荒木一郎の歌詞一覧リスト  35曲中 1-35曲を表示

並び順: []
全1ページ中 1ページを表示
35曲中 1-35曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
青いジャングル時々 夢をみるこの街を離れて行く それでも 何も解決しない事は わかっているのに 時々 恋をする たどりつくすべもしらず そのうち なにも存在しない そんな気がしてくる 壁に向かって 片目をつぶる まるで そんな俺は気狂いピエロだぜ  時々 苦しくて 両の目をつぶってみる そこには 何も束縛がなく とても自由になるから 時々 うるさくて 両耳をふさいでみる そこには 暗い静寂だけが 俺を孤独にする どこに行ったら いいのだろうか まるで そんな俺は気狂いピエロだぜ  どこかでビートルズの Nowhere manが きこえてくる 俺も行かなけりゃ ならないさ あてもない旅の路荒木一郎荒木一郎荒木一郎時々 夢をみるこの街を離れて行く それでも 何も解決しない事は わかっているのに 時々 恋をする たどりつくすべもしらず そのうち なにも存在しない そんな気がしてくる 壁に向かって 片目をつぶる まるで そんな俺は気狂いピエロだぜ  時々 苦しくて 両の目をつぶってみる そこには 何も束縛がなく とても自由になるから 時々 うるさくて 両耳をふさいでみる そこには 暗い静寂だけが 俺を孤独にする どこに行ったら いいのだろうか まるで そんな俺は気狂いピエロだぜ  どこかでビートルズの Nowhere manが きこえてくる 俺も行かなけりゃ ならないさ あてもない旅の路
朝まで待とう朝まで待とうよ 夜は 暗くてみえない 夜明けを 夜明けをみつめて お前の心も 今は暗くて見えない 静かな 静かな太陽  眠っている 何もかもが全て忘れ Woo Woo Woo…  朝まで 待とうよ 闇に この身をまかせて ただよう ただよう 朝まで  眠っている 何もかもが全て忘れ Woo Woo Woo…  朝まで まとうよ 闇に この身をまかせて ただよう ただよう 朝まで荒木一郎荒木一郎荒木一郎朝まで待とうよ 夜は 暗くてみえない 夜明けを 夜明けをみつめて お前の心も 今は暗くて見えない 静かな 静かな太陽  眠っている 何もかもが全て忘れ Woo Woo Woo…  朝まで 待とうよ 闇に この身をまかせて ただよう ただよう 朝まで  眠っている 何もかもが全て忘れ Woo Woo Woo…  朝まで まとうよ 闇に この身をまかせて ただよう ただよう 朝まで
あなたといるだけであなたといるだけで 幸福がある あなたのほほえみが わたしをつつむ あなたにそっと 口づけがしたい あなたの知らぬ間に 青空の下で ふくらんだ太陽が 明日に消えても わたしは悲しくない 明日があるのなら あなたといるだけで 幸福がある あなたの言葉に 夢をみるでしょう  あなたといるだけで 幸福がある あなたのまなざしが わたしのそばに あなたにそっと 見つめている時 わたしの心に 虹が輝く ふくらんだ太陽が 明日に消えても わたしは悲しくない 明日があるのなら あなたといるだけで 幸福がある あなたの言葉に 夢をみるでしょう荒木一郎荒木一郎荒木一郎あなたといるだけで 幸福がある あなたのほほえみが わたしをつつむ あなたにそっと 口づけがしたい あなたの知らぬ間に 青空の下で ふくらんだ太陽が 明日に消えても わたしは悲しくない 明日があるのなら あなたといるだけで 幸福がある あなたの言葉に 夢をみるでしょう  あなたといるだけで 幸福がある あなたのまなざしが わたしのそばに あなたにそっと 見つめている時 わたしの心に 虹が輝く ふくらんだ太陽が 明日に消えても わたしは悲しくない 明日があるのなら あなたといるだけで 幸福がある あなたの言葉に 夢をみるでしょう
あなたに寄せてだれもいない この砂浜に あなたの香りが 残ってた あの長い髪が 忘れられない みじかい夏の みじかい恋よ あなたは今頃 日暮れの街を 歩いているのか ひとりさみしく  暗い波が 寄せる渚に あなたの言葉が 落ちていた さよならの声が みじかい恋よ あなたもいつかは 二人の夏を さがして来るよな そんな気がする  あなたをもとめて ひとりたたずむ 潮風つめたい 冬の渚よ 冬の渚よ 冬の渚よ荒木一郎山上路夫平尾昌晃だれもいない この砂浜に あなたの香りが 残ってた あの長い髪が 忘れられない みじかい夏の みじかい恋よ あなたは今頃 日暮れの街を 歩いているのか ひとりさみしく  暗い波が 寄せる渚に あなたの言葉が 落ちていた さよならの声が みじかい恋よ あなたもいつかは 二人の夏を さがして来るよな そんな気がする  あなたをもとめて ひとりたたずむ 潮風つめたい 冬の渚よ 冬の渚よ 冬の渚よ
いとしのマックス真赤なドレスを君に 作ってあげたい 君に 愛しているんだよ なてきな 君だけを Hey, Hey, Macks won't you be my love そして 君と踊ろう  真赤なコートを君に 着せてあげたい 君に それが夢なのさ すてきな 君のため Hey, Hey, Macks won't you be my love そして 君と歩こう  マックス 淋しいんだよ マックス 抱いてほしいのさ ドゥドゥドゥ…ゴー  真赤なハートを君に 捧げているんだ 君に わかって ほしいのさ 素敵な 君にだけ Hey, Hey, Macks won't you be my love 今宵君と踊ろう  マックス 淋しいんだよ マックス 抱いてほしいのさ ドゥドゥドゥ…ゴー  真赤なハートを君に 捧げているんだ 君に わかって ほしいのさ 素敵な 君にだけ Hey, Hey, Macks won't you be my love 今宵君と踊ろう荒木一郎荒木一郎荒木一郎真赤なドレスを君に 作ってあげたい 君に 愛しているんだよ なてきな 君だけを Hey, Hey, Macks won't you be my love そして 君と踊ろう  真赤なコートを君に 着せてあげたい 君に それが夢なのさ すてきな 君のため Hey, Hey, Macks won't you be my love そして 君と歩こう  マックス 淋しいんだよ マックス 抱いてほしいのさ ドゥドゥドゥ…ゴー  真赤なハートを君に 捧げているんだ 君に わかって ほしいのさ 素敵な 君にだけ Hey, Hey, Macks won't you be my love 今宵君と踊ろう  マックス 淋しいんだよ マックス 抱いてほしいのさ ドゥドゥドゥ…ゴー  真赤なハートを君に 捧げているんだ 君に わかって ほしいのさ 素敵な 君にだけ Hey, Hey, Macks won't you be my love 今宵君と踊ろう
青い海の底深く 砂に埋もれて 涙のように澄んだ 名もない貝がら  紅いの面影は 白い波に消えて 冷たく光る夕日に 海はさびしく  過ぎ去りし夏の日 過ぎし日の想い出 今はそよぐ風に ひとりたたずむ  遠く果てなく続く 白い波の影に 冷たく光るあの日よ 海はかわらず  過ぎ去りし夏の日 過ぎし日の想い出 今はそよぐ風に ひとりたたずむ  遠く果てなく続く 白い波の影に 冷たく光るあの日よ 海はかわらず 海はかわらず荒木一郎荒木一郎荒木一郎青い海の底深く 砂に埋もれて 涙のように澄んだ 名もない貝がら  紅いの面影は 白い波に消えて 冷たく光る夕日に 海はさびしく  過ぎ去りし夏の日 過ぎし日の想い出 今はそよぐ風に ひとりたたずむ  遠く果てなく続く 白い波の影に 冷たく光るあの日よ 海はかわらず  過ぎ去りし夏の日 過ぎし日の想い出 今はそよぐ風に ひとりたたずむ  遠く果てなく続く 白い波の影に 冷たく光るあの日よ 海はかわらず 海はかわらず
梅の実梅の実がなった この小さな朝に 青く冷たい 朝もやの中に 梅の実は 風のゆりかごに眠る やがて生まれる 子供のように あの空 あの雲 遠い調べよ 山の頂きの 白い雪  梅の実はいつか 赤い夕陽の 小枝の影に 淋しく落ちた 梅の実は やがて大きな幹に 白い花をつける 花嫁のように あの空 あの雲 梅の実がなった この小さな朝の 朝もやの中に荒木一郎荒木一郎荒木一郎梅の実がなった この小さな朝に 青く冷たい 朝もやの中に 梅の実は 風のゆりかごに眠る やがて生まれる 子供のように あの空 あの雲 遠い調べよ 山の頂きの 白い雪  梅の実はいつか 赤い夕陽の 小枝の影に 淋しく落ちた 梅の実は やがて大きな幹に 白い花をつける 花嫁のように あの空 あの雲 梅の実がなった この小さな朝の 朝もやの中に
帰って来たマックス帰って来た マックス ひとりで 何故 氷の中に………  帰って来た マックス かなしい 小熊の 愛にひかれ………荒木一郎荒木一郎荒木一郎帰って来た マックス ひとりで 何故 氷の中に………  帰って来た マックス かなしい 小熊の 愛にひかれ………
風になりたい人は何故に 悲しい夢を 望みもしないのに 見るのだろうか 風は何故に 悲しみを知らずに 見知らぬ国へと 行けるのだろう  風に心が 無いからなのか 風に涙が 無いからなのか それとも 愛がないからか 人はいつも 喜び求めて 望みもしないのに 悲しみを知る  あなたの愛に 苦しむのなら 風になりたい 吹き行く風に それでも 生きて行くのなら 人はいつか 傷つけあって 望みもしないのに 果て行くだろう荒木一郎荒木一郎荒木一郎人は何故に 悲しい夢を 望みもしないのに 見るのだろうか 風は何故に 悲しみを知らずに 見知らぬ国へと 行けるのだろう  風に心が 無いからなのか 風に涙が 無いからなのか それとも 愛がないからか 人はいつも 喜び求めて 望みもしないのに 悲しみを知る  あなたの愛に 苦しむのなら 風になりたい 吹き行く風に それでも 生きて行くのなら 人はいつか 傷つけあって 望みもしないのに 果て行くだろう
君に捧げるほろ苦いブルース淋しさに一人飲むコーヒーは ひきたてのほろ苦い味がする ゆきずりの夜に買う綿あめは 君と愛した味がする BYE BYE まだ 夢のようさ BYE BYE 君 ドアの外の 気に入りの紫蘭の花 昨日の朝 枯れたよ  淋しさに一人弾くセレナーデ イントロはほろ苦い音なのさ ゆきずりの街に聞く汽車の音は 君と愛した音がする BYE BYE まだ 夢のようさ BYE BYE 君 ドアを開けて 六月の空を見れば まぶしすぎる僕だよ BYE BYE MY LOVE 永すぎた BYE BYE BYE MY LOVE 僕の歌もやがて BYE BYE MY LOVE 終るだろう BYE BYE BYE MY LOVE もうすぐ  淋しさに一人書く置き手紙 宛先はほろ苦い友達さ 横書きの白い地の便箋は 愛を記した時もある BYE BYE まだ 夢のようさ BYE BYE 君 ドアを閉めて 思い出の紫蘭の花 庭の隅に埋めたよ BYE BYE 君 すぐに行くよ BYE BYE BYE MY LOVE 君と同じとこへ BYE BYE MY LOVE 夏になれば 君のいる処へ… 荒木一郎荒木一郎荒木一郎淋しさに一人飲むコーヒーは ひきたてのほろ苦い味がする ゆきずりの夜に買う綿あめは 君と愛した味がする BYE BYE まだ 夢のようさ BYE BYE 君 ドアの外の 気に入りの紫蘭の花 昨日の朝 枯れたよ  淋しさに一人弾くセレナーデ イントロはほろ苦い音なのさ ゆきずりの街に聞く汽車の音は 君と愛した音がする BYE BYE まだ 夢のようさ BYE BYE 君 ドアを開けて 六月の空を見れば まぶしすぎる僕だよ BYE BYE MY LOVE 永すぎた BYE BYE BYE MY LOVE 僕の歌もやがて BYE BYE MY LOVE 終るだろう BYE BYE BYE MY LOVE もうすぐ  淋しさに一人書く置き手紙 宛先はほろ苦い友達さ 横書きの白い地の便箋は 愛を記した時もある BYE BYE まだ 夢のようさ BYE BYE 君 ドアを閉めて 思い出の紫蘭の花 庭の隅に埋めたよ BYE BYE 君 すぐに行くよ BYE BYE BYE MY LOVE 君と同じとこへ BYE BYE MY LOVE 夏になれば 君のいる処へ… 
君に捧げん君に捧げん 僕の心を 君に捧げん 僕の涙を  雨 風吹き 霧に道は消えても 君の行手に 虹をかけよう  君に捧げん 僕の心を 君に捧げん 僕のほほえみ 氷に冷たく道は 閉ざされてても 君の行手に 愛の炎を  君に捧げん 僕の心を 君に捧げん 僕の未来を 君 さびしく いずこに去り行くとも 行く手につくそう この身の限りを荒木一郎荒木一郎荒木一郎君に捧げん 僕の心を 君に捧げん 僕の涙を  雨 風吹き 霧に道は消えても 君の行手に 虹をかけよう  君に捧げん 僕の心を 君に捧げん 僕のほほえみ 氷に冷たく道は 閉ざされてても 君の行手に 愛の炎を  君に捧げん 僕の心を 君に捧げん 僕の未来を 君 さびしく いずこに去り行くとも 行く手につくそう この身の限りを
ギリシャの唄ギリシャは遠く はるか風の彼方 いつか行って みたいような 知らない都 赤い空 高い山 青い青い海は呼ぶ ギリシャは夢さ はるか雲の彼方 どこかさびしく なるような 不思議な都  赤い空 高い山 青い青い海は呼ぶ  誰も知らない 小さな幸せが ひとつ位は あるかも知れない  ギリシャは遠い 海の彼方の都 いつか行って みたいような 知らない都 赤い空 高い山 青い青い海は呼ぶ 青い青い海は呼ぶ荒木一郎荒木一郎荒木一郎ギリシャは遠く はるか風の彼方 いつか行って みたいような 知らない都 赤い空 高い山 青い青い海は呼ぶ ギリシャは夢さ はるか雲の彼方 どこかさびしく なるような 不思議な都  赤い空 高い山 青い青い海は呼ぶ  誰も知らない 小さな幸せが ひとつ位は あるかも知れない  ギリシャは遠い 海の彼方の都 いつか行って みたいような 知らない都 赤い空 高い山 青い青い海は呼ぶ 青い青い海は呼ぶ
紅の渚赤い夕陽が 海の彼方に 消えたあの夜空を ひとりみつめる はるかに 遠く燃える イサリ火がさそう 淋しさよ 夜の海辺に 星を探して 呼んでみる あなたを昔の夢を はるかな街よいずこ 月あかりだけが 波をてらす  海の朝焼け 空はほのかに 誰もいない浜辺に 波が打ちよせる はるかな朝の海よ 潮風に冷たく ぬれる瞳よ荒木一郎荒木一郎荒木一郎赤い夕陽が 海の彼方に 消えたあの夜空を ひとりみつめる はるかに 遠く燃える イサリ火がさそう 淋しさよ 夜の海辺に 星を探して 呼んでみる あなたを昔の夢を はるかな街よいずこ 月あかりだけが 波をてらす  海の朝焼け 空はほのかに 誰もいない浜辺に 波が打ちよせる はるかな朝の海よ 潮風に冷たく ぬれる瞳よ
孤独な関係むなしい過去の 想い出だけが 今の二人を 結ぶきずなさ 愛の炎も いつか消えはて ただいたずらに 時が流れる  別れられずに この儘行けば たどりつくのは 地獄の底か 愛の炎の 消えぬうちなら 貧しい花も 咲かせられたのに  全てを知って 抱き合う腕に 通うなにかは 幻か 愛の炎の ともらぬ窓に それでも 明日の 朝日が輝く荒木一郎荒木一郎荒木一郎むなしい過去の 想い出だけが 今の二人を 結ぶきずなさ 愛の炎も いつか消えはて ただいたずらに 時が流れる  別れられずに この儘行けば たどりつくのは 地獄の底か 愛の炎の 消えぬうちなら 貧しい花も 咲かせられたのに  全てを知って 抱き合う腕に 通うなにかは 幻か 愛の炎の ともらぬ窓に それでも 明日の 朝日が輝く
この世の旅路どこまでも行きたい この世の旅路を あなたの世界の 遠い日を夢みて 懐かしい瞳に 涙があふれて あなたは優しく 迎えてくれる  いつの日か 長い旅は終わり しあわせの糸が 二人を結ぶ どこまでも行きたい この道の果てまで 恋しいあなたの 面影を抱いて  いつの日か 長い旅は終わり しあわせの糸が 二人を結ぶ どこまでも行きたい この道の果てまで 恋しいあなたの 面影を抱いて荒木一郎荒木一郎荒木一郎どこまでも行きたい この世の旅路を あなたの世界の 遠い日を夢みて 懐かしい瞳に 涙があふれて あなたは優しく 迎えてくれる  いつの日か 長い旅は終わり しあわせの糸が 二人を結ぶ どこまでも行きたい この道の果てまで 恋しいあなたの 面影を抱いて  いつの日か 長い旅は終わり しあわせの糸が 二人を結ぶ どこまでも行きたい この道の果てまで 恋しいあなたの 面影を抱いて
今夜は踊ろう青い星の光が遠くに またたく 浜辺には 今宵も 今宵も 波のしぶきが さわいでいるぜ 星の光がステキな 夜空のシャンデリアさ 夜明けが 夜明けが 来るまで踊ろう  Yes I'm dancing baby Yes I do, I'll be dancing all night long…  青い空の光が彼方に 消えゆく水辺には 明日が 明日が やがて やってくる  青い星の光が遠くに またたく 浜辺には 今宵も 今宵も 波のしぶきが さわいでいるぜ 星の光がステキな 夜空のシャンデリアさ 夜明けが 夜明けが 来るまで踊ろう  Yes I'm dancing baby Yes I do, I'll be dancing all night long…  青い空の光が彼方に 消えゆく水辺には 明日が 明日が やがて やってくる荒木一郎荒木一郎荒木一郎青い星の光が遠くに またたく 浜辺には 今宵も 今宵も 波のしぶきが さわいでいるぜ 星の光がステキな 夜空のシャンデリアさ 夜明けが 夜明けが 来るまで踊ろう  Yes I'm dancing baby Yes I do, I'll be dancing all night long…  青い空の光が彼方に 消えゆく水辺には 明日が 明日が やがて やってくる  青い星の光が遠くに またたく 浜辺には 今宵も 今宵も 波のしぶきが さわいでいるぜ 星の光がステキな 夜空のシャンデリアさ 夜明けが 夜明けが 来るまで踊ろう  Yes I'm dancing baby Yes I do, I'll be dancing all night long…  青い空の光が彼方に 消えゆく水辺には 明日が 明日が やがて やってくる
ごめんね一人にしてごめんね 一人にして ごめんね 淋しがられて 別れちゃった私達 子供だったのね  ごめんね 一人にして ごめんね 淋しがらせて 若かったの私達 夢を見てたのね  でもいつか 大人になったら むかえに来てね 雨の夜に  そして貴方の 傘をさして つれて 行ってね あなたの 世界に  でもいつか 大人になったら むかえに来てね 雨の夜に  ごめんね 一人にして ごめんね 淋しがらせて 別れちゃった私達 子供だったのね荒木一郎荒木一郎荒木一郎ごめんね 一人にして ごめんね 淋しがられて 別れちゃった私達 子供だったのね  ごめんね 一人にして ごめんね 淋しがらせて 若かったの私達 夢を見てたのね  でもいつか 大人になったら むかえに来てね 雨の夜に  そして貴方の 傘をさして つれて 行ってね あなたの 世界に  でもいつか 大人になったら むかえに来てね 雨の夜に  ごめんね 一人にして ごめんね 淋しがらせて 別れちゃった私達 子供だったのね
ジャニスを聴きながら街は コカコーラ ふるさとは 売られていた 俺は プレイボーイ 墨で消され 売られてゆく さみしさに あの娘を抱きながら ひと寝入り それだけの事なのさ  海はモービロイル 引き潮は 汚れていた 君は ロングピース 俺の胸は けがれてゆく さみしさに ジャニスを聴きながら ひと寝入り それだけの事なのさ  人生は つかのまのゲーム まぼろしの賭けに 負けた時は さみしさに 涙をふきながら ひと寝入り それだけの事なのさ  人生は つかのまのゲーム まぼろしの賭けに 負けた時は さみしさに 涙をふきながら ひと寝入り それだけの事なのさ荒木一郎荒木一郎荒木一郎街は コカコーラ ふるさとは 売られていた 俺は プレイボーイ 墨で消され 売られてゆく さみしさに あの娘を抱きながら ひと寝入り それだけの事なのさ  海はモービロイル 引き潮は 汚れていた 君は ロングピース 俺の胸は けがれてゆく さみしさに ジャニスを聴きながら ひと寝入り それだけの事なのさ  人生は つかのまのゲーム まぼろしの賭けに 負けた時は さみしさに 涙をふきながら ひと寝入り それだけの事なのさ  人生は つかのまのゲーム まぼろしの賭けに 負けた時は さみしさに 涙をふきながら ひと寝入り それだけの事なのさ
ZING ZINGいつも夢みてるあの娘に 声をかけたんだけど 何故かそっぽを向いていた あきらめられないぜ ZING ZING! I LOVE YOU EVERYDAY ZING ZING ZING I NEED YOU SO ZING ZING I LOVE YOU EVERYDAY OH, IT'S A TINY LOVELY EYES いつか夢みてるあの娘も 僕に逢いたくなって 汚れた都会の谷間に たたずむ日も来るだろう  あの日夢みてるあの娘の 姿を探したけど 何故かそこには花ビラが… あきらめられないぜ ZING ZING! I LOVE YOU EVERYDAY ZING ZING ZING I NEED YOU SO ZING ZING I LOVE YOU EVERYDAY OH, IT'S A TINY LOVELY EYES きっと夢みてるあの娘は 汚れた空を捨てて どこか遠くの湖を 訪ねていったのだろう  いつか夢みてるあの娘も とても淋しくなって 汚れた都市の谷間を 夢みる日が来るだろう 夢みる日が来るだろう荒木一郎荒木一郎荒木一郎いつも夢みてるあの娘に 声をかけたんだけど 何故かそっぽを向いていた あきらめられないぜ ZING ZING! I LOVE YOU EVERYDAY ZING ZING ZING I NEED YOU SO ZING ZING I LOVE YOU EVERYDAY OH, IT'S A TINY LOVELY EYES いつか夢みてるあの娘も 僕に逢いたくなって 汚れた都会の谷間に たたずむ日も来るだろう  あの日夢みてるあの娘の 姿を探したけど 何故かそこには花ビラが… あきらめられないぜ ZING ZING! I LOVE YOU EVERYDAY ZING ZING ZING I NEED YOU SO ZING ZING I LOVE YOU EVERYDAY OH, IT'S A TINY LOVELY EYES きっと夢みてるあの娘は 汚れた空を捨てて どこか遠くの湖を 訪ねていったのだろう  いつか夢みてるあの娘も とても淋しくなって 汚れた都市の谷間を 夢みる日が来るだろう 夢みる日が来るだろう
空に星があるようにGOLD LYLIC空に星が あるように 浜辺に砂が あるように ボクの心に たった一つの 小さな夢が ありました  風が東に 吹くように 川が流れて 行くように 時の流れに たった一つの 小さな夢は 消えました  淋しく 淋しく 星を見つめ ひとりで ひとりで 涙にぬれる 何もかも すべては 終ってしまったけれど 何もかも まわりは 消えてしまったけれど  春に小雨が 降るように 秋に枯葉が 散るように それは誰にも あるような ただの季節の かわりめの頃GOLD LYLIC荒木一郎荒木一郎荒木一郎空に星が あるように 浜辺に砂が あるように ボクの心に たった一つの 小さな夢が ありました  風が東に 吹くように 川が流れて 行くように 時の流れに たった一つの 小さな夢は 消えました  淋しく 淋しく 星を見つめ ひとりで ひとりで 涙にぬれる 何もかも すべては 終ってしまったけれど 何もかも まわりは 消えてしまったけれど  春に小雨が 降るように 秋に枯葉が 散るように それは誰にも あるような ただの季節の かわりめの頃
ディンバ・ティンバ苦しみだけなの (ディンバ・ティンバ) 私の心は (ディンバ・ティンバ) 悲しみだけなの (ディンバ・ティンバ) 私の行く道 (ディンバ・ティンバ、ディンバ・ティン) だから欲しいの (ディンバ・ティンバ) あなたの愛が  苦しみの恋を (ディンバ・ティンバ) 私は見たの (ディンバ・ティンバ) 悲しみの恋を (ディンバ・ティンバ) 私はしていた (ディンバ・ティンバ、ディンバ・ティン) だからお願い (ディンバ・ティンバ) あなたの愛を  いばらの道に あなたはそっと やさしく 私の両手をとって  苦しみの中に (ディンバ・ティンバ) 幸せをくれる (ディンバ・ティンバ) 悲しみの中に (ディンバ・ティンバ) 星がきらめく (ディンバ・ティンバ、ディンバ・ティン) だから私は (ディンバ・ティンバ) あなたが欲しい  耀く朝日が いつもあなたの そばにあるのは 愛があるから  苦しみの中に (ディンバ・ティンバ) 幸せをくれる (ディンバ・ティンバ) 悲しみの中に (ディンバ・ティンバ) 星がきらめく (ディンバ・ティンバ、ディンバ・ティン) だから私は (ディンバ・ティンバ) あなたが欲しい  あなたが欲しい あなたが欲しい荒木一郎荒木一郎荒木一郎苦しみだけなの (ディンバ・ティンバ) 私の心は (ディンバ・ティンバ) 悲しみだけなの (ディンバ・ティンバ) 私の行く道 (ディンバ・ティンバ、ディンバ・ティン) だから欲しいの (ディンバ・ティンバ) あなたの愛が  苦しみの恋を (ディンバ・ティンバ) 私は見たの (ディンバ・ティンバ) 悲しみの恋を (ディンバ・ティンバ) 私はしていた (ディンバ・ティンバ、ディンバ・ティン) だからお願い (ディンバ・ティンバ) あなたの愛を  いばらの道に あなたはそっと やさしく 私の両手をとって  苦しみの中に (ディンバ・ティンバ) 幸せをくれる (ディンバ・ティンバ) 悲しみの中に (ディンバ・ティンバ) 星がきらめく (ディンバ・ティンバ、ディンバ・ティン) だから私は (ディンバ・ティンバ) あなたが欲しい  耀く朝日が いつもあなたの そばにあるのは 愛があるから  苦しみの中に (ディンバ・ティンバ) 幸せをくれる (ディンバ・ティンバ) 悲しみの中に (ディンバ・ティンバ) 星がきらめく (ディンバ・ティンバ、ディンバ・ティン) だから私は (ディンバ・ティンバ) あなたが欲しい  あなたが欲しい あなたが欲しい
棘あるバラあなた愛した この胸に 今でも棘が ささっている 白バラみたいな その姿 想い出すたび いたむ棘 忘れられずに いたむ棘  心のいたみを 置いたまま あなたは消えた 靄の中 やさしい姿に 身を投げた ぼくの心を さした棘 冷たく心を さした棘  今でもあなたを 忘れない 白い姿と のこる棘 やさしい言葉と のこる棘荒木一郎山上路夫平尾昌晃あなた愛した この胸に 今でも棘が ささっている 白バラみたいな その姿 想い出すたび いたむ棘 忘れられずに いたむ棘  心のいたみを 置いたまま あなたは消えた 靄の中 やさしい姿に 身を投げた ぼくの心を さした棘 冷たく心を さした棘  今でもあなたを 忘れない 白い姿と のこる棘 やさしい言葉と のこる棘
涙の風景君の涙がひとつ 頬にこぼれてゆく こんなに小さなくせに ぼくを悲しませる 見上げる空遠く 夢を追いかけ 君の涙がひとつ 頬にこぼれてゆく  君の涙がひとつ 頬に流れてゆく こんなに小さなくせに ぼくを苦しませる 見上げる空の果て 何を求めて 君の涙がひとつ 頬に流れてゆく  何も云わないで 何も聞かないで 君の傷跡に ふれずにおこう  君の涙もいつか 頬を離れてゆき 見つめる小さな愛に 気づいてくれるだろう 見上げる空遠く その日を待ちわびて 僕は涙も見せず 歌いつづけるだろう荒木一郎荒木一郎荒木一郎君の涙がひとつ 頬にこぼれてゆく こんなに小さなくせに ぼくを悲しませる 見上げる空遠く 夢を追いかけ 君の涙がひとつ 頬にこぼれてゆく  君の涙がひとつ 頬に流れてゆく こんなに小さなくせに ぼくを苦しませる 見上げる空の果て 何を求めて 君の涙がひとつ 頬に流れてゆく  何も云わないで 何も聞かないで 君の傷跡に ふれずにおこう  君の涙もいつか 頬を離れてゆき 見つめる小さな愛に 気づいてくれるだろう 見上げる空遠く その日を待ちわびて 僕は涙も見せず 歌いつづけるだろう
ひとりぼっちのジェイ婆さんひとりぼっちのミセス・ジェン  ミセス・Jを知ってるだろう 老人ホームの…… 寄る年波の 流れに乗せて 船を漕ぎ 人生の旅を 密かに渡ってる 誰も意識させず ひとりで……  ミセス・Jは淋しいけれど 泣かないさ 涙がみんな 泉の果てに 枯れたから 青春の夢のかけらを 追い駈けて 誰も意識させずに 生きる  ミセス・Jを知ってるだろう 老人ホームの…… 眼鏡をかけた 前歯のかけた 白い髪 青春と恋をむさぼる 人々も 誰も意識させず ひとりで……  ミセス・Jに触れあうたびに 僕だけは 考えるのさ なんとはなしに 意味もなく 人生の行きつくとこは どこだろうと そうさ 知りたくなるのさ(考えるのさ)荒木一郎荒木一郎荒木一郎ひとりぼっちのミセス・ジェン  ミセス・Jを知ってるだろう 老人ホームの…… 寄る年波の 流れに乗せて 船を漕ぎ 人生の旅を 密かに渡ってる 誰も意識させず ひとりで……  ミセス・Jは淋しいけれど 泣かないさ 涙がみんな 泉の果てに 枯れたから 青春の夢のかけらを 追い駈けて 誰も意識させずに 生きる  ミセス・Jを知ってるだろう 老人ホームの…… 眼鏡をかけた 前歯のかけた 白い髪 青春と恋をむさぼる 人々も 誰も意識させず ひとりで……  ミセス・Jに触れあうたびに 僕だけは 考えるのさ なんとはなしに 意味もなく 人生の行きつくとこは どこだろうと そうさ 知りたくなるのさ(考えるのさ)
風車は動かない小さな頃を 思いだしても 回転木馬は もう動かなくなった どこか遠くで 一人になっても 心がしらんで 何んにも描けない  心の中の風車が 風もないのに 動いていた昔 星降る夜に 夢をみてても 瞳がかすんで 何んにも見えない  この世の中の 暮らし方が いつか知らずに かわっていったのか 誰か大人に 聞いてはみても 回転木馬さえ 忘れ始めていた荒木一郎荒木一郎荒木一郎小さな頃を 思いだしても 回転木馬は もう動かなくなった どこか遠くで 一人になっても 心がしらんで 何んにも描けない  心の中の風車が 風もないのに 動いていた昔 星降る夜に 夢をみてても 瞳がかすんで 何んにも見えない  この世の中の 暮らし方が いつか知らずに かわっていったのか 誰か大人に 聞いてはみても 回転木馬さえ 忘れ始めていた
ブルー・レターBlue letter, blue letter それは 僕の想い出 うるわしの人への 悲しい愛のつづり方 誰も知らない 僕の心さ Blue letter, blue letter それは いつも静かに ほほえみも しらずに 淋しい 僕の想い出を 僕の心に 語りかけるのさ  Blue letter I schemed of you Blue letter I dreamed of you Blue letter will never send My mind, my heart to you  My blue letter, blue letter 僕の愛の手紙は かぎのついた 小箱に 今もじっと眠っている 誰の心も ふれる事なく Blue letter, blue letter Blue letter, blue letter荒木一郎荒木一郎荒木一郎Blue letter, blue letter それは 僕の想い出 うるわしの人への 悲しい愛のつづり方 誰も知らない 僕の心さ Blue letter, blue letter それは いつも静かに ほほえみも しらずに 淋しい 僕の想い出を 僕の心に 語りかけるのさ  Blue letter I schemed of you Blue letter I dreamed of you Blue letter will never send My mind, my heart to you  My blue letter, blue letter 僕の愛の手紙は かぎのついた 小箱に 今もじっと眠っている 誰の心も ふれる事なく Blue letter, blue letter Blue letter, blue letter
僕は君と一緒にロックランドにいるのだカール ソロモンよ! 僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで君は僕よりも気が狂っている 僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで君は 非常に調子が変になっている  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで君は 僕の母さんの幽霊の真似をしている  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで君は 12人の秘書を殺害した  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで君は この目にみえない諧謔を笑う  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで僕たちは 同じ様にどえらいタイプライターを 打っている大作家である  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで君の病状が 悪化したとラジオが伝えた  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで頭蓋骨の機能はもはや 感覚のうじ虫を受け入れない  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで君はユーティカの オールドミスの乳房のお茶を飲む  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで君は 看護婦の体にじゃれついてブロンクスの 女面女身の鳥の翼を持った 怪物だとしゃれを言っている  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで君は 狂人拘束服を着て現実の地獄の ピンポン試合に負けるぞと絶叫している  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで君は 音程の狂ったピアノを強打した 魂は清浄で不死である  それは厳重な精神病院で神も信じないで 息絶えるべきではないのだ 五十回以上ものショックによって 君の魂はもう君の肉体へ むなしい受難の旅から 帰って来ることが無いだろう  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで君は 精神病の医師を非難しながら ファシストの国家的なゴルゴダに対する ヘブライの社会主義革命を計画している  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで君は ロングアイランドの空を引き裂いて 超人間的な墓から 人間イエスをよみがえらせるだろう  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで二万五千人の気の狂った同志達が インターナショナルの 最後の一連を合唱している  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで僕達は ベッドシーツの下でアメリカ合衆国を 抱きしめて接吻している 一晩中 咳をしていて 僕達を眠らせないアメリカよ  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ 照り輝き幻の壁が崩壊してゆく病院へ 天使の爆弾を落としに来た 魂の飛行機の爆音におどろいて 僕達は昏睡から目覚めた お やせこけた人間どもが外へ逃げ出す お 星をちりばめた慈悲のショックよ 不滅の戦いがここにある お 勝利よ はだ着の事など忘れてしまえ 僕達は自由だ  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ アメリカを横切るハイウェイを通り海の旅から 水をしたたらせながら 僕の夢の中へたどり着いて君は西部の夜に 閉ざされている  僕のコテージのドアに向って泣いている 向って泣いている 向って泣いている荒木一郎諏訪優荒木一郎カール ソロモンよ! 僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで君は僕よりも気が狂っている 僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで君は 非常に調子が変になっている  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで君は 僕の母さんの幽霊の真似をしている  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで君は 12人の秘書を殺害した  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで君は この目にみえない諧謔を笑う  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで僕たちは 同じ様にどえらいタイプライターを 打っている大作家である  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで君の病状が 悪化したとラジオが伝えた  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで頭蓋骨の機能はもはや 感覚のうじ虫を受け入れない  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで君はユーティカの オールドミスの乳房のお茶を飲む  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで君は 看護婦の体にじゃれついてブロンクスの 女面女身の鳥の翼を持った 怪物だとしゃれを言っている  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで君は 狂人拘束服を着て現実の地獄の ピンポン試合に負けるぞと絶叫している  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで君は 音程の狂ったピアノを強打した 魂は清浄で不死である  それは厳重な精神病院で神も信じないで 息絶えるべきではないのだ 五十回以上ものショックによって 君の魂はもう君の肉体へ むなしい受難の旅から 帰って来ることが無いだろう  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで君は 精神病の医師を非難しながら ファシストの国家的なゴルゴダに対する ヘブライの社会主義革命を計画している  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで君は ロングアイランドの空を引き裂いて 超人間的な墓から 人間イエスをよみがえらせるだろう  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで二万五千人の気の狂った同志達が インターナショナルの 最後の一連を合唱している  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ そこで僕達は ベッドシーツの下でアメリカ合衆国を 抱きしめて接吻している 一晩中 咳をしていて 僕達を眠らせないアメリカよ  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ 照り輝き幻の壁が崩壊してゆく病院へ 天使の爆弾を落としに来た 魂の飛行機の爆音におどろいて 僕達は昏睡から目覚めた お やせこけた人間どもが外へ逃げ出す お 星をちりばめた慈悲のショックよ 不滅の戦いがここにある お 勝利よ はだ着の事など忘れてしまえ 僕達は自由だ  僕は君と一緒にロックランドに居るのだ アメリカを横切るハイウェイを通り海の旅から 水をしたたらせながら 僕の夢の中へたどり着いて君は西部の夜に 閉ざされている  僕のコテージのドアに向って泣いている 向って泣いている 向って泣いている
街角に唄おう街角に唄おう しあわせの唄 遠く光る星に 聞こえるように 想い出はやさしく 空にほほえむ 街角に話そう しあわせの唄を  街角は淋しく 雨に濡れても 星はいつも静かに 心に輝く 悲しい時にも 空を見上げて 街角に唄おう しあわせの唄を荒木一郎荒木一郎荒木一郎街角に唄おう しあわせの唄 遠く光る星に 聞こえるように 想い出はやさしく 空にほほえむ 街角に話そう しあわせの唄を  街角は淋しく 雨に濡れても 星はいつも静かに 心に輝く 悲しい時にも 空を見上げて 街角に唄おう しあわせの唄を
マックスへの手紙“お手紙読みました だけどさ どっちかというとおかしいぜ そんな事で泣くなんて”  悲しいマックス 君の泣いてる顔は ゆがんで見えるぜ 赤いあんずのように 浮かべてごらん 湖の上に 君の作ったあの白い帆の船を  悲しいマックス 君のゆがんだ顔は すすけて見えるぜ 黒い涙にぬれて 見上げてごらん あの雲の上に 君を誘った天使がいるんだよ  悲しいマックス 君の涙の顔は ぼやけて見えるぜ 霧の街角のように  さけんでごらん 遠くの町に 君を泣かせた あの人にきこえるように ぜいたくなんだぜ 一人淋しく泣くなんて 悲しいマックス 君を皆が待っている  さけんでごらん 遠くの町に 君を泣かせた あの人にきこえるように ぜいたくなんだぜ 一人淋しく泣くなんて 悲しいマックス 君を皆が待っている荒木一郎荒木一郎荒木一郎“お手紙読みました だけどさ どっちかというとおかしいぜ そんな事で泣くなんて”  悲しいマックス 君の泣いてる顔は ゆがんで見えるぜ 赤いあんずのように 浮かべてごらん 湖の上に 君の作ったあの白い帆の船を  悲しいマックス 君のゆがんだ顔は すすけて見えるぜ 黒い涙にぬれて 見上げてごらん あの雲の上に 君を誘った天使がいるんだよ  悲しいマックス 君の涙の顔は ぼやけて見えるぜ 霧の街角のように  さけんでごらん 遠くの町に 君を泣かせた あの人にきこえるように ぜいたくなんだぜ 一人淋しく泣くなんて 悲しいマックス 君を皆が待っている  さけんでごらん 遠くの町に 君を泣かせた あの人にきこえるように ぜいたくなんだぜ 一人淋しく泣くなんて 悲しいマックス 君を皆が待っている
まぼろしの絵なんとなく悲しくて 冬の渚を歩く 波の音がささやく何か―― それは愛の終わりを 告げるひとつのメロディー 果てしない旅に出る (私なの)  いつか知らずに 涙がゆれ 海がかすんでみえる 青いあなたの影が まぼろしの絵のように 冬の渚をそっと 通りゆく――  いつか知らずに 涙がゆれ 海がかすんでみえる 青いあなたの影が まぼろしの絵のように 冬の渚をそっと 通りゆく――荒木一郎荒木一郎荒木一郎なんとなく悲しくて 冬の渚を歩く 波の音がささやく何か―― それは愛の終わりを 告げるひとつのメロディー 果てしない旅に出る (私なの)  いつか知らずに 涙がゆれ 海がかすんでみえる 青いあなたの影が まぼろしの絵のように 冬の渚をそっと 通りゆく――  いつか知らずに 涙がゆれ 海がかすんでみえる 青いあなたの影が まぼろしの絵のように 冬の渚をそっと 通りゆく――
ミスター・サドネス(かなしみ)Mr. Sadness 君と出逢った日 Mr. Sadness それはもう 一年ぐらいも 昔 冬のある寒いさなか Mr. Sadness あの街角で Mr. Sadness 何気なく 愛をなくした 僕の肩に そっと 言葉をかけた  あれからずっと ゆうつな時を 涙を数え過した 二人だけど  Mr. Sadness 窓辺の風も Mr. Sadness 春になり 別れの時期がそこに来たよ Mr. Mr. Sadness  あれからずっと ゆうつな道を 木の葉を数え歩いた 二人だけど  Mr. Sadness 別れの夜が Mr. Sadness こんなにも 嬉しいなんて 君は怒るかい Mr.Mr. Sadness荒木一郎荒木一郎荒木一郎Mr. Sadness 君と出逢った日 Mr. Sadness それはもう 一年ぐらいも 昔 冬のある寒いさなか Mr. Sadness あの街角で Mr. Sadness 何気なく 愛をなくした 僕の肩に そっと 言葉をかけた  あれからずっと ゆうつな時を 涙を数え過した 二人だけど  Mr. Sadness 窓辺の風も Mr. Sadness 春になり 別れの時期がそこに来たよ Mr. Mr. Sadness  あれからずっと ゆうつな道を 木の葉を数え歩いた 二人だけど  Mr. Sadness 別れの夜が Mr. Sadness こんなにも 嬉しいなんて 君は怒るかい Mr.Mr. Sadness
水色の星あの夜空に 輝やく星くず 今もねむれず 夜毎にまどろむ 夢はきえはて もえつきる 水色の星 ああ 夜空よ いつの日 帰らん  夢はきえはて もえつきる 水色の星 ああ 夜空よ いつの日 帰らん いつの日 帰らん荒木一郎荒木一郎荒木一郎あの夜空に 輝やく星くず 今もねむれず 夜毎にまどろむ 夢はきえはて もえつきる 水色の星 ああ 夜空よ いつの日 帰らん  夢はきえはて もえつきる 水色の星 ああ 夜空よ いつの日 帰らん いつの日 帰らん
めぐり逢いめぐり逢える その日までは つらい夢も 見るでしょう そしてわずか 影にのぞく 虹のような その日 めぐり逢える その日の空 雨に濡れた くちびる そして青い 灯かげに見る 虹のような 二人  愛する二人に なぜ苦しみがあるの 愛する二人は 涙に濡れてる  めぐり逢える その日からは 生きる悲しみさえも 共に抱いて 共に歩き 共に歌う 虹よ…  愛する二人に なぜ苦しみがあるの 愛する二人は 涙に濡れてる荒木一郎荒木一郎武満徹めぐり逢える その日までは つらい夢も 見るでしょう そしてわずか 影にのぞく 虹のような その日 めぐり逢える その日の空 雨に濡れた くちびる そして青い 灯かげに見る 虹のような 二人  愛する二人に なぜ苦しみがあるの 愛する二人は 涙に濡れてる  めぐり逢える その日からは 生きる悲しみさえも 共に抱いて 共に歩き 共に歌う 虹よ…  愛する二人に なぜ苦しみがあるの 愛する二人は 涙に濡れてる
夕焼けの丘夕焼けは どこから来るのだろう 夕暮れは どこから来るのだろう 淋しげに 暮れて行く丘の上 赤色のもみじが ゆれていた 夕焼けは どこまであるのだろう 夕暮れは どこまであるのだろう いつからか ひな菊の白い香りが しずかに漂い はじめていた  あの頃の君は まだ幼かった 小さなエクボには 草の露が ひとつぶ 光って いたっけ  夕焼けは いつまで燃えるのだろう 夕暮れは いつまで続くのだろう 暮れてゆく 想い出の丘の上 いつか遠くにいる 君を呼びたい荒木一郎荒木一郎荒木一郎夕焼けは どこから来るのだろう 夕暮れは どこから来るのだろう 淋しげに 暮れて行く丘の上 赤色のもみじが ゆれていた 夕焼けは どこまであるのだろう 夕暮れは どこまであるのだろう いつからか ひな菊の白い香りが しずかに漂い はじめていた  あの頃の君は まだ幼かった 小さなエクボには 草の露が ひとつぶ 光って いたっけ  夕焼けは いつまで燃えるのだろう 夕暮れは いつまで続くのだろう 暮れてゆく 想い出の丘の上 いつか遠くにいる 君を呼びたい
湯の街怨歌熱海 湯の街 来てみたけれど すぎたあの日が あるじゃなし 愛し愛され 別れて消えた あなた探して 湯の街一人  熱海 湯の街 別府も湯の街 どこにどうして いるのやら 月も泣いてる しぐれの道を あなた探して 湯の街一人  沖にとびかう かもめのように 帰る故郷が あるじゃなし 飲んで笑って 涙をかくし あてもないのか 湯の街一人  熱海 湯の街 いく年すぎて いで湯の空も 春霞 やがて果て行く この身を誰が 拾ってくれよう 湯の街一人荒木一郎荒木一郎荒木一郎熱海 湯の街 来てみたけれど すぎたあの日が あるじゃなし 愛し愛され 別れて消えた あなた探して 湯の街一人  熱海 湯の街 別府も湯の街 どこにどうして いるのやら 月も泣いてる しぐれの道を あなた探して 湯の街一人  沖にとびかう かもめのように 帰る故郷が あるじゃなし 飲んで笑って 涙をかくし あてもないのか 湯の街一人  熱海 湯の街 いく年すぎて いで湯の空も 春霞 やがて果て行く この身を誰が 拾ってくれよう 湯の街一人
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. 新時代
  2. 世界のつづき
  3. 風のゆくえ
  4. ウタカタララバイ
  5. Tot Musica

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 新時代
  2. ウタカタララバイ
  3. Scream
  4. 逆光
  5. 私は最強

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照