橙色

この曲の表示回数 10,584
歌手:

ステレオポニー


作詞:

SHIHO


作曲:

AIMI


初めて過ごすこの街は
いつもより 寒いみたいで
なんだか 少しせつなくなるよ

木枯らし舞う道が
胸をしめつける
変に落ち着かないけど
イヤじゃないな

にじみはじめた空
ほほをつたわる 夕方の香り 運んでくれる
愛しい風ぼくを 追い越していく
どこまでゆくの?
何も言わず、ぼくはひとり…

ぼくの秋空 思い出と青春に
少しばかりの不安を 混ぜたらできたんだ

なんで恋しくて
逢いたくなるんだろう?
まだ慣れてないからかな?
この街に…

袖口をくすぐる 風の冷たさ
君のぬくもり気づかされた
甘えてたんだねと 今でも思う
思い出灯せば きっと心は凍えない

こうやって坂を 下る足音
また少しずつ 冬になってる
なんだか風も 冷たくなってきたね

日が落ちる夕空 かさなる雲と
ちっぽけな部屋で今想うよ
遠くの恋人や、家族、友達
離れてみたらわかる
ぼくの大切なもの
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:橙色 歌手:ステレオポニー

ステレオポニーの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-11-04
商品番号:SRCL-7147
SMR

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP