試聴する

セスナの空

この曲の表示回数 4,220
歌手:

suzumoku


作詞:

suzumoku


作曲:

suzumoku


眠い風にくすぐられて軽く咳をして
わだちをたどりただひたすらに 刻む足音を 一つ一つ数える
変わりだした季節の色に一度頷いて
木陰の先 駅の向こうに立ち並ぶビルを 一つ一つ眺める

梅雨明けの町を夏が乾かして いくつかの約束がそっと動き出す頃

ガード下の人々にも見えているのかな
白い羽根のセスナがほら青空の中を 淡く淡く彼方へ

探す事も目指す事も創りかけのまま
余白だけが増え始めたあやふやな日々を 一つ一つ重ねる

セミの鳴き声がかすかに響いて いくつかの思い出がそっと目を覚ます頃

片目をなくした野良猫にも見えているのかな
白い羽根のセスナがほら青空の中を 淡く淡く彼方へ

逃げ水が揺れて かげろうが揺れて いくつかの憧れがそっと色褪せる頃

記憶だけの遠い君にも見えているのかな
白い羽根のセスナがほら青空の中を 淡く淡く

走り書きのあの言葉なら届けられるかな
白い羽根のセスナを今青空の中へ 淡く淡く見送ろう
淡く淡く彼方へ 淡く淡く彼方へ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:セスナの空 歌手:suzumoku

suzumokuの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-05-14
商品番号:APPR-1803
apart.RECORDS

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP