愛の星くず

この曲の表示回数 11,554
歌手:

加山雄三


作詞:

木崎徹


作曲:

弾厚作


この街に棲み
幾つもの季節が 知らずに過ぎた
ただ省みず 命の炎燃やした
都会は祈り捧ぐ星さえも
見えない所だから忘れてた
蒼い星くず 見つめて君への想いを 誓った
街灯りにも
輝きを忘れない星がひとつ
あの情熱を もう一度君に捧げる

いつでも君がそばに居てくれた
近くて見えなくなるものもある
寂しい合図をいつしか忘れてしまってごめんね
時 過ぎ去りて
永遠に変わらないものはひとつ
この愛すべて もう一度君に捧げる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:愛の星くず 歌手:加山雄三

加山雄三の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-05-22
商品番号:MUCD-1044
Dreamusic

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP