すかんぽの唄

この曲の表示回数 3,876
歌手:

渥美清


作詞:

星野哲郎


作曲:

米山正夫


ちぎるとスポンと音がして
青い匂いが手に残る
すかんぽ摘めばおもいで帰る
胸の痛みに気がついた
あれは俺らのあれは俺らの十九の春さ

利根川提に腰かけて
水に小石を投げたころ
すかんぽ摘めば浮かんでくるよ
幼なじみの由美ちゃんが
嫁にゆく日の嫁にゆく日の花嫁姿

由美ちゃんおぼえているかい
いつも二人きりで待ち合わせてさ
春の小川を歌ったあの河原道のこと
いつか由美ちゃんが急に
「あたしおしっこしたくなっちゃった」
って言ってさ「清ちゃんあそこでみはってて」
なんて俺言われて
俺どっちむいていいかわかんなくてさ
いっしょうけんめい目をそむけてさ……
すかんぽの芽ばっかりちぎっていたっけ
見上げた空には白いちぎれ雲がぽっかり
浮かんでてまだまだ水のきれいな
故郷だったんだよね

ちぎるとスポンと音がする
それが俺らの恋だった
すかんぽ摘めば瞼がぬれる
もっといい娘がいるんだと
いつも自分をいつも自分を慰めたっけ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:すかんぽの唄 歌手:渥美清

渥美清の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-11-21
商品番号:CRCN-40239
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP