ましのみ

前はもっとオシャレしよって、ちゃんと張り切ってくれてたよ。

 2019年2月20日に“ましのみ”がニューアルバム『ぺっとぼとレセプション』をリリースします。今日のうたコラムでは、今作の収録曲であり、1月21日から先行配信シングルとしてリリースされている「フリーズドライplease」をご紹介。みなさんは、恋人と月日を重ねてゆくにつれ、理想と現実の矛盾が生じ、モヤモヤしたことはありませんか…?

僕たち ムードなんてあってないようなものじゃん
って笑ってた君と
いつぶりの DVD じゃない映画館でみる映画デート
涼めるから って理由で説得されてくれたけど
それもそれで
「フリーズドライplease」/ましのみ

 恋愛の絶頂期を過ぎて、もはや<ムードなんてあってないようなもの>だと笑う恋人。主人公だって、自宅でDVDを一緒にまったり観る時間などが嫌なわけではないのでしょう。望んでいた安定の心地良さもあるはずです。それでも<君>を久々の<映画デート>に誘ったのは、まだ<ムードなんてあってないようなもの>を“なくしたくない”から。
 
 率直に「たまには映画館デートしたい!」と言っても、しぶったであろう恋人。なんとか<説得されて>くれても、主人公の胸中には(二人のトキメキを維持したいのは私だけ?)(めんどくささの方が勝るの?)(もう愛は薄れたの?)とボンヤリした不満が広がります。その言葉にし尽くせない想いが<それもそれで>…というワードから伝わってきます。

サンダルに覗く
お揃いのアンクレットで 思い出したのは
多分もっと 今よりもっと
ちゃんと愛してくれてた頃

フリーズドライ please
フリーズしないピーク
効きすぎたクーラー 膝掛けの下 繋いだ手
フリーズドライ please
フリーズしないピーク
紛れたどさくさ 暗闇 塩っけのあるキス
瞬間を あの時のあの瞬間を
乾かして新鮮なままとっておけたなら
いつまでも乾くことない2人でいれたかな なんて
「フリーズドライplease」/ましのみ

 お揃いのアンクレットを買ったり、膝掛けの下で手を繋いだり、暗闇のなかでキスをしたり。あの頃は<今よりもっと ちゃんと愛してくれてた>のになぁ…と、かつてのわかりやすい愛情表現と比較すると、どうしても今を味気なく感じてしまいます。やるせなくもなってしまいます。だからといって、自分だけ浮き足立っているのも嫌ですし…。

 それゆえに、二人の絶頂期だった<あの時のあの瞬間を>フリーズドライできていたら、なんて無理な“たられば”も想像してしまうのです。フリーズドライとは、食品を凍結させ、真空状態に置き、乾燥させる技術のこと。そうやって凍結乾燥させたピークの感情を、いつでも溶かして食べることができたら、たしかにずっと新鮮な二人でいられるのかもしれませんね。

安く済むから
ってドリンクも躊躇いなくペアセットで頼んで
上映時間ギリギリまで別々の用事済ませたり
何気ない惰性が悪くないこともわかってはいるよ
心地は良いし

ふらっとコンビニに
出かけるような服も 似合っているけど
前はもっと オシャレしよって
ちゃんと張り切ってくれてたよ
「フリーズドライplease」/ましのみ

 ただし、この歌で主人公は終始どこか不満を匂わせながらも、はっきり「嫌」とか「悲しい」とか「空しい」といったネガティブなワードを口にすることは控えているように思えませんか? 逆に“今を肯定する言葉”は必ず言葉にしております。理由はともあれ、説得されてくれたこと、ペアセットで頼んでくれたこと。何気ない惰性が悪くないこと。心地は良いこと。ふらっとコンビニに出かけるような服も似合っていること。

過ぎないピークも
落ちない鮮度もないけど
成長していく恋ならいつでも新しい
ピークを
ハートを
ステージを
迎え続けられる
「フリーズドライplease」/ましのみ

フリーズドライ please
フリーズしないピーク
過去は綺麗なままにして今を見てればいい

フリーズドライ please
フリーズしないピーク
寒がりだからと 買っといてくれた ホットティー
フリーズドライ please
フリーズしないピーク
ほら意識ひとつで目の前に顔を出す幸せ
かくれんぼは止めにして
乾いた思い出を溶かさずいられるように
だってお湯に入れたってせいぜい残るのは
即席インスタントのトキメキくらいでしょう なんて
「フリーズドライplease」/ましのみ

 そんな“今を肯定する言葉”の数々は、歌の終盤、前向きな結論へとたどり着くのです。成長していく恋ならいつでも新しい。過去は綺麗なままにして今を見てればいい。そう意識を変えて、今を見つめたとき<寒がりだからと 買っといてくれた ホットティー>に、今日もちゃんと込められている“愛”を感じたのではないでしょうか。
 
 もう手は繋がないし、キスもしないかもしれない。けれど、伝えなくても<寒がり>なことや<ホットティー>が好きなことを当たり前に知っていて、自然と思いやって行動してくれる。それが成長した“今の愛の形”なのだと思います。それは<即席インスタントのトキメキ>よりもきっとずっと強いもの…! 今、恋人とマンネリ期で悩んでいるというあなた。是非、ましのみの「フリーズドライplease」を聴いてみてください。

◆紹介曲「フリーズドライplease
作詞:ましのみ
作曲:ましのみ

◆ニューアルバム『ぺっとぼとレセプション』
2019年2月20日発売
初回限定盤 PCCA-04748 ¥3,500(tax incl)
通常盤 PCCA-04749 ¥3,000(tax incl.)

<収録曲>
M-1. フリーズドライplease
M-2. ’s
M-3. タイムリー
M-4. 美化されちゃって大変です
M-5. Q.E.D.
M-6. どうせ夏ならバテてみない?
M-7. 錯覚
M-8. コピペライター
M-9. ターニングポイント
M-10. ゼログラビティのキス
M-11. 凸凹
M-12.AKA=CHAN
Bonus. 夢ノート
このトピックをシェアする
  • LINEで送る