試聴する

十六歳

この曲の表示回数 5,340

夜が明けた地下鉄、コートを着た二人の階段の足音に白い息が溶けてゆく。

きっと戻れない日々眺めてた。たった一つが欠けて、諦めて。

ただ願っているの。出口を探して街の音を聴いてるだけ。
黒い人たちが地下街を混ぜて、逃げてばかりいるの、まだ。

歩道橋の上から、緑色と黄色が眩しくて目を閉じた。鉄の匂いが漂う。

まだ覚えてるかな 唇に塗った思い出はもう忘れたの。

愛されたいとか思ってもいいの。きっと誰かは泣いてるの。
交差点の中で見失っていった手と手、冷たい日の朝。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:十六歳 歌手:Maison book girl

Maison book girlの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-12-13
商品番号:TKCA-74600
徳間ジャパンコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP