遺言

この曲の表示回数 6,691
歌手:

新井満


作詞:

新井満


作曲:

きくち寛


あいつが死んだ 前の晩
酒を 汲みかわしながら
あいつは 俺の眼を じっと見つめ
しみじみ 話をした
ああ 何の為に俺達は 今
生きているんだろうネ
明日が 今日と変わりがないなら
生きる意味があるんだろうか

俺は答えず 少し笑って
かたわらのギターを 取って
どうにかなるさ なんて歌を 歌って
又 酒を飲んだ
それから あいつは黙り込んで
酒も飲まなくなっちまって
俺は俺で 歌ばかり歌って
へべれけに 酔っぱらっちまったョ

あいつの肩車で 外に出た
とこら辺までは 覚えているけど
気が付いてみると 下宿の二階
二日酔いの朝だった
その頃 あいつは 一人ぼっちで
カラッポの薬ビンの そばで
もう二度と帰れない旅に
出たところだった
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:遺言 歌手:新井満

新井満の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007/05/23
商品番号:KICS-1306
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP