試聴する

戦友の遺骨を抱いて

この曲の表示回数 11,727
歌手:

美空ひばり


作詞:

逵原実


作曲:

海軍軍楽隊


一番乗りをやるんだと
力んで死んだ戦友の
遺骨を抱いていま入る
シンガポールの街の朝

男だなんで泣くものか
噛んでこらえた感激も
山からおこる万歳に
思わず頬が濡れてくる

負けずぎらいの戦友の
遺品の国旗を取りだして
雨によごれた寄せ書を
山の頂上に立ててやる

友よ見てくれあの凪いだ
マラッカ海の十字星
夜を日についだ進撃に
君と眺めたあの星を

シンガポールは陥しても
まだ進撃はこれからだ
遺骨を抱いて俺はゆく
守ってくれよ戦友よ
守ってくれよ戦友よ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:戦友の遺骨を抱いて 歌手:美空ひばり

美空ひばりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-08-02
商品番号:COCP-33819
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP