おやじとして君に

この曲の表示回数 11,982
歌手:

加山雄三


作詞:

武田鉄矢


作曲:

弾厚作


僕の腕に抱かれて 君は眠っている
歩き疲れたのか はじめての旅

木もれ陽を踏みながら ひとり走っていた
君は夢の中で どこを旅しているの

小鳥立ちは空を見て 翼ひろげて
知らず知らずに 飛び立つから

ぼくは君の空のように そばにいてあげる

夜がふけて聞こえる 君の寝息だけが
森で拾い集めた たき木たこうか

幸福はほほえみじゃなく 深いため息だ
君は夢の中で 誰と話してるの

魚たちは海に生まれ 流れの中で
いつかいつの間にか 泳ぎだすから

ぼくは君の海のように そばにいてあげる

ぼくは君の空のように そばにいてあげる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:おやじとして君に 歌手:加山雄三

加山雄三の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1986-11-21
商品番号:32FD-1044
ファンハウス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP