GOLD LYLIC 

この曲の表示回数 203,801
歌手:

globe


作詞:

TETSUYA KOMURO・MARC


作曲:

TETSUYA KOMURO


太陽が飲まれてく
夜がときどき 強がり
晴れた日は 月灯かり
自分の逃げ道を知ってる

反省は毎日で
悔やまれることが多すぎて
青春が消えてゆく
でも情熱はいつまでつづくの

少しくらいは きっと役にはたってる
でもときどき 自分の生きがいが消えてく
泣いてたり 吠えてたり かみついたりして
そんなんばかりが 女じゃない

鏡に映った あなたと2人
情けないよで たくましくもある
顔と顔寄せ合い なぐさめあったらそれぞれ
玄関のドアを 1人で開けよう

There's no place
希望の中愛を求めていた
Face to Face
あなたを探しに公園まで散歩して
Feel the space
眩しすぎる月の灯かりの下で
Need your caress
恥ずかしくて 照れくさくて
繰り返し 何度も同じ道歩いていたね
時間も言葉も無駄にして
通り過ぎていたね
Just your hand
先に君に気付いて欲しかった
Take a Deep Breath
深い愛はどこにむかって

どーもこーもない事情で 疑う余地もない私たちの
平凡でとがった ところもない
こんな毎日じゃ はじけようもないじゃない

経験が邪魔をする
ほらあの人の横顔 抱きしめて

バス停で おしゃべりしている学生
明日の事は考えて もちろんいるけど
切実さは 比べようもない程明るい
あの人の胸には すぐ飛び込めない

鏡に映った あなたと2人
情けないようで たくましくもある
顔と顔寄せ合い なぐさめあったらそれぞれ
玄関のドアを 1人で開けよう

In My Heart
びくびくしながら瞳閉じるなんて
In your Soul
朝の光が 差し込むまで
In Their Eyes
永遠に今のままで
I SEE THE SKY
太陽にのまれてみたい

峠は越えたって終わらない 道は死ぬまで
続くよ胸が苦しくて困るよね
ときめきあの人で 決めたい 決めたい

バス停で おしゃべりしている学生
明日の事は考えて もちろんいるけど
切実さは 比べようもない程明るい
あの人の胸には すぐ飛び込めない

鏡に映った あなたと2人
情けないようで たくましくもある
顔と顔寄せ合い なぐさめあったらそれぞれ
玄関のドアを 1人で開けよう
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:FACE 歌手:globe

globeの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1997-01-15
商品番号:AVDG-71008
エイベックス・トラックス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP