雨の朝と風の夜に

この曲の表示回数 9,436
歌手:

稲垣潤一


作詞:

湯川れい子


作曲:

松本俊明


アンティックに黄昏る
アカシアの街
もうなぜか 今は言葉も
ポケットの中

抱きしめたぬくもりが
ポロシャツ越しに
二人を見えない光りで
包んでくれる

あの女性との事は
誤解もあるけれど
忘れてくれ 二度ともう
君を傷つけない

いつまでも 雨の朝と
風の夜に寄り添って
いつまでも 男らしく
いとしい君を 守らせてくれ

変わりたくて 変われない
やり切れなさを
微笑みで溶かせる女性を
探して来たよ

賞味期限なんて
決して来ない愛さ
信じてくれ ニガすぎた
人生のスパイス

いつまでも 側にいたい
時の船に身をまかせ
いつまでも その瞳で
わがままな俺 瞶めててくれ

”花なら咲け
愛のために
鳥ならば飛べ 高く
命の限り”

いつまでも 雨の朝と
風の夜に寄り添って
いつまでも 君と二人
人生という 海を渡るの

いつまでも 側にいたい
時の船に身をまかせ
いつまでも その瞳で
わがままな俺 瞶めててくれ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雨の朝と風の夜に 歌手:稲垣潤一

稲垣潤一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-09-21
商品番号:BVCR-768
BMGビクター

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP