかる
恩義親も故郷も かなぐり捨てて 夢を追うのも 人生さ 帰るあてなどない 俺を 拾ってくれた人がいた 今日と言う日があったのも すべてがあなたのおかげです  惚れちゃいけない 女に惚れて 荒れてくだまく 暴れ酒 女か義理かに立たされて 振り切る愛に身を焦がす 胸の痛みは堪えても はずしちゃいけない 道がある  てめえ これやろ ばかやろうなんて 怒鳴りとばして 生きて来た そんな男の生き方を 教えてくれたあなたです いつか世に出る その日には 一生一度の恩返し 山田太郎斉藤夕紀山田太郎親も故郷も かなぐり捨てて 夢を追うのも 人生さ 帰るあてなどない 俺を 拾ってくれた人がいた 今日と言う日があったのも すべてがあなたのおかげです  惚れちゃいけない 女に惚れて 荒れてくだまく 暴れ酒 女か義理かに立たされて 振り切る愛に身を焦がす 胸の痛みは堪えても はずしちゃいけない 道がある  てめえ これやろ ばかやろうなんて 怒鳴りとばして 生きて来た そんな男の生き方を 教えてくれたあなたです いつか世に出る その日には 一生一度の恩返し 
やっと咲いたよなぁ肩に背負って でっかい夢を 早く見せて やりたいよ 叶えたい わずかひと間の 部屋だけど 汗となみだで 種をまく それが夫婦と いうものさ やっと 咲いたよなぁ  借りた大事な へそくりなのに 向こう見ずで 失くしたよ 悪かった 使い古した まな板が うすくなるたび 見えてくる それが夫婦の 遠あかり やっと 咲いたよなぁ  俺が笑えば お前が笑う 一歩下がり 影となり ついてきた 雨や嵐に 耐えぬいて 生きる晴れ間に 見つめ合う それが夫婦の そろい花 やっと 咲いたよなぁ山田太郎波たかし岡千秋南郷達也肩に背負って でっかい夢を 早く見せて やりたいよ 叶えたい わずかひと間の 部屋だけど 汗となみだで 種をまく それが夫婦と いうものさ やっと 咲いたよなぁ  借りた大事な へそくりなのに 向こう見ずで 失くしたよ 悪かった 使い古した まな板が うすくなるたび 見えてくる それが夫婦の 遠あかり やっと 咲いたよなぁ  俺が笑えば お前が笑う 一歩下がり 影となり ついてきた 雨や嵐に 耐えぬいて 生きる晴れ間に 見つめ合う それが夫婦の そろい花 やっと 咲いたよなぁ
銀座のあの娘この手紙渡そかな 止そうかな 銀座で逢った あの娘にね 可愛いい あの娘にね 一目惚れしたけれど したけれど 渡そかな 止そうかな 銀座の あの娘  明日は声かけよかな 止そうかな すずらん通り あの店で 可愛いい あの娘にね 恥かくとどうしよう どうしよう かけよかな 止そうかな 銀座の あの娘  電話して誘おかな 止そうかな 有楽町で 逢いたいな 可愛いい あの娘にね 絶対に来てくれる 来てくれる 誘うかな 止そうかな 銀座の あの娘山田太郎大島薫中川博之福田正この手紙渡そかな 止そうかな 銀座で逢った あの娘にね 可愛いい あの娘にね 一目惚れしたけれど したけれど 渡そかな 止そうかな 銀座の あの娘  明日は声かけよかな 止そうかな すずらん通り あの店で 可愛いい あの娘にね 恥かくとどうしよう どうしよう かけよかな 止そうかな 銀座の あの娘  電話して誘おかな 止そうかな 有楽町で 逢いたいな 可愛いい あの娘にね 絶対に来てくれる 来てくれる 誘うかな 止そうかな 銀座の あの娘
おっかさん (2018)ビルの谷間の 路地裏で 見かけた母に よく似た人を 今頃田植えの 季節だろ 東京みたいに 嘘はない 夕陽もきれいに 澄んでいた あーおっかさん おっかさん 達者かよ  ビルの谷間の 街角で 思いだしたよ 田舎のことを 背中をまるめて 野良しごと つみ草してた あの母も 白髪ふえただろ やせたかな あーおっかさん おっかさん 逢いたいよ  ビルの谷間の 屋上に 赤い夕陽が 沈んでいった 母のとめるも きかないで 故郷(ふるさと)あとに 幾とせか 元気でいてくれ いつまでも あーおっかさん おっかさん 帰ってくよ山田太郎玉川良一岡千秋ビルの谷間の 路地裏で 見かけた母に よく似た人を 今頃田植えの 季節だろ 東京みたいに 嘘はない 夕陽もきれいに 澄んでいた あーおっかさん おっかさん 達者かよ  ビルの谷間の 街角で 思いだしたよ 田舎のことを 背中をまるめて 野良しごと つみ草してた あの母も 白髪ふえただろ やせたかな あーおっかさん おっかさん 逢いたいよ  ビルの谷間の 屋上に 赤い夕陽が 沈んでいった 母のとめるも きかないで 故郷(ふるさと)あとに 幾とせか 元気でいてくれ いつまでも あーおっかさん おっかさん 帰ってくよ
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. first death
  3. KICK BACK
  4. 錠剤
  5. すずめ feat.十明

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Blue Moon
  2. ギターと孤独と蒼い惑星
  3. 好きじゃないよ
  4. SPECTRA
  5. 倶に

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照