試聴する

おれの銀河鉄道

この曲の表示回数 8,018
歌手:

新沼謙治


作詞:

杉紀彦


作曲:

新沼謙治


風と波の音にゆられて 砂浜に横たわれば
いつでも夢が 手づかみに出来たよ

それでもまだ おれは生きてる 人並みに家族抱いて
いやでも夢の かたりべになるのさ

うたた寝の はるか星空 満天のいさり火たち
あの時みたのさ 流れる星 おれの銀河鉄道

その汽車は 川沿いを走る その川は 天の川さ
見知らぬ街 いくつも駆けぬけ 七色に輝く リンゴ畑
銀色の静かな森 かささぎの駅にとまる

乗って来たのは 悲しい人達 降りて行くのは わけある人達
こんなきれいな 星の国でも どうして 切ないことばかり

うたた寝の はるか星空 満天のいさり火たち
あの時みたのさ 流れる星 おれの銀河鉄道

風と波の音にゆられて…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:おれの銀河鉄道 歌手:新沼謙治

新沼謙治の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-03-17
商品番号:COCA-16348
コロムビアミュージックエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP