小桜おせん

この曲の表示回数 11,355
歌手:

市川由紀乃


作詞:

万城たかし


作曲:

宮下健治


(台詞)
この桜吹雪
咲かすも散らすも
お天道様次第でございます

背中(せな)に散らした 桜の花は
さらし木綿の 肌に降る
壺をひと振り この啖呵
上州訛りか 小桜おせん
恋の采(さい)の目 蚊帳(かや)の外

お酒呑んでも 呑まれはしない
肌も桜の 鉄火肌
甲斐の国から 中仙道
祭り盆ござ 小桜おせん
白い指先 紅のあと

(台詞)
一点地六の賽(さい)の目に
勝負を賭けるのも
また乙なものでございます

女伊達らに 立て膝組めば
八百八町の 花となる
関の八州 旅がらす
誰が名付けた 小桜おせん
恋の丁半 雲の中
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:小桜おせん 歌手:市川由紀乃

市川由紀乃の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-02-24
商品番号:KICM-30261
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP