MACO

極端な自分をやめられない。

 ラブソングで人気のシンガーソングライター“MACO”が2020年2月14日に新曲「恋蛍」を配信リリースしました。さらに“佐野勇斗×飯豊まりえ”のダブル主演AbemaTVオリジナルドラマ『僕だけが17歳の世界で』挿入歌に、書き下ろしの新曲「桜の木の下」と、卒業ソングの代表とも言えるレミオロメンの名曲「3月9日」カバーが決定…!
 
 さて、今日のうたコラムでは、そんなさらなる飛躍を感じさせる“MACO”本人による歌詞エッセイをお届けいたします!第1弾~第3弾に分けてお届け。その第1弾では「恋蛍」について綴っていただきました。みなさんは恋をしたら、好きなひとができたら、変化はありますか? どんな自分になりますか…?

~歌詞エッセイ第1弾:極端な自分をやめられない。~

私の曲は「恋」のつく楽曲が多い。
恋人同士
恋するヒトミ
恋の道
恋心
初恋はいつも君と

狙ってるんではなくて
自ずとそうなってるのはわかってほしい。

恋蛍がリリースされた時には
ファンの間で
「MACOの“恋シリーズ”きた!」と
ひそかに沸いていたのを知ってる。
きっとそんな風に言われるんだろうなって
予想もしていたよ。笑
そんな風に言ってもらえるほど
恋のつく曲をリリースできていることは
とてもとても嬉しいこと。


ところで私は、
めちゃくちゃ極端で
好きな食べ物にハマると
一時はそれしか食べなくなったり
だるいときに
好きな曲をイヤフォンで聴くだけで
掃除する気になったり
夜中でも外に駆け出したり
好きな人に会えたら
寝ないでも仕事に行けるし
好きな人が出来たら、
「今までの恋なんてもう覚えてないや」
の勢いでその人へ一直線になってしまう。


完璧な人間などいないけど、
私はこの部分が欠けすぎているから
きっと歌を歌っているんだと思う。


“長いようで短いこの瞬間を
君と生きていたいよ”

MACO 「恋蛍」




歌詞を書きながら、
そしてレコーディングでこの部分を歌いながら
密かに思っていた。
「長いようで短い」んじゃなくて
「短いようで長い」のに、って。
きっとね。人生なんて。

恋をすると
こんなことまで大袈裟に言っちゃう
自分の人生に起こる
ほんのひとつの恋愛を
「蛍」に例えちゃったりもする。


私、この人生あなたと生きていきたい!
って思ったこの気持ちが
明日、もしくは既に今日には
変わっているかもしれない。


でも、その時の心情感情温度、
全て切り取って
世の中へ飛び出していった曲達。
みんなの気持ちに入り込んで
リンクして、
私の曲でなく、
みんなの曲になる。
私の恋蛍ではなく、
みんなの恋蛍になっていく。


だから、
こんな極端な自分がやめられない。
こんな自分が大好きで止まない。

でないとこの道を走れない。

<MACO>

◆紹介曲「恋蛍
作詞:MACO
作曲:浦島健太・菊池博人



このトピックをシェアする
  • LINEで送る
MACOのうたコラム一覧