試聴する

天使崩壊

この曲の表示回数 2,703
歌手:

メガマソ


作詞:

涼平


作曲:

涼平


頭部の欠けた私の傷を、舐めていた君はもういない。
腕までもいだ私の身体、四季は色づいた。

でもずっと、眠らない。

ただ『高高度から覗く天の川』追いかけ、
ただ『惚けてぽかんと光の粒々』失い。
「さよなら」が始まる日から、
ただ君を消し去り、ただ君を無くして、目背けていた。

色彩欠けた私の身体、見つめた君思うね。
霰(あられ)が注ぐ私の気持ち、死期は近づいた。

でもずっと、変わらない。

ただ『高高度から覗く天の川』追いかけ、
ただ『惚けてぽかんと光の粒々』失い。
「さよなら」が始まる日から、
ただ君を消し去り、ただ君を無くして、目背けていた。

もし君が正しくない夜があって……世界が正しい夜に……

「きみはただしいんだよ」

知っているんだよ、ずっと。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:天使崩壊 歌手:メガマソ

メガマソの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2017-06-21
商品番号:DDCB-14053
SPACE SHOWER MUSIC

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP