湯の街怨歌

この曲の表示回数 3,168
歌手:

荒木一郎


作詞:

荒木一郎


作曲:

荒木一郎


熱海 湯の街 来てみたけれど
すぎたあの日が あるじゃなし
愛し愛され 別れて消えた
あなた探して 湯の街一人

熱海 湯の街 別府も湯の街
どこにどうして いるのやら
月も泣いてる しぐれの道を
あなた探して 湯の街一人

沖にとびかう かもめのように
帰る故郷が あるじゃなし
飲んで笑って 涙をかくし
あてもないのか 湯の街一人

熱海 湯の街 いく年すぎて
いで湯の空も 春霞
やがて果て行く この身を誰が
拾ってくれよう 湯の街一人
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:湯の街怨歌 歌手:荒木一郎

荒木一郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-05-27
商品番号:VICL-70176
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP