the peggies

誰からも愛されない事より、誰の事も愛せない事の方が何億倍も寂しい

 2020年8月26日に、3ピースバンド“the peggies”がニューシングル「センチメートル」をリリース!タイトル曲は、TVアニメ『彼女、お借りします』オープニングテーマに抜擢され、放送前からSNS等で話題に。7月18日からは単曲の先行配信がスタート、YouTubeでは東京・LIQUIDROOMにて無観客で撮影されたSpecial Videoも公開されております…!

 さて、今日のうたコラムでは、そんな新作を放った“the peggies”の北澤ゆうほ(Vo&Gt)による歌詞エッセイを3週連続でお届け!今回はその第1弾です。綴っていただいたのは、タイトル曲「センチメートル」に通ずるお話。あなたには今“運命の人”が存在していますか? そんな存在を信じられますか? 恋をしている方も、そうでない方も、是非歌詞と併せてエッセイをご堪能ください…!

~歌詞エッセイ第1弾~

結局運命なんてただの思い込みで、この人こそ自分の運命の人だ!と信じたいが為に、そう思い込めるような要素や情報を自ら収集してるだけな気がする。

運命の人、って肩書きがあるだけで私たちはなんだか安心してしまう。このまま突き進んでいいよ!と自分自身に言い聞かせて背中を押すにはうってつけの文句。そうやって勇気なんて貰っちゃったあとには、厄介な恋愛ゲームのコマをまたひとつ進めてしまうのである。

そんな根拠のない確信を持ったところで、後々しわ寄せを喰らって傷付いちゃうのにね。何度同じ過ちを繰り返しても学べない私たち。

自己紹介が遅れました。はじめまして、北澤ゆうほです。

冒頭から絶望的なそれっぽい事を言ってしまいましたが、私は人生を俯瞰してるわけでもなければ、全てを知ったような顔をして絶望しているわけでもないです。なんならそういうの一番ダサいと思ってるタイプ。

じゃあ何が言いたいの?って、そうだな。目に見えない「運命」なんてものを目に見えないまま自分の心に作り上げて、さらにそれを着火剤にしちゃうくらいお熱になれる相手がいる事自体、超~~~~素敵じゃない?って事です。

私は、誰からも愛されない事より、誰の事も愛せない事の方が何億倍も寂しい事だと思う。だから、好きだなって思える人がいるなら、それだけで貴方の人生は大当たりの真っ只中。だから大丈夫。正直それが運命でも運命じゃなくてもどっちでもよし。見てこの無責任な文章。でもそんなもんでいいんだよ、ほんと。

ちょっと話は変わりますが「センチメートル」の<僕>、運命なんて言えない、って事は、運命だって言いたいし、心のどこかでそう思ってるんだろうな。でもまだ自信がなくて、傷付きたくなくて、一歩引いたポーズをとってしまう。まだそんなじゃないよ、って。本音は一歩引くどころか何歩も先に進んで行ってるのに。

分かる。分かるよ。
そりゃそうか私が書いた歌詞だもん。

<僕は君に何をしてあげれるかな>って、まるで君を守る!ってスタンスを見せてるけど本当は、弱さを見せてくれた君に必要とされたくて、自分の存在意義を感じたくて、側にいるだけなんですよね。みなさんも思い当たる節あるんじゃないでしょうか。私はたっっくさん思い当たる節があるので歌っていて胸が痛いです。苦しい。図星。

早くみんなでそういう恋愛は卒業したいものです。
頑張りましょう。いつになる事やら。


まぁでも、大当たりって、たくさんのマイナスを経てやっと見つけられるものだったりしますよね。色んなフラストレーションを抱えて、もがき苦しむ日々だったからこそ、向こう側に見える微かな光に気が付けて、手を伸ばせて、君と出会えるんだと思う。最初っからまばゆい光の中にいて満たされてたら、少し遠くの光にも気が付けないもんね。


長々と書きましたが、今自分は暗闇の中です、、という方は、大当たりする為の助走期間だと思ってなんとか心と身体を繋ぎ止めていて欲しいなと思いますし、好きな人がいるよ!恋愛してるよ!って方は、運命なりなんなり自分に都合のいい謳い文句をつけて、自信を持って、まず第一に自分を愛しながら恋愛を謳歌して欲しいなと

そんな風に思います。

<北澤ゆうほ>

◆紹介曲「センチメートル
作詞:北澤ゆうほ
作曲:北澤ゆうほ

◆ニューシングル「センチメートル」
【先行配信】2020年7月18日
【CD発売】2020年8月26日
通常盤 ESCL5440 ¥1,320(税込)
期間生産限定盤(アニメ盤) ESCL5441-2 ¥1,870(税込)

<収録曲>
1.センチメートル
2.花火
3.君のせい(Live Ver.)
4.センチメートル Anime Ver. ※期間生産限定盤(アニメ盤)のみ収録
このトピックをシェアする
  • LINEで送る