平野孝幸編曲の歌詞一覧リスト  13曲中 1-13曲を表示

全1ページ中 1ページを表示
13曲中 1-13曲を表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 編曲者名 歌い出し
ごめんね谷山浩子谷山浩子谷山浩子谷山浩子平野孝幸雨が降ってる きょうは一日 ぼくの心にも 銀のしずくが 何も知らずに きみは眠るよ あどけない横顔が ぼくをはなさない ごめんね ごめんね 嘘を言ったね ごめんね ごめんね 何もあげずに ぼくを待ってる人のところへ 帰る ぼくは 帰る 夜が明ければ きみはひとりだ さよならは 言わないよ そのままお休み  笑顔だったね ぼくの前では まるで 幸せな少女のように 責める言葉も 何も言わずに いつだって さりげなく 悲しみかくして ごめんね ごめんね きみを泣かすよ ごめんね ごめんね 夢をみさせて いつも言ってた きみの口癖 いいの あたしは いいの きみはひとりで 生きて行けると 信じても いいよね 信じて帰るよ  ごめんね ごめんね 嘘を言ったね ごめんね ごめんね 何もあげずに ぼくを待ってる人のところへ 帰る ぼくは 帰る 雨が降ってる きょうも あしたも 降りつづく きっときみの眠りの中まで
恋人たちの神話GOLD LYLICテレサ・テンGOLD LYLICテレサ・テン荒木とよひさ三木たかし平野孝幸子供たちがベットで 夢の箱舟に乗るころ 時は悲しみだけを 脱ぎすてて 明日に 着換えるけど もしも生まれ変わって ちがう人生があるなら 青い空を 自由に泳いでる 鳥になってみるけど 愛されて 傷ついて 死にたくなるほど 泣きぬれても この世に 私を 授けてくれただけで 涙を連れ添う そんな生き方もある  硝子窓に夜明けの やわらかな陽ざしが差せば 時は小さな未来 用意して 今日に 目覚めるけど めぐり逢って別れるそれが人の運命ならば 花のように 綺麗なときだけを 過去に残す それだけ 愛されて 傷ついて 死にたくなるほど 泣きぬれても 心と身体は 切り離せないけれど 昨日を見捨てる そんな生き方もある  この世に 私を 授けてくれただけで 涙を連れ添う そんな生き方もある
旅の途中で伊藤敏博伊藤敏博伊藤敏博伊藤敏博平野孝幸サヨナラは言わない 昨日の私に 時の流れ少しだけ 止めさせて 心の中はいつも 同じ色の海 いつか巡る季節さえ 失くしてた  遠い汽笛 誘うまま はるか彼方の 風に吹かれてひとり  旅の途中でしたためる 貴方への便り 昨日までの日々が とても愛しい  出逢いと同じだけ 別離もあるけど それと同じ数だけの 想い出がある 巡る季節の中で 人もまた旅人 心の内(なか)のぞかせる 旅の宿  ひとりきりより 二人がいい 想い出だけの そうよ人生じゃない  旅の途中でしたためる 私への便り 明日からの日々が とても愛しい  旅の途中でしたためる 貴方への便り 明日からの日々が とても愛しい
風色ろまんす伊藤敏博伊藤敏博伊藤敏博伊藤敏博平野孝幸不思議だねめぐり逢い 同じ夢を追いかける  「心が少し疲れてきたから 二人で旅にでも 出かけようか」 「貴方は風が 似合いそうだから そよ風 生まれる町にでも」  遥かまだ見ぬ ロマンスにときめいて 過ぎて行く景色達と じゃれあいながら  不思議だねめぐり逢い 夢ふたつ重ねながら 素敵だねこうして 同じ風に吹かれてる  「故郷でもないのに 旅の空は 流れる雲さえも 懐かしいね」 「大人になって 忘れてしまった 子供の心に 戻るから」  いつか失した ロマンスが甦える 幼い頃の思い出 聞かせてほしい  不思議だねめぐり逢い 夢ふたつ重ねながら 素敵だねこうして 同じ雨に濡れている  不思議だねめぐり逢い 夢ふたつ重ねながら 素敵だねこうして 同じ陽射し浴びている
STAY ~ボトルネックが泣いている~柳ジョージ柳ジョージ田口俊斎藤恵平野孝幸FMからふと流れだす すりきれてるデレク&ドミノス ボトルネックけだるく唸(うな)り 泣いているぜ俺の心で スモールランプの河を流れ どこへ漂(たど)りつくんだ 俺たちの日々 強がる言葉涙になるお前の頬 わかっているさそれ以上何も言うなよ  Stay with me babe Don't go away 今ならば間に合うさ Stay with me babe もう一度 哀しみをあずけてくれ  すべりだしたタイヤきしませ 飛びさる都会(まち) カーブを切れば ボトルネックせつなく叫び 泣いているぜ二人の中で 全てをのみこむ時の流れ どこへ連れてゆくんだ 疲れた胸を 弱さに負けて失くしてゆく大事な物 まちがってるぜこれ以上傷つけあうのは  Stay with me babe Don't go away あの頃に戻るんだ Stay with me babe もう一度 苦しみを抱きしめたい  Stay with me babe Don't go away 今ならば間に合うさ Stay with me babe もう一度 哀しみをあずけてくれ
あの子の愛した三毛猫谷山浩子谷山浩子朝久義智谷山浩子平野孝幸あの子の愛した三毛猫は 角の煙草屋 まがったところ 車輪の下で サヨナラしたよ 夕空みつめる あの子の前には 幾万もの想いが 風に吹かれて これが ほんとのサヨナラさ これが ほんとのサヨナラさ これが ほんとのサヨナラさ……  思いがけない 出来事に 止まることない あの子の涙 できることなら 止まっておくれ かすんで見えない あの子の前には 幾万もの想いが 風に吹かれて これが ほんとのサヨナラさ これが ほんとのサヨナラさ これが ほんとのサヨナラさ……  二度と帰らぬ 遠い空 三毛猫 三毛猫 笑っているか 淋しくないか 寒くはないか 泣き泣き あの子が帰ったあとには 残された思い出が ぽつりつぶやく これが ほんとのサヨナラさ これが ほんとのサヨナラさ これが ほんとのサヨナラさ……
地上の星座谷山浩子谷山浩子谷山浩子谷山浩子平野孝幸夜めざめれば 窓のかなたに さざめく 水銀の星たち あの窓この窓に 人たちの灯す 見知らぬ街の灯が ゆれてる  遠い異国に 置き去りにされた 名前も忘れた 子供の心が 明かりを繋(つな)いで 星座をつくる 想いを繋(つな)いで 星座をつくる  ほら お母さんの指の間を 車が走り抜ける キラリと あそこの赤い灯は あの人のセーター 遠くで手を振る 私に  ここは見知らぬ 都会の空の 誰にも見えない 暗い雲の中から 明かりを繋(つな)いで 星座をつくる 想いを繋(つな)いで 星座をつくる  ここは見知らぬ 都会の空の 誰にも見えない 暗い雲の中から 明かりを繋(つな)いで 星座をつくる 想いを繋(つな)いで 星座をつくる
サーカス谷山浩子谷山浩子谷山浩子谷山浩子平野孝幸あなたが帰ったあとの 私の部屋には 汚れた灰皿 散らかしたままのトランプ ごめんねと言って帰った ごめんねと言ってあなた 人の気持も知らないで やさしい人が待っていると  さあ目をさませ 人形たち さあ目をさませ ナイフに鏡 さあ目をさませ ひとりの部屋の 午前零時の 夢つづれ  もう少しいればいいのに もう少しお茶をいかが お酒もあるのよ レコードでもかけましょうか ごめんねと言って帰った ごめんねと言ってあなた しんと静かな真夜中は いつもきまってひとりぼっち  さあ目をさませ 人形たち 砕けた心 包んでおくれ ひとりの部屋の ひとりサーカス せめて涙の かわくまで la la la…………  あなたがいない あなたがいない ひとりサーカス 夜がふける  あなたがいない あなたがいない ひとりサーカス 夜がふける
夢を見ましょうかChageChageCHAGECHAGE平野孝幸夢を見ましょうか 星空の 輝く糸を つなげましょう 時計の針が 重なる 時に 静かに まぶた とじる 夢を 見ましょうか どなたかの どこか 遠くへ行った人の 風吹く音は 子守唄 星降る夜は 涙にかわる ひとこまで ひとしずく  嘘の つきあい だましあい どっちが勝っても うらみっこなし そんな恋なら しないほうが ましで しょうね  夢を見ましょうか うたたねの ほつれた糸を ほどきましょう 夢見る頃が 影をひく 雨降る夜は ため息こぼす ひとことで ひとつずつ  追えば 追うほど はなれてく 幻つかんで うらみっこなし そんな 恋なら しないほうが ましでしょうね そんな 恋なら しないほうが ましでしょうね
ふたりの愛ランドGOLD LYLIC石川優子とチャゲGOLD LYLIC石川優子とチャゲCHAGE・松井五郎CHAGE平野孝幸夏が噂してるわ あなたのことを ピンボールみたいで 気がおけないの 小麦色に灼けてる おまえのせいさ 風のない都会を 忘れてみないか  瞳にはパッションブルー めぐり逢う その瞬間に きっと 生まれかわれる 燃えて 燃えて 夏泥棒  夏 夏 ナツ ナツ ココ 夏 愛 愛 アイ アイ 愛ランド ふたり夢をかなえてる  夏 夏 ナツ ナツ ココ 夏 愛 愛 アイ アイ 愛ランド 翔んで 夏 シマシタ  誰もいない渚へ 誘われたなら 水着の跡さえ あなたしだいね 熱い波に ことばを預けてごらん 太陽に手が届く 時間がやってくる  吹きぬけるサザンウインド 大切なときめきに 夏が教えてくれた 愛の響き 聞かせたい  Love Love ラヴラヴ Love Me Do You You ユーユー Sexy 優 ふたり 夢をかなえてる  Love Love ラヴラヴ Love Me Do You You ユーユー Sexy 優 翔んで 夏シマシタ  夏 夏 ナツ ナツ ココ 夏 愛 愛 アイ アイ 愛ランド ふたり夢をかなえてる  夏 夏 ナツ ナツ ココ 夏 愛 愛 アイ アイ 愛ランド 翔んで 夏シマシタ
愛は切なくてややややMarc Almond・日本語詞:園部和典Marc Almond平野孝幸午前2時 暗い部屋 ふとつけたテレビから 名も知らぬ俳優がサヨナラと叫んでる 許されぬ愛だとか 運命がどうだとか おきまりの物語 そして駅 汽車は走る バカみたいねなんて私は思う 偽善者ぶって 臆病なだけだと ひとかわ剥けば欲望のうず  セピアの夢じゃすまされやしない Breaking-down でもいつか知らぬ間にああ恋浪漫(ラブロマンス) 見入ってる ああ バカじゃないさなんて あなたなら言うわ ボクたちだって このままじゃいけない 別れ話を切り出すときは 男はいつも正しさに逃げる Fading-out  午前5時白む窓 どしゃぶりの画面から あの人の幻がサヨナラ繰り返す サヨナラ繰り返す サヨナラ繰り返す
OLD FASHIONED LOVE SONG柳ジョージ柳ジョージ葉庭敏貫柳ジョージ平野孝幸背中にしのび込む夜の闇が やけに今夜は俺を泣かせる 失くした夢の幻を抱き締めても 琥珀の海に溺れ…  いつしか色あせた思い出なら 胸のナイフも濡らさないだろう お前のいないこの部屋は無口なまま 途切れ途切れのララバイ  Don't stop old fashioned love song Don't stop old fashioned love song Don't stop old fashioned love song Heal my heart  胸に隠したあの頃の甘い痛み 揺り起こすのか ララバイ  Don't stop old fashioned love song Don't stop old fashioned love song Don't stop old fashioned love song Cry my heart Don't stop old fashioned love song Don't stop old fashioned love song Don't stop old fashioned love song Heal my heart  古びた時計が過去を刻む夜更けは 孤独をさまようだけ 心の風穴 知らずに捨てた温もり お前が今も浮かぶ  Don't stop old fashioned love song Don't stop old fashioned love song Don't stop old fashioned love song Cry my heart Don't stop old fashioned love song Don't stop old fashioned love song Don't stop old fashioned love song Heal my heart
ふたりのキャロル石川優子石川優子石川優子石川優子平野孝幸街のどこかで 流れだすキャロル ざわめきの中には 不似合いだけど 耳をすまして あなた口ずさむ 出逢ったあの頃を 想い出すよと  歩いてきた ふたりの愛を 静かなキャロルで 祝いましょう めぐり逢えた よろこびあなたに 伝えたいの歌にのせて この夜に  広い世界の ちっぽけなふたり だけどまぶしいほど 輝いている 買ったばかりの ワインをかかえて あなたの左うで 私をつつむ  生まれてきた おたがいの命 静かなキャロルで 祝いましょう 私たちが 手に入れた愛は どんな時も変わらないと 信じてる  歩いてきた ふたりの愛を 静かなキャロルで 祝いましょう めぐり逢えた よろこびあなたに 伝えたいの歌にのせて この夜に
全1ページ中 1ページを表示

リアルタイムランキング

  1. Subtitle
  2. 可愛くてごめん feat. ちゅーたん(早見沙織)
  3. KICK BACK
  4. 第ゼロ感
  5. 新時代

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. アルジャーノン
  3. Romance
  4. この空がトリガー
  5. 女のはじまり

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照