別れの夜明け

この曲の表示回数 10,904
歌手:

新井満


作詞:

新井満


作曲:

新井満


東の空が赤い もうすぐ 陽が昇る
誰も居ないプラットホーム 一番列車に乗る
君は まだ夢の中 突然で ごめん
話は あいつに聞いてくれ 逢わずに行くョ
町はずれの 丘に登った
あの日を 覚えていますか
夕焼け雲の 向こうに
僕らは 何を 見たのか
あいつは この町に残る と
僕は 出て行くと 叫んだ
君は 少し困った顔で
黙って 遠くを見てたネ

あいつとはよく喧嘩をした だけどイイ奴さ
君となら うまくやれるだろう
あいつは 優しいもんナ
やがて君は 母さんのように
きれいに 歳をとり
よく似た子供の手をひいて
静かに 街を歩くだろう
愛してたよ あの頃は
二人で 暮すつもりだった
君を 幸せに出来ないまま
僕は 一人 町を出て行く

ああ もう 汽車が出る 故郷の
山よ 河よ 空よ
さよなら 君と僕の 青春
今 さすらいの 夜が明ける
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:別れの夜明け 歌手:新井満

新井満の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007/05/23
商品番号:KICS-1306
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP