試聴する

veranda

この曲の表示回数 4,034

僕の手のひらで枯れた花は。
冬の朝の意味。ベッドの中、ずっと。

水の匂いはもう腐っていて。
汚れた体と、あの手紙と。

赤いソファーもベランダも。
眺めていた嘘と声。

幸せになるのを、いつも怖がっていたのに。
それでも抱き合って、いつかの日々を壊してく。

君の手のひらと、夏の光。
小さな泉は笑ってるの。

悲しみとか許しとか。
覗いた窓。青色が。

本当は気付いてた、涙の影に透けてる。
乾いた夢の中、僕は何を願っているの?
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:veranda 歌手:Maison book girl

Maison book girlの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-04-05
商品番号:TKCA-74486
徳間ジャパンコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP