名月綾太郎ぶし

この曲の表示回数 15,068
歌手:

三波春夫


作詞:

藤田まさと


作曲:

長津義司


芸道修行の 辛さより
あかぬまなこは 尚辛い
いとし女房の 三味線が
今日も壷坂 霊験記
泣いて語れと 泣いて語れと
背をうつ

妻は夫をいたわりつ
夫は妻に慕いつつ
頃は六月中の頃
夏とはいえど片田舎
木立の森も いと涼し

風が冷たく 身を責める
まして俺らは 目無し鳥
知らぬ他国の 旅の宿
やせた女房の 手をとって
何度泣いたろ 何度泣いたろ
拝んだろ

夢の十年 ひとむかし
お里沢市 壷坂の
語り文句を そのままに
今宵三すじの 糸の音も
さえて心に さえて心に
返る春
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:名月綾太郎ぶし 歌手:三波春夫

三波春夫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009/07/22
商品番号:TECE-28846
テイチクエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP