試聴する

狭い物語

この曲の表示回数 3,365
歌手:

Maison book girl


作詞:

sakuraikenta


作曲:

sakuraikenta


狭いこの部屋に刺さるベッドシーツ。
今も残ってる匂い小さな夢達。

白が染み付いた壁はぼやけたまま、古いアルバムの鍵を探しているの。

鏡に残る影、映り込む雨音。
枯れてゆく季節と耳鳴りを、傷つけた。

それは、夢じゃないの。
今も、ここにあった部屋で
抱き合ってるの影と、涙を流して。

最後の朝の光を、待っているの。
ひとり、望まない床を眺めていたの。

指でなぞる瞼、瞳はくり抜かれて。
水滴の傷跡、絡まる部屋を抱いて。

ここは、夢じゃないの。
今も、手のひらで触れてる、
浮かんでいるベッドで朝を迎えるの。

それは、夢じゃないの。
今も、ここにあった部屋で抱き合ってるの。影と体を重ねている。

夢じゃないの。今も、手のひらで触れてる。
浮かんでいるベッドで朝を迎えるの。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:狭い物語 歌手:Maison book girl

Maison book girlの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-11-21
商品番号:PCCA-4732
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP