海峡氷雨

この曲の表示回数 26,220

明日の船でも いいはずなのに
なんでこの手を 振りほどく
涙を見るのが 嫌なのならば
笑顔つくって 送るから
…あなた最後の わがまま聞いて
後を追う背に 海峡氷雨

二人暮らしに 見付けた部屋は
一人住むには 広すぎる
あなたが残した 小さな合鍵が
やせた女の 掌に重い
…見たくなかった まぼろしなんて
夢を濡らして 海峡氷雨

春は遅れる 北国だけど
もっと今年は 遅くなる
幸せ載せてく 連絡船に
すがる未練の 浮標あかり
…あなたどうして 生きればいいの
こころ凍える 海峡氷雨
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:海峡氷雨 歌手:市川由紀乃

市川由紀乃の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000/03/24
商品番号:KIDX-520
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP