試聴する

月夜の渡り鳥

この曲の表示回数 10,973
歌手:

橋幸夫


作詞:

佐伯孝夫


作曲:

吉田正


おまえ一人か、連れ衆(しゅ)はないか
連れ衆ァごらんの影法師
可哀そうだよ、旅人さんは
縞の合羽に三度笠
そこに惚れたも エエサ、ないもんだ

月は照る照る、おふくろさんが
見せてくれたもこの月か
遠い昔がまたもや浮び
瞼おもたい、涙ぐせ
別れ別れに、エエサ、誰がした

浮世寒風、吹かれてとんで
どこへ月夜の渡り鳥
男なんだよ、行く道ァあるが
笠の小縁に手を掛けて
なっちゃねえやと、エエサ、ひとりごと
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:月夜の渡り鳥 歌手:橋幸夫

橋幸夫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-10-04
商品番号:VICL-60641
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP