おんな無法松

この曲の表示回数 9,094
歌手:

水沢明美


作詞:

島田邦博


作曲:

浜田末則


女だてらに 両肌ぬいで
叩く太鼓の 意気のよさ
小倉生まれの 松五郎さんの
向こう張っての 撥さばき
誰が呼んだか 名付けたか
その名も女 おんな無法松

惚れた腫れたの 色恋沙汰は
巻いた晒しの 中にある
怒涛さかまく 玄海灘の
波にこの身が 砕けても
燃えて生きたい ひとすじに
その名も女 おんな無法松

こころ一途に 命を賭けて
辛い修業に 耐えてきた
夢を咲かせる 桧の舞台
出世太鼓の 出番がきた
腕もちぎれと 乱れ打ち
その名も女 おんな無法松
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:おんな無法松 歌手:水沢明美

水沢明美の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-11-21
商品番号:CRDN-516
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP