イチオシ!

可愛らしさ、オシャレさ、の中に潜ませた男らしさで魅せる!

 今日のうたコラムでは、人気コーナー『言葉の達人』にもご登場いただいた作詞・作曲、プロデュースで活躍中の“カミカオル”さんによる歌詞エッセイのアンコール回をお届けいたします。TAEMIN、日向坂46、SHINee、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE、AAA、W-inds、福原美穂などなど様々なアーティストに楽曲を提供している彼女。歌詞とは?作詞とは?音楽とは? 5週連続で執筆していただいた第1弾第2弾第3弾第4弾第5弾の締めくくりとなるこのラスト回をお楽しみください…!

~歌詞エッセイアンコール回~

前回で終わり、と見せかけて、もれなく予想外のアンコール回、、!になりましたっ。連続で書かせていただいたこちらのコラム、これがホントのホントの最終週です、、!!

前回はSuperMやソロ活動でも留まることを知らないTEAMIN君の日本曲『Famous』について書かせて頂きましたが(先日のミュージックステーションではSuperM紹介VTRでもちょっと流して頂きましたね、、!)最後はなにを。書こうかな、、!


ということで、今回は歌詞を書かせていただいた某オーディション番組が先日、コロナでの放送延期やイベント中止を乗り越えて、遂に最終回を迎えデビューメンバーが決定した、、!という嬉しく華々しい出来事があったので。そちらの課題曲のこぼれ話をチラッと話して終わりに向かおうと思います。


某、と言いつつすぐ話題にしていきますが笑
Abema TVで放送されていた日韓合同プロジェクト、ボーイズグローバル・アイドルを育成する「G-EGG」という番組の中で、私はCteamの『I Don't Care』という曲の歌詞を書かせて頂きました。課題曲って書いてみたかったのですごく嬉しかったです。でもね。

この曲、すごく難しかったんですよ、、!
「課題曲」
というのは、難しいですね。
歌う人やグループのキャラクターがまったく見えてない状況の中、外れすぎていないものを書かなくてはいけないわけですから。しかも、いままでこのようなsweetな王道R&B的曲調はなかなか書いてこなかったのもあるし、王道を王道そのままでかけない、どこかひねくれた自分がいたりで。

悩みました。悩みました。

でも、最終的にはこんなsweetnessで、PVでも、フワフワピンクなイリュージョン世界が繰り広げられた曲調で、私はサビ頭に

♪I Don't Care~♪ (知らね~よ~)
          (きにしない~) か?



と歌う歌詞をあてこみ、仕上げました。

そうじゃないと、私が思うバランスは保てなくて。


といいますのは。
私の中のツボに
「泣き踊りソングのツボ」
があってですね。
アップテンポのメジャースケールで、失礼やサヨナラやあきらめを歌う、など、明るい曲調でネガティブを歌いたい。というツボです。


それと同様に、
sweetな中性的雰囲気、オシャレな曲調に
相反する要素の男らしさである


誰がなんと言おうとも構わない
I Don't Care



という強気な一面をいれたくなったのです。


でもこれが、結果、すごく良かったと安心しています。


今回は日韓合同アイドルなので、KPOPの良き魅力を存分に表現できるよう、とは思っていました。KPOPの魅力といえば、歌もカンペキ、ダンス&振付もカンペキ、MVもちろんカンペキ。そして礼儀正しくて、笑顔や仕草、MCは可愛くて、カンペキに楽しませてもくれるのに、そこはかとなく実は男らしい一面がありますよね、、!じつは脱いだら筋肉隆々だったりしますし、、。(それは関係ないか、、。) そう!そのギャップを滲ませる曲にしたかったんです。ちょっと、いざというときグイッと引っ張るキュン死の男性的強さ、というか。


可愛らしさ、オシャレさ、の中に潜ませた
男らしさで魅せる!


という事が、結局、この課題曲の隠れミッションとなったな、と思っています。もちろんこれを歌ってくれたG-EGGのグローバルアイドルの卵君たちが、そのような魅力を持ち合わせてくれていたからこそ成功!したわけですね、、!


私はCteamをかいたわけですが、Cteamの方々全員、本当によくこの曲をモノにしたなぁ!と感じました!ソフトな曲調なのにダンサブルでかっこよさを感じれるのは、ダンスのスキルや振付が素晴らしかったからもありますね。そして、歌唱も、こんなふうに歌ってくれたら...というイメージそのものでした!



私が暗に期待していた隠れミッション、密かな男らしさな魅力も、イメージどおりで素晴らしかった。おしゃれでPOP雰囲気と、内面から滲む男性性でギャップ男子を演じきりました!

実はこの世界観、すごく難易度が高いことなので、この世界を表現できるって事は、こういうソフトな曲調から、バキバキ踊る曲まで、なんでもオールマイティいける才能なんだ、という証明にもなったと思います。


『NIK』として無事デビューをするメンバーは、これからどんどん活躍する姿を見れるわけで、、。楽しみすぎですね!すごいポテンシャルの持ち主ばかりが集まったし、みなさん天性のアイドルだと思っています。(もちろん、今回、道が分かれた方も、先々には同じステージで会えるでしょう!)


ひとつ、すごーく気になるのは

ヒドさんの辞退ですね。汗
Cteamだからすごく気になりました。まさかの彼は彼でまた、明るい未来があるのかもしれませんが、NIKでの姿も見たかったですね。^_^


Take that seat
お座りください


のRAPは、ヒドさんしかできないものだったし。また違う曲でぜひRAP聴きたいです。彼の個性も、また表舞台でみれるものだと信じています!


他のチームの課題曲も中毒性があってすごく好きになってしまって。歌詞もほとんど覚えて毎日歌ってました、、!!!


ワオな出来事として、私が歌ったver.の『I Don't Care』が番組内で流れる珍事件もありました。!!(流れるって知らなかったんです笑 流れるならもっとちゃんとrecしてmixすればよかった?、、。一発録り&ラフmixでした、、。)


番組は終わってしまいましたが、そんなこんなが分かった上で、もう一度、ぜひ課題曲を聞いてみてくださいね、、!

そんなこんなで、完全に感情移入してしまい楽しんで見守らせて頂いたG-EGGでしたが。ではでは最後に。歌詞をかきはじめて、その度にいろんなアーティストさんや歌との出逢いがあって。音楽を通して言葉を紡いできましたが。こんな風に、歌詞や曲についてあーだのこーだの文章で語るというのははじめてで。

「コラムを締切までに毎週かく」

それができるすごさよ、、

実感しております。大変なのね~!
歌詞の締切は守れるのに。
文章かけないかけない。
むしろ、削れない。というね。
本当、文章を書く方々。恐れ多し。
でこざいます。

今回このような自分発見の機会をくださった歌ネットさん。貴重な体験をありがとうございました!私が今、どんな想いを抱えているのか。すごく整理されますね、書く作業って。新しい発見が多かったです。これを機に、また文章で発信できる場なんかも増やしたいなと感じました。

表現は自由だから、、
いろんな形でマイペースに
『願い』や『思い』
を発信してゆけたら、と思っております。


そして、最後までこのつたないコラムにお付き合いくださった皆様~!また、楽曲の世界の中で同じ想いや喜びを共有できる日を楽しみにしております。最後まで読んでくれてありがとうございました。またね!!

<カミカオル>

★information
Abema TVなどで放送
日韓合同男性アイドル発掘オーディション番組
『G-EGG』課題曲作詞 TeamC『I Don't Care』

2020年6月3日リリース
Abema TV『今日好きになりました。』
人気メンバーからなる限定ユニット 
ERROR 『TRIGGER』

★カミカオル
『言葉の達人』登場回
このトピックをシェアする
  • LINEで送る
イチオシ!のうたコラム一覧