白夜の小惑星

この曲の表示回数 6,483
歌手:

メガマソ


作詞:

涼平


作曲:

涼平


この街を抜ける、いつもの小惑星に乗ってさ。
迎えに行くよ、夜半までに着くよ。
ずっと明るい夜、君はいつも笑ってさ。
小惑星の喉元をやさしくなでる。

眠そうな目蓋、いつもの小惑星に乗ってさ。
迎えに行くよ、夜半まで待ってて。
白光りすぎた夜、僕はずっと望んでた。
振り向かず此処から抜ける手段。

退屈、淡い期待、変わらぬ日々。
足りない何かを、探したくて。

僕は君連れて、君乗せて、幾つ空くぐろう。
眠れない、君の不安除こう。
君は僕を見て、抱き寄せて、「幾つ数えよう?」
眠らない、僕の気を覗くよ。

この街を抜けた、いつもの小惑星が言ったさ。

『そんな簡単に変わりやしないよ。
日常は難しいことが絡まりあう。』

振り向いて此処とも対峙しよう。

退屈、淡い期待、変わらぬ日々。
足りない何かを、探したいよ。
僕らは。

街の片隅たたずむ、枝垂桃(しだれもも)、茂り始め。
新しい季節を感じ、何か捜し求めてる。

僕は君連れて、君乗せて、幾つ空くぐろう。
眠れない、君の不安除こう。
君は僕を見て、抱き寄せて、「幾つ数えよう?」
眠らない、僕の気を覗くよ。

僕は君連れて、君乗せて、幾つ天目指そう。
眠れない、君の重し除こう。
君は僕を見て、抱き寄せた、「一緒に歌うよ。」
眠らない、僕はもう泣き出す。

この闇を抜けて。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:白夜の小惑星 歌手:メガマソ

メガマソの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-03-10
商品番号:AVCD-38040
avex trax

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP