chay

歌を歌うために、何だってやれてきたでしょ。

デビューからの5年間を振り返ると
今まで支えてくださった沢山の方の顔が浮かびました。
5th Aniversaryである今年
この感謝の気持ちを伝えたくて
「ずっと きっと 叶う」の楽曲制作に挑みました。
そして、ギターを抱えて路上ライブを重ねていた
19歳の頃の自分へも、あの時一歩を踏み出してくれた事
どんな時も諦めずにいてくれた事
そんな「ありがとう」を伝えたくなりました。
(chay「ずっと きっと 叶う」コメントより)

 2018年6月29日に“chay”が配信シングルとして「ずっと きっと 叶う」をリリース!この歌は、彼女のデビュー5周年を記念したアニバーサリーソングであり、自身が作詞作曲を手がけました。コメントにも綴られているように、歌詞には、19歳で初めてギターに出会ってから、27歳の今に至るまでの様々な軌跡と感謝が描かれております。

何も怖くなかった
19の自分には oh oh oh

がむしゃらに走ってた
大きな夢抱えて oh oh oh

いつからこんな ちっぽけに
なってしまったんだろう
「ずっと きっと 叶う」/chay

 清爽な広がりと軽快で遊び心が溢れるメロディーに乗せて、まず届くのは<19の自分>の姿です。キラキラした<大きな夢>を胸の内に抱えたばかりの彼女。その夢を叶えるためなら、情熱と勢いと“好き”のパワーだけで<がむしゃらに>走ることができる時期でしょう。それに、経験も知恵も出会いも実力も実績も、何もかもこれから増やしていく段階なので、まだ失うものなど何もありません。

 また、とにかく“夢を叶えること”だけしか見ていないからこそ、恋愛や人間関係など他のことに悩む時間も余裕もない。だからこそ<何も怖くなかった>のではないでしょうか。まっさらな道。まっさらな自分。ただただ胸の内の<大きな夢>を信じて突き進むのみだったのです。そんな過去のアツい自分を思い出してみると、今の自分は<こんな ちっぽけに なってしまった>と感じてしまう気持ち、きっとみなさんもわかりますよね。

全てが怖くなった
25の自分には oh oh oh

躊躇いながら歩いた
小さな夢抱えて oh oh oh

いつからそんな ときめきを
忘れてしまったんだろう
「ずっと きっと 叶う」/chay

 続く歌詞に描かれているのは<25の自分>の姿。先ほどの<19の自分>とは正反対に<全てが怖くなった>と歌っております。さらに<大きな夢>も<小さな夢>というワードに。ただそれは多分、悪いことではないんです。まっさらだった道に草木が生え、まっさらだった自分に色がついてきた。経験も知恵も出会いも実力も実績も、少しずつ増えてきた。そうして“失いたくない”ものができたから<全てが怖くなった>のです。

 さらに、大人になるにつれ“夢を叶えること”だけしか見えていなかった視野が広がってきます。夢の厳しい現実の部分が見えてきて、ときには自分の限界を感じることもあって、プライベートの生活の幸せについても考えるようになって。だけどやるべきことに追われて毎日が過ぎて。「本当にこれでいいのかな?」という想いが浮かんでくる時期。あの頃のように<がむしゃらに>走るだけではいられない時期です。
 
 でも、それでも<躊躇いながら>歩みをやめなかった日々が“27の自分”に繋がっているんですよね。あの頃に比べたら<こんな ちっぽけに なってしまった>と感じたとしても、<ときめきを忘れてしまった>ことに気付いたとしても、諦めず夢のためにここまで来たことそのものが“27の自分”の自信になるのだと思います。そして、サビで放たれるのが“27の自分”の今のメッセージです。

何度もつまずいて
何度も立ち上がってきたでしょ
負けず嫌いだった
無敵な自分 思い出して
いくつになっても
ずっと きっと 叶う
「ずっと きっと 叶う」/chay

何度もぶつかって
何度も乗り越えてきたでしょ
ただ泣いてばかりいた
弱気な自分 脱ぎ捨てて
いくつになっても
ずっと きっと 叶う
「ずっと きっと 叶う」/chay

 今だって、転ぶことも、障壁にぶつかることもある。そんなとき、何よりの武器になるのが、自分自身の軌跡なのです。<何度もつまずいて 何度も立ち上がってきた>こと。<負けず嫌いだった 無敵な自分>。<何度もぶつかって 何度も乗り越えてきた>こと。<ただ泣いてばかりいた 弱気な自分>もいたこと。そんな過去から育てられて、今の自分がいる。それはこれからも変わらない。だから<いくつになっても ずっと きっと 叶う>と信じることができるのでしょう。

歌を歌うために
何だってやれてきたでしょ
抱えてきた夢に終わりはないよ
これからも 歌っていたいから
あの日の自分に
ずっと きっと 叶う
ずっと きっと ありがとう
「ずっと きっと 叶う」/chay

 過去の自分への感謝。今の自分への激励。未来の自分への希望。いろんな想いが伝わってきますね。さて最後に、この曲についてのchayのコメントの続きを。『10周年、20周年を迎えられるよう、これからも“歌い続けていたい”と改めて強く感じたストレートな気持ちを綴った「ずっと きっと 叶う」が、夢を応援してくれたファンの皆さん一人一人に届くことを願っています』。今、どんな心境の方にも、何歳の方にも、chay「ずっと きっと 叶う」の想いが伝わりますように…!
ジャケット写真に綴られている曲タイトルはchay直筆によるものであることも注目です!
このトピックをシェアする
  • LINEで送る