試聴する

snow irony

この曲の表示回数 5,273

始まりの日の夜は、いつでも雨が降って。
裏口の扉には、煙の中の僕ら、ゆれて。

16月から、君はガラスで隠されたよ。
ベッドの中で一人。雪が雨に変わるよ。

何も知らないままで、失った。
声は変わってしまった。

見たくない見たくない見たくない見たくない。これ以上。
知りたくなかった。美しい記憶を笑って。
終わりを分かってた。汚れた結末、気付いてた。
許さない許さない許さない許さない許さない

あの狂った日常、なにより美しくて、
まるで夜中に光る工場の光の様。

ページ破ったって、変わらない。いつか忘れてしまうの?

わからないわからないわからないわからない。愛とか。
消えてく感情、青色、叶わない夢とか。
ただ一つ思うのはそんな世界さえ愛すの?
もう一つ思うなら、ふふふふんふふふふん知らない。

何も知らないままで失った。
君は変わってしまった。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:snow irony 歌手:Maison book girl

Maison book girlの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-09-23
商品番号:MBG-3
ekoms

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP